2018年02月19日

 昨日は,大学の後輩たちとゴルフでした。 

 三重県の鈴鹿のゴルフ場だったので,長良川を下って四日市東インターから東名阪自動車道に乗り,鈴鹿で降りたのですが,四日市を過ぎた辺りから景色が怪しくなりました。 

 雪が少し積もっているんです。 

 岐阜は全然雪なんてなかったので,雪なんて想定外でした。 

 それが鈴鹿インターを降りてから,ゴルフ場に向かう道中,段々と雪が深くなっていきます。 

 それに雪も降ってます。 

 「こりゃ駄目だ こんな状況ならクローズドの連絡をくれればいいのに」 

 東名阪の鈴鹿の渋滞を避けるために,早めに出発した私が一番乗りでしたが,ゴルフ場は辺り一面雪化粧で,とてもゴルフができる状態ではありません。 

 後から後輩達が到着しましたが,「これで家に帰ってもやる事がない」  と,諦めきれないようで,「よし,他のゴルフ場をあたってみます」  と電話をかけ始めました。

 そしたら,「先輩,豊田のゴルフ場が取れました 今から2時間後のスタートですから,急ぎましょう」  ってな訳で,鈴鹿から豊田の山奥までの大移動です。   

 東名阪自動車道鈴鹿インターから再び入って,伊勢湾岸自動車道を経由し,東海環状自動車道に入って,豊田勘八インターまで,何とか間に合いました。 

 さすがに豊田は雪もなく,天気も良かったのですが,風が冷たくて寒い日でしたね。 

 苦労しましたが,ゴルフはできました。 

 帰りは東海環状自動車道から東海北陸自動車道に入り,各務原インターで降りたので,4つの高速道路を使い,東海3県を走りました。 

 それに,ジャズドリーム長島と,土岐プレミアムアウトレットの2つの前を1日で通ったのも初めてです。 

 いやあ,遊ぶのも大変だあ 

 


2018年02月16日

 インフルエンザがあまりにも酷かったので,忘れられていますが,スギ花粉が飛び始めました。 

 これまた嫌な季節になってきましたね。 

 うちのスギ花粉症の患者さん達はよく心得ていて,2月の初めになると来院されて, 抗アレルギー薬を服用し始めます。 

 新しい抗アレルギー薬も3種類発売になっていて,選択肢が増えました。 

 でも3月中旬の最盛期には,また目が痒くなるのでしょうから,今から憂うつですね。 

 さて,うちの患者さんは高齢の方が多くて,最近おばあさんから,おじいさんへの愚痴を聞く事がよくあります。 

 結局,「おじいさんが何にも家事をしてくれない」ということなのですが,確かに昭和初期の男性で,家事を分担している例は少ないんじゃないですかね。 

 私の父親も,掃除機をかけたり,洗濯機を回したりなんて所を見た事がありません。 

 そりゃ明治生まれの親に教育されているわけですから,「男子厨房に入らず」ですよね。 

 それでも仕事をしている内は感謝されていたのですが,とおに退職して給料も持って来なくなると,おばあさんの不満は爆発します。 

 ただでさえ,おばあさんは不満があるのに,自分がインフルエンザで寝込んでいる時に,「飯はどうするんだ」  なんておじいさんから言われたらブチ切れるのも無理ありません。 

