人身事故により西船橋-府中本町駅間で運転を見合わせていたJR武蔵野線は、19日午前8時20分ごろ、全線で運転を再開した。

 市川市消防局やJR東日本によると、同日午前7時半ごろ、市川市大野町の市川大野駅で20代の男性が線路内に入ったため、運転を見合わせていた。男性は車両の下にいたところを救助されたが、頭などにけがを負い、病院へ搬送された。

 男性がホームから飛び込んだという目撃情報もあるという。

【関連記事】
京浜東北線に女性専用車の運用始まる JR東日本
民主香川県連、JRの参加を要請へ 宇高航路協議会
電車に女性はねられ死亡 名古屋
初代つばさラストラン 国内初のミニ新幹線
JR東海7社員が無賃乗車
外国人地方参政権問題に一石

タケノコは給食、皮は卒業証書 江戸川区の篠崎第5小学校(産経新聞)
大極殿 復元、内部を初公開 奈良・平城宮跡(毎日新聞)
不起訴不当で起訴、被告に無罪=バイク衝突死亡事故-熊本地裁(時事通信)
被爆マリア像 欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
<日韓議連>新会長に渡部恒三氏 政権交代で自民・森氏から(毎日新聞)