注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。


 

フィギュアスケート世界選手権

羽生結弦選手、世界新記録を打ち出して堂々の金メダル!

宇野昌磨選手、昨年の7位から、輝かしい銀メダル!

ジン・ボヤング選手、見事なノーミスで銅メダル!


おめでとうございます!!!


いや~、すごかったですね。

大興奮の中、今シーズンが幕を閉じました。


私は、サイエンティスト、詳しくいえば分子生物学者なんですが、フィギュアスケートファンでもあるんですよね~。

特に、浅田真央選手の大ファンです。


それにしても、フィギュア男子のレベルの高さには震えました。解説の方も仰ってましたが、この2年間で、4回転を跳んだ数が4倍になったと。これすごいですよね。

今や、4回転を3回以上飛べないと表彰台には登れないという驚愕のレベル。しかも、初めは4回転サルコウと4回転トーループであったのが、今や、ループもフリップもルッツも4回転!

以前は表彰台に必ず顔を出しておられた選手でも、このスピードの速さについていけない選手も見受けられます。

このスピードをリードしているのは、やはり羽生くんだと思います。しかし、それは羽生くん一人だけの力ではなく、後ろからどんどん追い越そうとレベルを上げてくる良いライバルたちの存在です。この相乗効果でフィギュア男子のレベルは底上げされていると思います。

今回の羽生くんのフリーは神がかっていましたね。とはいえ、私は、やはり「陰陽師」の演技が一番大好きです。

そして、君が代を力強く歌っている羽生くんを見て、本当に清々しく思いました。君が代とは、右も左もなく、みんなが幸せでありますようにという意味が込められた日本ならではの歌です。これを日本の国歌としたのは良いアイデアであり、日本らしいことです。本当に気持ちよく拝見しました。


フィギュア女子ですが、今回は残念ながら日本選手の表彰台は見られませんでした。

メダルを期待された宮原知子選手が怪我で出場できず、知子ちゃんご自身も辛い決断であったでしょうね。早く回復されることを心からお祈りします。

今シーズン最後の大会である世界選手権で、真央ちゃんが出場できなかったのは非常に残念でした。

今回の世界選手権、女子シングルは、なんか少し覇気が感じられなかったです。
出場選手の努力と素晴らしい演技を侮辱するつもりは全くありません。ただ、私が今見ているこの選手たちよりも、真央ちゃんはもっと技術面でも演技の面でも上なのになぁ、と思ってしまうのです。フリーで154.5点という高得点で優勝したエフゲニア・メドヴェージェワ選手(ロシア)の素晴らしい演技を見ても、色褪せて見えるのです。素晴らしい選手なんですよ、でも、この演技で150点以上出て、真央ちゃんのソチでのフリーが、なんで142.71点なのか、とフラッシュバックしてしまうのですよ。(理由はわかっていますが。)

トリプルアクセルを入れた6種8個のトリプルを、目立った転倒も両足着氷もなく着氷したのは真央ちゃんで、これは史上初めての最高難度の構成です。この神演技に142点という低い点数を与えられた屈辱。それよりも難度の低い演技に、簡単に150点以上が与えられるのを見るたびに、私は、興ざめするのです。

さらには、バンクーバーまで遡り、なんでトリプルアクセルを3回も飛んだ真央ちゃんが銀メダルやねん、と怒りが彷彿としてきます。(これも理由は明らかですが。)

今、女子フィギュアは、男子と違って、レベル向上スピードが失速しています。真央ちゃんのような存在がいかに、女子フィギュアのレベル底上げに重要であるかがよくわかりますね。

真央ちゃんが不調で、私の一ファンがなんとお声をかければいいのかわかりませんし、お声をかけるのもおこがましいと思っています。

ただ、私は、ここまでISUと日本スケ連にいじめ抜かれた真央ちゃんが、それでも女子フィギュア界を支え、レベル向上を目指し、精神がおかしくなることも自殺することもなく、スケートを続けてこられ、日本国民に勇気と元気と感動をくれたその報酬に、オリンピックで金メダルをかけてあげたいんですよね。私がかけてあげれるものではありませんが。やっぱり、金メダルをあげたい。オリンピックでなければダメなんです。 


来シーズンは、オリンピックシーズンとなり、オリンピック出場をかけて一つ一つの大会が非常に重要であることは、真央ちゃんも重々承知のことでしょう。

2016年の全日本大会で12位という最悪な結果になってしまって、世界選手権の選抜にもれてしまいました。

来シーズンのグランプリシリーズにも出場できるかどうかはまだわかりません。

今シーズンの日本女子の成績で、オリンピック出場枠は2となってしまいました。出場するには、2017年の全日本大会で上位になる必要があります。優勝ならオリンピック出場できます。あと一人の枠は、全日本大会で2位か3位で、グランプリシリーズの結果を合わせて選抜されます。

調子を取り戻した真央ちゃんであれば、きっとオリンピック出場を果たすでしょう。だって、真央ちゃんの技術は今でもまだ飛び抜けています。真央ちゃんを超えるスケーターを私は見たことがありません。

ロシアの選手も素晴らしいのですが、傾向として、一過的であることが多いという印象があります。ロシアやヨーロッパ系は体型が変わりやすいというのもあるのでしょう。この後、エフゲニアちゃんがどれだけ長く表彰台を狙えるポジションにいられるのか興味があります。


来年の冬季オリンピックは、私たちが住む韓国、平昌です。

私は今年中に韓国を脱出したいところですが、もし、まだここにいれば、平昌に応援に行けるかもしれません。

ただ、朝鮮半島の情勢が緊張していますので、戦争が起これば冬季オリンピックも無くなってしまうかもしれませんね。今年は特にやばいですから。選手にとって危険である上に、施設が爆破されてしまえば、もう修理する費用も韓国にはありませんから。


無事に冬季オリンピックが開かれ、無事に選手たちが最高の演技をできることを心から願います。 


Mao_bosatsu























皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。