ダーリンはフランス人 in 韓国

アメリカ、カリフォルニアで出会った科学者二人。フランス人夫と日本人妻のカップルが、次は韓国で生活することに!予想もしなかった展開に戸惑う二人。どんな日常・研究生活が待っているのか!?

2014年05月

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
コメントは承認制です。読者の方にも不快な思いを持たせてしまうような非礼な文章や、誹謗中傷は承認いたしません。なお、コメント内容は、記事内で紹介させていただく場合がありますので、ご了承くださった上で、コメントをお願いいたします。

Twitterやリンク自由です。日本のため、日本国民のため、世界中の子供達のために、役立つことであるなら、ぜひリンクしてください。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


1週間ちょっと前から、
エリック両親が遊びに来ておりまする。(^∀^)

私がシャワーから出て来ると、
エリックが両親に何か「ジャポン」やら「コリー」などの言葉使って
何やら説明していたので、
(フランス語はまだあまり出来ませぬ・・・φ(.. )恥)

うん?何か問題でも?何でも聞いてや(。・ω・)ノ゙

と思いつつ、無理矢理会話に入り込まずに、
こちらに振って来るのを待っていた。

すると、エリック父が、ごそごそと韓国の地図を出して来て、机の上に広げた。

どうやら、セウォル号沈没の話らしく、仁川から済州に向かう海路を指差していた。


そして、エリックと私が、目を疑った。(つд⊂)ゴシゴシ


この地図は、

日本海 (Sea of Japan)と東海 (East Sea) が

併記されとるやんけっ!


はぁ?(゚Д゚メ)ナンデヤネン、ゴルァ!



IMG_2925見えます?

しかも、
正規の名前Sea of Japanの方に括弧が付いてんで、おい!

East Sea 

(Sea of Japan)





なんじゃこりゃ、メイドインコリアか?

思わず、日本語で聞いてしまったが、

「出版社はどこですか?」(⌒-⌒;)

と改めて聞いてみると、

ドイツのNelles-Verlag社。
エリック両親はフランスで購入したようだ。
IMG_2921IMG_2920













さらに、よくよく見てみると、

竹島が、「DOK I.」(独島)と表記されている!
IMG_2924
この写真じゃ見えにくいな。





裏は拡大地図で、
右下に出版社の情報が英語と独語と仏語で書かれており、
そのすぐ下に、ちょうど、竹島が位置していた。
IMG_2922







ほら、DOK I.てなってる。
(`・д・´)



この出版社は、韓国に買収されてんのか?
韓国地図を作るにあたり、韓国側の主張だけを聞き入れ、
何も考えず表記したんか。(゚皿゚メ)

ドイツの出版社は、国際的に「日本海」という名称が使われ、
「竹島」が日本の領土と認められているのを知らないのだろうか。

てか、「日本海」という名称は、日本人が決めたわけではなく、
太平洋から、日本の国土によって隔離されているために、
日本海と呼ばれるようになり、世界中がそう呼ぶようになったわけで、
韓国が主張する、日本の侵略主義的思想から付けられたものではない。

竹島においては、
大戦後、1951年48カ国が署名し、1952年に発効されたサンフランシスコ平和条約は、日本が領土として放棄する島の中に竹島は含まず、日本の領土とした。



まぁ、この話をし始めたら、慰安婦問題同様、かなりの紙面が必要なので、別の機会に譲ることとするが、決着は国際裁判ですればいいものを、「独島は韓国の領土であることは明白なので裁判に持ち込む必要は無い」と韓国が国際裁判に出て来ようとしないのはおかしな話だ。それだけ自信があるなら、裁判で勝てばいいだけの話やん、と思うのだが。
正々堂々と出る所に出て来ないのに、関係ないスポーツの神聖な場で、領土問題を出して訴えるところは、全くスポーツマンシップに欠ける上に、国民性や民度のレベルを疑われても仕方ない。
201402120200




ソチオリンピックの、
韓国人選手。








img_9
有名な、サッカーの一場面。




img_11
ロンドン五輪で。





こんなのを見るとよけい2018年の平昌五輪に、
私達の宝、日本選手を送るのは心配の極みだ。
53790ea90805e5409cb21ca337fc6921






bfc9b10a76d40f95b6d2a0a1398b9954


これに至っては、もう論外。

気が知れない。









さて、エリック両親は、こんな呼び方はしないなぁ、(?_?)
と不思議そうに地図を見ている。

私が状況を説明すると、エリック両親はふむふむと聞き、驚いた表情も見せた。
やはり日韓の問題について、一般的認識は低いようだ。

もっと話したかったが、話し出したら長くなり、
就寝前で疲れてはるところ申し訳なく思ったので、
話は竹島と対馬の問題に少し触れただけで、この日は、終了しておいた。

あまり圧倒させてもあかんので、小出しにね、小出しに。


さて、この地図の連絡先の箇所には、
英語でこう書かれている。

This map sheet will be revised continuously, but the author and publisher cannot accept liability for the consequences of any mistake or error in content and representation. All correction hints are appreciated. Please write to Nelles Verlag, Machtfinger Str. 11, D-81379 Munich, Germany.
Tel: (089)357194-0, Fax:(089)357194-30
Email:Maps@Nelles-Verlag.de
Internet: www.nelles-verlag.de

和訳「この地図は継続的に改訂しますが、著者・出版社は内容表示のミスやエラーによる結果に対する責任は受け付けません。訂正のアドバイス(ヒント)がございましたら全て有り難くちょうだいします。Nelles-Verlagまでお便りをお寄せください。」

遠慮なく、訂正凸させていただく。( ̄‥ ̄)=3 フン

Nelles-Verlagのホームページからも、意見を送れるので、こちらにもしとこか。
ドイツ語で書かれているが、なんとなくわかる。
Nelles-Verlagのホームページ、意見は→こちら


凸と言っても、やはり日本語ではあかんね。
かといって、ドイツ語か英語で抗議となると、なかなか難しい。


私が送ったメールの内容を例として載せておきますゆえ、
よろしければ参考にして下さいませ。

にしても、抗議・意見先が多過ぎて、大変ですわ!



