March 26, 2012

'12 春

ほとんど休眠でした。

幾度か、書き始めても…
どんな言葉を選んでも、上滑りするようで
なかなかまとめられず…

あの日、パートから帰って遅い昼食を済ませて
何気なく午後のワイドーショーを眺めていて
都庁で再出馬の記者会見が始まる少し前の事だったと思う。

目眩のようなリアルタイムの揺れ、その数十分後のライブ映像の津波…


あまりに多くの人が亡くなってしまい
いまだに行方不明のままでいる多くの人。
数ヶ月、毎朝ひろげる新聞やTVでの放送内容を
泣きながら眺めていた。

パート先の窓口には、半年間、義援金箱が置かれていたけれど…

IMG_0282_2














でも、どんなに惨い現実も、時間が経てば
どんどん記憶が薄れて忘れ去られがちで…
それはそれで、時間が、傷や悲しみを癒しているとも言えるのだけれど…

かなり前ですが…
'11/5/9付 朝日新聞 作家の天童荒太さんのコラムに共感しました。

喪失をわかちあう/作家 天童荒太さん(51)
――――ただつらい思いをした人を根底から支えるのは、
大切な人が失われたことを私たちが忘れていないという姿勢であり、
喪失をわかちあう静かな連帯感だと思います。被災していない私たちこそが
変わっていく必要があるのです。
 つらい思いをしてきた人が隣にいるかも知れないと思って接するような社会。
今とは異なる社会のあり方が浮かんでくるはずです。――――



季節は去年と同じように、春。
我が家の寒緋桜は終わり、来週当たりにソメイヨシノが咲くはず。




moonlit_topos at 15:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)think aloud 

January 17, 2011

不調リセット

IMG_0252_2←散歩の途中のロウバイ(臘梅)の花 花弁がロウ細工のように油を含んで半透明に見えることからロウ梅といわれる。
とても甘い香りです。

小正月も過ぎました。

3年前から年賀状をやめ、寒中見舞いを小正月にしたためている横着な私。

この冬は、暖冬なのねと
思うくらい年末まで暖かかったのに、年越しあたりからの寒波で、普段ではあまり多く降らない大雪が
わが町にも、小正月にどっと積もりました。


少し、不調でした


なんと、半年以上放置です。
スイマセン…


毎日チラッと覗いてくれた方、ホントにどうもありがとう。
今はおおむね元気です。

春先、夫も体調を崩し私も調子悪く
「このまま以前の状態(CFS)に戻ったらどうしょう」と不安な気持ちでいて
あれやこれや試し、そのうち夫が腰痛(座骨神経痛)で仰向けとかうつ伏せとか出来ないくらいヒドくなり、接骨院とか整体院とか探しまわり
ようやくたどり着いた鍼灸院で救われました。

鍼灸って、昔一度体験して、術後すごーく具合が悪くなった事があったので
すごーくすごーく抵抗があったのだけど、そこは違った。

鍼が長くないし、刺しっぱなしにはしない。
表皮をほんの少しチクチクするだけ。
「カンの脈が聞こえないね〜」指の先で手首や足首の脈をみてるという。

――センセ、カンの脈って?カンて肝臓ってこと?
「肝臓ばかりじゃないけど、その肝だよ。これじゃー、運動したくても身体が動かないでしょ」
――うん、そう。ウォーキングとかしたいんだけど、なんだかしんどくって。
「身体が良くなってくると、歩けるようになるよ。動けないのに無理に運動しないほうがいい」

で、昨年4月から毎週通院し8月過ぎから隔週通いにし、最近少しずつ歩いたり
時々チャリで浜辺を走れるようになりました。

不調の一番の原因は「冷え」と言われ
センセの言う通りに冷たい飲み物、食べ物を極力避けてみた。

夫も私も、毎晩デザートに食べるほどアイスが大好きだったので
最初のうちとても苦しかったのだけど。
真夏でも、麦茶は室温で。
毎日熱ーい日本茶を飲んでいたら、
真夏の時期、時々少しアイスを食べてみると、なんとなーく身体がだる〜くなるような嫌〜な感じに。

やっぱり、不調の原因のひとつは「冷え」だった?
今だに隔週通いなのだれど、
「もう少しだね、最後の残りカスのようなものがある」とセンセ。
あとどのくらい通うのかな?



moonlit_topos at 19:52|PermalinkComments(2)TrackBack(0)散歩道 | ココロとカラダ

April 20, 2010

定年後

桜もとうに終わったのに
暖かくなったり、寒くなったりの寒暖の差に身体がなかなか
ついていけず、体調を崩しがち。
さすがに、先月から葬儀が続いている。
二十三回忌の法要を午前中に済ませて、夕方から通夜。
なんて事もあり、クリーニングから帰ってきた喪服をまた着用なんて事が続く。


0196_10.04.20←去年秋からの、一番のお気に入りビオラ
白と薄紫のコンビなのだけれど、優しい色合いがとてもスキ。
購入時「王様ビオラ」とタグにあって、すごくしっかりした立派な株だったのだけど、もうすでに、こぼれ種が芽吹いて次の世代へ。やっぱり王様だぁ
一株100円以下のお値打ちのビオラよりも、やっぱり300円ぐらいの株のほうが、咲きっぷりもいいしこぼれ種も多いのよね。




