NTT西日本の子会社社員が顧客情報を漏えいした問題で、総務省がNTT西に対し業務改善命令を出す方針であることが15日、明らかになった。NTTグループへの改善命令は初めて。
 NTT西によると、兵庫、石川両県で、子会社社員が業務で入手した非対称デジタル加入者線(ADSL)利用情報などを、不正に販売代理店に提供するなどした。同省はNTTグループの独占的地位を自社に有利に利用することを禁じた電気通信事業法に抵触すると判断したもようだ。
 この問題で、NTT西は昨年12月、大竹伸一社長の役員報酬削減など社内処分を発表している。 

【関連ニュース】
接続料算定方法見直しを=通信事業者が総務省に要望
朝日火災とヤマト運輸に行政処分=運送保険を違法募集
解約手続きミスで過大・過小請求=NTT東、1万2000人に
極めて悪質な事件=NTT西の顧客情報漏えいで
コスモ証券に業務改善命令=投信の不当勧誘で

説得5時間、「ごめんなさい」と男性投身自殺(読売新聞)
【揺らぐ沖縄】名護市長選告示 普天間移設反対・容認一騎打ち 市民は冷めている(産経新聞)
遺体、不明の元社長と確認=栃木の井戸で発見-鹿児島県警(時事通信)
水仙娘が福井の特産品PR(産経新聞)
普天間の下地島移設、宮古島市議会が反対意見書(読売新聞)