注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。


皆様、こんばんは。

目まぐるしい毎日を過ごしています。気がつけば11月。師走ももう目の前ですね。

昨晩、香港の大学が煙に覆われている映像を見ました。

香港警察が大学キャンパス内に侵入し学生たちを逮捕しているようです。怪我をしている学生もいて、SNSでは香港警察を批判した妊婦さんを地面に押さえつけている映像も。さらに警察はカトリック教会に侵入し5人を逮捕(その際、警察は逮捕者をボコボコに棒で叩きまくっている)。中国による香港での宗教弾圧が始まりました。これ許されることではありませんよ。日本の人権屋はなぜ黙ってるんですか?

私は香港の自由を求める若者たちを強く支持しますし頑張ってほしいと思います。しかしやはり彼らの身が心配です。だって相手は中国やもん。

どんどんエスカレートし、警察が変装してデモ隊になりすまし暴動を起こし、それを大義名分としてデモ隊や警察を批判する人に対し、やりたい放題暴力で抑えつけようとしています。酷すぎますね。これが中国ですよ。

同時進行で、中国はチベット、ウイグルでジェノサイドを進行中。何百万人のウイグル人を収容所に閉じ込め、両親を失った小さな子供が親を探して歩き続ける途中凍え死んだと思われる幼い子供の凍った死体の画像には涙が溢れました。胸が締め付けられ、怒りが彷彿とこみ上げてきます。

貪欲な中華思想の中国はじわりじわりと領土を広げようと海を埋め立て、そして沖縄尖閣諸島を実効支配している上に、北海道の大きな土地を買い占めています。この事実に、日本はなぜ黙っているのでしょうか。

こんな国のトップ習近平を国賓として日本に招くなど、正気ですか?

私は断固反対です。


さて、今日の本題です。

日曜日に行われた即位祝賀御列の儀(祝賀パレード)は、天気にも恵まれ、何事もなく盛大に終わり、八百万の神様も御祝福されているのだなぁと本当にほっとしました。

世界一古い皇室を持つ祖国日本に生まれたことを本当に嬉しく思います。約12万人もの皇民が押し寄せ、日の丸旗をふる姿を見ると、祖国日本はやはりすごい国だなと思います。

海外にいることでこのような滅多にない機会も逃している自分の状況にイライラしてしまいます。

私はテレビで拝見しましたが、NHKを筆頭にどのチャンネルも「皇后さま」「雅子さま」「上皇后さま」「秋篠宮ご夫婦」などと「さま」「ご夫婦」のオンパレード。

正しく皇室敬語を使うゲストや専門家もいましたが、正しい言葉を使うべきアナウンサーやMCが間違った敬語を(わざと?)使っていましたね。

一般人が親しみを込めて「雅子さま」「愛子さま」「紀子さま」と呼ぶのは、まぁ目くじら立てることもないかなと思いますが、テレビや新聞は正しい敬語を使うべきでしょう。

雅子さま→皇后陛下

愛子さま→愛子内親王殿下

紀子さま→皇嗣妃殿下、秋篠宮妃殿下

❌❌❌秋篠宮ご夫婦→(秋篠宮)皇嗣皇嗣妃殿下

❌❌❌❌❌上皇さまご夫婦→上皇上皇后両陛下

特に最後の上皇上皇后両陛下においては、「ご夫婦」「ご夫妻」とはあまりにも不敬!話にならんわ!お隣のご夫婦的な存在かっちゅうねん💢

NHKは流石に酷かったですね。

名前は覚えてませんが、ハーフの若い女の子がゲストの1人として出ていました。この女の子は初め「皇后陛下」「上皇后陛下」と若いのにきちんと使っていたので、親がきちんと教えてるんだな、素晴らしいと思っていたら、なんとその後「皇后さま」「上皇后さま」と言い換え始めたのです。その際、言い慣れないからか詰まってましたね。これって明らかに「さまを使え。」という指導が入った感じですよね。もしくは、そう変えないとあかんような雰囲気になっていたのだろうと容易に想像できます。

見てられへんので別の局に変えてパレードを拝見しましたが、正直NHKなど要りませんよ。なくなっても困りませんから。

高市早苗総務大臣がNHKに対し、ネット同時配信の業務実施基準の改訂案を却下して再検討を求めました。さすが。誰かがNHKの暴挙に「待った」をかけないとあきませんよね。その調子でどんどん切り込んでいって欲しいと思います。

その反日NHKはやたらと、やれ女性天皇だ女系天皇だと騒ぎ、愛子内親王殿下を天皇にという世論を作り上げようとしているように見えます。女性天皇や女系天皇が何かということを一切説明せず。卑怯極まりありませんな。

男系・女系というから性差別につなげて都合の良いように煽る輩が出てくるのです。父系・母系と言えばわかりやすいんではないですか?

