国民新党の下地幹郎政調会長は18日、米軍普天間飛行場の移設問題で、同党独自の2案を、社民党の重野安正幹事長が批判したことについて「不愉快だ。社民党と基地問題の協議をしないという気持ちにもなりかねない」と語った。

 下地氏は、米軍嘉手納基地に統合するか、キャンプ・シュワブ陸上部に滑走路を建設する国民新党案について「沖縄県民に新たな民有地の提供を求める必要もなく、県民のためにも日米安保のためにもなる案だ」と強調した。

 北沢俊美防衛相と基地問題について協議後、防衛省内で記者団に語った。

【関連記事】
社民・重野幹事長「県民の思いに応える方策か」 普天間、国民新の県内移設2案を批判
名護市長が鳩山首相と会談 普天間飛行場の辺野古移設、反対を強調
普天間移設、候補地提示先送りも首相「5月末決定に影響なし」
「政治とカネ」追い詰められた鳩山首相
米国務次官補会見 普天間移設、現行案が最善

大阪府北部で震度3(時事通信)
民主小林氏の元選対幹部に有罪=公選法違反罪-札幌地裁(時事通信)
大統領と会談求めてない=小沢氏(時事通信)
灯ろう祭り 陶器に幻想的な明かり 佐賀・武雄「飛龍窯」(毎日新聞)
<志位委員長>北教組の違法献金問題を言及(毎日新聞)