A SPOONFUL OF SUGAR

どんな仕事も楽しくやる方法があるのよ そのコツを見つければ仕事はゲームに!と メリーポピンズがバンクス家の子どもたちに 言うように何事も考え方次第。 ひとさじのお砂糖で苦いくすりもへっちゃらに。 毎日の生活、子育てを前向きに楽しめるような「ひとさじのお砂糖」を大切に。 東京→アメリカ・カリフォルニア→東京→現在名古屋!! 20090815ココログでのblogスタート。(20090815以前のものは よりプライベート感満載)20161206よりlivedoorブログへ移行しました。全て移行ができておらず。。。

IMG_7096

年始に私の母から譲ってもらったポストの貯金箱。初めての貯金箱。ちょっとずつ小銭をためて、、、


「おかねがたくさんになったら」


IMG_7097


「100さいのおたんじょうびプレゼントをかいたい」


曾祖父の100さいのバースデープレゼントを、初めての貯金箱で貯めたお金で、そんなことをしたいと言い出しました。おこりんぼ(わたし)は、また、育児は育自、日々を反省するのです、その優しさに。


ということで
「どら焼きとかおやつをかいたい」
と、両口屋是清さんにお邪魔しました。

※あまり混まない時間帯を狙っていきました、狙い的中!


IMG_7098
IMG_7102

お店の方も
「初めての貯めたお金で、曾祖父におやつを買いにきた」ということで、L adyGoちゃんにそれはそれはあたたかい接客をしてくださいました。
きちんと、「おきゃくさま」として接してくださることが、娘もドキドキしながらお買い物を自分でする経験の豊かさがアップします。ありがたや。


IMG_7103

今回はまだいくら貯まっているか数えずに行ったため、失礼ながら、貯金箱からお金をだし、お支払い。



お出ししてくださったお茶をいただきながら、、、包みを待っていると、「わたしのおやつもかいたい」と

IMG_7106


お店の方が娘の分もかわいく包んでくださいました。


IMG_7104

テレビ番組「はじめてのおつかい」をみていらい、一人でおつかいしたいしたい!と言っていたLady Goちゃん。「テレビはこうだったよ」と、テレビでは「お守り」と称して首からぶら下げているあれ。マイク。

我が子も首から自分のバッグをぶらさげていました。マイク無し(笑)。


IMG_7105
IMG_7107

カードもかき、
当日のお誕生会には出れないので、プレゼントのお菓子と一緒に送りました。


100歳と4歳のこころのつながり。
あたたかいな。
うれしいな。



「何度も言ってるけれど」
「このまえも言ったよ」
「昨日も、、、」

育児は、教えることは毎日リセット
昨日も、はたまた数時間前(へたしたら数分前)だろうと、その都度、向き合って、その都度、例え「また同じ」「何回同じことを言わせるのよ《爆発》」と思っても、前のことはちくちくいわずに、伝える、叱る。

の、この時期の鉄則


わかっちゃいるけれど
私にそんな大きな器はありませんでした。
いまは、もはや、薬味の、醤油小皿並みです。
まさか、自分がこんなに声を荒げるとは自分でもまぁびっくり。


リセットできないため
伝わることも伝わらない
わたしの恐怖が先行して
伝えることも《全く》伝わっていない虚しい事実を目の当たり。


「それ、ルールですか?校則ですか?とこか生徒手帳に書いてあるんですか?」

並みの、屁理屈と言う名の、本人曰く主張をまもなく5歳になるオンナは言うのです。


「書いてないから忘れる」
「見ていないと忘れる」
「これはわがままではない」
「これはちょっと忘れただけ」
「本当はいい子なんだけど」
「おかあさまがこわすぎるから」


最後は、もはや訳の分からない着地。



IMG_7051


ある日。
「だったら書くがいい」

と、おしょくじにまつわる、良いこと悪いことをふたりで考え書き出しました。
そして、署名をし(笑)(ハートで隠されているあたりにあります)


IMG_7054


フレームにいれ、LadyGoちゃんのお食事の席の正面の壁に貼りました。


さらには、

「あれは、書いていないから、、、」

と、また言い出した。


「また、書くがよろしい」


日頃から、我が家のお食事のはじめとおわりにLadyGoちゃんが言う気持ち(お言葉)を書きました。
これは、我が家に限らず、どこで食事をしても、感謝の気持ちと、お料理自体にも興味を持って、豊かなきもちでお食事ができるように、というものです。


ふたつめの

「材料」を作ってくださった方、ありがとうございます


というのは、目の前のお料理をみながら(もしくは食後は食べたものを思い出しながら)わかる範囲で食材を言うのです。これは色々な願い、学びや興味への刺激、きっかけを生み出すために。。。


「おこめや、みそや、おさかなや、だいこんや、、、」と言っていきます。


この二つのフレームに入ったものはLadyGoちゃんに限らず、家族での大切なことでもあるのです。


で、また、です、



こりゃ、書いて反省だな。
書いて、読んで。
自分で口にして、声に出して読んで
何回も読んで、自分で考えて、理解を少しでも深めて、、、


IMG_7055

フレームにいれません。
もはや、成長したら、少しでも理解できたら取ってしまいたい。画鋲で貼りました。


あ、最後の脱字ですね。
「なにをするじかんかかんがえる」
です。


似たようなことですが
これが最近の最大のテーマ。
3段階にわけています。


毎度署名の後の「4さい」は、いずれ振り返る時のネタでもありますが、単に「4」の書き順が曖昧なので、練習かねて。




最終的には
育児は育自。

自分にもね。
「いちばんにすることを考える。それをすぐやる」
まったくだ。


ちなみに、少し効果がありました。
わたしのおこりんぼ、少し減りました。
あと、もうひとつ、効果があるものをみつけました。オプション!オプション!

