NIKKI

マスコミの真実

2010年04月

<財政審>26日に総会開催 会長に吉川・東大教授選任へ(毎日新聞)

 財務省は23日、昨年9月の政権交代以降、休眠状態になっていた財務相の諮問機関「財政制度等審議会」の総会を26日に開催すると発表した。西室泰三会長(東京証券取引所グループ会長)は退任し、後任には吉川洋東大教授を選任する見通し。

 財審はこれまで、企業、労組、消費者団体、マスコミなど幅広い分野の有識者で構成。予算編成に向けた建議(意見書)を年2回提出してきた。だが、「政治主導の予算編成」を掲げる鳩山政権が「官僚主導の審議会運営を見直す」としたため、財審も議論を停止していた。

 財務省は今後、財審を学識者らによる「専門家会合」と位置づけ、財政運営に関する論点整理や、判断材料の提供に特化させる。【坂井隆之】

移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
普天間、5月末決着に全力=鳩山首相(時事通信)
<茨城空港>スカイマーク節減案、国交省の許可下りず(毎日新聞)
<高速道路>新料金、見直し 小沢氏異論、政府公表覆す 「決められない政権」深刻(毎日新聞)
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年(産経新聞)

国家築くロマン、全身で感じる 平城遷都1300年祭(産経新聞)

 日本という国家と精神文化の土台が築かれた時代の中心地だった平城宮。その現場で、平城遷都1300年祭のメーンイベントが24日、開幕する。奈良時代へと“タイムスリップ”できる平城宮跡会場(奈良市)の様子を、一足早く写真で紹介する。

 ■大極殿、高御座…遣唐使船も復原

 平城宮跡会場には復原された第一次大極殿、朱雀門をはじめ、奈良時代の歴史と文化を実感できる施設が並ぶ。

 平城宮の正面玄関には、朱雀門を警備した衛士(えじ)たちの様子を再現。鎧(よろい)を身につけ、弓や槍(やり)などの武具を手にした約10人が隊列を組んで登場。朱雀門を開門する衛士たちの厳かな身ぶりには、実際の1300年前の都を目の当たりにしているかのように引き込まれる。

 第一次大極殿の中に再現された儀式の際に天皇が着座した「高御座(たかみくら)」。四方の壁に日本画家、上村淳之(あつし)さんが描いた神獣「四神」などの壁画が壮観だ。

 また、遣唐使船も復原された。全長約30メートル、幅約10メートル、帆を含めた高さ約15メートル。甲板には上ることができ、当時の衣装を羽織ることも可能。荒波を越えて中国へ向かった吉備真備や阿倍仲麻呂の気分に浸れる。

 11月7日までのメーンイベント期間中、約250万人の来場が見込まれている。

【関連記事】
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿
資料なき大極殿、和の匠と学者の挑戦 平城遷都1300年
天皇の高御座…国家の意気込みも再現 平城宮跡で内覧会
海洋堂が原型「せんとくんフィギュア」平城遷都1300年
春の夜空に荘厳な姿浮かぶ 平城宮跡の復元大極殿でライトアップ 奈良
外国人地方参政権問題に一石

<トキ襲撃>犯人?…順化ケージ侵入のテン、映像公開 佐渡(毎日新聞)
首都圏で保育士足りない…地方へ求人活動も(読売新聞)
懐かしの学舎の模型見つかる 朝来市の廃校から(産経新聞)
<新幹線>八戸-新青森駅間で試験電車停止 電気系統故障か(毎日新聞)
公明幹事長、米軍基地移設問題で「責任の取り方を注視」(産経新聞)

<川端康成文学賞>高樹のぶ子さん「トモスイ」に(毎日新聞)

 第36回川端康成文学賞(川端康成記念会主催)は15日、高樹のぶ子さん(64)の「トモスイ」(「新潮」09年4月号)に決まった。対象は昨年に発表された短編小説で、賞金100万円。贈呈式は6月25日、東京・虎ノ門のホテルオークラで行われる。

核・アフガンで連携=EU大統領と初会談-鳩山首相(時事通信)
「沖縄」密約開示命令、西山さん「超完全勝利」(読売新聞)
遠隔画像診断で医療連携推進を―医学放射線学会シンポ(医療介護CBニュース)
防衛省、中国艦艇通過で警戒・監視を継続(産経新聞)
部下への指示、改めて否定=村木元局長、涙ぐむ場面も-郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)

<安中市長選>現職の岡田氏が再選 群馬(毎日新聞)

 任期満了に伴う群馬県安中市長選が11日投開票され、現職の岡田義弘氏(71)=無所属=が、新人で前市議の高橋由信氏(53)=同=を破り、再選を果たした。投票率は53.34%。

<電動車椅子>オートバイに追突され男性死亡 大阪(毎日新聞)
<足利事件報告書>虚偽自白の危険性…可視化論議に一石(毎日新聞)
「県民に深くおわび」=不正経理問題で、神奈川県の松沢知事(時事通信)
米子-名古屋間の航空便存続ピンチ(産経新聞)
「ねつ造映像」流した米ABC 謝罪要求に応じず「だんまり」(J-CASTニュース)

「民主に失望」7割、内閣「評価しない」54%(読売新聞)

 読売新聞社と早稲田大学が3月27~28日に共同で実施した面接方式の全国世論調査で、民主党に失望しているという人は69%に達した。

 1月の前回調査(59%)から10ポイント上昇し、衆院選直後の昨年9月調査(37%)と比べると、ほぼ倍増した。民主に期待している人は46%(前回55%)にまで減少した。

 鳩山内閣の仕事ぶりを「評価する」は44%(前回53%)、「評価しない」は54%(同45%)で、「評価する」と「しない」が逆転した。

 鳩山首相や小沢幹事長らの「政治とカネ」問題がくすぶり続けていることに加え、沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題や郵政改革法案を巡る政権内の混乱などが、内閣、民主へのマイナス評価につながったようだ。

 内閣の評価を政策分野別に聞いたところ、「評価しない」は経済運営では68%(前回58%)、外交では67%(同58%)に達している。

 民主に政権担当能力が「ある」と答えた人は46%と、昨年9月の67%、前回の54%から更に下がり、自民党に政権担当能力が「ある」の48%を下回った。ただ、自民への評価も依然として厳しく、「期待している」は37%(前回42%)にとどまり、「失望している」は民主を上回る75%(同74%)だった。

 読売・早大共同調査は参院選に向けて、有権者の動向を継続的に分析している。調査は全国の有権者3000人を対象とし、1736人から回答を得た(回収率58%)。

長官銃撃 「オウムのテロ」断定 警視庁 異例の捜査結果公表(産経新聞)
ジョンソン&ジョンソンに立ち入り=価格維持のため、広告規制-公取委(時事通信)
電気自動車、成長戦略の柱に=古川国家戦略室長(時事通信)
普天間、首相「腹案持っている」(産経新聞)
茨城で震度4(時事通信)
記事検索
リンク
リンク
リンク
プロフィール

moonfavorite4

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