2017年11月26日

お友達の六花さんからお菓子等が届く。
パッケージを見ると、茨城の久慈郡大子町へ遊びに行かれたみたい。
この時期だと紅葉狩りかしら。
りんごが特産品らしく、りんごのお菓子二品と国産紅茶。
11茨城土産

このお菓子、「水戸の梅(りんご)」という一瞬混乱しそうな名前です。
「水戸の梅」という、従来の銘菓のりんご味バージョンみたいです。
初めて頂きましたが、りんご風味の白餡が紫蘇とマッチし、そこに求肥のもちっとした食感が楽しいお菓子です。
りんごのドライフルーツはヨーグルトにでも入れてみましょうか。
紅茶も、これからの季節にはうれしいですね。

六花さま、いつもありがとうございます。
「水戸の梅」おいしいです

あごなでらmoonview at 21:13│コメント(3)
毎年恒例、正倉院展に行ってきました。

ここ数年、一泊旅行としていましたが、そろそろ絶対訪れたいという場所は制覇しつつあったため、
今年は日帰りで奈良市内をぶらぶらして来ようと思い、ホテルの予約はしていませんでした。
しかし、十月に行くつもりだった京都国立博物館の国宝展に行きそびれたため、「そうだ奈良の帰りに寄ろう」と。
となれば、やはり時間的に一泊する必要があるということで結局、泊まりでした。

当日、奈良は雨でした。小雨程度なのが救いですが、とりあえずコンビニで傘買って初めに向かったのは「入江泰吉記念奈良市写真美術館」です。
奈良の写真を撮り続けた入江泰吉の作品が見られます。
迫力のあるものやノスタルジーを感じるものなど、素敵な作品を楽しんできました。
この施設、JRの駅からわりと歩く上に長く坂道を登ることになります。急坂ではなく緩やかだけど、運動不足の身にはこれが地味にきつかった。
その後は、すぐ隣りにある新薬師寺へ。スッキリとした感じのきれいなお寺でした。ぐるりと輪になって立っている十二神将像が興味深かったです。
11新薬師寺


お寺のすぐ横の細い道を春日大社方面へ向かって歩きます。この道がなんだか古くていい雰囲気の道でした。
春日大社の原生林を抜ける「上の禰宜道」から拝殿へ。この禰宜道というのは、春日大社にお勤めの神官さんが出勤するのに使用した道だそうです。
静かな森の中の散歩を楽しむことができます。
お参りを済ませ、鹿を撫でつつ奈良公園到着。
お昼食べるために座る場所を探す。この頃にはもう雨は止んでいたのだけど、あちこち濡れているので困った。
なんとか屋根付きの休憩所があり、そこでお昼のおにぎり食べました。

東大寺付近や、アーケードの商店街をぶらぶらしていると突然足が攣りそうに(またかよ)。
なんだかんだで結構歩いたし、おまけにこの商店街もほんのり坂道だ。「奈良」という地名の語源は「ならす=平ら」などとよく聞くけど、
そうはいいつつ意外に起伏があるのね。
とにかく足をかばいつつ、ゆっくり歩いてホテルまで向かうことにしました。
途中で足攣り用の薬を飲んだおかげか、本格的に攣ることもなく無事ホテルへ着く。

しばし休憩ののち、平城宮跡へ。
着いたと思ったら、雨が再びぽつぽつとしてきました、傘を置いてきたのでひどくなる前に帰ったほうがいいと判断し、
途中で夕飯の調達をしに、長屋王の屋敷跡のイトーヨーカドーへ寄るも、なんとヨーカドーは潰れてしまっているではないですか。
い、いつの間に。この辺他に大型スーパーなさそうなのになぁ。
しょうがないのでコンビニでおにぎりだのサラダだのを買ってホテルまで戻りました。

翌朝。朝風呂に入り、身支度してチェックアウト。
お楽しみの正倉院展へ。
11正倉院展

博物館到着。行列に並ぶ。いつもより若干人が少なく、するすると列は進む。
「羊木臈纈屏風」や「玉尺八」「漆槽箜篌」「緑瑠璃十二曲長坏」など、今回もロマンあふれる宝物を観ることができました。
「琥碧誦数」という、数珠に真珠が使われていました。劣化しやすいものなのに、ちゃんと残っているのがすごいです。

見終わって、国宝展を観に京都へ向かうも、足攣り再び。おまけになんだかえらい疲労感が襲ってきました。
頑張って国宝展を見に行くべきか、大事を取って諦めるべきか。
しばし京都駅に佇んで悩みまくった結果、帰ることにしました。薬ももう全部飲んでしまったし。
何かあって動けなくなったら、この交通量の多い京都では危険だと思って。

幸い電車はすぐ来たし、ずっと座って行けたので岐阜へ帰り着くまでには、何とか回復していたのが救いです。
家に帰るとポメが大喜びでしっぽふりふりよじ登ってきました。
やはりこの子を置いての旅行は一泊でも心配だし、すぐ疲れるようになってきたし、来年は日帰りであまり動かない旅にしようと思うのでありました。


