世界の瞑想法

世界の諸宗教・諸宗派の瞑想法を紹介

はじめに (目次)

*FC2でのブログのバックアップ版です。オリジナルはこちら


「瞑想」と言っても、「心を落ち着ける(集中する)瞑想」、「あるがままに観察する瞑想」、「思考する瞑想」、「一切の思考をなくす瞑想」、「すべてを意識化する瞑想」、「言葉を繰り返し唱える瞑想」、「イメージを思い描く瞑想」、「気をコントロールする瞑想」、「体を動かしながらの瞑想」…など様々です。

世界の諸宗教・諸宗派の瞑想法の中から、興味深いと思った瞑想法を紹介します。
いずれも本格的な瞑想法で、世界文化遺産を認定するようなつもりで選びました。

なるだけ実践的に瞑想法を紹介しようと努めましたが、同時に、思想的な側面にも触れていますので、世界の様々な伝統的な思想や、その違いについても理解していただけると思います。


一応、最初の予定は書き終えましたが、随時、加筆したり、推敲します。

* このブログの記事をもとに瞑想を独習して、どのような結果になっても一切責任は負えません。
  実習は専門書や専門の師の指導の元に行うことをおすすめします。
  ただ、内容についてのご批判には真摯に対応します。

* 姉妹サイトで、体系化された瞑想法を扱った「仏教の瞑想法と修行体系」、瞑想法とはちょっと違う「夢見の技術」などもお読みください。


==もくじ==

◇はじめに
瞑想の種類
集中する瞑想  ・観察する瞑想  ・あるがままの瞑想
イメージする瞑想の基本  ・気をコントロールする瞑想
諸技法の分類・図式化

◇初期仏教~上座部仏教
安般念(出入息念)  ・四界差別観(四界分別観)
四梵住(四無量)  ・四禅(色界定)  ・四無色(無色界定)
聚思惟 
ヴィパッサナー瞑想(マハーシ流)

◇大乗仏教
「因果の七秘訣」と「自他交換」の瞑想(中観派) 
空観(中観派)  ・唯識観(唯識派)  ・トンレン

◇中期密教
阿字観(真言宗)  ・五相成身観(金剛頂経)

◇後期密教
金剛薩埵の瞑想(ゲルグ派)  ・六座のグル・ヨガ(ゲルグ派) ・チュー
秘密集会 生起次第  ・秘密集会 究竟次第
チャンダリーの火  ・カーラチャクラ究竟次第

◇ゾクチェン・マハームドラー
マハームドラー四次第
ゾクチェンのグル・ヨガ  ・セムデ(ゾクチェン)
テクチュー(ゾクチェン)  ・トゥゲル(ゾクチェン)

◇中国仏教・禅
一念三千の瞑想(中国天台宗)  ・無字の公案の瞑想(臨済宗)

◇ヒンドゥー教
古典ヨガとサーンキヤ哲学の六行観  ・ジュニャーナ・ヨガ(ヴェーダーンタの瞑想)
カルマ・ヨガ  ・バクティ・ヨガ
真我探究とニサルガ・ヨガ(ラマナ・マハリシとニサルガダッタ・マハラジ)

◇ヒンドゥー・タントリズム(ハタ・ヨガ)
ハタ・ヨガ(ナータ派ヨガ)とは ・クンダリニー・ヨガ  ・ナーダ・ヨガ 
ディヤーナ・ヨガ  ・ラージャ・ヨガ
マントラ・ヨガ(ジャパ・ヨガ)  ・ヤントラ瞑想法(チャクラ・プージャー)
ヴィギャン・バイラヴ・タントラ
アイアンガー・ヨガ  ・ヴィンヤサ・ヨガ(アシュタンガ・ヨガ)

◇ジャイナ教
カーヤ・ウトゥサルガ  ・シャリーラ・プレークシャー  ・レーシュヤー・ディヤーナ

◇道教(仙道)
太陽存思法  ・解結と養胎の存思法
小周天(内丹法1)  ・大周天(内丹法2)  ・女丹(内丹法3)

◇イスラム教(ス-フィズム)
ズィクル

◇ユダヤ教(カバラ)
逆向き瞑想  ・メルカーバーの観想  ・セフィロートとアルファベットの瞑想

◇古代哲学
3つの道(プラトン主義)

◇キリスト教
ヘシュカズム(ギリシャ正教)  ・十字架のヨハネ(カトリック)

◇近代西洋オカルティズム
霊的認識の準備のための3つの瞑想(シュタイナーの人智学)
生まれなき者の儀式(ゴールデン・ドーン)
カバラ十字の儀式とアダム・カドモンの観想(ゴールデン・ドーン)
五芒星形の小儀式と4大天使の召喚(ゴールデン・ドーン)
中央の柱(ゴールデン・ドーン)
アイテール界の上昇(ゴールデン・ドーン)
グルジェフ・ワーク

◇古神道
鎮魂鳥居の伝(川面凡児)

