宮崎県で家畜伝染病の口蹄(こうてい)疫の感染が拡大していることについて、宮内庁の風岡典之次長は25日の定例記者会見で、「天皇、皇后両陛下も大変心配されていると伺っている」と述べた。
 同次長は「両陛下は一刻も早くこの問題が終息し、家畜農家や、地域の人々が安心できる状況になることを強く願われていると思う」と語った。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕口蹄疫 宮崎牛に大きな被害
〔用語解説〕「口蹄疫ワクチン」
申し訳ない気持ち=口蹄疫拡大で農水相
種牛の離島疎開始まる=口蹄疫リスクを回避
〔グラフィックス〕口蹄疫で殺処分の対象となった家畜の累計頭数

修学旅行で酪農体験、北海道の農家がNO(読売新聞)
くらたま、夫の元妻から訴えられた!(スポーツ報知)
岡本ホテル関係先を一斉捜索=預託金200億超集金か―出資法違反容疑で警視庁(時事通信)
井上公明幹事長、民主に憲法審査会始動を要求(産経新聞)
<貨物船座礁>3人死亡1人不明 宮崎・日向沖(毎日新聞)