注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。



皆さま、今日も、このブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。


本格的なフィギュアスケート・オリンピックシーズンが始まっています。

オータムクラシック、羽生結弦選手、三原舞依選手、二位おめでとうございます!

私は浅田真央ちゃんファンなので、女子フィギュアを見ていて寂しい気持ちもありますが、真央ちゃんを見て育った世代が今どんどんシニアに上がって来ていて、まだまだ素晴らしい日本選手の活躍が見られそうです。最近では、シニアデビューした本田真凛選手がアメリカで大絶賛。素晴らしいですね!

今女子フィギュアでは、ロシアのエフゲニア・メドベージェワ選手が素晴らしい演技と技術でショート80点越え、ダントツで一位をさらっています。このままの調子で行くと、平昌では日本勢にとって高い壁となるでしょうね。

メドベージェワ選手、優雅で素晴らしいですよ。女優並みの表現力で、3F3Tも完璧。でも、トリプルアクセルは?って思ってしまうんです。真央ちゃんが史上初のトリプルアクセルを含めた三回転六種八回を達成したソチオリンピックのフリープログラムラフマニノフは142.71点。私の中で、この真央ちゃんの演技と142.71点が基準となってしまい、何でそれより得点高いの?と心の中でしらけてしまう自分がいます。

にしても、ちょっと言わせてもらってもいいすかね。

今、オータムクラシック(カナダ)が終わったところですが、女子シングル優勝はカナダのケイトリン・オズモンド選手でした。彼女のフリープログラムの得点は、142.34点。あの真央ちゃんの神演技にわずか0.37点足りないくらいのすごい高得点。どんだけの神演技だと思いきや、腹からドンっと転倒するわ、三回転ルッツは着氷乱れるわ、どう見てもあの真央ちゃんの神演技の足元にも及ばないのに、何でこんだけ点数出るんですか!(゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!! 

まぁ、そもそも、あの真央ちゃんの神演技は142.71点という低い点で語られるものではありもはん。あまりにも過小評価しすぎの点数ですよ、明らかに。

ソチショートで十六位だった真央ちゃんの滑走順位は早く、ここで神演技通り世界最高得点を出してしまったら、後の選手のメダル争いがガタガタに崩れてしまうと思ったのか、ジャッジは点数を抑え気味に出した模様です。あまりにも不公平不公正なジャッジ。一選手の情熱と苦労と人生を何だと思ってるんだ。あの演技は余裕で150点越えでしたよ。許せんわ。だから、ソチの女子フィギュアのメダル争いは、興奮もしませんでした。キム・ヨナが銀、アデリナ・ソトニコワが金で、韓国がギャーギャー言ってた時も、ハァ?って感じでしたよね。
もし、真央ちゃんが神演技で公平公正な得点をもらっていたら、後のメダル争いも心から興奮して観れたものを。 

だから、女子フィギュアを観ていても、しらけてしまうんですよ。

さて、話題になっているのが、やはり羽生結弦選手ですね。私は羽生くんの演技がめちゃくちゃ好きです。フリープログラムの 「SEIMEI陰陽師」が一番好き。

羽生くんの初戦は、このオータムクラシック。なんと、ショートプログラムでは112.72点で世界最高得点でした!

おめでとうございます~!あれは素晴らしいわ。二本の四回転も完璧に最高のジャンプとなりました。

ものすごい高得点なんですが、韓国のキムヨナ元選手のあの演技で異常な銀河点と比べて、羽生くんの場合は、高得点でも内容が伴っているので納得できます。

それにしても、初戦でこの完璧さ。平昌オリンピックまでの道のりはまだ始まったばかりで、こんなに完璧に仕上がっていると、この先平昌まで持つのだろうかと逆に不安に思ってしまったが、フリープログラムでジャンプの失敗と転倒が重なり、155.52点でフリーで五位となり、総合二位となりました。

いや~、ちょっとホッとしたというか。こうして、平昌までに伸び代を残しておいてくれた方が、応援している方もちょっと気が楽。そして、追われるより追う方が力を十二分に発揮できるという羽生くんにも、ストイックな精神をボーボーに燃やしていけて良いのではないでしょうか。私の勝手な考えですけど。

それにしても・・・

平昌オリンピックちゃんと開催されるのでしょうか。

チケットもたった22%くらいしか売れてないって話ですし。22%の内訳は、フィギュアスケート・スピードスケート(ショートトラック)・アイスホッケー・スキージャンプで、そのほかの売れ行きは芳しくない様子。

フィギュアスケートが大人気で、男子シングルはものすごい競争率でした。おそらくダフ屋などが入って来てるものと思われます。転売するために集団で狙って来ているグループがいるとも思われます。
私は2017年二月から五月に行われたくじ引きをミスってしまったので、九月の韓国内だけのチケット販売に、万全の体制で臨んだのですが、男子シングルのチケットは一瞬にして売り切れ。まさしく一秒以下、ゼロコンマの世界でしたよ。
なので、私は団体戦のチケットを取りました。他にも、スキージャンプとエアリアルフリースタイルスキーのチケットも取りましたよ。

