民主党の山岡賢次国対委員長は10日午後、国会内で自民党の川崎二郎国対委員長と会談した。川崎氏は、「政治とカネ」や米軍普天間飛行場移設などの問題をテーマに、衆院予算委員会で集中審議を実施するよう要求。山岡氏はこれを拒否し、重要法案の審議を促進させる考えを伝えた。このうち国家公務員法改正案については、13日の衆院通過を図る方針を示した。
 山岡、川崎両氏の協議が決裂したことで、終盤国会は6月16日の会期末に向け、与野党の対立が激しくなりそうだ。
 会談で、川崎氏は「集中審議をやらなければ、(重要法案の審議入りなどは)受け入れられない」と主張。これに対し、山岡氏は「(普天間問題の)5月末の決着前に集中審議で論議するのはなじまない」と答えた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~

331円安で終了=東京市場(時事通信)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)
<郵便不正事件>「凜の会」で控訴…大阪地検(毎日新聞)
<不明>奈良・大峰山系で63歳男性 ヘリでも発見できず(毎日新聞)
横須賀の男性遺体、殺人と断定 捜査本部設置(産経新聞)