56号線

2008年12月07日

56-7 長谷バス停南交差点

aa2ad65f.jpg加納西交差点を出てからわずか1km、大分県道56号線は単独区間の終点となる長谷バス停南交差点に到着する。ここから先は東九州自動車道や国道10号線バイパスと接続する米良道路(有料)へと変わる。大分随一の商業施設、パークプレースへ向かう車の多くがこの道を通るが、パークプレースへ向かう場合、有料の米良道路を通るより側道から一般道に下りて市道経由で行くのが賢い方法だ。
地図

moonchild4 at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

56-6 南下郡東下交差点

11a8bce6.jpg2ブロックほど進むと、南下郡東下交差点に至る。ここで交差するのも一般道。右側には3軒目のローソンが見える。
地図

moonchild4 at 21:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

56-5 下郡茶えん橋西交差点

971b878d.jpg大分県道56号線を進むと、信号機付交差点が連なってやってくる。この下郡茶えん橋西交差点もそのひとつ。交差する道は一般道だ。
地図

moonchild4 at 21:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

56-4 下郡

73d6e410.jpg野麿西交差点を出てすぐのところにヘキサがある。右手奥にローソンの看板が見えているが、なぜかこの沿道はローソンが多い。1km程度の間に上下2軒ずつ、合計4軒もある。競合し合ってないのか、他人事ながら心配してしまう。
※地図は56-3参照。

moonchild4 at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

56-3 野麿橋西交差点

09cc3ca3.jpg加納西交差点から大分県道56号線に入ると、すぐにまた交差点で停まる。大分県道21号線旧道と交差する野麿橋西交差点である。写真は県道21号線旧道大分方面より交差点を見たところで、左右方向が県道56号線で右方向が中判田方面である。
大分県道21号線 接続:21-31 野麿橋西交差点(旧道)
地図

moonchild4 at 18:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

56-2 加納西交差点

7936d567.jpg同地点、大分県道56号線終点となる加納西交差点の北側から臨む。つまり、左右方向が大分県道21号線、正面奥が県道56号線である。県道56号線は中央分離帯付の立派な4車線道路だ。

moonchild4 at 18:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2008年12月03日

56-1 中判田下郡線

999764bb.jpg大分県道56号線中判田下郡線は、中判田の交差点より国道10号線由り分岐して北上、下郡の加納西交差点にて大分県道21号線と接続して終わる主要地方道である。しかしながら、県道56号線は、そのほとんどを国道10号線の大分南バイパス、有料道路の米良道路と供用しており、単独区間は米良道路入口の長谷バス停南交差点から終点加納西交差点までの約1km程度の区間しかない。

道路は全て片道2車線の幅の広い道路で、南大分や三重・佐伯・熊本・宮崎方面、大分一の商業施設であるパークプレース方面へ向かう車で、終日交通量が多い。沿道にはスーパーやコンビニ、ガソリンスタンドなどが多く建ち並ぶ。観光する場所は特に無い。

写真は終点で県道21号線との交点となる加納西交差点。写真は県道21号線の大分方面から交差点を見ており、ここを右折して右の道へ入れば県道56号線となる。レポでは終点から始点へと向かう。
大分県道21号線 接続:21-23 加納西交差点

快適度 ■■■   3 全線4車線。走りやすいが車も多い。
険道度 ■     1 危険箇所無し。
交通量 ■■■■  4 終日多いが、流れはまずまず。
観光度 ■     1 ない。
利用度 ■■■■■ 5 南大分、熊本、宮崎方面へ。高速にも乗れる。


大きな地図で見る

 ※平成19年6月10日 第1回調査

moonchild4 at 22:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)