2007年03月25日

通し稽古が行われました−最終回−

24日の通し稽古の様子を報告します。
公演本番も目前に迫り、
今回がブログでの報告最終回です。
たくさんの写真とともにお楽しみ下さい!


実は開演少し前に、ちょっとした演出が用意されています。
ぜひぜひ会場へはお早めにお越し下さいね
(開場は開演1時間前です)。
【左:庄崎隆志、右:井崎哲也】稽古0324-1
稽古0324-2













プロローグでは、2人のムーンマンが登場【写真左:井崎、右:庄崎】稽古0324-3








そしてその左では何やら手芸に夢中な月の精。
そして右では前回気になった「例の」小道具が!
【右写真 左:渚香織、右:妹尾映美子、
左写真 左:忍足亜希子、右:廣川麻子】稽古0324-4
稽古0324-5







ムーン・マン2人の背景の映像はさて何でしょう?
今回の舞台では芝居、音楽以外に映像や効果音などが効果的に使われます。稽古0324-6














闇の帝王【米内山明宏】が全体の雰囲気をぐっと引き締めます。稽古0324-7













今度は3人のムーン・マンが現れます。
【左写真 左:井崎、中:砂田アトム、右:庄崎、右写真:砂田】稽古0324-8
稽古0324-9












黄色いボール=を巡って様々な月の精が行き交います。稽古0324-11













指揮者の指先に踊らされているのは?
【左から數見陽子、渚、妹尾、大山聡子、忍足、廣川】稽古0324-12








稽古0324-13







庄崎&井崎コンビの絶妙なやりとり稽古0324-14








ガンジス川に捧げる祈りは通じるのか?
【上写真 山本みどり、下写真 左:山本、右:砂田】
稽古0324-15












稽古0324-16







ムーン・マンの月のウェーヴ【庄崎】
稽古0324-19












にわとり【大山】、少女【廣川】、父親【井崎】と
様子を見守るムーン・マン【庄崎】稽古0324-20
稽古0324-21







月明かりで新聞を読むムーン・マン?
稽古0324-22












ムーン・マン、3人寄れば朝食&ダンス稽古0324-23稽古0324-24








オールドレディ【數見】のお気に召すものは…稽古0324-25稽古0324-26稽古0324-27








こんな可愛らしいシーンもあります
写真はぼけてますが【左:山本、右:忍足】稽古0324-28













死刑囚の最期の独白【米内山】稽古0324-29稽古0324-30稽古0324-31













阿修羅像を表現する【妹尾、山本、忍足】(左から)稽古0324-32稽古0324-33













いよいよフィナーレ。でもこれはほんの一部だけ。
全体の流れは当日をお楽しみに稽古0324-35稽古0324-36














この日は音楽も一緒に演奏されました。
【左写真 左:安田謙一郎(チェロ)、右:佐藤慶子(ピアノ)、
右写真 的場響子(パーカッション】稽古0324-37稽古0324-38













これまでブログを読んでいただき、
ありがとうございました。
公演はもう目前です。
チケットをまだ手に入れていない方も、
当日券を販売予定ですので、どうぞ会場にお運び下さい。
また、フーセンシートやボディ・ソニック・シートにも
一部余裕がございますので、
どうぞ受付にてお申し出下さい。
関係者一同、皆様のお越しをお待ちしております。


moon_garden_news at 22:23 この記事をクリップ!

2007年03月19日

稽古もだんだん本格的に!

3月14日、稽古はさらにリアルな舞台を彷彿させるものに!
静止画像の限界を感じつつ、がんばってレポートします

前回思わずシャッターを切ってしまった金髪は、
こんな風に登場するらしい
稽古0314-2







井崎さんと挟んでのやり取りは見ていて本当に楽しい
稽古0314-1







このウサミミ、二人にとても似合ってる
庄崎さんからアドバイスを受けている様子。
稽古0314-3







さて、こんなティアラも登場するようですよ。
満面の笑み
稽古0314-4












さて、このティアラをめぐってどんな騒動が起こるのか
稽古0314-5







静止画像の限界を感じるこの1枚。
本当はリアルでシュールな傀儡の世界なんだけど。
これは本番のお楽しみかな
稽古0314-6







今回気になった小道具はこれ
この画像ではわからないけど、
動くんだな、そして細部まで凝ってるんだな、これが〜。
稽古0314-7







いよいよ公演までわずかとなりました。
できるだけこのブログもアップしたいと思いますが、
チケットのお求めはお急ぎ下さいね〜


moon_garden_news at 22:41 この記事をクリップ!