韓国に来て、「あぁ、韓国に住んで良かった~。」と思ったことは、残念ながら一度もありませんでした。しかし、この平昌オリンピックで、韓国内に住む人向けに優先的にチケットが販売された時は、「あぁ韓国にいて良かった。」と初めて思ったものです。

しかし・・・今となっては、ほんまに平昌オリンピック開催できるのか?と。

北朝鮮の問題で安全とは言えない現状から、フランス、ドイツ、オーストリアに、「安全が確保されなければ、選手団を平昌に送り込むのは控える」と宣言されてしまいました。

これはえらいことですぞ。

しかし、フランス、ドイツ、オーストリアの判断は真っ当であり、当然の意見であると思います。選手の命の方が大事ですから。

韓国は財政難で、平昌の工事も遅れが出ています。今の時点で工事が終わっているはずの宿泊施設も十以上がまだ工事終わっていません。チケットを取っても、ホテルが予約できない状況に、旅行者は困惑しています。

私たちも、チケット取ったのはいいけれど、ホテルを探すのに大変苦労しました。ラブホテルなら簡単に見つかるのですが、泊まりたくないですよね。おそらく、外国の方は、ラブホテルと知らずに予約されているのではないかと思います。

オリンピックシーズンは、宿泊施設も値段が跳ね上がるのは当たり前ではありますが、それが三倍から十倍にも値上げし、これまた旅行者は困り果てております。一泊60万円というものまで出て来ていますからね。

しかも、ネット予約もままならない宿泊施設も少なからずあり、ウェブサイトに出していながら、ウェブ上で予約を受け付けていないなど意味不明な状態です。さらに料金を更新していない宿もあり、混乱を招いています。

私は、フィギュアスケートと、スキージャンプ、エアリアルスキーを観戦しますが、フィギュアの行われるアリーナと、スキージャンプの会場は少し離れた場所にあります。日程も離れているので、二つの宿泊施設を見つけなければなりません。

そして、最近、韓国人学生の助けを借りて、交渉の末、スキージャンプ観戦用の宿をようやく見つけました。

そのペンションのオーナーが状況を教えてくれました。オリンピックシーズンは、平昌エリア宿泊施設協会が一泊の料金を決めるそうです。私が予約したペンションは、コテージのような施設で、一番小さいコテージで、料理できるガスコンロ付きキッチン・浴槽付きバスルームがついて、大人二~四人が泊まれます(二人以上は料金は加算されますが)。普段一泊10万ウォン(約1万円)であるところを、協会は一泊30万ウォン(約3万円)にしろと言って来ました。それに対し、ペンション側が「それは高すぎる!」と反論したそうです。

私たちが電話でコンタクトを取った時、この状態で、また一泊料金が決まっていないところでした。

私たちにとっても、一泊30万ウォンは高すぎる。料金が決まったら連絡するというので、ペンションからの連絡を待っていると、次の日、思ったより早く連絡がありました。

ペンションのオーナーによると、協会は一泊20万ウォンに決定し変更は行わない、と言って来たと。ペンション側は不満でありながらも指示に従わざるを得ないと仰ってましたが、私たちが予約したいのは一番小さいペンションだったので、「一番小さいペンションなので、17万ウォンにします。」と言ってくれました。とても良心的なオーナーですね。

そんなこんなで、やっと予約ができ、ひと安心です。

あと、フィギュアスケートが行われるガンヌンアイスアリーナ(Gangneung Ice Arena)周辺です。これが全然見つからない!

私たちは車で行くので、それを利用して、アリーナから車で1時間離れたところに宿を探すことにし、やっと予約できました。

私たちは自分の車があるからいいけれど、海外から来た旅行者には、到底無理な場所であろうと思います。

そんな調子で、平昌オリンピックは不安要素がいっぱいです。

最大の不安要素は北朝鮮ですよね。

そもそも財政難で、韓国内では平昌オリンピックに関して冷めた様子です。私の周りでオリンピックに興味ある人は皆無です。「え、行くの?」て表情をする人ばかり。

韓国は本当はオリンピックしたくないんちゃうかと思います。止めちゃいたいけど、止められない。何か全世界を納得させる理由がないと止められない。
てか、あんだけ真央ちゃん下げ、キムヨナ上げで、真央ちゃんを苦しませた挙句、誘致して来た平昌オリンピックを簡単に諦めるな、と個人的に言いたい!
しかしながら、もしかしたら、北朝鮮を理由に止めたらホッとするかもしれないな。選手たちに何かあったら、と思うと。

中止になっても仕方がない、とは思いますが、そうなると、平昌を目指して、四年間血のにじむ努力を重ね頑張って来たアスリートたちの努力はどうなるんだ、と言いたいですね。中止にするのではなく、別の場所でできたらいいのですが。

2020年の東京オリンピック、こんな情けない事態にならないように、ほんまに真剣に取り組んでくださいよ。私は、東京オリンピックを成功させるためにも、小池都知事は弊害となるのではないかと強く感じています。

今日もお読みくださりありがとうございました。


 


皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。