2024年02月29日

 スギ花粉症がピークを迎えそうです。 

 例年3月中旬がピークですから,今年は少し早いですね。 

 これも暖冬のせいでしょうね。 

 今年は,「今まで花粉症はるけれど,ひどくなかったので,予め抗アレルギー薬を服用したことがなかった」っていう人が,鼻汁と鼻閉でえらいことになっているケースが何人かあります。  

 徐々に飛散量が増えたのではなく,いきなり飛び出した感があるので,それがいけないのでしょうか 

 「来年からは,2月に入ったら服用してください」とお話しました。 

 私は通年性の鼻炎なので,1年中抗アレルギー薬を服用してますし,N95マスクの上にサージカルマスクを重ねると全然大丈夫なことが分かったので,朝から晩までマスク2枚重ねで過ごしています。 
  
 その上,恒例の「めがねスキマガード」を眼鏡に装着しているので,目の痒さもほとんどありません。 

 その代わり,すげえ閉塞感と圧迫感ですが,背に腹は代えられません。 

 ちょっと急いで階段を上ると,マスクの端から「シューシュー」音がして,ホントにダースベイダーみたいです。 

 仕事が終わってマスクを外すと,空気がいっぱい吸えて,まあ解放感に浸れます。 

 ところで,私が使っているステロイドの点鼻薬が入手困難な状態になっています。 

 なんでも,原材料がイスラエルだそうで,戦争のために手に入り難くなっているらしいです。 

 ウソかホントかよく分かりませんが,色んな薬が手に入り難くなっていて,非常に困ります。 

 漢方薬も軒並み出荷調整になっていて,花粉症に使う19)小青竜湯(しょうせいりゅうとう)も貴重品になっています。 

 安易にジェネリック医薬品に誘導した,国策の失敗ですからね。 江戸時代だったら切腹ものですが,役人は責任取りませんからね。 

 そんな状況なのに,健保連から「お宅の診療所のジェネリック品の比率は80%で,全国平均よりやや低いです」なんて通知が送られてくると正直「イラッ」ときます。 

 あたしゃあ,一般名処方をしているから,「患者さんが希望するならジェネリックに代えてもらってもらって結構です」っていうふうにしていんですから,どうのこうの文句を言われても,どうしようもありません。 

 薬ありません状態を早く収拾してください。  

 久しぶりに京都へ行ってきました。 

 コロナ禍前は少なくとも年に2回は行っていたのですが,昨年は1度も行かず,1年数カ月ぶりの京都です。 

 今回は冬の特別公開で,相国寺の法堂天井画の通称「鳴き龍」と西本願寺にある「飛雲閣(ひうんかく)」へ行ってきました。 

 相国寺は,室町幕府3代将軍 足利義満 が室町邸の東に建てた寺ですが,応仁の乱で全焼しているので,豊臣秀頼公が再建したものです。 

 また,飛雲閣は京の四閣,金閣・銀閣・飛雲閣・呑湖閣の一つで,豊臣秀吉が京に建てた幻の城,聚楽第(じゅらくだい)にあったものを西本願寺に移築したと言われています。 

 ちなみに呑湖閣(どんこかく)は,大徳寺の塔頭寺院(たっちゅうじいん)で,前田家の菩提寺である芳春院(ほうしゅんいん)の中にあります。 


DSC_0054HORIZON_0001_BURST20240303113450531_COVER


moriiin5656moriiin5656 at 21:29│コメント(0)日常 │

2024年02月25日

 今日は1日シトシト雨が降ってました。 

 久しぶりに寒かったので,さすがにまだ2月ですね。 
 
 こんな雨降りなのに,私はゴルフに行ってきました。  

 私のホームコースの月例だったのですが,この雨で参加者は少なかったので,多分入賞できると思います。 

 入賞すると,コースで使える金券が貰えるので助かります。 

 さて,先週のCOVID-19の発生状況は相変わらずで,ポツポツ来院されます。 

 現在日本ではBA2.86系統である,JN-1が主流ですが,JN-1に変わってから特に高齢者の症状が軽くなった気がします。 

 咽頭痛や倦怠感は相変わらずですが,熱があまり出なくて,咳もひどくありません。 

 ですから,本人はCOVID-19だなんて全く思っていないものですから,定期薬を処方してもらうついでに,「2日前から咽頭痛がある」と訴えられます。 

 このやり取りは以前にも書いていますが,なんか最近増えている感じです。 

 検査をするとバリバリ陽性なので,ご本人はビックリしてます。 

 高齢者は,ほとんどの方が7回目のワクチンを接種しているので,それが効いているのでしょうが,それにしてもこんな風に症状が軽くなってくれると,将来的には感染症5群からも外れてくれるかもしれません。 