◇シャーマニズム
融合の瞑想(ハワイアン・フナ)  ・記憶の書き替え(ハワイアン・フナ)
棚卸しの瞑想(メキシカン・トルテック)  ・ストーキング(メキシカン・トルテック)

◇補助的な技法 
セルフ・カウンセリング ・自己催眠とイメージ暗示 ・洗脳の防御法
禅病の治療法

諸技法の分類・図式化

「はじめに」のカテゴリでは、様々な瞑想法の種類について書いてきました。
しかし、このサイトや姉妹サイトでは、瞑想法以外にも、一般に「夢見の技術」と呼ばれるものや、心理療法、魔術など、様々な精神技術を扱っています。


各種の精神技法の全体像と、それぞれの本質を分かりやすく理解するために、私なりに、ざっくりと、分類して図示してみます。



分類、チャート化するに当たって、2つの軸を設定して考えました。


一つの軸(縦軸)は、「意識化」⇔「変性意識化」です。


「意識化」は、心などを観察してそれを意識化するという性質が重要なものです。
ここで扱う精神技術は、いずれも変性意識的な側面があるのですが、中でも、同時に、意識化を重視するものがこれに当たります。
「変性意識化」は、日常とは異なる意識状態になることが重要なものです。


もう一つの軸(横軸)は、「操作的」⇔「自然的」の軸です。


「操作的」は、「作為的」、「介入的」とも表現できますが、意図して何からの方向に心を変える方法です。
「自然的」は、「自発的」、「無作為的」とも表現できますが、意図せずに、心が自然に生まれ、変化するように仕向ける方法です。
私の考えでは、「操作的」な技術は「方法的」なもので、「自然的」な技術はその状態自体が「目的的」なものです。


chart

第1象限は、あるがままの心を意識することで、それを自然な状態のうちに、変化・発展させようとする技術です。自然な心のありようを、信じ、重視する思想がもとになっています。


カウンセリングの「<a href="http://morfov.blog79.fc2.com/blog-entry-85.html" target="_blank">クライアント中心療法</a>」は、比較的日常意識に近いところで自分の心を自覚しますが、「<a href="http://morfov.blog79.fc2.com/blog-entry-44.html" target="_blank">ゾクチェン</a>」では、日常的な意識を保ちながらも、通常は変性意識状態でないと自覚できない心のレベルをも意識し、それを自由にします。



第2象限は、あるがままの現実(心)を認識することで、誤解や執着を取り除こうとする技術です。


第1象限の「ゾクチェン」では、自覚する対象(表象)を自由にさせるのに対して、第2象限の「<a href="http://ameblo.jp/morfo/entry-10820378088.html" target="_blank">ヴィパッサナー瞑想(観)</a>」では、自覚した対象(表象)は、誤解に基づくものであれば、それを消滅させ、執着を失くすので、この点で操作性があります。



第3象限は、変性意識状態、つまり、無意識的な心の状態に入って、心を意図的に変えていく技術です。


「<a href="http://ameblo.jp/morfo/entry-10820377414.html" target="_blank">サマタ瞑想(止)</a>」は、対象に集中することで、心を静めたり、集中力を養ったり、教義を体得したり、特定の心を成長させたりするためのものです。
「<a href="http://morfov.blog79.fc2.com/blog-entry-15.html" target="_blank">観想法</a>」も方法としては似ていますが、象徴性の高いイメージを作為してそれを対象にします。
目的としては、やはり、教義を体得したり、特定の心を成長させたりするのですが、象徴的機能が働く夢的意識状態で行い、無意識を通して心を変化させる傾向が高い方法です。
「<a href="http://morfov.blog79.fc2.com/blog-entry-86.html" target="_blank">イメージ療法(暗示)</a>」などは、トラウマをなくすために記憶を書き変えたり、成長目標を達成するために目標イメージを描くものです。
「魔術」は、象徴体系を無意識に形成し、それを操作する技術ですが、主に、特定の心を成長させたり、無意識に特定の活動をさせるために行います。


第4象限は、変性意識状態、つまり、無意識的な心の状態に入って、その心を自発的に発展させるものです。


「<a href="http://blog.livedoor.jp/morfo/archives/51709055.html" target="_blank">フォーカシング</a>」や一般的な「夢見の技術」では、夢の意識状態でこれを行います。
「<a href="http://blog.livedoor.jp/morfo/archives/51718243.html" target="_blank">プロセス指向心理学</a>」では、夢の意識状態と、さらに深い直観の意識状態と、日常的な意識状態の間を行き来することを目指します。
「フォーカシング」や「プロセス指向心理学」は、もともと心理療法なので、治療的意識を持って行われることが多いのに対して、「<a href="http://blog.livedoor.jp/morfo/archives/51698695.html" target="_blank">夢見の技術</a>」は、様々な目標がありますが、夢を通して、心の自然な成長を目指すのが基本です。
西洋魔術の「<a href="http://blog.livedoor.jp/morfo/archives/51735131.html" target="_blank">パスワーキング</a>」は、象徴体系を利用して、一定の方向性で夢見を行い、特定の能力を成長させます。

最新コメント