Dear Nelles-Verlag Publisher

I would like to give you some correction hints on "Korea" Map published from you, Nelles-Verlag publisher. 
I have noticed that in this map you represent Sea of Japan as "East Sea (Sea of Japan)" and Takeshima Islands as "DOC I." 

As you know, these representations are not right from the view point of International recognition and law. The name, Sea of Japan, was established globally, first in Europe including Germany, because the Sea area is separated from Pacific Ocean by Japan and has been used for 200 years. Korea started claiming about the name in 1996, complaining that Sea of Japan was the consequence of Japanese thoughts of invading Asia, which is absolutely not true. 

As for Takeshima, San Francisco Peace Treaty which tells that Takeshima Islands belong to Japan was signed by 48 nations on September 8, 1951, and came into force on April 28, 1952. However, Korean Military has been illegally occupying Takeshima islands with weapons. In addition, there are maps published in Germany in 19th century that showed Takeshima islands as Japanese territory (http://commons.wikimedia.org/wiki/File%3AStielers_Handatlas_1891_63.jpg)(Please see the attachment of the map written by Adolf Stieler below). 
[Reference (Deutsh): Takeshima, Ministry of Foreign Affairs Japan, Territorium Japans, http://www.de.emb-japan.go.jp/territory/takeshima/index.html]

You may explain that your map “Korea” is written from the view point of Korea, but that is not the point. We should use consistent names and terms that are internationally used. Korea started complaining about Sea of Japan and territory of Takeshima in order to obtain their political card over Japan. Their claims are based on no facts and ignoring International law. It is clear that your map “Korea” will give people a huge confusion and misunderstanding.
Your "Korea" map has been published in many countries. Many people of all generations see these representations with their innocent eyes. We have to avoid the possibility that children as well as adults all over the world are imprinted with fabricated facts coming from these wrong representations in your map. I wonder if you don't think that we should nourish our children with right knowledge and truth, not with false stories/history?

For these reasons mentioned above, I would like to request you for reasonable corrections in your map “Korea”. I don't think it is appropreate to use “East Sea” and “DOC I.” especially for the right education purpose.

Sincerely,

Masaru



共感くださいましたらクリックを!
ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
慰安婦問題について、上記のグレンデール市における慰安婦像設置においても、ことなかれ主義で適当に会談し、慰安婦の強制があったことを口で認めるという重大な罪を犯した河野洋平氏。
この河野会談の再検証を求める署名があります。
「河野洋平氏を国会に招致し、慰安婦問題の再検証を行い日本の名誉を取り戻す 5月末〆切」
たくさんの署名が必要です。皆様ご協力お願いいたします。
署名は→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら

署名運動だけではございません!
韓国への修学旅行を計画している高校や教育委員会に直接抗議できます!
詳しくは「かけだし鬼女さん」のブログから→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
憲法九条のノーベル平和賞に反対する署名運動が展開されています。
「ノーベル委員会は憲法9条を受賞させず、日本への内政干渉と支那の覇権主義の指示をやめろ。」こちら
「憲法9条にノーベル平和賞を与えないで下さい。」こちら
「憲法9条ノーベル平和賞を欲しません。」こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
コメントは承認制です。読者の方にも不快な思いを持たせてしまうような非礼な文章や、誹謗中傷は承認いたしません。なお、コメント内容は、記事内で紹介させていただく場合がありますので、ご了承くださった上で、コメントをお願いいたします。

Twitterやリンク自由です。日本のため、日本国民のため、世界中の子供達のために、役立つことであるなら、ぜひリンクしてください。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


「のどもと過ぎれば熱さ忘れる」

韓国で、セウォル号の沈没事故に対する一般人の温度が急激に下がっていると感じるのは私だけか。

韓国在住アメリカ人の友人がポロっと言った。

「果たしてセウォル号事故で韓国人は学ぶんだろうか。いや、学ばんやろうな。ソウルのデパート崩壊事故でも学ばなかったんやから・・・ (-_-;)」

そう思いたくはないが、
セウォル号の事故は、他の国でも起きてるような事だ、と自分に納得させようとしている風潮がある気がする。結局は、学ばへんのか・・・。( -д-)ノ


世間はそうでも、エリックラボでは違う。


「責任感」

以前にも増して厳しくしている。


実は、先週から、エリック両親がフランスから遊びに来ていて、
孫とのひとときを楽しんでもらっている。(^∀^)タスカルデ~

今朝、エリック母が、「眠たいわ」と言ったので、
「今日は、私がルナをオリニチブ(保育園)に連れて行きますよ。」と言ったが、
あっさり断られた。

そして、エリック母が私に聞いた。

「日本でも、お母さんがお孫さんの学校へ車で送りとどけるの?」(・∀・)

