元駐米大使、元外務次官の村田良平氏が18日午後2時5分、京都市内の自宅で死去していたことが19日、わかった。80歳だった。

 村田氏は1952年、京都大卒業後に外務省に入省。中近東アフリカ局長などを経て、外務次官、駐米大使、駐独大使などを歴任した。

 退官後は青山学院大学教授などを務め、2008年には「村田良平回想録」(ミネルヴァ書房)を出版した。昨年6月には、日米間の核持ち込みに関する「密約」に関連し、歴代次官の間で引き継ぎ書が存在したことを明らかにしていた。

<小沢幹事長>生方副幹事長更迭…執行部批判、辞任要求拒否(毎日新聞)
衆院外務委員会参考人質疑(斎藤議員)(産経新聞)
普天間政府案、23日の閣僚会議で協議へ(読売新聞)
完納率、4割強で過去最低=国民年金保険料-厚労省08年調査(時事通信)
政府答弁書、自衛隊のイラク派遣は合憲(産経新聞)