注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。 

 


皆さま、メリークリスマス。

韓国のクリスマスは祝日でお休みです。

今日も、このブログにお立ち寄りくださり、ありがとうございます。

更新が遅れており申し訳ありません。
 

皆様には正直に申し上げます。
最近プチ燃え尽き症候群かなと感じます。
韓国に来て八年ずっとずっと頑張って来ました。

韓国での初めての子供を出産育児、なかなか前に進まない研究と、なかなかもらえない研究費。学部との確執や韓国人教授からの嫌がらせ。北朝鮮問題と娘が大きくなるにつれて韓国脱出へのプレッシャー。

今年も全力を尽くして日本の大学への転職活動を行いましたが、全て不採用で全滅という結果が出ました。

何より私にとって一番辛かったのは流産でした。一度目と二度目の流産を経験したとき、皆様にブログでお話しさせていただき、たくさんの励ましのコメントをいただき救われました。実はその後も流産を経験し、今年、四度目の流産を経験しました。年齢的な理由での不育症ですが、周りからは「ストレスが多すぎる。」と言われます。韓国にいる間はもしかしたら第二子は授からないのかも、とふと思ったりもますが、まだ諦めようとは思いません。

フランス人の夫エリックが申請し続ける研究費はことごとく不採用となり、新しい学部から私は首を切られたため、自分の研究費から自分に給料を払っています。が、いろいろな制限により、私の給料は減る一方。今は日本の在日外国人特権の生活保護よりも格段に低い給料です。

少し疲れたな、と思いました。

でも、私たちの状況も、これ以上悪くなることはないかな、と思います。

ブログも毎日更新したいと思い、書き始めるのですが、全てを書き終える前に時間切れとなり(仕事や育児の合間に書いているので)アップできない中途半端な記事のまま置かれています。私は他のブロガーの方々と違って、記事を書くのに時間を費やしてしまうのです。パパパッと書ければいいのですけど。また、娘が活発すぎて夜寝るのが遅いので、それから記事を仕上げる気力が正直生み出せない状況でした。

心が潰れてしまっては、日本に帰るという目標を遠ざけてしまいかねないので、そうならないために、私は、少しゆっくり活動することにしました。走り続けて来た韓国生活です。そこそこ良いものになるのではないかという論文も最終段階ですから、早くこの論文を仕上げ、ほっとしたいところです。

少しゆっくりペースで心を休ませて、また歩き出したいと思います。給料が異常に低くても、ストレスが多くても、韓国脱出を目指して、また気持ちを入れ替えて頑張るつもりです。私は絶対に潰れません。

けど、北朝鮮とアメリカの戦争は近づいていると思います。時間に余裕はありませんので、そのことを頭に入れつつ、自分と向き合いながら、今年を締めくくり、新しい年を迎えたいと思います。


さて、つい最近、韓国政府から、「来年2018年から、トイレットペーパーを便器に流してもいいよ。」という決定をいただきました。

先進国と自ら言うわりには、2017年現在までトイレットペーパーを流せなかったてのは、ちょっとあかんのちゃうん、と思いますが。まぁ、これからあの汚物まみれのゴミ箱が視界に入らないというのは、ワンレスストレスでありがたいです。

また、頼りなさすぎて八方美人でどうすんねん的なムンジェイン大統領がインターネットの不便さを訴え改善することを推進すると報道がありました。珍しく助かる議案です。

これ、どういうことかというと、韓国では韓国独自のシステムを使い、マイクロソフトワードではなく「ハングルワード」という韓国のみで使用されるソフトで公式書類を作成したりします。使用できるのはウィンドウズのみ、マックではログインができなかったり、ウィンドウが表示されなかったりします。

さらに、統一されていないので、オンラインショッピングの支払いが、会社によって異なり、その度に新しいシステムを導入しなければなりません。銀行IDやPINナンバーを作って認証したりするのですが、パソコンによってできなかったり、同じウィンドウが何度も出てきて堂々巡り。

平昌オリンピックのチケットさえ、ダウンロードできないという不便さなのです。

大学内ですら、複数のウェブサイトが存在し、互換性がなく、それぞれ別のIDとパスワードを使用。私は大学のメールアドレスすら難しくて取得できませんでしたよ。

韓国人ですらややこしいシステムなのに、外国人はもう何もできません。この、日本やアメリカ、ヨーロッパ諸国に住んでいれば決して感じることのないストレスに韓国在住外国人は日常的に晒されておりまする。

それが今後改善されるとなると本当に助かりますが、一体いつのことやら。


このクリスマスには実家にクリスマスプレゼントを送ろうと郵便局へ行ったのですが、なんと「日本へは化粧品は一切送れないことになりました。」と言われました。
日本と韓国の間でどういう約束になったのか知りませんが、韓国から日本へ化粧品を送るのは全面禁止になりました。
しかしながら、日本から韓国へは送れますし、韓国から中国や他の地域へ化粧品を送ることはオッケーです。つまり日本へだけ化粧品は送れないのです。これは、韓国側が禁止したのか、日本側から禁止したのか定かではありません。ですが、私たち在韓邦人にとってプレゼントとして手っ取り早い品物ではあるので、かなり不便です。

そんなこんなで、便利になったり不便になったり。なんだか惑わされている事柄が時代遅れでしんどいですが、それでも、ここに居ることに必ず意味があるのでしょう。なかなか日本に戻してもらえませんが、その日が必ずくることを祈り、諦めずに頑張ります。


皆様もご自愛くださいませ。



今日もお読みくださりありがとうございました。 

 


皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。