私「いえいえ、日本では、集団登校ですよ。高学年の子供が責任を持って、低学年の子供を学校に連れて行くんです。二列になって、高学年の子供は、列の前と後ろに配置して、全員そろっているか確認して学校まで皆で歩いて行くんですよ。」(⌒-⌒)

と答えると、ほえ~~~っw(゚o゚)w と驚かれた。

というか、感心の声だ。

欧米では、子供の送り迎えは親が車で、ってところが多いが、
日本では車で登校っつったら、セレブかいっ!Σ(`□´/)/ ちゅう感じ。

韓国では、私は集団登校している小学生を見かけたことはなく、
どうやら韓国では集団登校がないようだ。
確かに、この国の車の運転を見れば、集団登校中の子供の列に突っ込んで行くような車があっても驚かない。さすれば、子供だけで歩かせるのはもっと危険、と思うのは韓国では当たり前なのかもしれない。

この運転手マナー(全体的に一般的なマナー)の水準が高い日本において、子供に子供の世話をさせ、安全に学校に連れて行くという「責任」と「ミッションを果たす能力」を小さい時から自然と身につける日本人は、やはり凄いと私は思う。

さらに、給食

日本では、給食当番がいて、責任をもって、食事を教室に運び、配膳する。
こんなことをしている学校は、欧米どこを探してもない。

ここでも、エリック両親は、ほえ~~~~~っw(゚o゚)wと感心した。

日本の小学校は、
責任と果たすべきミッションを
自然と意識させる教育をしているのである。


では、そんな教育をしないができない韓国で育って来た(もちろん小学校の教育が全てではないが)大学生たちに、責任と果たすべきミッションを与えたらどうなるかというと、

打っても鳴らない太鼓のような反応だ。


「責任もって◯◯やってください」というと、

はい

Σ( ̄ロ ̄|||)コエ、チッサー!


そして、自分で動く事はない。
言われるまで、待っている。
何をすればいいかと、聞きにもこない。



どうすればいいか、

面倒臭いが、本来なら自分で考えて動くところを、

こういうふうに考えないといけない、ということから説明せねばならない。

つまり、はっきり、全てを説明せねばならないのだ。


いつも言うことだが、中には、責任感のある学生も居る。

が、圧倒的大多数で、自主性・自律性のない学生が目立つのだ。



おととい、ラボの韓国人学生が私のデスクにやってきて言った。


韓国人学生「フラスコを割ってしまいました。」

私が次の言葉(謝罪)を待っていたが、何も出て来ない。

沈黙。

私が尋ねた。

私「何が起きたん?」

韓国人学生「フラスコをオートクレーブ(滅菌)の機械にぶつけて割れました。」

私「培養液が入ってたの?」

韓国人学生「はい」

私「オートクレーブの機械の外で割れたの?中で割れたの?」

韓国人学生「中です。」

私「じゃあ、責任持って、オートクレーブの機械の中も掃除しないとあかんよ。」

韓国人学生「はい」

沈黙。

(゚皿゚メ)サッサ、ウゴカンカイッ!


私「ぼやぼやしてないで、今すぐ行かないと。その前に、何度も言ってるけど、謝罪の言葉はないん?人の物を壊したんやろ?」

韓国人学生「謝罪?」
(英単語の意味がわからない)

私「アポロジャイズてのは、『すいませんでしたと謝る(アイムソーリーという)』ことです。」

韓国人学生「ああ、はい。」

沈黙。

私「何を待ってんの?どうぞ、言って。」

韓国人学生「ああ、はい。アイムソーリー。」

エリック「君、オートクレーブは隣のラボの所持品だからね。隣のラボに言って、ちゃんと謝って、責任持って完璧に掃除するようにしないとあかんで。」

韓国人学生「はい」

私「さぁ、早く行って。他のラボメンバーにもお願いして、一緒に掃除手伝ってもらいなさい。」

韓国人学生「はい」



まぁ、こんなふうに、打っても鳴らない。

呆れもするが、打ち続けるしかない。



だから、わかってない相手には、はっきり言う必要がある。


ダメなことはダメ。

間違いは間違い。



真実が一番強いんだから、嘘を100回も言わせたらあかん。


これは、韓国が日本に対して謝罪と賠償を求めている「慰安婦問題」に当てはめて考えて欲しい。

はっきり言ってあげまけり。

「それは嘘ですからー」

私が韓国の反日運動にプリプリしていると、エリックは言う。

「韓国の行動は行き過ぎてる。もちろん日本もはっきりと言うべきやけど、もう既に、世界中でブーメラン状態になってきてるよ。全て韓国に跳ね返って来るよ。」と。

その通り、
この捏造の歴史を持って反日プロパガンダを堂々と世界で展開している韓国人に対して、とうとうアメリカ人も怒った。

アプハムさん(Jamie Upham)というお方が、在米韓国人が捏造の慰安婦問題で日本を貶めようとしている運動により、アメリカの歴史本にこの捏造の歴史が組み込まれるのを阻止しようと署名運動を始めてくださった。これは、正しい真実の歴史でもって、子供達を育てていくためだ。子供達に何が必要かを考えた時、間違った歴史認識は明るい未来を創らないことは、明白だ。
以下が、アプハムさんの署名運動の内容で、私の日本語訳を載せておいたので、そちらもお読みくださいまし。