あごなでらmoonview at 21:01│コメント(0)

2017年09月02日

先日、夕方の地元ニュースで、わたしが住んでいる所からすぐ近くの町を舞台にした漫画が紹介されまして。
その町は割とよく行くところで好きな町であるし、作者のかたも、昔コミックスを買ったことのある漫画家さんだったので早速購入してみました。
内容的にはちょっと不思議な日常系ですが、知っている場所とか出てきて楽しめました。
やっぱりこういう地元物って嬉しいなぁと思ってしまいます。

あごなでらmoonview at 22:40│コメント(0)
一年のうちで一番苦手な八月がようやく過ぎた。
今年の夏は曇り空続きで、漬けた梅の土用干しができず、八月も終わりになってきた頃から日にち飛び飛びで何とか干した。
通常より一ヶ月ほど長く梅酢に浸かった状態だったせいか、ちょっと塩が効きすぎな気がする。

ところで、我が家では五月にたこ焼き器を買ってから、月イチでタコパをしている。
タコ「パ」というても二人だけでパーティーもヘチマもないのだけど、とにかく夕飯としてたこ焼きを食べているのです。
たこ焼き器は電気式ではなく、卓上コンロに乗せる鉄製のものです。
タコだけでなく、チーズやウィンナー、魚肉ソーセージなどを入れてみたこともあるけど、タコのような歯ごたえがないせいかイマイチ物足りない。
やはりタコが一番。
しかし、歯ごたえというならと思い、サラミの細いもの、おつまみなんかであるカルパスというのを入れてみたらば、これは割と良かった。
家人は鍋物が好きで、月に二度くらいは鍋をするのだけれど、たこ焼きは鍋物より安上がりで同じように喜んでもらえるので助かるわ。

あごなでらmoonview at 22:12│コメント(0)

2017年08月05日

神戸へ出張に行っていた家人が帰ってきた。
お土産は神戸プリンとフレンチトースト味のラングドシャ。わーい。
201708神戸土産

私自身、神戸へは旅行で行ったことがあるみたいなんだけど、あまりに小さい時のことなので記憶に無い。

あごなでらmoonview at 21:56│コメント(0)

2017年06月04日

6月に入ったので、らっきょうと梅を漬けました。
らっきょうは、いつも塩漬けしたのちに塩抜き、甘酢漬けにするのですが、今年はちょっと手抜きで塩漬け飛ばして、直接甘酢漬けにして見ました。
長期保存の場合は塩漬けしたほうが長持ちするらしいですが、すぐ食べきってしまいそうな量しか漬けないので、まぁいいかと。
梅は、梅酒二種と梅干し二種。
梅酒は黒糖漬けと飴漬け。飴漬けは家に余っていた金平糖や飴(余計な添加物の無いもの)をいい加減なんとかしたくて砂糖代わりに使ってみました。
生姜とミントが入っているだけの、人工香料の入っていないものだからいいかなー…と。
ハーブ梅酒っぽくなるのを期待。
梅干しは普通のと、「さしす梅干し」という、酢と砂糖と塩で漬ける物を作ってみました(NHK「きょうの料理」参照)。
美味しくできるといいのですが。

あごなでらmoonview at 21:07│コメント(0)トラックバック(0)

2017年05月13日

ゴールデンウィークに人いっぱいで諦めたモネの池へ、平日に休みを取って改めて行ってきました。
七時半頃家を出て、着いたのは八時二十分くらい。陽のあたり具合で、池の色合いが変わるようです。
なかなかきれいでした。
ちょっと期待していたより地味な色合いかなと思ったのですが、あとで撮った写真を見ると、あら結構いい感じに写っています。
2017モネの池3

2017モネの池2

2017モネの池1

わたしの携帯ではいまいちですが、家人がカメラとタブレットで撮ったものは絵画っぽくて素敵。
なかでも動画が一番きれいに撮れていました。
事情により、そちらはここに貼ることはできないのですが。


一時間ほど池やその周辺を見て回り、これまた先日行きそびれた美濃市の道の駅へ。
野菜売り場でコシアブラを買っただけで、あまり欲しいと思えるものはありませんでしたが、ここは燕がたくさん巣をかけていて、ちょうど今忙しく子育てをしている最中でした。
燕の雛はかわいいねぇ。
特に予定もないので、次はちょっと離れた道の駅・平成へ。
ここは椎茸が特産品で、干し椎茸やスナックなどが売っています。椎茸スナックを砕いて散りばめたソフトクリームを買ってみました。
2017椎茸スナックソフト

椎茸は油で揚げてあるみたいで、さほど匂いは感じませんが、食べてみると口の中に広がるミルク味と椎茸風味…。
これはこれで美味しいです。底にはメロンパン味のラスクのようなものが敷いてあります。
でもちょっとお高い。450円でした。

お昼ごはんは昔からたまに行っているラーメン屋で、塩バターラーメン。
ここのラーメンはわたし好みの味でお気に入りです。見た目が喫茶店ぽいせいかラーメン屋だと気づかない人もいるみたいです。


