July 26, 2006

こんなに大雨の続く梅雨、今まで経験がないような気がする。
台風の被害がすごく続いた年もそうだけど、いつ自分に降りかかるかもしれないと思う。

ひと事じゃないよ。
病気も事故も災害も、避けられた時はただ幸運だっただけで、巻き込まれるときは否応無しに渦中に立たされる。

水の力は怖い。
でも水が無いと生きていけない。
水、だけでも生きていけない。

ヤマト&ヒミちゃん.jpg←ヤマトとヒミちゃん
同い年の2匹。

ヤマトが痩せ始めたのは3年半前ぐらいから。
最高に太っていた時は5キロを少し超えていて、確か5、2キロだったと思う。

ヒミちゃんはいまだに痩せる気配なしの現在6キロ(去年より太った)。




3年半前、ヤマトの体重が4キロを切ってしまい、病院に連れて行って血液検査をしてもらったが、異常がなく、加齢のせいで痩せ始めていると診断された。

歯周病にも気をつけていたのだけど、2年前に歯石を取り、それでも歯槽膿漏になってしまい食欲が落ち、激痩せし始めたのは去年の夏あたりから。

それまでは、夜寝るときは私の腕まくらでずっと朝まで寝ていたのが、去年の夏あたりから寝室にもなかなか入って来なくなっていた。時々添い寝をしにきても、数時間で部屋を出て、ケージの中で休んでいるようになっていたヤマト。

ウチの中では一番食い意地がはっていたヤマトが、少しずつ少しずつ食べることをやめた。

痛み止めやら、抗生物質の注射やら飲み薬やら、去年の暮からは一ヶ月おき、今年の春には一ヶ月足らずで治療を続けていたけれど、どんどん食欲がなくなってしまった。

胸水が溜まって、呼吸が速くなり利尿剤や心臓の薬で、少しだけ呼吸が楽になったようだったけれど、食欲は戻らず。いろんなキャットフードを試し、新鮮なお刺し身やら好物だったものも、とうとう口にしなくなった。

回復の兆しや生きる気力があるのなら、食欲は戻るのだろうか。

食べなくなった夜、もう…どうしようもなく泣けた。

食べなくなってもヤマトのための食事を用意し、身体を撫でていたら、ヒミちゃんがヤマトの様子を見に来てヤマトの顔をしばらく舐めていた。

右手でヤマト、左手でヒミちゃんを撫でる私。

06.7.23/ヤマト.jpgヤマト、水だけしか飲まなくなって5日目。
日曜日の夕方、逝ってしまった。

心配してくれた方達、本当にありがとう。
昨日、葬儀をすませました。

moonlit_topos at 13:00│Comments(12)TrackBack(0)今日のニャンコ 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by りゅう   July 26, 2006 15:09
ああ、ヤマトさんも体を取替にいったんですね。
私のメイも今日、旅立ちました。
昔、成の時に、
ごはん食べれば苦しいの治りますか?と先生に聞いた時、
違うよ、苦しい所があるから食べられないんだよ、と痛ましそうに言われました。
生きる気力が体についていけなくなった時、
きっと体を取り替えて元気になって戻ってこようって、
成やメイやヤマトさんのように旅立つんだと思います。
23日かな…ヤマトさんも記念日に登録させてくださいね。
うちのキリの誕生日です。
病気も加齢も、辛いですね。
でもがんばったメイは私の誇りです。
ヤマトさんも、もう苦しくないよね。
メイ、今日行ったから…会ったらよろしくね。
天国ではお水だけじゃなく、いろいろ食べるんだよ。
2. Posted by もんこ   July 26, 2006 16:54
(;_;)飼っていたペットは家族も同然。子供も同然。
悲しいですね。しかも、りゅうさんの猫ちゃんまで
逝ってしまうとは・・。ヤマトちゃんは寿命だったので
しょうか・・?最後まで家族に看取られて、天国へ
逝けたのが救いです。toposさんの家に入れて幸せだった
事でしょう。だから、姿をくらまさずずっと家に居た
んでしょうね。(猫は死ぬ時姿をくらますと言うので・・)
3. Posted by chibi   July 26, 2006 23:12
こんばんは、はじめまして。
猫屋敷計画のりゅうさんのところからおじゃましました。

ヤマトさんもメイちゃんも、
今頃は元気な体になって
一緒に遊んでいるのかもしれませんね。
ヤマトさんのご冥福をお祈りします。
toposさんも、ご自愛くださいね。
4. Posted by shuichi223   July 27, 2006 13:18
そうですかぁ。
ご冥福をお祈りします。
きっと今頃あっちでごえもん君と遊んでますよ!
久しぶりって言って。
それで、ヒミちゃんやみんなの事見守ってくれてると思います。
ヒミちゃんはヤマト、ごえもんの分まで長生きしようね。
5. Posted by saikaku   July 27, 2006 21:52
ヤマトさん、さすけさんのところにいってしまわれましたか。
1ヶ月前、toposさんにお言葉をいただいたので、
今度は、メッセージを残しにきました。
ご冥福をお祈り申し上げます。

最後までちゃんと家族に見守ってもらえて
ヤマトさんは幸せなニャンコ人生でしたよね。
お疲れ様でした。
6. Posted by topos   July 28, 2006 14:19
>りゅうさん

メイちゃんも旅立ってしまったんですね。
病気のコを何匹も抱えて、ご自分も大変なのに…
りゅうさん、アドバイスありがとう。
いつもブログ、参考にさせてもらっていますよ。
ヤマトは超甘えん坊のニャンコだったので、きっとまた
元気な身体で、ウチに帰って来ると思います。
7. Posted by topos   July 28, 2006 14:20
>もんこさん

ヤマトは享年16でした。
寿命といえばそうなのかもしれませんね。
ウチの猫はみんな室内飼いなんですよ。
外に自由に出入りできる猫だと、いなくなってしまいがち。
昔、実家で飼っていた猫達はほとんどそうでした。
8. Posted by topos   July 28, 2006 14:22
>chibiさん

いらっしゃいませ☆そしてありがとう。
このところニャンコの訃報が続いているようですね。
きっとみんなで遊んでいるのかも…?
そうねぇ〜、きっとそう〜♪
9. Posted by topos   July 28, 2006 14:23
>shuichi223さん

そうですね、ゴエモンに「おーい!こっちこっち!」って
導かれたかもしれませんねぇ。
ヒミちゃんには、長生きしてもらいたいです。
いや、おそらくすごーく長生きすると確信しています。
10. Posted by topos   July 28, 2006 14:24
>saikakuさん

さすけさんのところです。
幸せなニャンコ人生だったと思いたいです。ハイ
優しいお言葉、感謝です。
11. Posted by mame   July 29, 2006 15:16
御無沙汰しています
家族がいなくなってしまうのはほんとに寂しいですよね
16年間ヤマト君はtoposさんと一緒に暮らして幸せな一生だったでしょうね
御冥福お祈りいたします
12. Posted by topos   July 31, 2006 14:26
>mameさん

ありがとうございます。
なんだか、まだそばで寝ているようで…
ポッカリ空いた穴を、しばらくぼんやり眺めます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字