こころのスケッチブック ー Vol.3

今はHula。洋楽、登山、ガーデニング好き💓 ナチュラル志向でシンプルな生活を心がけています         by ペーパームーン

2016年1月に http://blog.zaq.ne.jp/papermoon3817/ より 引っ越してきました。
12月以前の記事内容は http://blog.livedoor.jp/moondreamer-second/ に移行しましたが、画像だけ手直しが必要な為、随時更新していく予定です。
もう1つのブログ http://blog.zaq.ne.jp/0107 は http://blog.livedoor.jp/moondreamer-orijinal/ へ移行しましたが全く手つかずです。1年をかけて作成していきたいと思います。
お見苦しいかとは思いますがよろしくお願いします。

日常の忙しさ、なかなかUP出来ずにすみませんでした。



旅行の続きを書きます。


ホテルを
8時に出て、滝へ、展望台に、ランチして、糠平町(ぬかびらちょう)という町に到着したのは13:15

最近ちらほらTVでも紹介されている「タウシュベツ川橋梁」の見学ツアーに参加する為です。

 

ツアーに参加しなくてもこちらの展望台から200m先の橋を見ることが出来ます。

 

タウシュベツ説明

1展望台から 


 

だけど、とっても遠く迫力に欠ける。

やはり近くで見たいのです。

 

となると、橋梁を管理している事務所から鍵を借りて林道の中にある門を開けて車で行くという方法もある。

しかし、鍵を借りる場所が離れているので返却するのに往復の時間を考えたら絶対1時間以上のロスがある。

または、鍵がかかっているゲートの前に車を駐車して4kmの道のりを徒歩で、という方法、しかしヒグマの生息地ということで遭遇することもあり怖い。

というわけで『ひがし大雪自然ガイドセンター』のツアー料金3,150円はちょっと高いかな〜と思いながらも見学ツアーに参加したというわけですが、これが本当に良かったんです!!

2 ガイド入り口

ツアーまでは早かったので目の前にあるユースホステルで買い物。

士幌町の甘納豆とポテトチップスを買いました。

旅の終わり、番外編で紹介します。

 

受付を済ませると 長靴の無料レンタルがありました。もしもの雨のための傘も用意してくれました。

3長靴


これもよかった!長靴ってなかなか履くことがなかったけど、本当に便利ですね。
長靴の良さは次の日に再確認できました。 それもまた後ほど。

 

いよいよバスに乗り込みます。

30代前半のガイドさんがいたれりつくせり。

4 車移動


行く道の途中でも車を徐行して木の名前を教えてくれる。

外来種のルピナスのこと、葉っぱの表面が白い木はマタタビ。

ヒグマに出会った時の回避方法。

糠平町の小学校の人数は6人、先生の人数の方が多い。そのうちの4人の男の子全員が仲良く遊んでいて、気さくに手を振ってくれました。

運動会は家族の他に町ぐるみ総出で参加、お昼は焼肉パーティーだったそうです。

そんな日常の事も橋梁にたどり着くまでの間に会話は尽きずとても楽しかったのでした。

 

さて、出発から20分ほどして鍵のかかった林道のゲートを開けるガイドさん。

更にそこから4kg、ダートな道を走っていきます。

揺られて10分ぐらい走ると駐車場に到着。

するとこの看板。

6ヒグマ注意

 

なんと看板の中、<事故を未然に防ぐために>の横にあるキズは実はヒグマがひっかいた跡だそうです。

 なのでやはり歩きはお勧めしないそうです。

5分ぐらい、こんなダートな道を歩いて行きます。

長靴なのでぬかるんだ道をジャブジャブ歩いて行けます。とても役に立ちました。

 

7 橋までの道

 駐車場から歩くこと5分、いよいよ橋梁が出現。

8 橋

16 橋

ガイドさんからタウシュベツ橋梁の歴史などを説明を受けます。ちょっと書くと、

1937年に旧国鉄の士幌線の糠平駅⇔幌加駅に建設され、主に木材を輸送するために利用されたが、1955年の糠平ダムの完成に伴う路線変更によって利用されなくなりました。

