注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。


皆様、こんばんは。

リアルタイムに近い新型コロナウイルス感染状況(https://gisanddata.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/bda7594740fd40299423467b48e9ecf6)によると、

今の時点で(全世界合計)、

感染者、20,630

死者、  494

回復した人、1,029

となっています。

日本では、乗客の中に感染者がいた豪華客船ダイアモンド・プリンセスが話題となっています。31人中10人も感染していました。残りの方々に感染がないと良いのですが。とはいえ、つい昨日まで、乗客は船内を自由に動き回り、イベントとかやってたわけですから、この感染者10人からもらっている人も可能性としていますよね。一体どんだけ感染者が出るんだろう・・・。

こちら韓国では、今日も感染者が増えて合計19人となりました。日本で感染した人も出てしまいました。日本は中国の次に多く感染者を出しており、ミクロネシア連邦は日本を感染国とし、日本からの入国を制限し始めました。これから、他の国からも入国制限がなされてしまうかもしれませんね。

初期の時点で中国からの旅行者を空港で止めていれば、こんなことにはならなかったのに。

韓国は、日本よりは感染者は少ないことになっていますが、感染が判明した人の足取りを辿ると、パーティーなどのイベントに行っていたり、KTXに乗っていたり、映画館に行っていたりしてるので、まだ二次感染の可能性がある人は何百人もいます。怖いですよね。

韓国で出た感染者の中には、済州島に旅行に行った中国人も含まれており、この感染者は済州島の前か後かどっちだったか東京にも立ち寄ってるようです。

また、他の感染者もソウル付近ではなく、少し足を伸ばして南や東に歩き回っていた人がいるらしく、利用したKTX内で感染が広がってるんやないかと非常に不安です。

こんな状況の中、フィギュアスケート四大陸選手権がソウルで開催されます。羽生選手がSEIMEIへと異例のプログラム変更をしたとニュースになってましたが、大丈夫ですか?ソウルの仁川空港はまだ中国からの飛行機も入ってきますよ。こんな時に危険を冒して選手を送るなんて、正気ですか?

私とフランス人夫が務める韓国の大学では、実験室の安全についてのトレーニングセミナーが開かれると前日に聞いたのですが(相変わらずギリギリ文化)、すぐに新型コロナウイルの感染拡大を防ぐため中止にすると連絡が来ました。

さらに、2月のビッグイベントである卒業式・学位授与式を中止し、韓国は3月から新学期なのですが、大学は2週間新学期を遅らせることに決めました。

娘の小学校からはまだ連絡は来ていませんが、遅かれ早かれ2週間ほど遅延は覚悟しておいたほうが良いかもしれません。

日本は受験シーズン真っ只中で、受験生はこれまでの努力が報われるか否かの重要な入学試験が数多く行われる2月です。こんな時に新型コロナウイルス感染で受験生には不安と恐怖が広がりますね。

これ以上拡散を許さないために、いつも以上の手洗い、うがい、アルコール消毒を心がけ、頑張って乗り切りましょう。



今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 


皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。