女性天皇というのは男系(父系)の女子です。父親を辿れば神武天皇にたどり着く女子が天皇になった場合です。

一方、女系天皇というのは女系(母系)の女子で、母親が天皇であった場合を指し、女系天皇の父親をいくらたどっても神武天皇に行き着きません。つまり、ここで天照大神に繋がる王朝が終わり、天皇の万世一系は途絶えるということなんですよ。

この重要性を理解している国民は少ないんでしょうか。

前述したように、一時的な繋ぎの女性天皇は過去にいました。しかし、女系は今まで1人も存在いたしません。

初代神武天皇から始まる天照大神につながる万世一系の天皇という存在は、2679年も続いて来たのです。継続するために先祖が知恵を絞って「男系(父系)」で繋いできたんですよ。

それを、令和時代のペーペーが「女性差別だ!」とか全く頓珍漢なこと言い出して、万世一系を終わらせようとしているのが実態です。彼らは日本のために行動発言しているのではなく、隣国のために動いています。国民は奴らの本性に気づくべきです。

さらに、彼らは、女性天皇という言葉を使わず、直系子孫の長子が皇位を継承すべき、とかも言い出していて、女性差別とは違う言い訳を考え、受け入れやすいやり方を模索しています。

そこで、毎日新聞は「女性天皇認められるか ご意見募集」を始めたようです。

https://mainichi.jp/premier/politics/articles/20191111/pol/00m/010/006000c

この意見募集を読んでみると、まぁ突っ込みどころ満載ですわ。

「愛子さまは天皇陛下の長女ですが、天皇にはなれません。」→女性蔑視・女性差別と勘違いして強調し印象づけしている。

「天皇を男子に限ることにしたのは明治以降です。・・・男性だけが天皇になれるというのは新しい考え方なのです。日本の伝統ではありません。」→神武天皇が即位してからの2000年以上の歴史と伝統を一切無視。事実、一時的な女性天皇以外は、男子だけが男系で万世一系を貫いています。明治時代にそれを明記しただけです。

「天皇家だけ男女平等ではない。」→天皇家という言葉は存在しません。勝手に作るな。さらに、皇室は男女平等ではありませんが、どちらかというと、女尊男卑です。どこの馬の骨かわからん一般男子が皇室に入ることを排除する制度です。女性が差別されているのではありません。てか、そもそも、男女平等じゃないからと男女平等にしろって勝手な言い分ではありませんか?
愛子内親王殿下を天皇にするということはつまり、秋篠宮皇嗣殿下と悠仁親王殿下の皇位を下げるということになりますが、それをする意味あります?下手すりゃ、今たったお二人しかいない男子皇位継承者を無駄にしてしまうかもしれないんですよ?

さも、女性天皇を認めることが唯一の皇室を救う方法だっぽい印象操作してますけど、前から言っている通り、GHQによって排除された11宮家のうち、たった1宮家を皇室に復活させるだけで皇位継承問題は解決するんですよ。

それが東久邇宮家です。

昭和天皇と香淳皇后の第一皇女成子内親王(上皇陛下のお姉上様)が、戦後皇籍を離脱された東久邇宮家の東久邇宮盛厚王とご結婚され、男子3人をもうけられました。この男子3人は今上天皇陛下の従兄弟となります。さらにこの男子3人から男子5人がお生まれになり、この5人から4人の男子がお生まれになっています。この4人は悠仁親王殿下とお年が近いです。

なんと、旧宮家である東久邇宮家を皇室へ戻すだけで、12人の男子が皇位継承権を持つこととなるんです。皇位継承問題など綺麗に吹き飛ぶのですよ。

何もわざわざ女性天皇・女系天皇を擁立したり、女性宮家を作るとかやる必要ないんですわ。

私もせっかくですから、毎日新聞に意見させていただこうと思います。

読者の皆さまも、お興味がおありでしたら、意見を送ってみてはいかがでしょうか。



今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 


皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。