この時期はあちらこちらの山で、山藤や桐が咲いていて実に見事。山吹やヤマツツジも。
花が多い季節です。

あごなでらmoonview at 20:50│コメント(0)トラックバック(0)

2017年05月10日

今年も庭のモッコウバラがたくさんさいてくれました。
ズボラ者でも手入れが比較的簡単なバラで助かります。
スパニッシュ・ビューティーは蕾が一つだけ。去年、剪定する場所が適当だったからでしょうか。

ゴールデンウィーク中に誕生日を迎えて、また一つ歳を取りました。
バースデー・ケーキは、以前から行ってみたいと思っていた、美濃市のケーキ屋さんで買うことにしました。
ついでに、近年話題になっている関市の「モネの池」にも行こうということになり、朝方のほうが池が美しく見えるそうなので、七時半くらいに出発。
途中で道の駅に寄ったりしながら「モネの池」到着。…が、もうすでに人が大勢。駐車場も入れないくらいでした。
思えばGW真っ最中なんて、観光客いっぱいなのは当然です。
なので、今日は見送って、また後日平日に休みを取って来ようということになりました。

そのまま郡上の大和町まで行き、「古今伝授の里フィールドミュージアム」を観てきました。和歌をテーマにした展示館です。
和歌関係だけでなく、その土地からの出土品などもいろいろありまして民俗資料館でもあります。
展示物と美しい庭を楽しんだあとは、少し離れた道の駅古今伝授の里やまとで山菜を買ったり、桜餅ソフトを食べたり。
犬連れで来ている人も多くて、可愛いわんわんたちを眺めることができました。
国道156号線を、岐阜市方面に向けて車を走らす。ここ数年このあたりには来ていなかったけれど、あまり変わりなくて安心。
途中、美並の道の駅に入る。小さいところなので、駐車場がいっぱいでしたが、何とか止めて野菜売り場など覗く。
あ、ここモロヘイヤソフトなんて売ってる。買いたかったけど、桜餅ソフトを食べたばかりなのでやめておく。今度来たときのお楽しみにしとこう。
特に何も買わず、再び出発。あとは美濃市の道の駅とケーキ屋に行くだけだったんだけど。

美濃の道の駅「にわか茶屋」は駐車場の空きがなく、諦めました。
とりあえずケーキ屋に行く前にお昼ごはんです。味噌カツの店で味噌カツ定食頂きました。
さて、ケーキ屋さんです。美濃の「うだつのある町並み」近辺にありまして、昔は八百屋さんだったとかで建物の外観は、知らなければケーキ屋とは思えない渋さです。
2017ケーキ屋

お店の中も、昔の看板が色々飾ってあります。カゴメケチャップや花かつお、オリエンタルカレーのもあったと思う。
2017ケーキ屋店内

美味しそうなケーキの数々…。迷ったけど、ホールとカットを両方買ってしまった。
ホールの方はたっぷりのいちごと一口サイズのマカロンが乗ったイチゴショート。カットケーキの方はダークチェリーのタルトです。
2017バースデーケーキ

2017バースデーケーキカット

黒いプラスチックの容器の底に、タルト生地が敷いてありその上にカスタード、スポンジ、ダークチェリー、飾りにクリーム(フランボワーズ風味のバタークリームかな?)のバラが咲いています。なんて素敵。
おいしかったです。特に生クリームがなんだかやたらと美味しかった。

道の駅で買った山菜は、うこぎ、こごみ、行者にんにくでした。
行者にんにくは「ゴールデンカムイ」に倣い、生のまま味噌をつけて食べてみました。本当によく合う。



さて、友人の六花様から旅行のお土産頂きました。
塩原温泉へ行かれたのでしょうか。
一口羊羹と桜のチョコ、湯葉入りのちりめん山椒です。
2017一口羊羹

このちりめん山椒、湯葉がパリパリして美味しいです。一口羊羹は胡麻だの唐辛子だのと色んな味がセットになってます。
唐辛子、食べてみました。羊羹が辛いという面白い体験ができました。
六花様、いつもありがとうございます。


あごなでらmoonview at 21:41│コメント(2)トラックバック(0)

2017年04月13日

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」が終わってしまい、只今、軽くオルフェンズ・ロス状態です。
今までアニメはいろいろ観ましたが、「ロス」になったのは「キルラキル」とこれだけだわ。
日曜日の番組表にオルフェンズの文字が無いのが寂しい…。

あごなでらmoonview at 20:15│コメント(0)トラックバック(0)

2017年02月18日

頂いた干し芋の食べ方色々試しています。
汁物に入れたり、炊き込みご飯に入れたり。
ストーブで炙って、バターひとかけら載せ、少しだけ塩振って食べるのが美味しい。
芋の糖分とバターの油分と塩分が合わさって、後を引く禁断の味…。
太りそうと思いつつも、ついやってしまう。


あごなでらmoonview at 19:32│コメント(0)トラックバック(0)