注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。 





皆さま、こんばんは。

今日も、このブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。


韓国はチュソクの十連休真っ只中で、私たちの住むあたりは静か~です。これだけ静かになるのは、一年のうちチュソクとソルナル(旧正月)だけですね。ありがたくこの静けさを満喫させていただきます。

しかしながら、デパートなどへ行ってみると、チュソクカー(と私たちが呼んでいるピッカピカの高級車。チュソクで家族が集まるため、家族親戚に見せびらかすためにチュソク前に買い替えたピカピカの車のこと。特にBMWやベンツ、ポルシェが人気。)のBMWが勢いよくエレベーター前のハンディキャップに駐車し、元気の良い中年夫婦が出てきて、一気に気分が悪くなりましたよ。

韓国では、普通にハンディキャップのスポットに高級車を停める人が多いのです。高級車はどこにでも停めて良いと勘違いしているのか、ほんまこの民度の低さ呆れかえります。私は、その非常識中年夫婦とハンディキャップマークをつけないBMWを交互にじ~と、彼らが気がついても長い間凝視して、フランス人夫エリックと首を振っていました。韓国は、本当に自己中で他人のことを考えない人たち多いです。これはエリックも常々感じていることで、毎日、何度も気分が悪くなり心が疲弊しそうになります。ε=ε=(;´Д`)

私はチュソクといっても何も伝統的なことをするわけでもないので、大学が休みなのを利用して実験しに行く予定ですが、その準備に今日ちょっとだけラボに寄りました。

すると、二階から一階への移動に、エレベーターを使用している学生を目撃。階段がすぐ近くのあるのに。こういう学生、めっちゃ多いんですよ。怪我もなく病気もなく元気なら階段使いなさいと何度も注意しましたけど、慢性的習慣的な怠惰傾向が見られます。 ひどいのは、スポーツジムにきている人が一階の上り下りでエレベーターを使用しているってことですね。何しにきとんねん!ってツッコミ入れたくなります。(屮゚Д゚)屮 カモーン


それにしても、日本の政界はバカなほどあたふたしていますね。

事情を知らない海外メディアはどうやら小池氏を喜んで話題にしてるみたいです。女性の進出にやたらポジティブで、韓国の朴槿恵が選ばれた時のように、初の女性総理というのが話題になるしあわよくばなってほしいと期待している様子。東京都知事というのもあって、注目されています。

が、なんでしょうね・・・。

尊敬する中山恭子先生がいらっしゃるとはいえ、希望の党に票を投じる気分には更々なれません。

色々やばいですよ、小池氏。

公認申請料・寄付金合わせて五百万円持参しろとか、小池氏とツーショット写真で三万円支払い義務。なにこれ?アイドルかっつーの。( -д-)ノ

都民の方々はよくこの都知事を放置しておられるな、と外部が心配になるほどの暴走ぶり。東京五輪に悪影響が出ているので、外部も黙っちゃいられないですよ。

今回の総選挙では、きっと小池氏はギリギリまで様子見て出馬するんじゃないかと思います。

やはり表面だけさらりと乗り切り、中身は全くない印象しかありません。

「選抜」「排除」を行う独裁ぶり。もし総理にでもなったら、日本の未来はありませんね。彼女独自の物差しで選別されるなんて無礼にもほどがありますが、民進党議員も人のこと言えた義理ではございません。

拾ってもらえなかった人たちは、枝野氏が新党を立てて(党名は立憲民主党になりそう)、その受け皿になんとかすくってもらったようです。
にしても、なぜわざわざ新党を立ち上げるのか私には理解できません。そのまま民進党でいいのでは?民進党の150億円ももらえるんだし、前原氏も行っちゃったことだし。前原氏と言えば、もうセウォル号の船長を彷彿とさせる無責任ぶり。

しかし、インタビューでびっくりしました。

質問「前原さんを騙したということですか?」(゚д゚;)