署名運動は→こちら

Comfort Women Fabrication

Petition by Jamie Upham

To be delivered to The Board of Education

I think we can all agree that war has never brought happiness even through victory. The Japanese Government has been disputing these claims of forced prostitution, even for a seat in The United Nation Council. South Korea accuses Japan for taking 200,000 young women from their homes to be used as comfort women for the military. Prime Minister Shinzo Abe stated that there were comfort women recruited from private operators and a large portion of the are from The Korean Peninsula. A lot of Korean families sold there daughters in The Human Trafficking Trade. Ms. Lee Youg-soo is a former comfort woman. She testified at the hearing of subcommittee on Asia, The Pacific, and The Global Environment Committee on Foreign Affairs U.S. House of Representatives, on Thursday, February 15, 2007. Her story continues to change since she first testified. There is no evidence of forced prostitution into the comfort women system and nothing stated by The Korean Government until recently. This is a fabricated story for propaganda. Moreover, searches of the archives at The Japan Center for Asian Historical Records, which houses wartime orders from the government and military leaders, turned up nothing indicating that women were forcibly rounded up to work as comfort women. The only orders and directives found in the search were aimed to protect the rights of women such as:

-Army Momorandum 2197 issued on March 4, 1938,which explicitly prohibits recruiting methods that fraudulently emloy the army's name or that can be classified as abduction, those employing such methods would be punished.

-Home Affairs Ministry Directive No. 77 issued February 18, 1938, stating that recruiting of comfort women must be in compliance with International Law and prohibiting the enslavement or abduction of women.

-Home Affairs Ministry Directive No. 136 issued on November 8, 1938, which orders that only women who's age is 21 and older and is already professionally engaged in the trade may be recruited as comfort women.

Ads appeared in 1944 on the major newspaper Gkeijo Shinbunh in Seoul by local employment agencies. There are documents that proves comfort women income by Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49 prepared by The United States Office of War Information. Comfort women sex slavery is totally groundless and a false allegation. There are photographs of Korean comfort women shopping and even joining Japanese soldiers dinning out. Do slaves get paid, go shopping, or go out to dinner? The comfort women were under private operators however, the army needed to get involved in administrations of brothels in the occupied territory, such as providing medical checkups because of Venereal Disease would cripple the army's fighting capability. All military organizations, from The Ancient Roman Army to today's modern U.S. Army, had many brothels near by their camps. The testimonies of Ms. Lee Young-soo that has changed over the past six years, is pushing the fabrication in The Board of Education to put false accusations in American history books. We must not allow false information of history in our educational system. It is important to nourish the minds of our children with real and truthful knowledge. Please help me stop the process of false information in the American history books.

 

日本語訳(by まさる)

いくら戦争に勝ったからといっても戦争が幸せをもたらすことはないと誰もが思っていると思います。 国連理事会の席でもですが、日本政府は、強制的な売春という主張に対し、反論を行って来ました。韓国は二十万人もの若い女性を自宅から拉致し、日本軍のための慰安婦として利用したと日本を非難しています。安倍晋三首相は、民間業者から勧誘された慰安婦がいたこと、その大部分が朝鮮半島からであったと述べました。韓国の多くの家庭では人身売買で娘を売っていたのです。元慰安婦リー・ヨンスさん(Ms. Lee Young-soo)は、 2007年2月14日木曜日、外務米下院のアジア・太平洋・ 地球環境委員会の公聴会において証言しましたが、彼女の話は最初に証言したときからコロコロ変わり続けています。慰安婦制度の強制売春など、証拠が皆無であるにも関わらず、最近になって初めて、韓国政府が述べ始めました。これはプロパガンダのために創作された話にすぎません。さらに、戦時中の政府や軍の指導者からの受注を収容するアジア歴史資料情報センターでのアーカイブを調査したところ、女性たちを強制的に連行し、慰安婦として働かせたことを示す資料は何も出て来ませんでした。むしろ、この調査で発見された受注や指示は、以下のように女性の権利を保護するためのものだったのです。

       ー  軍の明示2197(1938年3月4日発行)軍の名を語って詐欺まがい、もしくは拉致の類いの方法で勧誘することを禁ずる。この手法は処罰の対象となる。

        ー 内務省指令77(1938年2月18日発行)慰安婦の勧誘は国際法とのコンプライアンスに合致していなければならない。いかなる奴隷化も拉致誘拐も禁止する。

      ー   内務省指令136(1938年11月8日発行) 21歳以上で、過去にプロとして働いた事のある女性に限り、慰安婦の勧誘を認めるよう命ずる。

1944年、ソウルの地元新聞紙Gkeijo新聞に広告が掲載されました。米国事務局戦争情報によって作成された日本人囚人の戦争尋問報告書No.49からの慰安婦の懐状況を示す資料もあります。慰安婦が性奴隷であったという話は、全く持って根拠のない偽の主張です。朝鮮人慰安婦が買い物をしたり、日本兵との外食に参加している写真すら存在しているのです。奴隷は、給料をもらったり、買い物に出かけたり、外食したりする人のことを言うのでしょうか?慰安婦は民間業者の管理下ですが、軍が関与せねばならないものでした。占領地での売春宿において、軍力・兵力を性病で失う可能性を避けるため、日常的に医学的診察を行わなければならなかったからです。古代ローマ軍から今日の米軍にいたるまで、全ての軍事組織は、彼らのキャンプ地周辺に多くの売春宿がありました。リー・ヨンスさんの証言は過去6年間変わり続け、この創作を教育委員会に押しつけ、アメリカの歴史本に間違った認識を盛り込もうとしています。我々は、このような間違った歴史情報を我々の教育システムに組み込んではなりません。重要なのは、真実の知識でもって子供達の心を養うことです。どうか、このような間違った情報をアメリカの歴史本に掲載するのを止めるため、協力をお願いいたします。



