【慶州(キョンジュ)(韓国慶尚北道)=石川有希子】岡田外相は15日夕、韓国・慶州のホテルで中国の楊潔チ(ようけつち)外相と会談し、核兵器を削減するか、少なくとも現状維持とするよう求めた。

 また、中国軍ヘリによる海上自衛隊護衛艦への異常接近に抗議し、再発防止を求めた。(「チ」は竹かんむりに「褫」のつくり)

 岡田外相は中国の核政策について、「五つの核保有国の中で、核兵器を増やしているのは中国だけだ」と指摘した。

 楊外相は「中国の核兵器を心配する必要はない。いかなる形の核軍拡も行うつもりはない」と従来の主張を繰り返した。

 岡田外相は、〈1〉4月の2度にわたるヘリの異常接近〈2〉中国政府船による今月3日の海上保安庁測量船への調査活動妨害――に関して、「極めて遺憾で絶対に容認できない」と述べた。これに対し、楊外相は「中国の活動は正常なもので、むしろ日本の監視活動は行き過ぎだ」と反論し、議論は平行線に終わった。

<JR旅客>6社が夏の臨時列車運行計画 本数は抑え気味(毎日新聞)
官房長官、きょう鹿児島入り=徳之島町議と会談へ-普天間(時事通信)
<普天間移設>米との交渉優先を 亀井担当相(毎日新聞)
18日に打ち上げ=金星探査機、H2Aで―種子島(時事通信)
枝野氏、小沢の説明責任に期待(産経新聞)