小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部が石川知裕衆院議員を逮捕した15日夜、鳩山由紀夫首相は公邸にこもった。深夜になって、秘書官を通じ、「大変驚いている。捜査の状況が分からないので、事態の推移を見守りたい」とのコメントを発表した。
 官邸では首相秘書官らが姿を見せることはなく、ひっそりとしたままだった。
 首相は同日午後7時前に公式日程を終え、官邸を出て、隣接する公邸に戻った。その後は来客もなく、表立った動きは見せなかった。
 一方、平野博文官房長官は、石川議員逮捕の直前、待ち構える記者団を避けるように、裏口から都内の議員宿舎に帰宅した。逮捕後、記者団の求めに応じ、書面で「突然のことでびっくりしている。状況が分からないので、推移を見守るしかない」とのコメントを発表した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

タレントのミッキー安川さん死去(時事通信)
<福岡乳児殺害>親族会議で「手かざし」治療決める(毎日新聞)
参院代表質問 「戦って」発言で首相「検察への圧力ではない」(産経新聞)
「25%減」を明記=地球温暖化対策基本法案-環境省(時事通信)
石川逮捕 「くやしい」「小沢も危ない」民主党に衝撃走る(産経新聞)