 そうなってくれるとありがたいですね。 

 唐突ですが,私はイチゴが好きです。 

 特に,岐阜の「美濃娘」が好きなんです。 

 もっというと,美濃娘の小粒のやつが好きです。 

 美濃娘は,半分にすると中が白いんですね。 

 で,酸味と甘みのバランスが良くて,特に小粒の方が味がぎゅっとしまっていて,私好みです。 

 朝起きて身支度をしてから,台所で「今朝は何粒食べようか 6粒いっちゃう」みたいに,嬉々としてイチゴを洗ってヘタを包丁で取ってます。 


moriiin5656moriiin5656 at 19:08│コメント(0)日常 │

2024年02月18日

 私の診療所の辺りは高齢者が非常に多い地域なので,若い人が多い地域と違って,COVID-19やインフルエンザが非常に流行しているということはありませんが,いつまで経ってもなくなりませんね。 

 なくなったかなと思うと,またポツポツ患者さんがあるという感じです。 

 新型コロナウイルスに関しては,半年ごとに新しい変異株が出てきて流行を起こし,インフルエンザはこの後,B型の流行がダラダラ続きそうです。 

 毎度同じことを書きますが,どちらも飛沫感染ですから,人混みや空気が淀んでそうな所ではマスクをしてくださいね。 

 先日,警察署から連絡があり,うちの患者さんが浴槽で亡くなっていたとのことでした。 

 その方は最近通院されていなかったので,どうされているのか心配していた矢先の出来事でした。 

 ヒートショックと呼ばれる現象ですね。 

 ヒートショックとは,脱衣場や洗い場の温度が低いと,末梢血管が収縮して血圧が上がり,湯船につかると末梢血管が拡張して血圧が下がるといった,急激な血圧の乱高下により,心筋梗塞や脳卒中を引き起こしたり,低血圧による失神を起こすことをいいます。 

 動脈硬化で血管の壁の中に脂肪が蓄積してくると,プラークという盛り上がりができます。 

 血圧の乱高下によって,プラークを覆っている血管の膜に傷がつくと,ベロンとめくれて,そこに血栓を形成して血管を閉塞させます。 

 これが冠動脈で起これば心筋梗塞に,脳動脈で起これば脳梗塞になるわけです。 

 また,血圧が急激に20mmHg以上低下するとフラツキを起こします。  これが起立性低血圧で,いわゆる「立ちくらみ」です。 

 ひどいと失神するので,浴槽につかっていて失神すると溺死の危険が高くなります。 

 皆さん窒息で亡くなるということにピンとこないと思います。 

 川や海で亡くなるなんて,プカプカ浮いてればそんな事起こらないと思うでしょ 

 ところが,溺れた時に慌てて水の中で息を吸ってしまったら,肺の中が水で充満してしまうので,一瞬でアウトです。 

 時々タンクの中を掃除していたら,有毒ガスで死亡事故が起きたというニュースがありますが,これも同じ理由で,有毒ガスは一度ヘモグロビンにくっ付くと,酸素のようには離れないので,吸い込んだら最期です。 

 毎年11月と3月中旬から4月中旬の2カ月が,朝晩と日中の気温差が大きくなり,血圧の変動を来しやすくなるのですが,この冬は11月からずっと朝晩の気温差が激しいので,ただでさえ血圧の変動が激しいのに,この患者さんのように,血圧の薬を自己中断してしまっていてはヒートショックが余計に起こりやすくなります。 

