相生を、盛耕三と盛り上げましょう!!

地方政治家、盛耕三(相生市民)が、相生の皆さんの声を聞きに、相生中を動き回っています。見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えたことを、誠実にお伝えし、「相生の声」を盛り上げたい、そんなブログです。一生懸命更新しますので、時々覗いてやって下さいm(_ _)m

新年あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。

 さて、昨年の流行語大賞に選ばれたのは、「ダメよ~、ダメダメ」でした。見た目の強烈な印象と、掛け合いの面白さが受けたのでしょうか。

この言葉も今の時代を象徴している一つですが、そのような世相の中、私が心に留めた言葉があります。「人間は誠(真心)を持って実行すること。ただ一つの事に力を注ぎ、絶対にあきらめないことが大切だ。」と、幕末にあって有能な志士たちを世に送り出した吉田松陰は言っています。数多くの課題がある中、現場に即した有効な政策を提案し解決へと導いていく事が、私の使命だと思っています。


 兵庫県では二月議会に上程すべく、「新ひょうご子ども未来プラン(仮称)」の改定を進めています。私はそれに沿うように、地元で出産が出来るよう、これからも助産所を設置出来る環境を整えていくために提案をし続けて行きます。

また、三年余り前から取り組んできた『あいおいも』が、西播磨県民局の平成二十七年度主要施策()の中に、新規特産品と位置付け支援する事が盛り込まれました。今後、相生市内において三ヵ年に亘り、生産拡大と商品化、販路開拓及び障碍者の就労の場の創出を目指すとしています。これは当然のことながら、健常者の就労の場の創出でもあります。

今年も、私は、相生市にお住まいのお一人お一人が、活き活きと暮らしていけるように精一杯頑張ります。


 ところで、今年の干支は乙・未(きのと・ひつじ)です。「思うように進められない苦労が伴うが、焦らずに時間を掛けて、忍耐強く道理に則り、けじめをつけ、創造的着実に事を進めることで成果を得られる年。」とのことです。私は期待を持って、今年の干支が教示することを念頭に置き、兵庫県議会議員として、これからも県政に取り組んで行きたいと思っています。

結びに、新年を迎え、皆様方のご健勝とご多幸をお祈り致しまして、私の挨拶とさせていただきます。

相生市 羅漢の里もみじまつり かかしコンテストが開催されました

 相生市において平成26年11月9日に「2014羅漢の里もみじまつり かかしコンテスト」が開催されました。

 当日は、朝から雨が降っていましたので、パレードは中止となりましたが、オープニングセレモニーでは「かがしコンテスト」の表彰が行われ、それに続いていろいろなパフォーマンスが繰り広げられました。
司会は、山中直子さんとラジオ関西パーソナリティの谷五郎さんが務められました。
雨にもかかわらず、約3,000人が来場してくれたとのことです。

 メイン会場から駐車場へ下りてくる途中、いろいろなところに寄せて頂きましたが、中でも面白かったのが、「桔梗隼光鍛刀場」でした。
桔梗さんが、ごっつんこ広場にある水車小屋で、以前から刀鍛冶をしておられますが、今回は、お客さんが五寸釘を鍛錬してペーパーナイフに加工するという催しをしておられました。
私が伺った時は、若い女性お二人が大変楽しそうに挑戦しておられました。

第324回兵庫県議会が10月24日で閉会しました

 第324回兵庫県議会が、平成26年10月24日で閉会しました。
各委員会などの審議を経て次の議案が可決されました。
21件の平成25年度各会計決算が認定され、請願9件の内、5件が採択、3件が不採択、1件が継続審査となり、国への意見書は11件、決議が1件。
採択された請願の中には、「手話言語法制定を求める意見書提出の件」や「慢性疲労症候群患者の支援を求める意見書の件」があり、意見書として国へ提出されます。

 ところで、私は「手話言語法」制定を求める聴覚障害者の方々が、「鳥取県手話言語条例」を制定された平井鳥取県知事を招いて開かれた講演会を、平成26年9月6日に聞きに行ったことがあります。
その時、大変感銘を受けたことを覚えています。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