…それでも、着実に春に向かっていて
最低気温がジグザクしながら少しずつ上向きになって来ていて、嬉しいかぎり。

寒いのは昔から苦手だけれど
最近は身体が、特に冬の寒い朝には手足がこわばってしまって
うまく動かなくなっている。
これは、明らかな老化だと思う。



自営業の夫なので、定年というものがない。
おそらく、体力や視力などが極端に衰えて仕事に支障をきたさない限り
仕事を続けることが出来るだろう。


だが、とっくにフツーの公務員の定年の年齢はすでに過ぎていて
本人も出来れば、本当は仕事を辞めて毎日好きな釣りをして
暮らしたいと考えているようだ。
仕事を辞めるまで、おそらくあと数年しかないだろう。

夫が仕事を辞めたら、私は本格的に仕事をやろうと思っている。
週3〜4日程度のパートではなく、フルタイムをしっかり働くつもりなので
ぜひ、その時は主婦を主夫にバトンタッチしていただくつもり。

パート先のスタッフは、定年後の人たちの方が多いという
少し特殊な環境なので、実際の定年後の夫婦の形を少しだけ
垣間みる事が出来るのだけど、皆さんほとんど
「一緒にずっといるとケンカになるので、なるべく外に出かける」らしい。
家庭円満のために、外に出る。

「なぁ〜んだ、みんなそうなんだぁ」
ちょっと気が楽になったのは確か。
そうか、そうよね。結婚当初からずっと一緒に商売してる所とかは
例外のようだけど。お互いに共働きの夫婦だと
まず、定年後一緒にいるとお互いとてもストレスになるらしい。

もう随分前に「主人在宅ストレス症候群」とか話題になっていたのに…
我慢しないで、どんどん外に出たほうが病気を免れるのね。

そうそう、「あなたがいればそれだけでしあわせ」
なんて気持ちをキープ出来るのは2、3年が限界でしょう。






moonlit_topos at 14:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 01, 2010

ハクモクレンの蕾――身辺整理

IMG_0194_2水仙が終わり、寒緋桜は三部咲き、そして白木蓮の蕾がふくらみかけています。

あ、長らくさぼってしまい…反省しています。
毎日こっそり覗いてくださった方もいたのに
何ヶ月も更新しませんでした。ゴメンナサイ……

少しずつ健康体に近づいているのと、雑事にかまけて
PCを覗くこともなかなかなく、なにより冬は苦手で
どうも行動範囲も思考範囲も狭くなってしまいがち……というのが言い訳。

取り立てて話題になるような事もさほどなく、放置しました。
リハビリのつもりで始めたこのブログ。
やっぱり、もう少し続けてみようかなと思っています。
あまり、目新しい事も参考になる事もなく
グチばかりになるかもしれませんが。

今年のなんとなく考えているテーマは「身辺整理」
視覚的にも心理的にも共通して考えていること。

まず、鉢植えを整理して少なくする。
自分の部屋のいらないものを処分する。
着なくなった服や、家中の使わない物を徹底的に処分すること。

去年も同じように考えていたけれど、結局動けなかった。
捨てられるものを捨てないと、新しいものは入ってこないような気がして。




moonlit_topos at 21:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)花と緑と | think aloud

October 14, 2009

適温

09.5.11/アイスバーグ.jpg
秋雨前線と台風の影響で、しばらく雨模様が続いていた。
と思っていたら…
「上陸しないで、どうか太平洋側を通ってください」と、願いもむなしく台風18号知多半島上陸。

軽量鉄骨3階建ても、揺れました。
お隣の大きな木が、ふたつ倒れました。
我が家は、たまたま被害を免れたけれど、久々にすさまじい台風。

12時間ほどの停電で、電気のありがたさが身にしみた。
翌日、信号機がゆがんでいて横を向いていたり上を向いていたり、有料道路から見える大きな看板が壊れていたり……

台風直撃の前日に、鉢植えやなんやかや強風で飛びそうなものは夫に手伝ってもらい片づけた。
玄関は鉢植えの避難場所となり、足の踏み場もないくらい。

台風一過で、今は信じられないくらいうららか穏やかなお天気。
12号鉢が、4つ倒れていたとは思えない……自然の猛威って怖い。

それでもやっぱり、最低気温18℃から最高気温24℃くらいが一番心地いい。
でも、いい時期ってホント短い。

09.5.15/アイスバーグ2.JPG
←春に満開だった 本日はつるアイスバーグたち

香りはほとんどないけれど、秋にもちらほら健気に咲いていた。
3年目で、樹高は3mほど。

バラの鉢植えは5つだけ、庭植えが3本。たったそれだけなのに、最近持て余し気味。どこか嫁入り先を秘かに探しているのだが…

先日、「鉢植え80鉢はあるよ〜」と仕事仲間が話していたので、自分の家の鉢植えを数えてみた。

100鉢を軽く越えた…101あたりで、なんだかウンザリしてしまって数えるのをやめてしまったけれど、おそらく120、いや家の中のも入れると130鉢くらいはあるかもしれない。

09.5.15/イスバーグ3.JPG
完全に増やしすぎだ。

なるべく大鉢にしようとしているのだけど、挿し木や挿し穂の小さい鉢も少しある。う〜、半分くらいに整理したい。

最近は涼しくなったので、毎日お水をあげていないけれど、真夏日が続く日は、わずかなバラ達のために5時か遅くても5時半にはに起きて、なるべく涼しいうちにお水をあげていた。

花を育てはじめて、温度に敏感になった。今日の最高気温と最低気温を、毎朝何気なくチェックするように。

水をあげすぎてもダメ。
水をあげるというより、新鮮な空気をあげる感じ。だから土が乾いてからたっぷり水をあげる。

鉢植えにかぎらず、いろんなものがあふれかえっているなぁ、整理しなきゃー、捨ててしまわなきゃーと思ってはいる。

今回の台風でつくづく考えさせられた。



moonlit_topos at 01:51|PermalinkComments(2)TrackBack(0)花と緑と