ファイル共有ソフト「Share(シェア)」で人気映画「アバター」などを違法に公開したとして、京都府警は31日、著作権法違反容疑で静岡県裾野市千福が丘の無職、佐藤盛二容疑者(62)を逮捕した。

 府警によると、警察庁が1月から運用を始めた、違法ファイルの流通実態を調査する「P2P観測システム」を利用した初の摘発。佐藤容疑者は2年前に沼津市消防署を退職し、「約4年前から500作品ほどを違法配信した。映画好きが高じた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、平成21年12月20日と今年3月11日、自宅でシェアを使い、日本で劇場公開前だった人気ハリウッド映画「アバター」など2作品を違法に公開し、著作権を侵害したとされる。

 同システムは、「シェア」や「ウィニー」など、ファイル共有ソフトのネットワークを巡回して情報を収集し、調査結果を捜査に活用。違法ファイルを故意に公開している「放流者」の特定が容易になる。

【関連記事】
映画違法配信疑いで逮捕、「P2P観測システム」使い全国初
中国人留学生が夢中になったネット犯罪の魔力とは?
やられっぱなしの企業に朗報 名誉毀損判決で一気に逆襲だ!
悪質サイト管理者、未削除は10業者に集中 警察庁、摘発へ「強い決意」
海賊版防止へ日中協力 覚書交換 定期協議や人材交流

普天間県内案、閣内で阻止 社民・阿部氏、離脱否定(産経新聞)
医師国試、合格率は89.2%(医療介護CBニュース)
郵政改革で閣僚懇設置=鳩山首相が指示(時事通信)
三田女性殺害事件でおいを窃盗容疑で逮捕、兵庫県警(産経新聞)
ゼブラーマン 沖縄国際映画祭で上映(毎日新聞)