注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。 

 


皆さま、おはようございます。

今日も、このブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。


なかなかブログが更新できずすいません。


昨日、十一月十五日午後二時二十九分、韓国浦項市(ポハン)を震源地とする M5.5規模の地震が立て続けに二度起こりました。
その前、前震と言えるかどうかわかりませんが、二時二十二分にM2.2ほどの小さな地震が二度起こっていたことが後になってわかりました。

震源地付近では震度4~5ほどの揺れが三十秒ほど続き、建物の損壊などの被害が出ています。死者は出ておらず、怪我人が十数人出た模様です。


読者の皆様の中には、地震後間も無くコメント欄に、私たちの無事を確認するためのメッセージを残してくださり、大変ありがとうございました。心配してくださる人がいるというのは、それだけで、どれだけ心が温かくなることか。正直、日本にいる私の家族よりも早かったです(⌒-⌒)。

私たちは皆、怪我もなく、無事です。


地震の規模としては大したことなく、私たちの住む場所はそれほど被害は出ていません。


地震が起こった時、当たり前ですが仕事をしていました。過去の地震体験から私の感覚では震度3弱だったと思います。日本にいたら、「今揺れたね。」くらいで建物の外に避難することもないでしょう。しかし、韓国では地震が滅多にない上に、耐震性のない建物ばかりなので、小さな地震でも本当に怖いのです。

私が部屋の外に出ると、学生たちがオロオロとどうしたらいいの?みたいな状態でした。

昨年九月、二度大き目の地震が起こりましたので、学生たちもふと思い出したのか、ハッとして慌てて外に避難しました。


私はすぐに娘のオリニチブ(保育園)に走りました。
オリニチブでは、皆すでに外に避難し、先生たちと子供達が座って抱き合ってました。思わず可愛いって思ってしまいました。先生も子供達も靴下のまま、上着も持たず外に出た様子で、地震が起こって揺れが収まった後すぐに避難した様子が伺えました。外は寒かったので、その後、先生方が子供達の上着を取りに行き、上着を着てしばらく待ったのち、中へ入って行きました。

きちんと避難してくれていてホッとしました。


韓国では、震度3弱でおおごとです。


その後、ツイッターなどで写真や映像がアップされ始め、私たちの大学でも建物の壁の一部が剥がれたり、道路にヒビが入っているのがわかりました。震度3弱で。

浦項周辺では、もっと多くの被害が出ている様子で、写真を見ると、「えええ!」と言う感じです。

こちらのリンクで少し写真が見れます。↓

http://bemil.chosun.com/nbrd/bbs/view.html?b_bbs_id=10129&pn=1&num=8883


韓国ではほとんど地震が起きませんでした。「韓国では地震がない」と言う韓国人もいますが、記録では歴史上ゼロではありませんよ。

去年もM5.8の地震が起きていますしね。

今回のM5.5の地震は観測史上二番目の規模というのだから、日本と比べると、ないに等しいかもしれませんね。

問題はやはり建物です。

法制上、建物は全て耐震性を考えて設計されていることになっています。
しかし、それにしたがって耐震性を備えた建物を作っている建設会社があるかと言われると、ほとんど皆無と言っても過言ではないと思います。
さらにひどいのは、耐震性の基準を満たしているかをチェックするシステムもないという状況です。
だからこんなに被害が出るのです。 


上のリンクでご覧になった方は「えええ?」と思われたかもしれませんが、多くのアパートでは、駐車スペースがアパートの下に作られています。それは地下ではなく、地上スペースで、二階から住居となっています。二階以上は鉄筋コンクリートの柱4、5本で支えているのみで、地震が起これば一発アウトな脆弱さなのですよ。

私は絶対こんなアパートを選びませんし、私たちの住むアパートはこのような設計ではありません。しかし、私たちのアパートも、一階二階は丁寧に建ててあるが、三階からは適当って噂も聞いています。地震の影響でもないのに、ヒビが入っています。怖いですよ。

震度3でも、何度も起こったり、揺れる時間が長かったら、やばいかもしれません。


余震が続いていますので、大きめが来ないことを祈りながら、いつでも逃げれる準備をしています。


みなさま、ご心配をおかけしてすいません。

今日もお読みくださりありがとうございました。 

 


皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。