アメリカでの慰安婦像設置問題について、なでしこりんさんのブログで紹介されております。
「シェアしてね!またもやバカ韓国人がアメリカで「売春婦記念碑」、これで何個目ですか?」
こちら


さらに、慰安婦関係だが、

広島大学の講義で、チェ・ジンソク准教授(在日朝鮮人)が一方的な視点から「日本の蛮行」を訴える映画を上映した。

こんなこと許しておいたらあかん。これに対する凹運動は必須ぢゃ!

詳しくは、かけだし鬼女さんのブログへ。→こちら


激しく、拡散希望!( ̄‥ ̄)=3 フン



共感くださいましたらクリックを!
ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
なんと、私の故郷奈良で、大変なことが起こっております。
国交省・文化庁が、世界遺産の平城宮趾を埋立て、舗装しようとしている!(しかも世界遺産委員会には報告していない)
近鉄奈良線の電車に乗って、奈良公園へ行かれる方は、だだっぴろい湿地草原が広がる緑の風景の中に朱色の朱雀門をご覧になったでしょう。ここは、どこを掘っても遺跡がゴロゴロ。そして、多くの生物が棲息しております。ここを埋め立てる?何のために?観光客が歩き回れるように?そんなことしたら、その下に眠る遺跡を葬ることになります。景観無視・遺跡破壊・生態系破壊、一体何がしたいんだ国交省!
平城宮跡を守る会から、工事中止の署名運動を行っております。
「世界遺産平城宮跡<埋立て・舗装工事>の中止を!今後の整備方針の再検討を!」
ご賛同いただけましたら、署名をお願いいたします。→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
慰安婦問題について、上記のグレンデール市における慰安婦像設置においても、ことなかれ主義で適当に会談し、慰安婦の強制があったことを口で認めるという重大な罪を犯した河野洋平氏。
この河野会談の再検証を求める署名があります。
「河野洋平氏を国会に招致し、慰安婦問題の再検証を行い日本の名誉を取り戻す 5月末〆切」
たくさんの署名が必要です。皆様ご協力お願いいたします。
署名は→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら

署名運動だけではございません!
韓国への修学旅行を計画している高校や教育委員会に直接抗議できます!
詳しくは「かけだし鬼女さん」のブログから→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
憲法九条のノーベル平和賞に反対する署名運動が展開されています。
「ノーベル委員会は憲法9条を受賞させず、日本への内政干渉と支那の覇権主義の指示をやめろ。」こちら
「憲法9条にノーベル平和賞を与えないで下さい。」こちら
「憲法9条ノーベル平和賞を欲しません。」こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
コメントは承認制です。読者の方にも不快な思いを持たせてしまうような非礼な文章や、誹謗中傷は承認いたしません。なお、コメント内容は、記事内で紹介させていただく場合がありますので、ご了承くださった上で、コメントをお願いいたします。

Twitterやリンク自由です。日本のため、日本国民のため、世界中の子供達のために、役立つことであるなら、ぜひリンクしてください。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


ええ、そうっすよ。

真央ちゃんファンざます。(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!


5月19日の記者会見で、
浅田真央選手(以降、愛情を込めて真央ちゃんと呼ばせていただく)が
「来シーズンは休養して、ゆっくり考えます」
とお知らせしてくださいもした。

心から言う。

ほんま、ゆっくり休んでください。(^∀^)

真央ちゃん、休みは重要でございます。

1年ゆっくり好きな事やって、スケートもやりたいときにやって、
また試合に出たいかどうか、ゆっくり考えて、
それで、また試合にでようと思っても、
引退しようって思っても、
どんな決断も、真央ちゃんにとってベストだと信じておりまする。

ファンとして、真央ちゃんの決断が、真央ちゃんの幸せの決断だと思っておりもす。

真央ちゃんの、すっきりしたお顔を見れて良かった〜。(⌒∇⌒)

美しい緑の衣装がこれまた優雅だわ。


嬉しくなって、また見てもたよ。
ソチのフリーの演技。



感動。(TДT)


ところで、5月18日は娘の誕生日だったのだが、
今日19日に、娘の通うオリニチブ(保育園)で、お誕生日会をしてくれたらしい。

プレゼントは、ラブリーなお誕生日ブック。
IMG_2885












事前に、
1)家族の写真
2)身長体重
3)将来なって欲しい職業

を聞かれたので、答えておいたのだが、
どうやら、
このブックに入れたい情報だったようだ。
BlogPaint
生まれた時は、47cm、2720グラム
3歳になった今は、91cm、13キロ




1・2の質問はわかるが、
3は、なんだか韓国っぽい。

で、娘に将来何になってもらいたいか、という質問になんて答えたかというと、

実は、娘がなりたいと思ったものは、なんでも良いというのが本音だが、
何か言え、というんで、仕方なく、

宇宙飛行士科学者フィギュアスケーター

て答えてみたわ。(* ̄∇ ̄*)ウフ♡


ほなら、お誕生日ブックに、2枚の写真が貼ってあった・・・。

宇宙遊泳しているマックキャンドレス宇宙飛行士(Bruce McCandless II)



キム・ヨナ選手 Σ( ̄ロ ̄|||)ガー!