糠平湖はダムの役割も持っており、厳しい冬場に多くの電力が必要となるとなるため、冬には水を放出したことにより湖の水位が下がり、糠平湖にあるタウシュベツ川梁は1月頃から凍結した湖面に姿を現します。

そして雪解け水により水かさが増える6月頃から湖面に沈み始め、8月頃には湖底に沈みすっぽりと水に覆われる。内部に染み込んだ水が冬に凍り春に溶けたりして外部と内部からも破損が起こり、それが原因で今や原型をとどめていません。

 

9 橋と私


11 崩れゆく橋
2003年の十勝沖地震でだいぶ崩れてしまった。

同じような地震が来たら完全に崩れるそうです。

 

かといって保護するには数億円かかり、予算がないため、保護はせず、自然に朽ちていく姿を見守っていくそうです。

とっても切ないですね。

 

23 広樹と私


13 川
タウシュベツ川です。 長靴で川の中も入っていけました。
川を渡り別の角度からも見て回れます。
ツアーならではの大特典。

水がない
(冬場)時期のタウシュベツ橋梁は普段見られない木の切り株が露出。
19 切り株

7月ならばもう水が橋の下に来てもおかしくないはずなのに、
今年は異常気象で電力使っているために水がありません。

7月上旬のこの時期にこんなに水がないのはここ10年で2回だそうです。

実をいうと私、水があって半没している姿を見に来たので少々がっかりしていたのですが、水がないことで湖底を歩くことが出来ることもまた珍しいそうです。

だから逆にラッキーだったかも。

そして8月にはもう完全に橋は水で沈むのでこうやって自由に歩いては見られません。

だから幻の橋なんですね。

今書いている8月でも ネットで調べると やはり水はないようですね。

17 崩れゆく橋


もう崩壊寸前のタウシュベツ橋梁です。

今のようにアーチが繋がった姿はもう来年には見られなくなるかもしれない。

今、見ておかなくては。

 

P1010649

夫は、最初こういった崩れかけている橋なんて見てどこが面白いの?って感じで全く興味がないようでした。

でも、いざ行ったらハマってしまった。私よりも大興奮でした。

自由見学が40分。たっぷりとってくれました。

 ただ橋の下は石や瓦礫の落下があるため侵入禁止。

 

そして、ここでNTTドコモのCM 佐々木賢人が出ていた古代人とマンモス編が撮影され、今その続編も時々やっていてガン見してしまうます。

町の撮影許可が下りたのは本当に稀だったようです。

 

15 緑と切り株

しかし、実際はね、タウシュベツが見えない場所での撮影だったらしく、スタッフ一行は全くタウシュベツ橋梁を見ていないそうです。なんてもったいない。

ガイドさんはスモークを炊くアルバイトで参加したそうですよ。
こんな裏話を聞けるのはツアーならでは。

 

タウシュベツ橋梁ツアーは5時の早朝もやっています。

朝もやがかかりとってもロマンチックらしいです。

 

ツアー今回は7人でしたが、満席なようです。

予約せずに直接来た3人組はツアーを断られていました。

帰りの駐車場でその3人組に出会ったので、あきらめきれずに鍵を借りに行ったのですね。

 

とっても人気で、週末はもういっぱいなようです。必ず予約しておいたほうがいいです。

さて、タウシュベツ橋梁はこれで終わりですが、ツアーはこれで終わりではありません。

 

この続きは次回で。

 

今回の北海道旅行の一番見たかった所へ向かいます。

その前に、途中の国道273号線沿いにはまだまだ見どころが沢山あります。

観光スポットの1つ、三国峠の展望台へ。

三国峠1
霧がね、かかってきたのよね。

やっぱり展望は望めませんでした。

原生林の中にこれから向かおうとしている道路が2か所見えます。

こちらの画像では見にくいですね。

この峠は北海道の峠の中で最も標高(1,139m)が高い位置にあるのです。

 

おまけに時々雨が降りだしてきました。
でも午後には雨はやむと信じて、車を走らせると・・・・・

 

この先、本当に素敵な風景に出会います。

 

ずっと続く白樺並木。

ルピナス街道4
 両脇にはルピナスの花の群生。
国道273号線沿いはまるでルピナス街道。
とてもきれいでした。
ルピナス街道3
ルピナス街道1

峠から15分ほど走って三股山荘を発見。

丁度お腹も空いてきたころ。迷わず入る。

 