それはまた今度。




LadyGoちゃんが自分のお人形で雛人形を作ったよ、と見せてくれました。

じゃーん。


IMG_7044

自分のお人形を使って
お内裏様とお雛様、三人官女に五人囃子、左大臣に右大臣、仕丁まで。

それが、なんだか見事なキャスティングで深読みしたり、妄想するとたまらなく面白いのです。

IMG_7045


左大臣と右大臣が
バイキンマンとホラーマンというのも面白いですし、いままで横一線のはずのディズニープリンセス、ひとりだけ最上段。これは三人官女にキャスティングされたプリンセスたちとの確執、、、。ましてやセンターに配置されてはお歯黒です。

気になるのはお内裏様。

このお人形は、私のお友だち、アメリカ在住の日本人ママの子ども(お兄ちゃん)からいただいたもの。つまーり、お兄ちゃんをイメージするならば、英語はもちろん日本語も、お勉強もスポーツも万能。

そんなお内裏様かしら?


なんて。
ちなみに


IMG_7047

こういうお人形もあるのに。。。
キャスティングされなかった男性陣。


この年頃のお人形遊び、たまならくこちらも楽しくワクワクします。


IMG_7046


お人形に三つ編みをしてあげています。


IMG_7048

あくる日はこんなお雛様?


IMG_7049

こんなのも楽しい!

IMG_7050



おままごと、お人形遊び用に
スーパーでみつけて買ったぼんぼりやお花、菱餅の飾りで、今年もたくさんワクワクをみせてくれました。4歳のひなまつりまで、もうすぐ、の頃の様子でした。


ワクワクする発想。
それがある日常、できる環境。
大切にしたいな。


おこりんぼ(LadyGoちゃんにそう言われました)、ブログを書くと、毎回色々反省なり。



愛知県、女、おこりんぼ、でした。


私たち夫婦のwedding partyにお越し下さったお友だちは覚えていてくださっているかしら。
パーティで夫婦それぞれがサプライズを用意していたのです。わたしは、ウエディングドレスから衣装チェンジしてるcheer、そしてdanna Samaからは、、、



当時、パーティ幹事の私の親友たちから「サプライズしようよ!」と声をかけられたdannasamaは考えた答えは


「切り絵」



ディズニーランドでやってもらった思い出の切り絵。たしかにエピソード的には良いのですが私の親友たちから


「地味。却下」



となり、笑


結果、譜面も読めない青年(成人)が
一度だけ?ヤマハに通い
あとは、こっそり自主練して、当日はグランドピアノを人差し指一本で演奏してくれました。
♬明日に架ける橋 Bridge over Troubled Water 


IMG_7043


↑会社の後輩が作ってプレゼントしてくださったアルバムから。。。


このサプライズパフォーマンスを練習したのが

IMG_7041


このおもちゃ。
ドレミファソラシド
ペンでかかれています。


最近、ピアノに興味津々なLadyGoちゃんが遊んでいます。(音感の刺激を考えて、赤ちゃんのころはおもちゃ電子音のピアノ音は遊びで使わないように隠していました)



父と子
時を超えて、同じおもちゃで一緒に奏でています。


ほっこり。



「はじめてのおつかい」をテレビで初めてみてから
「わたしもやりたい」「わたしもできる」


と言うのです。


アメリカから帰ってきたのはLadyGoちゃん8ケ月歳のころ。
アメリカでは日常生活の中で色々な場所であたたかいコミュニケーションがあり、わたしも社会の中、暮らしの中でその都度挨拶をしたり、笑顔をかわしたり、の機会が多かったです。その様子、雰囲気をLadyGoちゃんも赤ちゃんながらに感じ?その場にいたわけで。


日本に帰ってきたら
すっかりその「感じ」が無くなってしまいました。
そこで、


週に一度は新しい環境に。
そこで、初めての方、環境の中でコミュニケーション。それはもうお買い物でも良いのです。店員さんとコミュニケーションとれるのであれば。


新しい環境でも、明るく、前向きな気持ちで過ごす、人と挨拶を交わす。


結果、外食が増えた、というオチですが。
とはいえ、この習慣は東京から名古屋に越してきてもなるべく続け、というより、それが当たり前になっていたおかげで、幼児になった娘の人見知り場所見知りをあまりしないようになったのかな。



さてさて話を戻し

IMG_6480

お花屋さんに。
「一人で行くから」と扉もしめられ、コゼットとわたしは外で待機中、、、しかしお店の方にご迷惑をおかけしてはならないのでLadyGoちゃんが入店後、お花を買いたいむねを伝えたあとに、扉を少しあけ


「申し訳ありません。一人でお花を選んでお買い物したいというので500円を持たせております。足りない場合はなど何かあればお声かけていただけますでしょうか、、、ぺこり」と、お願いして待っていました。



IMG_6481


誇らしげに帰ってきました。
お店の方がお優しく対応してくださり感謝です。

IMG_6482 


IMG_6483

透明の剣山に自分なりにいけていきます。

IMG_6484


前の日に、いただいた桃の花も添えて。


IMG_6493

買ってきたお花の名前を本で確認しながらノートに書いていきます。


IMG_6572

「だいだい色のお花がわからない。本にない、、、」とノートと本を持って(購入した翌日に)daddyとコゼットと再び、名前を聞きにお花屋さんに行きました。



わたしはお留守番。
待っていました。



帰ってきました。


IMG_6570

「このお花の名前はバラです!」


元気よく帰ってきました。



だいだい色のお花の件は
ミッションは決行されず。
(店員さんが違う方でした。おかみさんでなく大将だったもよう)


???!!!



また次回にmomと持ち越し。


↑このページのトップヘ