注意

このブログは、韓国で研究者として働く一科学者が、時に、科学者として、一日本人として、国際結婚した一人の女性として、一人の母親として、様々な分野にわたる個人的に関心深い話題(生命科学、歴史、戦争、ニュース、世界情勢、韓国、日本、歴史、スピリチュアルなことなど)について語るブログです。ライブドアブログのランキングでは「日記」と「国際結婚」、人気ブログランキングでは「社会・政治問題」「韓国(海外生活・情報)」「国際恋愛・結婚」「生命科学」「スピリチュアル」のカテゴリーに登録されています。話題が多岐に広がりますので、それぞれのカテゴリーからやって来ても全然違うカテゴリーの話題である場合があります。特定のカテゴリーの記事をお読みになりたい場合は、関心のあるブログ記事カテゴリーを右に表示の「カテゴリー別アーカイブ」からお選びになってから、記事にお進みくださいませ。


皆様、こんにちは。

211日は紀元節、建国記念の日です。初代神武天皇が御即位なされた日ですね!ぜひ日本の日の丸の旗をあげてください!

アカデミー賞、韓国映画パラサイトが4部門受賞!すごかったですね!松たか子さんも素晴らしかった!

新型コロナウイルスの感染者は増え続けていますね。既に死者数も1000人を超えてしまいました。

新型肺炎・新型コロナウイルスと呼んでいますが、私は「武漢肺炎」とか「ウォーズWARS (Wuhan Acute Respiratory Syndrome)」と呼ぶのが良いと思います。どこで発生したかがわかるように呼ぶべきですね。なのでこれから、私のブログでは武漢肺炎もしくはWARSと呼ばせていただきます。

とうとう、私たちのラボの中国人留学生が中国から帰って来られなくなりました。

と言っても、WARSに感染しているわけではなく、風邪をひいてしまった為、紛らわしい症状で当局に強制的に連行されてしまうかもしれないので、外出できないということです。

他のラボの中国人留学生も春節で中国に帰った学生は未だ帰ってきていません。

仮に、帰って来られたとしても、2週間は登校禁止で外出控え、ですけどね。

韓国もマスク不足は未だ続いていますが、気がつけば、アルコールウェットティッシュやハンドソープ、うがい薬などなど、足りてないやん!と思い、慌てて買いに行きました。消毒液は、春節前に注文していたものが、ようやく届きました。

マスクとか消毒液とかは配達が遅れるのもわかるのですが、どうやらWARSのせいで、一般の配達にも影響が出ているみたいです。

ラボでも必要な試薬が届くのが遅くて、冷や冷やします。特に、培養液に使う試薬が届かないと、培養できひんやん!実験できひんやん!ってことになるので、その辺心配ですわ。

また冷却遠心機の調子が悪く、約5万円かけて直したと思ったのに、またか痛いわーと嘆いているところです。

フランスでも確認されているWARS感染者は増え、11人となりました。その中に、イギリス人一家4人全員に感染が確認されたケースがあります。

これは、お父様がシンガポールで開催された国際学会に参加し、そこに、WARSに感染した中国からの参加者がいたようで、おそらく集団感染したのではないかと思われます。シンガポールで感染したお父様がイギリスに帰ってきて(ここで家族も感染)、家族でパリに旅行に来ていた時に感染が発覚した、ということらしいです。

実は、このイギリス人お父様が参加していた学会に、同じく参加していた韓国人が韓国に帰国後感染が確認されました。他にも感染された人がいるんじゃないでしょうか。

国際学会という場で感染が起こるので、しばらくは学会にいかないことにします。学会では、結構近くでディスカッションしたりしますからね~。

日本では、豪華客船ダイアモンド・プリンセスの乗客の中からさらに65人の感染者が確認され、450人ほどの検査で合計135人感染となっています。閉ざされた空間での特殊なケースですから、やはり多いですね。

WHOは、「19日には隔離は終了するだろう。」とか口を挟んでいますが、黙ってろって話です。「まだ非常事態ではない」とか既に非常事態だったのを見誤った己が、何を根拠にほざくのだろうか。

幸いなことに、日本では今のところ亡くなられた方はいらっしゃらないし、初の二次感染者となってしまった奈良県在住のバス運転手さんは、どうやら快復されて、退院なさったようです。あ~、良かった!

日本はまだ病院・病室・医者が飽和していないので、手厚い治療と看病があるおかげで回復される患者さんが多いのでしょう。さらに、空気も水も、中国に比べれば何千倍もきれいですから、ウイルスも弱まるのが早いのかもしれません。

中国で何の罪もない方々がWARS感染で亡くなり、子供がひとりぼっちで家に残されてしまった動画も見ました。胸が痛くなります。

申し訳なく思いますが、やはり私には、これが中国という国に対するカルマであると思えてなりません。

自己中心的に(中華思想)やりたい放題近隣諸国に迷惑をかけたカルマ、酷い大気汚染を招いたカルマ、臓器売買など魔界に浸かるカルマ、チベットやウイグルにおける人権無視の極悪非道のカルマ、守るべき自国民を大量に殺したカルマ。まだまだあります。

そのカルマが少しだけ返ってきた、気がします。

中国では、良識ある良い人たちもWARSにやられ命を落としています。悔しくて仕方がありませんが、中国人に生まれ、中国に住んでいることも、自らが選んで生まれてきた宿命でもあります。

全てが学びですから。

日本は日本で、そういう国を隣人に持つ国という宿命を背負っています。これは変えることができないのですから、隣人をよく知り(もう知りすぎるほど知ってるでしょうが)対策を先回りしてやっていかんとあきません。

国会では今日もしょうもない話をしてますな~。一日約3億円かかる国会。これほど無断なことはあらへんわ。情けない話ばっかり。




今日もお読みいただき、ありがとうございました。

 


皆様のクリックが励みになっています。
本来の日本を取り戻すため、
清き水を流し続けましょう。


人気ブログランキングへ  
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」もよろしくお願いします!

 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者の皆様次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。