NIKKI

マスコミの真実

2009年12月

押尾容疑者再逮捕へ、保護責任者遺棄容疑(読売新聞)

 元俳優の無職押尾学容疑者(31)による麻薬取締法違反(譲渡など)容疑事件で、警視庁は年明けにも、今年8月2日夜、東京・六本木のマンション一室で容体が急変した女性に適切な救護措置を怠ったとして、同容疑者を保護責任者遺棄容疑で再逮捕する。

 捜査関係者によると、押尾容疑者は8月2日午後6時半頃、六本木のマンション一室で一緒にいた都内在住の田中香織さん(当時30歳)が突然けいれんを起こして意識を失ったが、すぐに119番をせず、複数の知人に「すぐに来てほしい」などと電話。知人から「119番すべきだ」と助言されたにもかかわらず、部屋を訪れた知人男性が同9時20分頃に119番するまで、適切な救護措置をしなかった疑いが持たれている。

My First JUGEM!
てつおのブログ
競馬情報
クレジットカード現金化 即日
カードでお金

「フジファブリック」ボーカルの志村正彦氏死去(時事通信)

 志村 正彦氏(しむら・まさひこ、ロックバンド「フジファブリック」ボーカル兼ギター)24日死去、29歳。山梨県出身。葬儀は近親者で行う。
 フジファブリックは2004年にデビューした4人組。バンドの公式サイトによると詳細は非公表で「検査の結果は病名不詳」としている。 

g88dutxtの日記ブログ管理ツール
Hadleyのブログ
カードでお金
ライブチャット
ショッピング枠現金化

<天気予報>日本海側大荒れ、太平洋側は晴れ 年末年始(毎日新聞)

 気象庁は28日、年末年始の天気予報を発表した。31日から1月2日ごろにかけては冬型の気圧配置が強まり、強い寒気が入り込む影響で北日本や東日本を中心に風が強く、日本海側では大雪となる見込み。太平洋側では晴れる日が多く、沖縄・奄美では曇りや雨の日が多いという。

 初日の出は東北南部~九州南部の太平洋側では見られそうだが、日本海側では望み薄。気温は31日から各地で急激に低下し、平年を大きく下回る見込みとなっている。

 気象庁は「31日から天気が急速に悪化し、交通機関などに影響が出る恐れがある。なだれにも注意が必要」と注意を促している。【福永方人】

【関連ニュース】
陥没:道路に直径3M、燃えた送電線が原因か 北九州
インド洋大津波:3カ国、警報システム運用へ
黄砂:西日本と北陸でも観測
黄砂:九州、中国地方で観測 福岡管区気象台
阪神大震災:政府首脳ら400人の肉声記録、来春にも公開

y940okxzのブログ
ニュー速なみニュース
2ショットチャット
出会いランキング
ライブチャット

<かんぽ不払い>9万件、79億円超に 03~07年分(毎日新聞)

 旧日本郵政公社の簡易生命保険金不払い問題で、簡保事業を運営するかんぽ生命保険は25日、公社時代(03年4月~07年9月)に支払った契約のうち、旧公社のミスなどで不払い額が確定したのは、11日現在約9万件で、不払い総額は約79億5000万円に達したと発表した。

 公社時代に支払った保険契約1301万件について、それぞれの基本契約と特約保険金について調べた。

 このうち入院日数を短く計算するなどの審査ミスで発生した不払いは約8万件で、未払い額は計71億円だった。また「死亡前に入院していた可能性が高いにもかかわらず、請求を促さなかった」など、請求案内が足りずに不払いになったケースも約9500件あり、不払い額は約8億4000万円に達した。

 不払いの可能性がある契約は合計約43万6000件あり、残る約34万6000件については、顧客への通知や、入院証明書など顧客からの提出書類の審査が終わっていない。かんぽ生命は来年2月末までに全対象者への通知を終える予定。【中井正裕】