びりっ!

コンマ2秒で剥がしました。

脊髄反射でござった。Σ(゚д゚;)ゼェゼェ

IMG_2883
←剥がした後のページ。
(* ̄∇ ̄*)エヘヘ





明日、真央ちゃんの写真を印刷して、貼りもす。


申し訳ないが、

容姿も、人としても、フィギュアスケートも、スケートに対する姿勢も、

何一つ、

彼女のような人になって欲しくないので。

やはり、

容姿も、人としても、フィギュアスケートも、スケートに対する姿勢も、

真央ちゃんがいいでしょう。

目標とするには、素晴らしい方。


あぁ、また真央ちゃんの美しい姿を見たくなりもした。
 

「この動画作った人も、真央ちゃんを愛しているのだなぁ」という素晴らしい傑作です。



あぁ、心が洗われた〜。


あ、そういえば、今日5月19日は、韓国では、「成人の日」。

ま、えっか、そんなことはどーでも。


追加(5月20日):
美しい写真なので、追加で載せちゃいます。
真央ちゃん、菩薩そのもの〜。
Mao_bosatsu












共感くださいましたらクリックを!
ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
なんと、私の故郷奈良で、大変なことが起こっております。
国交省・文化庁が、世界遺産の平城宮趾を埋立て、舗装しようとしている!(しかも世界遺産委員会には報告していない)
近鉄奈良線の電車に乗って、奈良公園へ行かれる方は、だだっぴろい湿地草原が広がる緑の風景の中に朱色の朱雀門をご覧になったでしょう。ここは、どこを掘っても遺跡がゴロゴロ。そして、多くの生物が棲息しております。ここを埋め立てる?何のために?観光客が歩き回れるように?そんなことしたら、その下に眠る遺跡を葬ることになります。景観無視・遺跡破壊・生態系破壊、一体何がしたいんだ国交省!
平城宮跡を守る会から、工事中止の署名運動を行っております。
「世界遺産平城宮跡<埋立て・舗装工事>の中止を!今後の整備方針の再検討を!」
ご賛同いただけましたら、署名をお願いいたします。→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
慰安婦問題について、上記のグレンデール市における慰安婦像設置においても、ことなかれ主義で適当に会談し、慰安婦の強制があったことを口で認めるという重大な罪を犯した河野洋平氏。
この河野会談の再検証を求める署名があります。
「河野洋平氏を国会に招致し、慰安婦問題の再検証を行い日本の名誉を取り戻す 5月末〆切」
たくさんの署名が必要です。皆様ご協力お願いいたします。
署名は→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら

署名運動だけではございません!
韓国への修学旅行を計画している高校や教育委員会に直接抗議できます!
詳しくは「かけだし鬼女さん」のブログから→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
憲法九条のノーベル平和賞に反対する署名運動が展開されています。
「ノーベル委員会は憲法9条を受賞させず、日本への内政干渉と支那の覇権主義の指示をやめろ。」こちら
「憲法9条にノーベル平和賞を与えないで下さい。」こちら
「憲法9条ノーベル平和賞を欲しません。」こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
コメントは承認制です。読者の方にも不快な思いを持たせてしまうような非礼な文章や、誹謗中傷は承認いたしません。なお、コメント内容は、記事内で紹介させていただく場合がありますので、ご了承くださった上で、コメントをお願いいたします。

Twitterやリンク自由です。日本のため、日本国民のため、世界中の子供達のために、役立つことであるなら、ぜひリンクしてください。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


私がオフィスでデスクワークをしていたら、
オランダ人院生Nくんと、中国人院生Pくんが話しているのが聞こえた。

少し耳を澄ましてみると、どうやら、Nくんが怒っているようだ。

「どしたん?」

と様子を見に行ってみると、

Nくんは、はっとして、Σ(゚д゚)
「たわいもない世間話なので、わざわざまさるさんの耳に入れるようなことではないんで・・・」

と言いつつ話し出した。

すると、

韓国人学部生たちが院生の彼らに対し無礼だ、と感じるようなのだ。

彼らはいつも、携帯のチャットを連絡網として使っており、
院生からお叱りの内容を送っても、一人の学生以外全員、無視するようなのだ。
これが、一度や二度の話ではないから、
「イエスでもノーでも、返事をするのがマナーだろ」と、Nくんは怒っている。

さらに、Nくんは、韓国人学生の「言われなければやらない」「自分からしようとしない」という常に受け身な姿勢にも腹立たしさを覚えている。この姿勢は、主体性が育ってない傾向が見られる韓国人の行動として全く驚くことではないが、部下に持つ身・一緒に働く身としては、イライラもするだろう。なので、私は、学部生を見る度に、仕事を言い渡し、その後には必ず「前にも言ったけど、言われる前にやって。」と付け加えている。

が、Nくんは、他のラボでは、学部生は先輩の言うことを無視せず、もっと働いている、という印象を持っているようだ。やはり、外国人の上司・先輩ということで、エリックラボは、韓国の中の外国と判断し、韓国の儒教的考え「縦関係」を無視しているのだろうか?