山荘全体


三股山荘2畑のランチを注文。

地元のじゃがいもとニセコから仕入れているソーセージとハム。
ねっとりとしたジャガイモの甘さ、そして上品なハム、とっても美味しかった。

十勝のソーセージ、ジャガイモがとっても美味しい。

 
三股山荘3コーヒーとデザートも。

たんかんのチーズケーキ

柑橘系の甘酸っぱさで、さっぱりといただけました。
私はコーヒーは胃が受け付けず苦手でしたが、十勝の牛乳を入れて飲んで、大丈夫でした。
まだ、こちらのマダムがとっても気さくな方で、色々話しかけて下さって楽しいひと時でした。

この山荘の裏手に廃線になった士幌線の駅がまだ残っているそうで行ってみます。

 

十勝三俣駅

この駅看板の前の線路はただ置いてあるだけで、実際にここにあったのとは違うようです。
三股 線路

本当に白樺林が綺麗です。

白樺

そうそう、山荘の中には士幌線のジオラマが置いてあり、ちょうど『士幌線鉄道廃線まつり』が開催されていました。

三股山荘1

 プチ鉄ちゃんの私としては興味深いところ。

廃線になって今年で30周年になるようです。

63年も走り続けたSLや駅の備品などが展示されている資料館は残念ながら時間の都合で断念しましたが、シールラリーに参加。

山荘で1枚シールをもらって、あと2か所でスタンプをもらうのですがこれから行く場所だったので100円の参加料を支払ってね。

士幌線については、のちほどツアーに参加した時にガイドさんが沢山説明してくれました。シールも集まりました。


そしていよいよ一番見たかった場所へ。 次回でくわしく。

 

7月4日(火)

朝起きたら雨だったけどお昼から曇りになるそう。

この日は 14:00から、あるツアーに申し込んでいました。

なので出来る事なら雨に降られたくなかったのでした。

 

旭川・紋別自動車道の愛別ICから乗って上川層雲峡ICで降りて、まずは『層雲峡』を目指します。

 

無料です。景色がよいので気分が大きくなりスピードが出ます。

いつも軽自動車だった我が家も今回レンタカーの普通車に乗ったらあまりアクセルを踏まなくても90km出ていて驚きました。

スピード違反で捕まっている車、何度も見ました。

後で出てくるツアーのガイドさんが言っていました。

覆面の特徴、白、黒、紺色の車が日替わりで、突然後ろにつかれて、その時にスピードを落としたら見逃してくれるそうです。

まぁ当然の事ですが安全運転しないとね。

 

『層雲峡』は大雪山の噴火でできた断崖絶壁。

車窓から眺められます。今回は素通りします。


『流星・銀河の滝』へ行きます。
 
車を
降りると、すぐに『流星の滝』。別名は雌滝。

流星の滝1
同じ駐車場内を1分ぐらい先に歩いていくと『銀河の滝』が見えます。
別名雄滝です。

 

銀河の滝2

 

 2つ併せて夫婦滝と呼ばれています。

 日本の滝100選に選ばれています。切り立った明けの間から流れ落ちています。

 

同時に2つの滝は見えないけれど、『双瀑台』に昇ると見えるとのこと。

行くしかないでしょう。

所々に ヒグマの看板。鈴を鳴らしながら・・・って。

 双瀑台入口


ヒグマに注意











鍵がついているキーホルダーをジャラジャラ鳴らしながら登って行きます。

階段がとてもつらいです。もう3年ほど登山をしていなかったから確実に体力がなくなっていました。

 

 ちょうど10分登ったところに展望台がありました。

十分に2つの滝が見えますが、まだまだ先に細い道が続いて、かなり急勾配の感じ。

途中の展望台から10分、双瀑台に到着しました。

 

双瀑台看板

 

 

頂上1


ここも観光スポットの
1つで、中国人観光客が沢山いたけれど、さすがにここまでくる観光客は日本人でもいませんね。上り始めに下りてきた人が1人、その後降りるまは誰一人として会いませんでした。

