March 01, 2006

散歩のつづき

ここで去年死んだ人だっているし

060301takaido

こういうのもニンゲンの都合であるから

060301mitsui

なにがあっても木瓜は咲くし

060301boke

鴉だって悪さするし

060301tree

胡麻のおはぎみたいな猫も散歩する

060301cat

そしてなにがあってももうじき桜が咲く

060301kandagawa

そういうのとは関係のないところで



この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/moonchild801/50436631
この記事へのコメント
あっ、煙突嬢発見。
煙突嬢はこういう景色を高いところから眺めつつ立っていたんですね。
人間は自分がここに存在する理由や意味を見つけたがりますが、実際にはただそこに在る・・だけでいいんですよね。
Posted by ellie at March 01, 2006 17:40
ぎゃはははーー!!
胡麻のおはぎの猫....笑ったぁ〜。
yannさんの写真は、なんだか心を穏やかにしてくれます。
これから春に向けて楽しみです!
Posted by がんこ at March 01, 2006 18:09
>ellieさん
煙突はなにも語りません。
ただそこに「在る」。
それがすべてです。
だから、惹かれるのかも。

>がんこさん
猫模様を見た時、でかいおはぎかと思いましたよ。
ほんとにそっくり。
ヘタ写真だけど、コメントもらえるとうれしいなぁ。
これからもよろしくお願いしますー。
Posted by yann at March 01, 2006 21:09