 また,血圧の薬やコレステロールの薬などは,プラークが傷ついて破れるのを防ぐ働きがあります。 

 高血圧を指摘されていても放置している方は,こういう事も起こすので,是非治療を受けてくださいね。 

 さて,今回も前置きが長くなりましたが,森医院院内誌 やまいのはなし3月号 のお題は,「骨髄異形成症候群 こつずいいけいせいしょうこうぐん」です。 

 聞きなれない病気だと思いますが,高齢者に発症する,白血病の一歩手前の病態です。 

 当院でも今まで2例の経験がありますので,どんな病気なのか,簡単に解説させていただきます。 

 


moriiin5656moriiin5656 at 10:00│コメント(0)やまいのはなし │

2024年02月11日

 先週の日曜日は岐阜市休日診療所の当番のため,岐阜市民病院へ行ってきました。 

 岐阜市は非常に開業医が多いので,休日診療所の当番が半年に1回くらいですから助かります。 

 開業医が少ない地域だと,2ヵ月に1回で自分の診療所を開かなきゃならないってところもあるようです。 

 今回は夜の部だったので,7時から11時までやってきました。 

 日頃9時30分には,うたた寝をしている私としては,夜11時まで仕事なんて考えられません。 

 でも,地域貢献ですから仕方ありませんね。 

 休日診療所も,以前の青柳町にあった頃と比べて,市民病院へ移ってからは患者さんは激減しましたね。 

 市民病院へ移ってからは,別料金で7,700円取られるそうですから,そりゃ受診できませんよね。 

 これにコロナとインフルの検査をしたら1万円以上でしょ 

 個人的には,重症化リスクがないんだったら,おいしいものを食べて寝てた方が良い気がします。 

 で,来院されたのは7人で,インフルエンザ 2名,COVID-19 2名,感染性腸炎 3名でした。 

 もうちょっとコロナが多いかと思ったのですが,案外均等に割れましたし,下痢症が多かったのが意外でした。 

 前の青柳町の頃だったら,この時期インフルエンザ患者が1日で120人は来てましたね。 

 その頃はみんな「給料上げろー」って怒ってましたね。 

 懐かしいです。 

 明日は建国記念日ですね。 

 建国記念日って何 って考えもしない人は多いと思いますが,初代天皇と伝えられている,神武天皇の天皇即位の日なんですね。 

 戦中派の方は,紀元節っていいますね。 

 日本書紀や古事記に書かれているそうですが,神武天皇自体が実在したか分かっていません。 

 日本書紀や古事記は,天武天皇が書かせた歴史書です。 

 天智天皇後,天武天皇は壬申の乱をへて即位したわけですが,正当な後継者ではなかったのでしょうね,そうじゃなきゃわざわざ自分の正当性を証明するような歴史書は作りません。 

 天皇陵も,本当にその天皇の墓なのか,怪しいのがいっぱいあるみたいですからね。 

 こんなこと戦時中に言ったら,すぐ特高(特別高等警察)に連行されます。 

 とは言え,いつ日本という国が建国したのかを定めないわけにもいかないでしょうから,紀元節に乗っかったってことですね。 

 ちなみに,壬申の乱は672年にあの関ケ原で起き,即位して天武天皇となる,大海人皇子(おおあまのおうじ)と大友皇子(おうとものおうじ)が争いました。 

 この時大海人皇子が陣をしいたのが桃配山(ももくばりやま)で,後の関ケ原の合戦で徳川家康が最初に本陣にした場所です。 

 また,皆さん知ってるゼロ戦ですが,この0は何かというと,神武天皇即位紀元2600年に採用されたので,0戦です。 

 戦時中は英語禁止だったので,ゼロではなくて,零(れい)戦,正式には零式艦上戦闘機です。 

 航空母艦艦載機だったんですね。 


moriiin5656moriiin5656 at 20:26│コメント(0)日常 │

2024年02月03日

 やっぱり今週はCOVID-19一色になりました。 

 ついこの間までA型インフルエンザばかりだったのに,この二大感染症の感染力と広がりには,ただただ驚かされます。 

 感染した方に尋ねても,「どこで感染したのか分からない と皆さん言われます。 

 しかし,飛沫を吸引することで感染していることは間違いありません。 

 外を歩いていて,飛沫を吸入する危険性は少ないでしょうから,屋内で,それも比較的換気が悪い場所ということになります。 

 パッと思い浮かぶのは,エレベーターの中か個室トイレくらいですね。 

 咳やくしゃみをしている人がそばにいれば分かりますが,飛沫は15分くらい漂うので,前に利用した人が咳やくしゃみをしていたら気づきようがありません。 

 オープンスペースではなくて,換気に時間がかかりそうなクローズドスペースに入る時には,マスクをきちんと着用した方が良いと思いますし,感染してしまった人は咳やくしゃみを人前でしないといった,基本的エチケットを守っていただきたいものです。 

