埼玉県ふじみ野市で2008年4月に起きた住吉会系暴力団幹部射殺事件で、埼玉県警は10日午前、神戸市灘区の山口組総本部を殺人容疑で捜索した。

 この事件では、山口組2次団体・小西一家総長の落合益幸容疑者(62)(静岡市駿河区大谷)ら39人が殺人容疑で逮捕されている。捜索は120人態勢で行われた。

 県警幹部によると、埼玉県では08年3月末、八潮市で山口組関係者が住吉会系組幹部らに刺殺される事件があり、これを発端に両者が抗争を開始。同年4月1日、ふじみ野市の住吉会系暴力団事務所前の駐車場で、この暴力団の幹部(当時35歳)が拳銃で射殺された。当時、約150人の山口組関係者が各地から埼玉県内に集まったとの情報もあった。

 射殺事件の公判について、さいたま地検は、「裁判員に危害が及ぶ恐れがある」として、裁判員裁判対象事件からの除外請求を検討している。

無過失補償制度の拡充・発展を-日医総研(医療介護CBニュース)
春を呼ぶ勇壮「お燈まつり」 和歌山・新宮の神倉神社(産経新聞)
同居高齢者、朝・昼は3割が「孤食」―練馬区が調査(医療介護CBニュース)
文楽親子、同時襲名へ(時事通信)
「とんでもないことだ」外国人参政権反対集会(産経新聞)