NIKKI

マスコミの真実

亀井氏が社民離脱論に「子供みたいなこと言うな」(産経新聞)

 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は25日午前の記者会見で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が沖縄を訪問することについて「福島氏は閣僚だが党首でもあり、党の立場で沖縄問題の解決に努力するのは当たり前だ」と述べた。その一方で、「(普天間飛行場の名護市辺野古移設案は)進行形の案であり、社民党はそういうことで連立離脱なんて子供みたいなことは言うべきではない」と強調した。

【関連記事】
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定
「決着なき決着」迷走再び 辺野古周辺、首相が初表明
「辺野古から逃げてまた帰ることはあり得ない」 亀井氏が政府案反対
「社民党、おとなしくして」中井国家公安委員長
虐待が子供に与える「傷」とは?

<地籍調査>過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ(毎日新聞)
トラック引きずられ?男性死亡 大阪・港区(産経新聞)
社会全体で育児支援を=子ども手当の重要性強調―10年版白書(時事通信)
2020年の五輪 都体協が招致要望(産経新聞)
映画「ABATOR」から考える政治のあり方(産経新聞)

高浜原発で冷却水漏れ=2号機配管溶接部から-福井(時事通信)

 福井県は11日、関西電力から、高浜原発2号機(同県高浜町)で同日、発電機内の熱を冷やすための2次冷却水が漏れたとの連絡を受けたと発表した。同社は出力を約98%に下げ、漏えい個所の点検修理を行う。県は、このトラブルによる放射能漏れはないとしている。
 県によると、冷却水漏れが起きたのは、発電機内部の熱を冷やす4台の装置のうち1台に冷却水を送り込む配管の溶接部分。同日午前10時半ごろ、巡回中の運転員が水漏れを確認した。 

【関連ニュース】
【動画】ナトリウム漏れから14年半 「もんじゅ」運転再開へ
【動画】もんじゅ、5月上旬にも再開=「前向きに」と福井県知事
【特集】もんじゅ運転再開~信頼は取り戻せるのか~
〔写真特集〕高速増殖炉「もんじゅ」
〔用語解説〕「もんじゅ」

<普天間>官房長官、市議長らと会談 「分散移転に理解を」(毎日新聞)
雑記帳 足利名物「ポテト入り焼きそば」を漫画で紹介(毎日新聞)
女子柔道の谷亮子氏を擁立=民主、参院比例代表に(時事通信)
大粒、岐阜の特産米「龍の瞳」ヒルズで田植え(読売新聞)
<児童ポルノ禁止法>わいせつ画像投稿…容疑の20人逮捕(毎日新聞)

公務員法案、13日に衆院通過=民主方針、自民は反発(時事通信)

 民主党の山岡賢次国対委員長は10日午後、国会内で自民党の川崎二郎国対委員長と会談した。川崎氏は、「政治とカネ」や米軍普天間飛行場移設などの問題をテーマに、衆院予算委員会で集中審議を実施するよう要求。山岡氏はこれを拒否し、重要法案の審議を促進させる考えを伝えた。このうち国家公務員法改正案については、13日の衆院通過を図る方針を示した。
 山岡、川崎両氏の協議が決裂したことで、終盤国会は6月16日の会期末に向け、与野党の対立が激しくなりそうだ。
 会談で、川崎氏は「集中審議をやらなければ、(重要法案の審議入りなどは)受け入れられない」と主張。これに対し、山岡氏は「(普天間問題の)5月末の決着前に集中審議で論議するのはなじまない」と答えた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~

331円安で終了=東京市場(時事通信)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
<不明>奈良・大峰山系で63歳男性 ヘリでも発見できず(毎日新聞)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
記事検索
リンク
リンク
リンク
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