2007年03月08日

いよいよ全体像が見えてきた!?

3月5日、稽古も全体的な流れを意識したものになって来ました。
楽しくて、思わず写真もいっぱい撮ってしまいました


この日は舞台スタッフも稽古を見学。具体的なプランを
詰めていきます。
稽古も部分的なものから、流れを意識したものに
変化してきました。
一部小道具や衣裳も使って、だんだん全体像が見えてきた

稽古に立ち会った舞台スタッフの視線も真剣そのもの
稽古0305-1






こんな小道具も登場。みなさんは何をイメージしますか?
稽古0305-2






私はこの部分を見ると、なぜかトトロを連想します
稽古0305-3稽古0305-4






明らかに何か企んでいる二人…。
稽古0305-5






次々に小道具が登場し、出演者のやり取りも楽しい
稽古0305-6稽古0305-7











この3人の息の合った掛合いにも注目です
稽古0305-8稽古0305-9






えーっと。どっちもお似合いです
稽古0305-10稽古0305-11






いつも最後は円陣を組んでのミーティング
稽古0305-12






そして今回はこんなサービスショット付き。
ちょっとピンぼけですが、あんまり似合っていたので
本番ではこのかつら、使われるのか気になります
稽古0305-13







これからも稽古・リハーサルの様子を、
 なるべく臨場感たっぷりにお届けします。
 要チェックですよ

moon_garden_news at 19:19 この記事をクリップ!

2007年03月07日

【演奏者紹介】

今回は「ムーン・ガーデン」演奏者の紹介、
登場するのは、安田謙一郎さんと的場響子さんです。


安田 謙一郎(やすだ けんいちろう)
安田謙一郎
所属
または肩書きなど

チェリスト
月に関するエピソード
又は月のイメージ

月への想いはたくさんあり
一言で言い表せないほどです。
たとえば中原中也の詩「湖上にて」に、
私自身曲を書いています。
また映画ではフェリーニ監督による「月の声」の月が、
非常に印象に残っています。

公演に向けての抱負・メッセージ
これまで佐藤慶子さんの音楽手話劇や、
女優の忍足亜希子さん主演の映画
「アイ・ラヴ・ユー」の音楽を演奏するなど、
ろう関連の作品に関わってきました。
音楽を音だけではなく、
動きを通して表現するなど、
少しでもお役に立てれば幸いです。

的場 響子(まとば きょうこ)
的場響子
所属
または肩書きなど

フリーパーカッショニスト

月に関するエピソード
又は月のイメージ

山と川に囲まれた田舎で
言い伝えや遊び歌を
沢山聞き育ちました。
ある晩「夜に爪を切ったらいけんよ」と言われ、

何故だ?と思いつつ縁側から外を見ると、
夜空に輝く切った爪!
月は私の気分次第で何にでも見えてくる。

公演に向けての抱負・メッセージ
とにかくとにかく楽しみです。
「月の下に人が集う」なんともいえないワクワク感ですね。
皆さんもあれこれ想像して是非遊びに来て下さい!

これまで7回に渡って出演者、
 演奏者の皆さんをご紹介して参りましたが、
 今後は稽古・リハーサルの報告に的を絞って
 情報をアップして行きます。
 いよいよ佳境に迫る「ムーン・ガーデン」の現場の様子を、
 みなさまにリアルに感じていただけるよう、
 がんばります
 引き続きお楽しみに


moon_garden_news at 22:17 この記事をクリップ!

2007年02月17日

【出演者紹介-6】

「ムーン・ガーデン」出演者紹介の最終回、
第6弾は、渚香織さんと大山聡子さんのご紹介です。


渚 香織(なぎさ かおり)
渚香織
所属
または肩書きなど

元・日劇ダンサーチーム出身。
現在、ろう者劇団所属。
出演のほか、ダンス、日舞、
剣舞を含む実技指導、
振り付け、
衣裳デザインを担当。
他に聾、エンターティナーの
発掘を拠点に広く企画提案、プロデューサー。

月に関するエピソード
又は月のイメージ

時には闇の月光に恐れ…人心を操る魔性の月よ!

