注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。


 


皆さま、今日も、このブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。


テロ等準備罪に関する法案が可決されましたね。

民進党小西議員は亡命決定。亡命先が見つかるかが問題ですが、亡命先見つけるのお手伝いしますよ。韓国来る?


共謀罪という名前で呼ばれている法案ですが、テロを防止し国民を危険から守るために、先進国ならどの国でも持っている法です。


特定機密保護法とか、集団的自衛権を含めた安保法案の時と同じように、左の方々が、無知な国民を印象操作で取り込んで、発狂しておられましたね。

「戦争が起こる~~~!(゚Д゚)」

「徴兵制が始まる~~~!(ノ`Д´)ノ」

その実どうです?
全く起こってへんし。( ̄‥ ̄)=3 フン

今回も同じですよ。彼らが言うことは、今後起こりえません。


国会議員も、恥ずかしくて見てられへん。

牛歩とか、反抗期の子供ですらしない抵抗の仕方。

頭にピンクの痛いハチマキをして、「触ったらセクハラ~」と気持ち悪い壁の抵抗。

締め切りギリギリに「恥を知れ!」と叫ぶ、その言葉そっくりそのまま返すわ的行動。

散々、牛歩でトロトロ動いて(てか、牛はもっと速いわ)、投票するも時間切れで無効になった福島瑞穂氏とか、仕事しろよ。こんな人間でも投票してくれた国民に、代表としての一票を、無駄にするな、給料泥棒。

私のフランス人ダーリンは一言、
「海外の笑い者やで。」 


国民の皆さん、お気付きですよね。
この国会議員の低レベル=選んだ国民のレベル。


「しっかり議論がされてない。」と叫ぶ野党。

はい、それは同意します。

議論は足りてないと私も俄然思います。テロ阻止のための調査における盗聴とか、冤罪を極力出さないためにはどうするかとか、議論することは山ほどあったと思いますよ。

しかし、その議論をしようとせず、打ち切ったのは民進党やんか。ほんま、どの口が言う!?でございますわ。


テロ等準備罪法案が通れば、普通の居酒屋の会話だけで捕まる〜!ヽ(#`Д´)ノ

国が国民を疑う国家になる〜!ヽ(#`Д´)ノ

監視される〜! ヽ(#`Д´)ノ

これが左の方々が叫んでいたことですがね。

ならへん、ならへん。

一般的な国民、組織に属してるんすか?

暴力団とかに属してるんすか?

資金調達してるんすか?

犯罪を犯すための下準備で、下見とかしてるんすか?

武器とか爆弾とか薬物とか調達してるんすか?


この条件に当てはまる人って、それ、一般的な国民ちゃいますよね。これだけの条件があれば、そら危ない人でしょうよ。こんな人が周りにいたら怖いわ。


さっきも言いましたが、先進国なら普通に持っている法律です。これまで日本が持っていなかったの方がおかしいって話ですよ。

これがもっと昔からあれば、あのオウム真理教によるサリン事件テロはなかったかもしれんって話です。


「共謀罪法案が成立したら、わしらは監視され、国から疑われ、居酒屋で『あいつ殺したろか』て愚痴っただけて、しょっ引かれんでー。」

こんなアホな話に、ほんまに騙される国民いるんですか。

あ、
いるんですね・・・。(_´Д`) アイーン


印象操作しようとする左巻きの国会議員たちの頭の中、ちょっとのぞいて見ましょうか。


「日本国民はね。あいつら馬鹿やから、悪い印象与えておけば、信じて反対してくれるねん。国民は馬鹿でいてくれるのが一番やりやすくてええわ。」

国民を馬鹿にしてますよ。

国民もええ加減目を覚ましましょうよ。何も考えず馬鹿でい続けるのは簡単ですが、馬鹿にされてまで馬鹿でいたいですかね。

あの国会での、おっちゃんおばちゃんたちの品のない、節操のない、情けない姿を見て、子供達が育っていくんですよ。

あんな大人にしたくないでしょ。

私は、子供に、「これは、なったらあかん大人の例」と紹介するでしょうな。

子供だって、こんな情けない大人の姿観たくないですよね。できれば、子供達を命をかけて守ろうとする大人の凛々しい顔、堂々とした背中、たくましい姿を見たいと思いますよ。

時には失敗して泣く姿もあってもいいと思います。ただし、それは真剣に精一杯全てをかけてやった時に限り、輝く涙だと思います。

子供は、子供なりに、ちゃんと感じるもんです。

大人が思っているより、子供はちゃんと見て感じ考えていると思います。


KAZUYA channelのKAZUYAさんは素敵ですね。若いのに賢くて、本当に頼もしいです。こういう広い視野を持った若者が増えて欲しいと切に願います。



今日もお読みいただきありがとうございました。 
 


皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。