途中の展望台でも「時間はいっぱいあるけど体力がない。」という老夫婦に会いました。一緒に行った夫もシブシブ(多分)登ってたと思うわ、言わなかったけど。

Youtubeに動画をUPしたのをこちらにも張り付けてみました。

    

   

 双瀑台より

流星・銀河の滝

078-1701 北海道上川郡上川町層雲峡 北海道上川郡神河町層雲峡

 

マイナスイオンを一杯浴びて、さらに先に進みます。

今回の旅の一番行きたかった所へ。

パッチワークの路から東へ35分ぐらいでしょうか。

大きな無料の駐車場が完備されています。

大型バスもちらほら。

 

駐車場から歩いてすぐ、エメラルドグリーンの水が見えてきます。

P1010589

 今回、行きたかった場所の1つが『青い池』です。

ここ45年ですっかり有名になってしまった青い池。


人工的に作られたのではなく
、十勝岳が噴火した際に堆積物による火山泥流災害を防ぐために、美瑛川本流にいくつか建設された堤防のひとつに水が溜まったものだそう。結果、どんどん水が溜まるようになったために周囲に自生していたカラマツや白樺が水没して立ち枯れるようになったそうです。

 

 

この近くの湧き水にアルミニウムが含まれていることで青く見えるようです。

 




P1010584

DSC_0500

P1010587
P1010590

ずっと見ていたい風景です。
早朝がいいようです。

 

画像選別に苦労しました。

もっといっぱい掲載したいところですがここらへんで。

 

それにしても、ここは日本人よりも中国人観光客多かったですね。

こんなへき地までくるのですね。

 

青い池を後に、更に奥に5分ほど進むと『しらひげの滝』があります。

滝つぼには降りることはできないようです。

 

P1010591

橋の上から見下ろす形で見ます。

こちらの水もちょっと青いです。

 

その滝の上あたりにある『元湯白金温泉ホテル』で日帰り温泉入ってきました。

 

この日の観光は予定通り終了。

旭川市内のホテルへ向かいました。

つづく

旭川市内から南下すること45分、パッチワークの路に入ると北海道ならではの
風景が広がっています。

区画ごとに色々な農作物が植えられまるでパッチワークのよう。

そんな路には観光スポットの有名な木があるのですよね。


まずは 『セブンスターの木』から。

タバコのセブンスターのパッケージになったところから名前がついてます。

当時のパッケージは今パッと浮かばないけれど父や親戚がたばこ吸っていたので
見たら思い出すかも。


セブンスター近づく1

徐々に近づいていきます。

 

セブンスター近づく2

 

 手前の木々じゃなくて、画像右端の丸っこい木が『セブンスターの木』。

 セブンスターの木 (1)

セブンスター柏の葉っぱ
















     樫の木


ほら、かしわ餅の葉っぱ。

 

 

ケン&メリー2
そこから5分ほど行ったところに
あるのは『ケンとメリーの木』
ポプラです。

ケンとメリーの2人がスカイラインに
乗って各地を旅する
CMはシリーズに
なって、当時子供だったけどなんとなく
覚えてます。


「ケンとメリーのスカイライン」って
最後に言うの。

車もそれからしばらく一世風靡
しましたね。

なにしろ実弟もの初めて購入した車も
スカイラインでした。
’85年ぐらいだったかな。

 

 

そのケンとメリーが旅で訪れたポプラの木、
「ケンとメリーの木」と名付けられました。

 


こちら一帯はマイルドセブンの丘と呼ばれ『マイルドセブンの木』は少し
遠目に見ます。近くには行けなさそうです。
こちらもタバコのパッケージから名前を取ってます。

 カラマツの木です。

マイルドセブンの丘1
手前から『マイルドセブンの木』までの一帯はジャガイモの白い花が
咲き乱れています。


 3本の木見てきました。それぞれの木、ずーっと昔からあるんですね。
冬はマイナス10
度近くになる、たくましい木たちです。

 

こちらは麦畑。

 

麦畑

 

中学・高校の時によくティーン雑誌で北海道が取り上げられていて憧れて
いた風景でした。

あれから30数年、まだあって良かった。
一度は見たかった風景にやっと出会えて感激でした。

 

『かんのファーム』に立ち寄りました。

 

らべんだー2

かんの3
こちらのファームの
花は植えつけたばかり
って感じで花の絨毯
には早かった。

ラベンダーもまだ
時期が早かったです
ねぇ。
ちょっと残念でした。


あと
1か所、花の
ファームに行きたかっ
たのですが、絶対
行きたい場所があって
断念。

 
ところがこの『かんの
ファーム』で、偶然か
どうか、『
5本の木』
が見れました!!

