不法に入国し、国外退去処分を受けた神奈川県のペルー人一家が処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、脳腫瘍(しゅよう)の摘出手術を受けた高校1年の長男(16)に対する処分を取り消し、在留を認めた。両親と長女(12)については、請求を棄却した。
 長男は処分を受けた時は中学2年だった。原告側弁護士によると、処分時に中学生だった少年に判決が在留許可を認めるケースは異例という。
 杉原則彦裁判長は長男について、医療水準が高いと言えないペルーで適切な治療を受けることができるか非常に疑わしいと指摘。「人道的配慮から在留を特別に認める判断をすべきだ」とし、考慮せず退去処分としたのは重大な事実誤認があるとした。 

党首討論開催、与党判断に委ねる…官房長官(読売新聞)
<HP掲載>補導少年49人の実名など誤って 愛媛県警(毎日新聞)
マニフェスト実現、覚悟はある=11年度以降の予算で-菅財務相(時事通信)
<訃報>岡本達男さん81歳=元グンゼ産業専務(毎日新聞)
民主 可視化法案、今国会提出を検討 (産経新聞)