そこで気がついたのは、

韓国人がKY(空気が読めない)だということ。

さらに、

英語

という言葉の壁。


私がNくんに指摘した。

特に韓国人は、面と向かって言う方が効果がある。これは他の外国人教師も言っていた。
チャットで注意を送ったとしても、果たしてどれだけが、「N先輩が怒っている」と感じただろうか。
おそらく、返事をした学生1人だけではないのだろうか。
(ちなみに、この返事をした韓国人学生は、日本で生まれ、NY育ちの男の子で、他とはかなり違い、私達の常識と重なる常識を持つ希有な学生だ)

(表現の乏しい)彼らの母国語ハングルでさえ、彼らの間では誤解による無意味な喧嘩が多いというのに、そこへオブラートに包んだような表現で英語で伝えても、彼らに理解出来るとは思えない。

そう話すと、NくんもPくんも、

「実は同じように感じていました。彼らは、行間を汲み取ることをしないし、ニュアンスや意味がわからないんです。」

と同意した。

そう感じているのは、日本人の私だけではないと知っただけでも嬉しいが、実際、韓国人と一緒に働いていて、どうもやりにくいと感じるのは、この部分が大きいと思われる。

私達が日本やアメリカ、ヨーロッパで働いていて、大体の場合は通じており、会話の中で相手の言葉の意味を汲み取るという作業が常に脳内で行われているのがわかるのだが、アメリカで韓国人と働いていたときや、韓国に来て韓国人と働くも、「通じてへん」と思うことが多々あるのだ。


韓国人学生が以前、ハングルには「尊敬語」が存在するんだぞ、と誇らし気に語っていた。

(日本には「丁寧語」「尊敬語」「謙譲語」があり、多様かつ複雑な文法があるけどね。)

しかし、英語にもある。

例えば、

would やcould を用いた表現や、I wonder~を用いた表現が、その一つ。

Can you do it?(それやってくれる?)よりも、Could you do it?(してもらってもいいですか?)の方が丁寧で、尊敬の意が宿る。

しかし、相手が私やエリックでも、Could you?を使う学部生はいない。

エリックやオランダ人院生Nくん、中国人院生Pくんはもちろん十分に理解しており、きちんとニュアンスが伝わるが、韓国人学生は知らないだろう。


学部生に英語で話をするのに、そこまで望みはしない。
英語が難しいことは私は十分にわかっている。


重要なのは、私達が丁寧に話したところで、彼らには理解できないということを知っておかねばならないということだ。と同時に、彼らにもわかる簡単な言葉を使って、はっきりと言ってあげることを念頭に置かねばならない。

実は、Nくんにとって、これは試練の一つであることはわかっていたので、Nくんは難色を示したが、私は「気持ちはわかるけど、はっきり言わねばわからないんやから、言わなしゃあないねんで」と念を押した。

しかし、これはどの国の人に対しても同じなのだが、母国語ではない言葉で言われてもピンとこない。

例えば、日本語の場合、

「いい加減にしろ」と言われるのと、

"That's enough!"と言われるのとでは、

大きな衝撃を受けるのは日本語であることは言うまでもない。

同じように、彼らには、英語で言われても応えないという問題がある。


だから、結局、私達の結論として、KYな人達には、彼らには悪気がなくても、きついくらいの表現で、怒っているなら怒っている感情を見せてやらなければいかん、ということだ。


以前、私は、何度言っても勉強してこない韓国人学生達に、

「今度が最後やで。今度やってこーへんかったら、私はあんたらをこれ以上指導せーへんので。覚えといて。(゚皿゚メ)」
と厳しい口調で言ったことがある。

それを聞いていたNくんやPくんは、「ひえ~~~」と思ったらしいが、
当の本人達は軽く「イエス」と言っただけだった。

しかし、私は言い方が間違っていたと、今なら思う。

4部作でお伝えしたFさんのお話でも、

今なら、感情を表現できる言葉にすれば良かったのかも、と思ったりもした。


Nくん、Pくん、私は、

私達にとっては、きつい言葉を使うのは、大人気ないと思い居心地悪いかもしれないけど、それは彼らの指導方法として、心を切り替えないとあかんで、ということで納得した。



次の日、

学期中、一ヶ月に一度行っているジャーナルクラブがあった。

ジャーナルクラブとは、学生のためにやっているのだが、毎回一人が発表者となり、科学論文を一報紹介するというものだ。

今回当たっていたのは、韓国人学部生の男の子。

前にも言ったが、私は「勉強する暇がなかった」という言い訳は一切聞かないことにしている。なぜなら、十分に勉強する時間を与えるために、ジャーナルクラブのスケジュールは3ヶ月前に言い渡してあるからだ。

この韓国人学部生の男の子、結局、勉強不足で全く説明できなかった。

私はペナルティーを与えることにした。

が、いつもの癖で、丁寧に言ってしまった。


"I would suggest you do it again." (⌒-⌒)
(もう一度やることをお勧めするわ)


普通なら、この言葉で、学生は「やってもた~」と焦るとこなんだが、
これでは、この韓国人学部生、わかってへんわ、
とはっと我に返り、

"In other words, I want you to do it again." ( ̄ー ̄)
(つまり、もう一度やって欲しいねん)

そこで、まだまだ足りんと思って、

"In other words, you have to do it again."(`・д・´)
(つまり、もう一度やらんとあかんてことやで)

いやいや、待てよ、と思い、

"I mean, do it again." (゚Д゚)ゴルァ!!
(てか、も一回やれ)