何気なく目をやった
こちらの看板。

 
5本の木看板
JAL
パック? 
ジャニーズの嵐が
JALCM
訪れていた
5本の木だそうです。

 

34年前の、嵐が「本当にあったんだ〜」っていうCM。

中央奥にある木。5本が固まって
1本に見えます。

近くには行けないんだろうな。









5本の木1

5本の木2

カメラ望遠機能でここまで大きく。これで満足です。

 

そして、そして、
絶対行きたい場所、それはまた次回で。

 

北海道旅行から無事に帰ってきました。

その間に台風3号の接近情報、そして島根県の大雨特別警報、そして、
今もなお大変な被害となっている福岡・大分の大雨による災害のニュースが
飛び込んできました。

被災された皆様にお見舞い申し上げます。

 

さて、梅雨のない北海道、曇りがちでしたが3日間満喫してきました。

 

73()

 

関西国際空港7:05発のジェットスターで、定刻通り8:45新千歳空港に到着しました。

すぐさま9:00発のJRエアポート号に乗り込み札幌駅に着いたのが9:37

みどりの窓口で札幌⇔旭川の「Sきっぷ」を購入しました。

Sきっぷ」は6日間有効で特急・急行の自由席乗車可能の切符で5,080円です。

飛行機が遅れるのを予想し、1時間に1本しかない特急なので11:00発だろうな〜って
予想していたのですが、
10:00発の「ライラック11号」に乗れてしまったんです。

 
ライラック11号 ライラック11号車内














 


1
時間25分、広大な北海道の大地を眺めながら11:25分に旭川駅に到着しました。

駅前のイオンでおやつと無印良品で家から持ってくるの忘れた帽子を購入。

 

今回はレンタカー予約しました。

 

ちょうどお昼の時間。ラーメン村に向けて出発。

いつも軽自動車だから、やっぱり乗り心地いいですね、普通車は。

 

トヨタアクシオ

 

10分で到着。

ラーメン村。8店舗が同時に入ってる。


ラーメン村壁画


その中で『梅光軒』に決定。

他店との食べ比べが出来るようにミニラーメンもある。

梅光軒の外観 梅光軒ラーメン

 














電車内でパンをちょっとつまんでしまって私はミニを注文。
夫は不満そう。
汁がぬるいと。

ラーメンはやっぱり汁が熱くないとね。

ひっきりなしにお客さんが入ってきます。中国人もかなりいましたね。

 

 

腹ごしらえが出来たところで、美瑛町にむけて出発しました。



続く

この家に引越ししてから家の中でアリを見ることがなかったんだけど、
ついに見てしまった。
梅雨だからかアリも雨風しのげる家に来るのか、ほんの隙間から入るのよね。

1498973035728 でも大丈夫。
 これがあるから。
 アリにお困りの方、よく効きますよ。
 
 「アリメツ」 / 横浜植木株式会社
 ネット通販で手に入ります。

 8年ぶりにこれを使うときが来た!
 まだ液は固まっていなかったから使えると思い
 仕掛けてみた。

 とたんに寄って来たわ。
 1匹のアリが仲間を呼び次から次へと
 そしておびただしいアリの数に。

いっぱい蜜を吸った働きアリが巣に持ち帰り、女王アリに与えて、1,2日で女王アリが死滅し、巣ごと滅びるというわけ。

ブログ更新もままならなく、殆ど画像を撮らず、淋しいブログ内容だったけど、
まさかここにきてこんなアリの画像を撮ることになるとは。


以下、そのアリの画像を載せます。
アリなどの昆虫が苦手な方はスクロールしないでくださいね。


追記:  北海道旅行から帰ってきてもうアリの姿は一匹も見ませんでした。
      効果覿面でした!!! 




    👇 👇 👇 👇 👇 👇 👇 👇









DSC_0495



このページのトップヘ