公演に向けての抱負・メッセージ
「音のない世界の人々に音楽を勧めるのは、差別だ」、
「聞こえない、楽しめないし、音楽は無縁だ」と聞く度
「音楽とは、何か?」と考えさせられます。
風が木々を揺らす、雨、雪、波、動物たちの姿…。
私の目に映る全てのものの魂が響きとなり、
「視覚音楽」が生まれてくるのです。
舞台とお客様との空間に「幻覚音楽」を感じたら、
「人間って素晴らしい!」と思いませんか?
ファンタスティックな舞台をお楽しみください!!
  
大山 聡子(おおやま さとこ):
大山聡子
所属
または肩書きなど

風の市
HITODE-STAGE代表
デフQ編集スタッフ

月に関する
エピソード又は月のイメージ

真っ暗な夜の色がほんのりと
モノトーンに月の
出ている夜は、
不思議な感覚に襲われる。
いつしか見たあの光景、或る夜の海で海に月の光の乱舞が。
形を変え、リズムを変え、一定していない。
それが、魔力・・・、いや魅力なのだと思う。

公演に向けての抱負・
メッセージ

懐かしい、包み込まれるような、不思議な感覚を呼び起こす。
そんな雰囲気を作り上げるお手伝いができれば、と思います。
是非、心を癒しに観にいらしてくださいね。

出演者の紹介、
次回は、演奏者のお二人、
安田謙一郎さん(チェロ)
的場響子さん(パーカッション)の登場です
こちらも是非お楽しみに

moon_garden_news at 21:48 この記事をクリップ!

2007年02月15日

稽古が本格始動しています!

2月14日、本格的な稽古がはじまっています。

この日は、衣装担当の方もデッサンを持参、
 演出の米内山氏のOKも出て、
 いよいよ衣装も製作にかかります。
また、足立朝日新聞の記者の方も取材に見え、
 最後まで稽古を見学されていました。
  3月5日に掲載予定とのこと。
   詳細は追ってアップします。

さて、稽古はいつものように
それぞれの準備運動からはじまります。
稽古0214-1







しかし、今回いつもと違っていたのは、
準備運動の後、なぜか「大縄跳び大会」…。
この他にもかなりアクロバティックな
縄跳び技を研究している様子でした。
これは進化した準備運動なのか、
米内山氏の演出プランなのか、
それはみなさん、当日公演でお確かめ下さいね
稽古0214-2







縄跳びの後は、米内山氏自筆の絵コンテを手に、
円陣を組んで演出の細かい確認。
出演者も真剣な表情で米内山氏のイメージを受け取ります。
稽古0214-3







もちろん、実際に動きながらの稽古も。
稽古0214-4







そして長時間の稽古の後には、チョコを囲んで甘いひととき。
そう、この日はバレンタインデーでした
満面の笑みを浮かべた井崎さんに免じて、
米内山さんと庄さんのピンボケをお許し下さい
稽古0214-5







真剣ながらも笑いのこぼれる、
アットホームな雰囲気の稽古、
これからも折に触れてご報告します!
お楽しみに


moon_garden_news at 16:00 この記事をクリップ!

2007年02月02日

【出演者紹介-5】

「ムーン・ガーデン」出演者紹介も終盤戦、
第5弾は、山本みどりさんと數見陽子さんのご紹介です。


山本みどり(やまもと みどり)
山本みどり
所属
または肩書きなど

日本ろう者劇団

月に関するエピソード
又は月のイメージ

神秘的、
何か引き込まれそうな
魅惑的な力、
冷静、孤独、陰、癒し、
永遠の美。
私は、大自然に囲まれた町で
生まれ育てられました。
家の周囲には、パチンコ、お店のネオンなどがなかった為、
月がはっきり目立って見えました。
子供時代は、辛い出来事で自分の気持ちを、扉を、
開かなくなってしまいました。
そんな時、毎日毎日、寝る前に窓を開けて、月とお友達。
何でも話しかけた、一緒に本を読んだり、見つめ合ったり・・。
「月のような女性になりたい」と憧れを持っておりました。
月は、本当に美しく、癒しでもあり、
何か引き込まれそうな
不思議な存在。毎日、勇気をもらって、
今まで生きてこられた事に感謝する気持ちです。