 先日診療をしていて,糖尿病治療薬でダイエットをしたという方がありました。 

 GLP-1受容体作動薬というもので,注射薬と内服薬があります。 

 GLP-1受容体作動薬の糖尿病に対する作用機序は,①膵臓に作用して,血糖を下げるインスリンの分泌を促進する。②血糖が高い状態では,膵臓に作用して,血糖を上げるグルカゴンの分泌を抑制する。③胃に作用して,胃の蠕動を抑制して胃内容物の停滞時間を長くして,腸からの血糖吸収を遅らせる。④脳の摂食中枢を抑制することで食欲を落とす。の4つといわれます。 

 この中でダイエットに使われる根拠は③と④だと思われます。 

 やせ薬というと,サノレックス®とう満腹中枢を抑制するものが以前からありますが,興奮作用や悪心といった副作用があり,BMIが35以上の高度肥満しか保険適応がありません。 

 これに比べると副作用が少ないということで,GLP-1受容体作動薬が用いられているようです。 

 しかし,このためGLP-1受容体作動薬の需要が増えてしまい,糖尿病患者さんに供給しにくくなっている現状を考えると,良いことをしているとは言い難いですね。 

 体重を減らそうと思ったら,結局食べるなってことですからね。 


moriiin5656moriiin5656 at 22:11│コメント(0)医療 │

2024年01月28日

 現在,新型コロナウイルス感染症の岐阜市周辺での感染者数は,1週間で1医療機関あたり13.8人です。 

 1日に2人くらいですね。 

 多いのは,中濃地域で23.5人で岐阜市圏の倍近いです。 

 現在,日本の流行株はXBB 1.9系統のようですが,2番目に流行しているのは,BA 2.86.1系統のJN.1です。 

 世界的にはJN.1が一番流行しているので,日本もこれに取って代わるようです。 

 BA 2.86系統はオミクロン株からの変異が大きくて,免疫をかいくぐりやすいそうですから,感染者も増えそうですね。 

 若い方たちは感染しても重症化するリスクは低いですが,高齢者や基礎疾患のある方たちは重症化リスクが高いので,発症した人は,いかに高リスクの方にうつさないようにするかです。 

 風邪症状があっても熱が無ければ,自分はCOVID-19やインフルエンザではないと思っている方は非常に多いです。 

 熱が無いCOVID-19やインフルエンザの患者さんは,珍しくありません。 

 風邪症状があったら,まず高リスクの方との接触をできるだけ避ける。そして,くしゃみや咳のような飛沫をまき散らす行為を人前でしない。 といった基本的エチケットを守りましょう。 