 おじいさんは皆,この禁断の言葉を言っちゃうんですよね。 

 私は男なので,おじいさんの弁護を少ししますが,何もせずにジッとしているのが,おじいさんの最大の気遣いなんですよね。 

 「子供だと,チョロチョロするし,泣くし,騒ぐし,ちらかすけれど,自分はそういう迷惑を掛けていない」  という理屈なんじゃないですか。 

 ちょっと洗濯物を取り込むとか,食後は食器を片づけるとか,感謝の言葉を日頃から言っておくとかすれば,多少は風当たりも弱まるんじゃないですか 

 それが何にもしないんですよね。 

 高倉健さんじゃないですが,「自分は不器用な人間ですから」 ってところが憎めない所でもあります。 


2018年02月15日

 毎日慌ただしくて, 昼休みもあまり取れなかったので,家に帰ったらグッタリしてブログが書けませんでした。 

 申し訳ありません。 

 インフルエンザの流行は峠を越えたようで,感染性胃腸炎の患者さんがポツポツ来院されるようになりました。 

 でもB型インフルエンザは,本来ならこれくらいの時期から流行り出すので,まだまだ油断はできません。 

 感染性胃腸炎は,おう吐と下痢の両方の方も,下痢だけの方もあります。また,熱が出る方も出ない方もあるので,複数のウイルスが原因かもしれません。 

 いずれにしても,手洗いとうがいをしっかり行ってください。 

 そういえば,ある患者さんから,「インフルエンザの予防に,うがいは効かないってテレビでやってた」  と伺いました。 

 テレビも色んな事をいいますね。 

 でも私の考えは,「やれる事は限られるので,それをきちっとやるしかないでしょう」です。 

 食後と寝る前には,歯磨きと舌磨きをして,外出時にはマスクをし,帰宅したら手洗いとうがいをする。 そして,シーズン前にインフルエンザワクチンを接種しておく。  これくらいしかやれる事はないですからね。 

 それでもインフルエンザにかかってしまったら,出来るだけ早くに受診して,抗インフルエンザ薬を使うことです。 

 発症して3日も4日も経っていたら,抗インフルエンザ薬を使う意味が無くなってしまいます。 

 お気を付け下さい。 



2018年02月09日

 昨日は,大動脈の動脈硬化による高血圧のお話をしました。 

 今日は,もう一つの原因をお話しします。 

 それは自律神経である,交感神経の緊張です。 

 大動脈は弾性線維に富んでいますが,末梢の細動脈は筋肉に富んでいます。 

 ですから,筋性動脈といわれます。 

 この筋肉が縮めば血管は収縮し,伸びれば血管は拡張します。 

 この筋肉の伸び縮みを調節しているのが,交感神経なのです。 

 交感神経が緊張すると,血管は収縮すろので,血圧は上昇します。 

 この時,血管径が細くなるのですから,160/100mmHgというように,上の血圧も下の血圧も上がります。 

 これが大動脈の硬化による高血圧との違いです。 

 よく,「アドレナリンが出る」といいますが,アドレナリンは交感神経を緊張させる物質なので,アドレナリンが出ている状態では,高血圧になります。 

 では,交感神経の緊張が続く状態とは何かというと,「ストレスや不眠」です。 

 とすれば,大動脈硬化による高血圧と,アドレナリンが出ている状態による高血圧では,治療が変わって来ます。 

 単純にいうと,前者では血管を拡張する薬剤が,後者では交感神経の緊張を取る薬剤が使われます。 

 こう簡単に,2つのタイプが分かれてくれていれば良いのですが,2つの原因が混在している患者さんも結構あります。 

 50歳前後くらいのオッサンは,動脈硬化もそこそこ起こっていますし,仕事でもストレスが多いので,混在タイプになります。  何となくイメージできますよね。

 その場合は血管を拡張させる薬と,交感神経の緊張を取る薬の両方を使うことになりますが,匙加減は先生ごとのノウハウになるわけですね。 

 高血圧治療は,奥深いのです。 

 


