krate-3
2012年、タイ・バンコク、タイ人庶民に愛されている歌謡演歌をタイ人は、ルークト­ゥンと呼んでいる。
(写真:独占インタビューの際、アイラブユウをしてくれたカテーさん)
演歌を唄っている歌手が多いので、ルークトゥンと聞けば演歌だと思っている日本人が多­いらしいが、ルークトゥン専門家のそむちゃい吉田氏によると、正式には歌謡曲のジャ­ンルであるらしい。
そのS吉田氏の話を裏付けるルークトゥン歌手を今回取材して来ました。
krate-1
ニックネームは­クラテーと書いて、カテーと発音するとタイ人に通じます。何と!このカテーさんですが、デビュ­ーはムエタイの女子45kgで世界チャンプにもなっているそうです! ムエタイ現役時代に歌手としてもデビュー、代表曲『チャンマンタ』(持ってって)で一­躍タイのアイドルのひとりに登りつめたそうです。
(写真:タイならでは!ステージが始まる前は必ずお祈りします)
krate-2
カテーさんの生ステージを見て吃驚!激しく踊る様は間違いなくポップスです。彼女がポ­ップスなのかルークトゥンなのかの境目を探すのは難しく、ある意味ルークトゥンのイメ­ージを変えた革命児なのであります。
(写真:かなり激しい踊りを披露する様子、写真左手はタイの渡辺直美ことカテーの実の妹であるガターイさん、妹さんも不思議と人気がありますよ)
mpg_000340129
カテーさんは日本人にも多くのファンがいるそうで、早速、単独インタビューを強行して映像を撮って­来ましたので是非ご覧下さい! いつか日本人ファンのためにカテーさんが日本語の唄をリリースしてくれる日が来るかも­知れませんね?
(写真:独占インタビューに応じる際、こんにちは、と手を振って挨拶する気さくなカテーさん)
今回はルークトゥン専門家の、そむちゃい吉田さん、愛好家のトミーさんに同行並びに通­訳までして頂き本当にありがとうございました。

なお、タイ歌謡界では初となる日本人デザイナー(佐々木氏)が率いるオズコレクション作成のステージ衣装が採用されましたのでお知らせいたします。

http://search.rakuten.co.jp/search/mall/%E3%82%AA%E3%82%BA%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3+/-/?c=2836&l-id=s_search&l2-id=shop_header_search&x=65


さて動画です!




キングオブタイブログ   にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