 先日外来に90台半ばの超高齢患者さんが再診されて,右中指の痛みを訴えられます。 

 指の腱鞘炎なんですが,この方,前にも既往があります。 

 腱鞘炎って放っておいてもなかなか痛みが治まらないんですよね。 

 腱が白いのは血行が無いからで,そのため鎮痛剤を服用してもあんまり効かないんですよね。 

 シップを貼ろうにも指では邪魔くさいでしょ。 

 それに掌や足の裏は皮膚が分厚いので,シップや軟膏が効きにくいんです。 

 最新の治療では,超音波破砕装置を使うらしいですが,機器が高価なのと,一部疾患しか保険がきかないので,広まっていません。 

 仕方が無いので,ステロイドホルモンを局所に注射します。 

 ただし,ステロイドホルモンの局所注射を繰り返すと,組織が弱くなるので整形外科の先生は打つのを嫌がります。 

 だからといってそれ以外に良い方法が無いわけですから,年齢を考えて,あと本人の了承を得て私は打ってます。 

 さすがに90過ぎている人に我慢させるのは忍びありません。 

 でも,掌側に注射するのは非常に痛いです。 

 そりゃ痛覚が集中してますからね。 

 で,注射を打ったら,「先生,痛みで寿命が縮まったわ」と言われました。 

 90半ばの方に寿命が縮まったと言われると,冗談でもドキッとしたので,家の方に「明日亡くなったらごめんなさい」と謝っておきました。 


moriiin5656moriiin5656 at 10:00│コメント(0)日常 │

2024年01月21日

 久しぶりに風邪をひきました。 

 この前の下痢症もそうですが,相変わらず貧乏くさいので,休みの時に引きます。 

 鼻の奥がツンツンと痛くて,鼻水がうつむくとツーッと出ます。 

 のどの痛みは無く,咳も出ませんし,発熱も頭痛も関節痛もありません。 

 このため,COVID-19やインフルエンザのような流行性のものではなく,単独で風邪引いたあ という感じです。 

 思い当たるのは,室内の空気が乾燥していて,夜中に鼻の奥が痛くて目が覚めたんですね。 

 加湿器をつけておけば良かったのですが,そんなの出してませんでした。 

 今は,ペットボトルの水を加熱するタイプの加湿器を回しています。 

 空気の乾燥だけじゃなくて,スギ花粉も関係しているかもしれません。 

 出てくる鼻水がえらい透明で,花粉症の時のそれに似ています。 

 仕方ないので,19)小青竜湯と109)小柴胡湯加桔梗石膏を服用して大人しくしています。 

 そうそう,この2つの漢方は現在出荷制限がかかっていて,入手困難となっています。 

 咳止めや去痰剤,抗生物質につづいて,漢方薬も品不足になってしまって,医療機関は全国的にえらいことになっています。 

 それだけCOVID-19にインフルエンザが流行しているということですが,COVID-19は先月12月の1カ月間で,6,500人亡くなっているようです。 

 報道されなくなると分からないですよね。 

 皆さんもCOVID-19やインフルエンザはもとより,風邪も引かないように気を付けてくださいね。 

 さて,森医院院内誌 やまいのはなし2月号のお題は,「胸部大動脈瘤」です。 

 先月の大動脈解離に続いて,大動脈疾患にしました。 

 お楽しみに。 


moriiin5656moriiin5656 at 16:57│コメント(0)やまいのはなし │

2024年01月13日

 A型インフルエンザは相変わらず流行しています。 

 年末の東京の調査では,香港A型122件,パンデミックA型79件,B型4件なので,一度A型のインフルエンザに罹患しても,もう一度罹患する可能性があります。 

 そして,ここにポツポツとCOVID-19が混ざってきます。 

 今週は,ノロウイルス感染症と思われる嘔吐・下痢・発熱の患者さんが続けてありました。 

 そうそう,プール熱のおじさんも来院されました。 

 感染症のカオス状態でしたね。 

 こんな状態で自分がよく感染しないものだと,自分でも感心します。 

 皆さん,くれぐれもご注意くださいませ。 

 さて,今週は狭心症の患者さんがありました。 

 狭心症は,心臓を栄養する冠動脈(かんどうみゃく)が動脈硬化を起こすことで発症します。 

 では,動脈硬化はどうやって起こるのでしょうか 

 コレステロールが関与するのはご存じだと思いますが,コレステロールそのものが悪いわけではありません。 

 コレステロールは,ステロイドホルモンの材料になったり,細胞を取り囲んでいる,細胞膜の構成成分として絶対に必要なものです。 

 で,このコレステロールは肝臓で合成・貯蔵されるのでが,肝臓と血管の間を行き来します。 

 肝臓から血管へ移動するときには,LDLというトラックに乗せられ,血管から肝臓へ移動するときは,HDLというトラックに乗せられるので,それぞれ,LDLコレステロール,HDLコレステロールといいます。 
 
 LDLコレステロールを悪玉コレステロール,HDLコレステロールを善玉コレステロールともいいますね。 

 LDLコレステロールが血管の中にいっぱいあると,血管の内側にある,内皮細胞(ないひさいぼう)の隙間から血管の壁の中にこれが入り込みます。 

 内皮細胞に隙間を作ってしまうのが,高血圧,糖尿病,喫煙などです。 

 血管壁内に入り込んだLDLコレステロールは,活性酸素という物質により酸化されて,酸化LDLコレステロールとなります。 

 この活性酸素を多く作り出すのがストレスです。 

 酸化LDLコレステロールに変化すると,生体は異物と判断して,血管壁内にいるマクロファージという白血球の一種に食べられます。 

 マクロファージは酸化LDLコレステロールをたらふく食べて死滅するので,脂まみれのマクロファージの死骸が折り重なって,血管壁の中に貯まっていきます。 

 この折り重なった死骸の塊を,粥腫(じゅくしゅ)とか,プラークといいます。 

 このプラークが大きくなっていくと,徐々に血管の内腔を狭くしてしまいます。 

 冠動脈だと,75%以上狭くなると心臓の筋肉に十分な酸素を供給できなくなって,動いた時に胸がギューっと締め付けられるような痛みが来るようになります。 これが狭心症です。 