2018年02月08日

 お陰さまで,今日で看護学校の講義が終わりました。 

 この間始まったばかりですが,3回の講義なので,あっという間でした。 

 今日は,高血圧の話をさせていただきました。 

 高血圧は動脈硬化性疾患の危険因子ですから,多臓器に関わってきます。 

 ところで,血圧は上の血圧(収縮期血圧)と,下の血圧(拡張期血圧)がありますが,下の血圧はどうして出るのかご存知ですか 

 上の血圧は,心臓が収縮した時に血液を全身に押し出すことで上がります。  これは分かりますね。 

 でもこれで終わりだと,血液は心臓の収縮期にしか流れないので,下の血圧は0になってしまいます。 

 それでは脳の活動に支障が出ます。 

 そうならないように,下の血圧を作る,第2の心臓があります。 

 それは,大動脈です。 

 収縮期に心臓から押し出された血液の一部は,大動脈が伸びることで蓄えられて,これが心臓の拡張期に押し出されて,下の血圧が作られます。 

 これを,大動脈のふいご機能といいます。 

 大動脈は弾性線維に富んでいて,弾性動脈といわれますが,伸び縮みできるように作られているのです。 

 この大動脈が動脈硬化を起こすと,大動脈が十分拡張することができなくなり,蓄えられる血液量が減ります。 

 そうすると下の血圧は下がります。  と同時に,収縮期に全身に送り出される血液量が増えます。

 その結果,上の血圧は上がります。 

 つまり,血圧160/60mmHg というように,上と下の血圧差が大きくなります。 

 最近よくニュースで聞く,「大動脈解離」は,動脈硬化を起こした大動脈には,圧力が強くかかるようになるため,血管が裂けることで起こります。  その陰には高血圧があるわけです。

 もう一つ高血圧の原因があるのですが,それは明日お話しします。 

 



