沖縄県宮古島市消防本部で、「男性が倒れている」と通報を受けた指令情報課の男性職員(48)が、通報内容だけで死亡と判断し、救急隊に出動指令を出していなかったことが13日、分かった。男性(80)は約40分後に病院に搬送されたが、死亡が確認された。
 同本部によると、職員は1月23日午前8時25分、「玄関先で男性が倒れている」と通報を受けた。職員が脈や呼吸、死後硬直の有無を確認したところ、通報した女性が「呼吸はない。死後硬直している」と答えたため、「警察に連絡するように」と伝え、救急隊を出動させなかった。
 同本部によると、こうした通報があった場合、原則として救急隊を現場に出動、判断させることになっているという。 

【関連ニュース】
生存男性を死亡と判断=警察署検視室で目覚ます
オリックスの小瀬選手が転落死=沖縄・宮古島のキャンプ宿舎で
アパートで女性刺される=部屋に血の付いた包丁
9階から高1男子転落死=那覇
マンションで男性撃たれ死亡=暴力団幹部か、殺人で捜査

ブランド買取店に強盗、170万奪われる 兵庫・宝塚(産経新聞)
<訃報>野口泰良さん78歳=元近畿日本ツーリスト副社長(毎日新聞)
<水死>2歳男児の遺体 ため池で発見 茨城・古河(毎日新聞)
<普天間移設>「5月末」なら県内移設が軸 国民新・下地氏(毎日新聞)
光琳「紅白梅図屏風」 金箔、再調査で検出(産経新聞)