 これがさらに進行して,冠動脈が閉塞してしまうと,心筋梗塞になるのですが,実際の心筋梗塞は,狭心症が進行して起こるものは少なく,狭心症を起こす前に突然心筋梗塞を発症します。 

 その原因が,プラーク破綻と言われる現象で,できたてのプラークはブヨブヨした脂の塊ですから,少しでも血管に傷が付いたら,そこからベローンと血管の内皮がめくれ上がり,そこに血の塊である血栓を形成することで,冠動脈を突然閉塞させます。 

 突然恐ろしいことが起こらないようにするには,プラーク破綻を防ぐことで,このプラークを安定化させるのが,高血圧,脂質異常症,糖尿病などの治療薬なのです。 

 私は医者になって35年以上になりますが,高血圧症や脂質異常症,糖尿病の治療をきちんと受けている人で,心筋梗塞を突然発症してしまったという方の覚えがありません。 

 今回の方も高血圧や脂質異常症の治療を受けておられましたから,プラーク破綻せずに狭心症で見つかったわけです。 

 でも,これだけ救急車が走っているのですから,いかに高血圧などを治療せずに放置している人が多いかってことです。 

 自分だけは大丈夫と思ったら大間違い 

 健診で引っかかったら,ちゃんと治療を受けてくださいね。 

 


moriiin5656moriiin5656 at 20:00│コメント(0)医療 │

2024年01月01日


 あけましておめでとうございます。 

 今年もよろしくお願いします。 

 12月29日の午前で昨年の仕事は終了しましたが,私はその夜から下痢になりました。 

 昔から体調不良は休みの時に起こります。 

 30日が一番ひどくて,これだけの回数トイレに行ったのは,過去に記憶がありません。 

 しかし,腹痛があるのですが嘔気は全くなく,熱も出ません。 

 ただただ,30分毎に襲ってくる渋り腹と下痢が延々と続きます。 

 本人はそれほど倦怠感は感じてませんでしたが,寝てるか,Amazon prime videoで「SPY×FAMILY」を観てるかのどちらかで,他には何もしたくなかったので,やっぱり余程疲れてたんでしょうね。 

 31日には峠を越えた感じで,1日を迎えました。 

 朝から下痢は治まっており,「SPY ×FAMILY」も16話を越えると,元来じっとしていられない私は「退屈だあ どっか連れてってくれい」と嫁に頼むと,カラフルタウンへ連れて行ってくれました。 

 2日間大してものを口にしてませんでしたから,目についたリンガーハットの皿うどんがどうしても食べたくて嫁にせがむと,「大丈夫なの と言うくせに,自分も注文してました。 

 で,食べ終わって無印良品へ入ろうとしたときに地震警報がみんなの携帯から一斉に鳴り出しました。  びっくりです。 

 その刹那,めまいでも起こしているようにゆっくりと地面が揺れ始めました。 

 館内放送が鳴り響き,皆店から出されて,エスカレーターやエレベーターの使用が禁止され,その場で待機するように言われました。 

 確かに店の中に居たら,陳列棚が崩れてくるかもしれませんからね。 

 店の人たちも日頃から訓練しているのが分かるくらい,役割分担がされていたので感心しました。 

 立体駐車場への立ち入りも禁止されたので,どうしようもなく20分ほど通路に嫁と二人佇んでいましたが,その後安全確認ができたとのことで,営業は再開されて,私たちも無事に帰宅できました。 

 幸いこの地域の震度は3だったので,モール内の混乱もありませんでしたが,震度7だったらどうなっていたでしょうか 

 ありがたくない経験でしたが,正月早々貴重な経験をしました。 

 


moriiin5656moriiin5656 at 21:11│コメント(0)

2023年12月31日

 今年1年間大変お世話になり,ありがとうございました。 

 森医院は年明け,4日(木)から診療をさせていただきますので,来年もよろしくお願いいたします。 


moriiin5656moriiin5656 at 19:57│コメント(0)お知らせ │