【関連ニュース】
郵政3事業:全国一律維持に金融2社の消費税、政府負担へ
日本郵政:多難な船出、経営の青写真なく 凍結法成立
日本郵政:株式売却凍結法が成立 自民欠席、公明は反対
日本郵政:「郵政マネー」国債運用比率下げ検討…斎藤社長
日本郵政:郵政マネー運用見直し 国債比率の引き下げ検討へ

携帯の時代
プロレスファン集まれ
パチンコ攻略
クレジットカード現金化 即日
ショッピング枠現金化

<全国高校駅伝>「主将の涙」でチーム結束 V2豊川(毎日新聞)

 京都市で20日あった全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)で豊川(愛知)が史上3校目の2連覇を達成したのは、大会に向けた調整の成功と、唯一の3年生・伊沢菜々花主将を中心としたチームの結束力があったからだった。「連覇にこだわらなくてもいい」。森安彦監督(48)の一言も選手の心と体を軽くさせた。【稲垣衆史】

 豊川は昨年、創部3年目で初優勝の快挙を成し遂げた。しかし今年夏、4人いた3年生のうち3人が受験を理由に引退、伊沢選手がリーダーとエースの2役を担わなくてはならなくなった。

 6月、三重県であった高校総体予選。森監督は陸上部員たちの前で、伊沢主将をしかった。洗濯にまつわるささいな理由だったが、主将は「すべてを私に負わせないで」と宿舎で泣いた。チームの調子が上がらない悔しさも手伝ってのことだった。

 その後、8月の夏合宿で駅伝チームが始動し、主将の涙を機にミーティングを重ねていた2年生たちが、チームの雰囲気を盛り上げていく。11月1日の県予選、同22日の東海大会……。それでも思うようなタイムは出なかったが、全国大会出場の切符は手に入れた。

 東海大会を終えた後、伊沢主将は13人の陸上部員を集め、自分の気持ちを話した。「去年の優勝の喜びを今度はみんなと味わいたい。あと1カ月、頑張ろう」。チームは徐々に調子を上げ、合宿の疲れも取れ始めた。そして森監督の「連覇にこだわらなくていい」の言葉が、選手たちにのしかかっていた優勝校としての重圧をやわらげる。

 20日、都大路。3年連続区間賞の快走を見せた1区・伊沢主将のタスキは後輩たちに託された。1年生のムルギ選手がトップでゴールに駆け込むと、5人の選手たちはチームメートに胴上げされ、順番に宙に舞った。

 ◇居残り組も歓喜の拍手

 愛知県豊川市の豊川高校では、応援に行けなかった生徒や教師ら約100人が、会議室に集まりテレビ中継を見ながら声援を送った。

 3区の鈴木美乃里、4区の下村環加両選手とクラスメートという卓球部の白井公雅さん(2年)は、1区で伊沢菜々花主将(3年)がトップに立つと「最高のスタートが切れた。連覇は間違いなし」と余裕の表情で応援。

 その後の一進一退の展開には「頑張れ」「よし」と声が上がり、ケニア人留学生のワイナイナ・ムルギ選手(1年)がトップでゴールインすると、歓喜の拍手に包まれた。卓球部の大須賀亮太さん(1年)は「本当に頑張った。優勝は自分のことのようにうれしい」と感激していた。【丸林康樹】

【関連ニュース】
ひと:岩本真弥さん 全国高校駅伝男子Vの世羅高監督
全国高校駅伝:世羅、余裕のV 豊川も全員が安定し連覇
全国高校駅伝:男子は世羅が6回目V 女子は豊川が連覇
全国高校駅伝:都大路、女子は豊川が連覇
全国高校駅伝:105校が力走を誓う 開会式開かれる

McKinnonのブログ
s8hk9uhyの日記ブログ管理ツール
ライブチャット
クレジットカード現金化 比較
2ショットチャット
記事検索
リンク
リンク
リンク
プロフィール

moonfavorite4

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