公演に向けての抱負・メッセージ
実は、ミュージカル公演は今まで経験がなく、
初めて挑戦します。
聾が作るミュージカルはどんなふうに出来上がるか、
私もまだ想像出来ませんが、
きっと新しいタイプのミュージカルが生まれそうです!
出演する自分も、とてもワクワクドキドキしながら、
稽古に参加させて頂いています。
「ムーンガーデン」を縁に、
私は今、忘れかけた「月」を思い出しています。
きっと、みんなも同じく、仕事、育児などの時間に追われ、
月の存在を忘れてはいないでしょうか。
だからこそ、
息抜きをして月と一緒に楽しみながらごらんくださいませ。

  
數見 陽子(かずみ あきこ):
數見陽子
所属
または肩書きなど

日本ろう者劇団

月に関する
エピソード又は
月のイメージ

「月は月」

公演に向けての抱負・
メッセージ

                   「お待ちしてます」

出演者の紹介、
最終回の第6弾は
渚香織さん大山聡子さんの登場です
出演者の紹介に続いて、現在、演奏者の紹介を企画中です
こちらもお楽しみに

moon_garden_news at 16:48 この記事をクリップ!

2007年01月25日

【出演者紹介-4】

「ムーン・ガーデン」出演者紹介も中盤に差し掛かりました。
第4弾は、砂田アトムさんと廣川麻子さんのご紹介です。


砂田 アトム(すなだ あとむ)
砂田アトム
所属または肩書きなど
フリー
月に関するエピソード
又は月のイメージ

私は満月が好き。
孫吾空が猿になる。
小さい時から孫吾空が
憧れだった。
お月様が大好きだった。

公演に向けての抱負・メッセージ
今までになかった表現をしたい気持ちです。
  
廣川 麻子(ひろかわ あさこ):
廣川麻子
所属
または肩書きなど

日本ろう者劇団
全日本ろう者演劇会議
「デフQ」編集部長
月に関する
エピソード又は
月のイメージ

お月さま。
それは夜更かしをする私を
いつも見守ってくれている、大きな存在。
でも、早く寝ようよ、楽しい夢を見せてあげるよ。
そんな事も言うのです。
では今夜こそは早く寝ましょう。

公演に向けての抱負・メッセージ
お月さまが見せてくれる夢の数々。
お客さまも私達もどんな夢を見られるのでしょうか?
ワクワクしています。
新しい夢の世界にようこそ。
素敵なひと時を過ごしましょう。


出演者の紹介、
第5弾は山本みどりさん
數見陽子さん
登場ですどうぞお楽しみに


moon_garden_news at 13:32 この記事をクリップ!

2007年01月12日

【出演者紹介-3】

「ムーン・ガーデン」出演者紹介第3弾は、
女優陣妹尾映美子さんと忍足亜希子さんの
ご紹介です。


妹尾 映美子(せお えみこ)
妹尾映美子
所属または肩書きなど
日本ろう者劇団団員・
手話芸能事務所代表
月に関するエピソード
又は月のイメージ

お月様が大好きだった
子供時代。
☆お月様の不思議⇒月には、
臼と杵で餅をついている
ウサギが居ると信じていた
子供時代。
国ごとにウサギは、工夫するの?イタリアはパスタにピザ?
アメリカはハンバーガーにフライドチキン?
インドはカレー?杵と臼のかわりに鍋・釜・フライパン?
お月様は良い香り?ウサギは昼間寝てるの?
お月様は照れると雲に隠れ、悲しいと涙が雨になり、
怒ると電気点滅雷鳴になって、
風邪ひく熱が凍えて雪になるの?
…お月様を質問責めにしていたような気がします。。
☆お月様はお供してくれる?!
⇒曲がりくねった道も家々の隙間道からも、
走ってもスキップしても、どの角度からも見える月。
そばで見守っていてくれる安心感。
夜道怖くなかったのはお月様のお陰です。
幼い頃の記憶を辿りながら、「ムーンガーデン」で、
感謝の気持ちを甦らせたいと思います。