小池氏「ふふふ」(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

騙してーる! Σ(`□´/)/

そんな小池氏をもっとも支持しているのは、中年の女性層らしいです。もっともワイドショーに影響されやすい層として、正直SNSではバカにされています。

どうか、ワイドショーだけで情報を取り入れるのはやめてください。

毎日毎日、刻々と変化していきます。一体どの政治家が、考えをコロコロ変えず、何よりも国民のためを考える政治ができるか見定めるのが大切です。

言葉よりも行動を見ましょう。

言葉ではなんとでも言えます。見るのは、その人がどう行動してきたか、です。

無責任さもしっかり見えてきます。

私は、自民党を100%盲目的に支持しているわけではありません。安倍総理と考え方が違うこともあり、やきもきすることもあります。

けれど、今、他の誰が安倍総理よりも素晴らしい外交能力を持ち、より良い経済政策を打ち立てているのでしょうか。おらへんねん。
誰もいなければ、安倍総理に頑張っていただくしかないのですよ。

インドで素晴らしい歓迎をされ、トランプ大統領に北朝鮮の拉致被害者の話を国連でさせ、実際日本経済もよくなっているのに、マスゴミが、安倍総理の良いところはひた隠しにしているんですよ。もっとネットを見たり、貪欲に情報を求めてください。

中年のおばさまがた、このままバカにされてていいのですか?

年齢的には私もその層に入るのですが、日本のワイドショーを見ていないので幸い影響はありません。

ワイドショーを見ないほうが健全に脳を使って自主的に考えることができますよ。

脳を使ってください。使わないと、脳細胞減っていき、老化が進みますよ。若々しくなるためには、自分の細胞を使って活性化させてください。なぁなぁとワイドショーをながら見していては脳細胞は刺激されません。なんとなく覚えているコメンテーターの言葉を自分の考えだと錯覚を起こさせます。細胞を活性化させるためには負荷を与えないといけないのですよ。ビシビシ鍛えないと、細胞が死んでいき、老化が進むのです。

考え、考え、そして、愛のある政治家を自分で見つけ出しましょう。
とりあえず、小池氏に関しては有本香さんの著書「小池劇場が日本を滅ぼす」をお勧めいたします。この帯の写真が全てを語っています。すごい売れ行きですよ。





最後に、ラスベガスで銃乱射事件がありました。日本人観光客にも大人気のラスベガスですよ。私も行ったことがあります。SNSではどんどんと動画がアップされています。

マンダレイベイホテル三十二階からコンサート客に向けて乱射。 五十八人が死亡、五百十五人が怪我という惨事です。犯人は六七歳の男性スティーブン・パドック容疑者で警察が駆けつけた時、自殺しました。

銃社会の怖さ。この卑怯なケダモノに心の底から憤りを感じました。なんという自己中!どんな理由があったにせよ、無差別に関係のない人たちを殺すとは。この殺人犯、自殺したということは、これから何百年も霊として苦しみますね。もし子供がいれば、子々孫々末代まで、おそらく被害に遭われた方やそのご家族の恨みや悲しみ、そして外傷はなくても心に傷を負った方々の苦しみで、祟られることでしょう。

私たちの何代も前のご先祖様の行いが、今の私たちの人生に影響しているように。

被害に遭われた方々とご家族に、深く哀悼の意を表します。


程度の差はあれ、こういう自己中な人増えていますよね。日本もこういう自己中な人がいつどこでトチ狂うかわかりません。そのために教育は重大責任です。自分が愚かなことをしてはいけない理由がわからなくなっているのではないですか。自分の責任を感じさせないカリキュラムになってはいませんか。

日本も、他国のこととは思わずに、教訓とすべきだと思います。

政界のお笑い劇場とラスベガスの銃乱射で、少し話題にできなかったのですが、今日からノーベル賞発表です。日本人四年連続受賞となるのか注目されます。
そして今日は、ノーベル医学生理学賞の発表でした。 
受賞は、「サーカディアンリズム(体内時計)の仕組み」の研究、
ジェフリー・ホール博士、
マイケル・ロシュバッシュ博士 、
マイケル・ヤング博士の三人に送られました。  
おめでとうございます!
日本人受賞ではなかったからか、韓国火病を起こさず静かです。 


今日もお読みくださりありがとうございました。 

 


皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。