2018年02月01日

 先週から岐阜市医師会看護学校の講義が始まりました。 

 私の講義内容は,今まで習ったことのおさらいなので,テストも無くてその分は楽です。 

 でも分喋りっぱなしは,なかなかしんどいです。 もっとも,黙ってたら講義になりません。 

 今日は心不全をお話ししました。 

 心不全は,”心臓のポンプ機能が不完全になった状態”なので,病名ではありません。 

 その状態を引き起こした原因が,病気になります。 

 例えば,心筋梗塞になると,心臓の一部が死んでしまって機能を失います。 

 そのためにポンプ機能が低下して,心不全という状態になるわけです。 

 心不全になると,血液が心臓から掃けていきません。 

 すると,心臓の中に血液が滞って,心臓肥大になります。 

 そして,心臓の隣にある肺にも血液が滞っていきます。 

 肺の血管の中に血液がいつまでも滞ると,血管の外に水気が浸み出してきます。 

 そうすると肺が水浸しになり,呼吸困難が出てきます。 

 この状態を肺水腫(はいすいしゅ)といいます。 

 このように,心臓の機能不全なのですが,症状としては呼吸不全が出るので,心臓と肺は密接に関係しています。 

 また,肺水腫の状態を改善するには,肺に貯まった水分を尿にして出す,”利尿剤”を使います。 

 しかし,腎臓の機能が悪くなっている,”腎不全”の状態では,利尿剤が上手く効いてくれません。 

 ややこしいですが,「心不全による呼吸不全は,腎不全があると改善しない」というように,腎臓も密接に関わっているのです。 

 こんな風に臓器同士,疾患同士は互いに関わりがあることをお話ししました。 

 次回は,「高血圧を何故治療しなければならないのか」と,「動脈硬化は臓器にどういった障害を起こすのか」といった話をするつもりです。 

 いつでも全力投球です    


2018年01月29日

 本当に毎日寒いですね。 

 雪のお陰で, 日曜日はゴルフコンペが中止になってしまいました。 

 そうなると,日曜の予定がポッカリ空いてしまいます。 

 おまけに外は滅茶苦茶寒いから,どこかに出掛けるのも億劫です。 

 そしたら,スカパーで「新世紀エヴァンゲリオン」を1話からやってました。 

 1995年にテレビ放映されてから,20年以上経っていますが,未だに人気があるアニメですね。 

 実は私,1995年に放映されていたのを,リアルタイムに観ていました。 

 当時,名古屋で病院勤務をしていましたが,確か土曜日の朝に放映していて,丁度私の出勤前だったのです。 

 第1話は葛城ミサトのベッドシーンから始まるので,「子供が観ても大丈夫なのか」って思ったのを覚えています。 

 その頃の感想は,「訳が分からん」でしたが,これほどの反響が後に出るとは思いませんでした。 

 結局朝から夜まで,1話から26話まで大体観ちゃいました。 

 で,感想は,「やっぱり良く分からん」です。 

 エヴァンゲリオンの特徴は,物語の核心に迫るような発言が,登場人物から”フッと”呟かれるのですが,その後それが何を意味するかが語られないんです。 

 そして,主人公の精神的葛藤が多すぎて,”ジリジリ”します。 

 最後は「おめでとう」で終わりですが,「何が起こったのか,さっぱり分かりません」 

 初回放送を観た時に,最後「これで”完”なの」って思ったのを思い出しました。 

 あんもまりモヤモヤしたものですから,エヴァについて解説しているサイトを色々検索しました。 

 へーっ,そういうことなんですか でもどうしてそんなことが分かるんですか 

 やっぱり謎だわ。 



2018年01月24日

 とうとう雪が降ってきました。 

 道路は凍結してました。 

 皆さんくれぐれもお気を付け下さい。 

 さて,今月もあと1週間です。 

 ついこの間,「明けましておめでとうございます」だったのに,もう月が終わってしまいます。 

 本当に月日が立つのは早いですね。 

 というわけで,院内誌「やまいのはなし2月号」の原稿を仕上げねばなりません。 

 来月のお題は,「咳喘息」にしました。 

 2月は花粉症が始まりますから,それに伴って,咳喘息を発症する患者さんもあると思います。 

 お楽しみに。 


2018年01月22日

 東京は雪だそうですね。 

 何とかこっちは雨で収まってくれないかなあ。 

 雪だと,駐車場の雪かきをしなければならないので,朝から面倒です。 

 さて,今朝来院された高血圧症の患者さんは,前回よりも血圧が上がっていました。 

 血圧の自己測定もしていただいていますが,やはりこちらも全般的に上がっています。 

 そこで,アムロジピン5mgからニフェジピン40mgに変更しました。 

 そしたら午後に電話が掛かってきて,「前は5mgだったのに,今度は40mgなので,大丈夫ですか」  と尋ねられました。

 全く違う薬剤なので,単純にmg数を比較することに意味は全く無いのですが,「なるほど,こういう気に仕方もあるのだ」  と思いました。

 今度から,「mg数が大分違うけれども,4倍も5倍も効果が強い訳ではありません」  と言うことにしましょう。

 それから,インフルエンザはまだ大変流行していますが,スギ花粉症の方は,そろそろ抗アレルギー薬を服用した方が良いと思います。 

 1カ月後は花粉症真っ只中ですからね。 

 


2018年01月16日

 毎日インフルエンザの患者さんを診察していると,私自身も熱っぽい感じがしてきます。 

 喉は痛くないけれども,少し頭痛もします,熱は36.5度で平熱でした。 

 「なんかあやしいぞ」  ってことで,葛根湯を服用しました。

単包(表)

 葛根湯を昼前から3時間ごとに3回服用したら,楽になりました。 

 片頭痛だったのかしら 

 こんな心配がまだ2カ月は続きます。 

 さて,先日ゴルフに行きましたが,ひっどい成績でした。 

 寒かったから  っていうのが言い訳にならないくらいのひどさに,「もうゴルフは止めて,他の趣味に変えよう」  と本気で思ってました。 

 でも,よくよく原因を考えると,ゴルフシューズが問題だったようです。 

 寒いのでハイカットのシューズを履いたのですが,これが重くて,右足が動かなかったのが原因だったようです。 

 段々年を取ってくると,こんなことが影響するようになるのですね。 

 次回のラウンドは,軽いシューズを履くことにします。