軍用時計 ムーンスター ミリタリーウォッチ

千葉県千葉市の店舗にて軍用時計を中心にポリスバッジ、トイガン等を多数取り揃えております。
買い取り、下取りも致します。
〒260−0028  千葉県千葉市中央区新町1−13木村ビル5F
TEL 043(302)9110
営業時間 11:00~20:00頃  定休日:水曜日

いよいよ明日です、『元祖(?)ポリスVSギャング戦・真夏の決闘・蚊に刺されただけでも大泣きさ!』
ただ実際に遊ぶのは明日なんですが…実はもう戦いの1/3ぐらいは終わっています。
参加する人達が明日の戦いに合わせ、装備の充実を図ったり、警察関係の映画を見まくったり、文献を読み直したり、明日の為に新たな銃を買った人もいるようです。
ひとりひとり、趣味にかけられる予算や時間は違ったり、熱意も違うと思いますが、各人が自分の出来るレベルで納得いく準備をしたようです。
準備もいとおかし…です。
勿論そこには勝者も敗者もいません。
ただ…撃った! 撃たれた! ゾンビだ! オーバーキルだ!みたいな普通のサバゲーも嫌いじゃないですが、たまにはこうゆうのもイイですよね?
まぁみんな基本スキモノなので、明日が楽しみです。


私自身はセント君がSFPDの制服デビューをするという事だったので、お付き合いで私も制服警官で出ようと準備を進めました。
そしてなんとか恰好がつくとこまで仕上がった昨日…セント君が仕事で参加出来なくなったことが正式に決定しました(ぷっ!)
でも制服装備、もう止まらねぇぜ!マッハGO!GO!剛竜馬!

ちなみに銃は…
メイン→コクサイ製S&W M10 4インチ S&W純正マグナグリップ付
サブ→北島…じゃなくてコクサイ製S&W M36 2インチ S&W純正バナナグリップ付
2丁ともモデルガンです。
えっ?電動ガン? 必要ないしょ!
どんぱちでの戦いはモデルガンの方が敵を倒せそうだし…
メインのM10は今回の為におろしました。
サブのM36のグリップはS&W純正サービスグリップしたが、今回に合わせバナナグリップ(スムースタイプ)に交換しました。
まぁM10とM36は同じ38スペシャル弾を使用しますので、何かと便利だし(何が?)
えっ?長物?  必要ないしょ!
こっちにはFBIとマーシャルがついているし。
いちおうトランクにM870は入っているけど…

決戦まであと1日…

最初に言っておきます、このゲームは映画『S.W.A.T』っとは何の関係もありません!!(キッパリ)

今度の水曜に開催される『元祖(?)ポリスVSギャング戦・真夏の決戦・蚊に刺されただけでも大泣きさ!』で新ゲーム(通称クソゲェ~2018)をやる予定です。

せっかくマーシャル装備の人が何人かいるので、全長120mとも全長3㎞ともいわれている長さを持つ『どんぱち』で、マーシャル&FBI&地元警察のタスクフォースが麻薬王アレックス(たぶん私)をセフティ横の部屋(通称 地獄の1丁目)から一番奥(アルカトロス刑務所)まで犯人輸送をする。
…それはありきたりの犯人護送のハズだった…アレックスがあの一言を叫ぶまでは…
「さよなら NB!」
…じゃなくて「俺を逃がしてくれた者には1億ドル出す!」

チャンス!っとアレックス奪回を目論む地元ギャング団。
…そして警察側にも金に目がくらんだ裏切り者が…(まさかの人選)
街は戦場になった…

…はたして,お坊ちゃま君(凶暴)のDEFCON1フルカスタム・MP7フルオートが火を噴くのか?
…はたして警察側に長物使用の許可がおりるのか?
…はたして鉄砲屋の次郎の必殺技『そうゆうところがダブルタップ♡』が出るのか?
…はたしてピクルの必殺技『めんどくさいので地獄の1丁目で皆殺し』が炸裂するのか?
…はたまたバッチ男は得意のブラインドショットを乱発するのか?


決戦まであと2日…




実は2~3日前にやっちゃったんです。
左膝をバキッ!っと…正直、その瞬間…折れたのがハッキリと分かりました…
やっちゃった日はそうでもなかったんですが、次の日からジンジン痛みだしました。
尋常じゃない激痛です。
イスから立ち上がるのは勿論、階段の昇り降り、歩くのも辛く完全にヨチヨチ歩きです。
何かをするたんびに小さな悲鳴をあげていました。
仕事は仕事場に行けさえすれば特に問題ありませんが、サバゲーはいくら守備の要のスパーサブでもチョット無理です。
今度のサバゲーも、どっかの平日定例会に参加するのがサバゲー前日の夜に決まるというパターン(チームNBスタイル)だったのなら行きません。
ただ今度の『元祖(?)ポリスVSギャング戦・真夏の決戦・蚊に刺されただけでも大泣きさ!』は当店が主催ですし、すでにバッチ男&鉄砲屋の次郎率いるLE軍団の皆さんやサバゲーチーム元3Fのメンバーのなつかしいメンバーも何人か参加表明していただいていたので、何があっても行かないわけにはいきません。
勿論そうゆう責任感チックなことだけじゃなく、今度のゲーム形態は私の理想とするサバゲー完成への第一歩という考えもあり個人的にも非常に楽しみにしていました。

…普段は決して家では弱いところを見せない私ですが、あまりの痛みについポロっと鬼嫁に弱音を吐いてしまうと…

「…たしかネットに膝の痛みを完全に消すマッサージの方法が出てたよ。 調べてあげようか?」

「おぉ…頼むよ…痛みで気絶する前に…」

「あっ!あった! このマッサージやれば3か月でほぼ完全に痛みが消えるって!」

「…3か月…3日で治したいんだけど…」

「無理!  とりあえず湿布でも貼っておけば!」

「えっ!そんなのあんの?  何故もっと早く出してくれないの?」

寝る前にその湿布を張ると、何故か次の日の朝にはほぼ痛みは消えていました…
湿布を1枚張ればほぼ半日で治る怪我で痛いとか折れたとか、もうフラッグは永遠に取れないかも?っと騒いだり、時には涙ぐんだりした私も私ですが、旦那が2~3日も痛み苦しんでいる様子を見て見ぬふりする鬼嫁もどうかと思います。
鬼嫁曰く…
「アナタは痛みに弱すぎる! ちょっと熱がでると、俺もう死ぬのか?とか、チョット血が出たりすると救急車を呼んでくれ!だとかバカじゃないの! ホント子供より手がかかる!」


決戦まであと3日…

↑このページのトップヘ