国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は25日午前の記者会見で、社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が沖縄を訪問することについて「福島氏は閣僚だが党首でもあり、党の立場で沖縄問題の解決に努力するのは当たり前だ」と述べた。その一方で、「(普天間飛行場の名護市辺野古移設案は)進行形の案であり、社民党はそういうことで連立離脱なんて子供みたいなことは言うべきではない」と強調した。

【関連記事】
直嶋経産相が普天間問題で社民党批判「火をつけて回るのはどうか」
みんなの党・渡辺代表「民主は自民のクローン」 連立も否定
「決着なき決着」迷走再び 辺野古周辺、首相が初表明
「辺野古から逃げてまた帰ることはあり得ない」 亀井氏が政府案反対
「社民党、おとなしくして」中井国家公安委員長
虐待が子供に与える「傷」とは?

<地籍調査>過去10年で実施5割未満 災害時混乱の恐れ(毎日新聞)
トラック引きずられ?男性死亡 大阪・港区(産経新聞)
社会全体で育児支援を=子ども手当の重要性強調―10年版白書(時事通信)
2020年の五輪 都体協が招致要望(産経新聞)
映画「ABATOR」から考える政治のあり方(産経新聞)