注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。


 

韓国、この週末、桜が満開になりそうで、桜を見つめてる時だけ、心が和みます。

が、やはり、桜といえば、これ。


朝鮮枕草子

春は桜。 

起源主張したる鮮人、少し火病りて、海へだてたる米国にも押し寄せたる。 


夏は光復節。 

日本大使館前はさらなり。 

旗もなほ、旭日旗のおほく焼かれたる。 

また、おのづから慰安婦と名付けたるものども、さかしまに恨みて罵るもをかし。 

電力など不足するもをかし。 


秋はノーベル賞。 

神無月となりて発表いと近うなりたるに、鮮人の、受賞者銅像を据へるとて、 

三つ四つ、二つ三つなど台座こしらへたるさへあはれなり。 

まいて、コウン詩人の支援とて、いとうらめしげに騒ぐは、いとをかし。 

発表終はりて、ただ風の音、虫の音のみ半島に聞こゆるは、はた言ふべきにあらず。 


冬はこちんこちん。 

九糎のちぢこまりたるは言ふべきにもあらず、 

霜のいと白きも、またさらでもいと寒きに、 

火など急ぎ放ちて、ガソリン持てふりかけたるも、いとつきづきし。 

昼になりて、ぬるくゆるびもていけば、股間の九糎も、国技にはげみてよろし。


いとをかし。なので、毎年、季節ごとに紹介してしまいまする。

桜を愛で、平和だなぁ、と心が満喫できるような状況では、本当はないのですがね。特に今は。

桜の開花を待ち望む間も、北朝鮮では核実験の準備、ミサイル開発が着々と進行してますねん。

韓国では、朴槿恵前大統領へ逮捕状、日本では、「暗黒国会」(青山繁晴さんによる命名)。森友問題で 結局ブーメランで野党へ返り、会見トンズラ、一ヶ月も何十億円も税金無駄にして、国防そっちのけ。

ええ加減にせな、とんでもないことになりまっせ。

自民党が、THAADやイージス・アショアの導入を日本政府に求めました。ようやくですわ。こういうことにこそ、国会で与野党冷静に討論し時間を費やすべきでしょうが。

予算委員会と言いながら、予算について全く話し合わず、知らないうちに予算が決まっている。話し合ってへんのに、どうやって国家予算が決められたんか?いと怪し。

まさしく暗黒国会。

前にも言いましたが、政治と大地震は深く関係してます。(おそらく皇室問題も関係していると、私は思っていますが。)

これまでの大きな地震、阪神大震災や東日本大震災を思い出してみると、当時一体誰が総理大臣で、日本はどんな方向に動いていましたか。

今も、あまりに日本の神様をないがしろにした政治が行われれば、遅からず大地震が起きますよ。

まだ南海トラフは回避されていません。

去年の11月から、何度も危機が訪れていたところ、なんとか規模が小さく抑えられてきました。

しかし、政府が国会が、日本のためにならない喜劇を続けるならば、大地震は起こり、空からミサイルが降り、富士山は噴火し、日本は大変なことになるだろうと思います。

私は、桜を見ると、故郷の奈良の風景を心に浮かべ、日本に思いを馳せます。

こうして平和と呼んでいる時が終わりを告げるのも、もう時間の問題かもしれません。その時を縮めているのは、足を引っ張る政治家や反日売国奴たち、無知なお花畑の日本人(隠れ売国奴)です。

起こってからでは遅いんですよ。

未然に防ぐために、最善を尽くす必要があります。

想像できませんかね。

朝鮮半島で核実験が行われると、すぐさま放射能が風に乗って日本へやってきますよ。

北朝鮮のミサイルはいつでも日本人の頭上に落とす準備ができてます。

どうしますか?どこへ逃げますか?何をすればいいですか?そんな話を家族でしたことありますか?

この危機的状況を、危機だと思っていない、思わせないマスゴミも含め、異常ですよ。海外では毎日この話で持ちきりなんですから。

私の古い友人が突然、連絡してきました。

「夏休みに韓国旅行を計画してる」と。

この状況で韓国に来る?

私は、日本はどれだけ、国民にこの危機的状況を知らされずにいるのかと、ほんまに恐ろしくなりましたよ。これは大罪ですよ。

春になると桜が咲き誇り、お花見をする。毎年必ず来ると思っていませんか。平和はタダではやって来ませんし、タダで留まることもしません。平和は築きあげるものです。並大抵の努力では続くものではありません。困った時の神頼みだけでは、ダメです。 

「陸上自衛隊が来たら絶対に婦女暴行が起きる」とヘイトスピーチした宮古島の石嶺香織市長。中国が攻めて来たら、自衛隊に頼るのではなく、石嶺香織市長が前に出て説き伏せてくださることを期待しております。

日本国民は、現実はそんなお花畑やないことを、知るべきです。

もう残された時間は少ないかもしれませんね。



皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。