公演に向けての抱負・メッセージ
純粋に信じていた頃、
夢も創造力も月のように大きく輝いてた。
大人になると現実の壁はあるけれど、
心は壁なく自由でありたい。。
夢と創造のエネルギーが消耗した時は、
月を見上げて癒し光線で充電。
癒しパワーがムーンムーン(笑)。
一人一人の心が月になった庭園に、
どうぞ遊びにいらしてくださいね☆★☆★

  
忍足 亜希子(おしだり あきこ):
忍足亜希子
所属
または肩書きなど

手話芸能事務所・女優
月に関する
エピソード又は
月のイメージ

小学生の頃、日が暮れるまで
外で遊び回っていたことを
思い出します。
すっかり暗くなった時、
月がライトのように明るく
照らしていました。
家に向かう途中で道を歩こうとすると、
月も同じように動くのです。
もう一歩、さらに一歩、歩いてみたら
また同じように月が動くのです。
それがすごく面白くて月とお友達になれたみたいで
楽しくスキップしながら一緒に散歩しているようでした。
月はいろんな顔があり、人間と同じように満月、
三日月などという色々な形を変えていく
不思議なものだと思います。

公演に向けての抱負・メッセージ
これまでにない、サインミュージカルを
新たに冒険できることをとても嬉しく思います。
サインミュージカルを通して、
音楽のリズムと身体表現などのサインを調和されたものを
楽しくうまく表現できたらいいなと思っています。
そして、みなさんに誰でも観て楽しめるサインミュージカルを
目指して成し遂げるように頑張りたいと思います。


出演者の紹介、
第4弾は砂田アトムさん廣川麻子さん
登場ですどうぞお楽しみに

moon_garden_news at 16:21 この記事をクリップ!

【出演者紹介-2】

「ムーン・ガーデン」出演者紹介第2弾は、
庄隆志さんと井崎哲也さんです。


庄 隆志(しょうざき たかし)
庄隆志所属または肩書きなど
オフィス風の器 主宰・
演出家・劇作家・俳優
月に関するエピソード
又は月のイメージ

月のイメージを語る事は
とても難しいですが、
月を見た人間は
メルヘンを作るものです。
月を見るうち、
人間の奥底に共通してある
部分が抽出され、
非現実の世界で、
それらを語り合うものだと
思います。

公演に向けての抱負・メッセージ
21世紀を生きる人たちが今こそ、もう一度立ち止まり、
[月]を見つめるだけではなく月の下で暮らす時間に
ついて思いを巡らせることができたら…
という願いを込めて稽古に励んでいます。
月や水になって空や川を自由に探検したり、
ムーンガーデンの世界で遊べるのは人間の特権です。
サインシアターの可能性も
ムーンガーデンの中で大きく広がっていくでしょう。
  
井崎 哲也(いざき てつや):
井崎哲也
所属
または肩書きなど

日本ろう者劇団代表代行・
全日本ろう者演劇会議
企画部長
月に関する
エピソード又は
月のイメージ

夜空を見上げれば、
そこには子供の頃から
いつもと変わらない黄色い月。
ところがある時、赤い月もあれば青い月もある。
緑色の月もあれば白い月も。
また、大きい月もあれば小さい月もあるという
錯覚を覚えたことがある。
『きっと月は私たちが住んでいる地球を見ながら
機嫌によって色を変えるし、
怒ったときは頬が膨らんでいるように大きくなる、
恥ずかしくなると首が縮むように
月が小さくなるに違いない…。』と
そう思ったことがあった。
月は毎晩見ても飽きない楽しい不思議な存在。

公演に向けての抱負・メッセージ
手話や音声言語やサインマイムを超える
新しいものを試行錯誤しながら捜し求めています。
たとえば、流れる音楽がみえないものを見えるものに
変えるその可能性。独自の表現をアピールしたい。
きっと新しいものが発見できるだろうと期待しています。
どうぞお越しください。

出演者の紹介、
第3弾は妹尾映美子さん忍足亜希子さん
登場です。どうぞお楽しみに


moon_garden_news at 14:01 この記事をクリップ!