と言い直した。


意味がわかっていた院生や、日本生まれNY育ちの学部生は笑っていた。


私もまだまだ甘いね~。

頑張って、きっつい言葉使いますわ~。



こういう姿勢は、国に対しても同様。
もちろん、毅然とした態度というのが重要だが、オブラートに包んで言っても、その意味を汲んでくれる相手にしか通用しないということだ。
はっきり言って差し上げろ。
それが親切というもんや。




共感くださいましたらクリックを!
ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
なんと、私の故郷奈良で、大変なことが起こっております。
国交省・文化庁が、世界遺産の平城宮趾を埋立て、舗装しようとしている!(しかも世界遺産委員会には報告していない)
近鉄奈良線の電車に乗って、奈良公園へ行かれる方は、だだっぴろい湿地草原が広がる緑の風景の中に朱色の朱雀門をご覧になったでしょう。ここは、どこを掘っても遺跡がゴロゴロ。そして、多くの生物が棲息しております。ここを埋め立てる?何のために?観光客が歩き回れるように?そんなことしたら、その下に眠る遺跡を葬ることになります。景観無視・遺跡破壊・生態系破壊、一体何がしたいんだ国交省!
平城宮跡を守る会から、工事中止の署名運動を行っております。
「世界遺産平城宮跡<埋立て・舗装工事>の中止を!今後の整備方針の再検討を!」
ご賛同いただけましたら、署名をお願いいたします。→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
慰安婦問題について、上記のグレンデール市における慰安婦像設置においても、ことなかれ主義で適当に会談し、慰安婦の強制があったことを口で認めるという重大な罪を犯した河野洋平氏。
この河野会談の再検証を求める署名があります。
「河野洋平氏を国会に招致し、慰安婦問題の再検証を行い日本の名誉を取り戻す 5月末〆切」
たくさんの署名が必要です。皆様ご協力お願いいたします。
署名は→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら

署名運動だけではございません!
韓国への修学旅行を計画している高校や教育委員会に直接抗議できます!
詳しくは「かけだし鬼女さん」のブログから→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
憲法九条のノーベル平和賞に反対する署名運動が展開されています。
「ノーベル委員会は憲法9条を受賞させず、日本への内政干渉と支那の覇権主義の指示をやめろ。」こちら
「憲法9条にノーベル平和賞を与えないで下さい。」こちら
「憲法9条ノーベル平和賞を欲しません。」こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
コメントは承認制です。読者の方にも不快な思いを持たせてしまうような非礼な文章や、誹謗中傷は承認いたしません。なお、コメント内容は、記事内で紹介させていただく場合がありますので、ご了承くださった上で、コメントをお願いいたします。

Twitterやリンク自由です。日本のため、日本国民のため、世界中の子供達のために、役立つことであるなら、ぜひリンクしてください。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


5月15日は、韓国では、

先生の日

去年もブログに書いた(過去記事、韓国の「先生の日」)が、今年もやってきた。

毎年イベントがある度に、来年の今日までには出国しているはずだ、
と思っているのだが・・・( ̄ー ̄|||)マダオルヤンケ


日本でも、アメリカでも、先生の日などなかった。
韓国が初めてだ。
フランスにもないらしい。
院生Nくんに聞いてみると、オランダにもないようだ。
だが、中国人院生Pくんは
「中国にもあるんです。9月11日です。」w(゚o゚)w オオー!
(おいこら、はっきり言うたわりに、調べて見たら中国教師の日は9月10日やん!)

韓国と中国にだけあるのだろうか?

いや、そうやないらしい。

wikiによると(教師の日
教師に感謝する日で、50カ国以上で定められている。
ユネスコが10月5日を世界教師の日と定めているようだが、教師の日は国に寄って様々だ。
アメリカも五月第一週火曜日と定められているとあるが、私は在米中、一度もその日に特別感謝の意を表す生徒を見た覚えはない。


この日、エリックは他の教授と共に、学生達から呼び出しをくらい、
教室で、先生の日の歌を聞かされ、ちっこいブーケをもらって帰って来た。

その歌とは、韓国語なので意味がわからなかったが、
「つなぐ、つ.な.が.る :by はなりん」さんのブログの「先生の日」の記事で訳をのせておられたので、
拝借させていただいた。

<스승의 은혜>  師匠の恩恵  
  
1. 스승의 은혜는 하늘 같아서 우러러 볼수록 높아만 지네 
(師匠の恩恵は天のよう 仰ぎ見るほど高くなる)  
참되거라 바르거라 가르쳐 주신 스승은 마음의 어버이시다 
(まこととなれ、正しくあれと教えてくださった 師匠は心の父親だ) 

아아 고마워라 스승의 사랑  아아 보답하리 스승의 은혜 
(あぁ、ありがたい 師匠の愛 あぁ、返そう 師匠の恩恵) 

2. 태산 같이 무거운 스승의 사랑  떠나면은 잊기 쉬운 스승의 은혜 
(山のように重みある師匠の愛 離れれば忘れやすい師匠の恩恵) 
어디간들 언제인들 잊사오리까  마음을 길러주신 스승의 은혜 
(どこへ行こうがいつになろうが忘れるものか 心を育ててくださった師匠の恩恵) 

아아 고마워라 스승의 사랑  아아 보답하리 스승의 은혜 
(あぁ、ありがたい 師匠の愛 あぁ、返そう 師匠の恩恵) 

3. 바다보다 더 깊은 스승의 사랑 갚을 길은 오직 하나 살아 생전에 
(海より深い師匠の愛 お返しするすべはただひとつ 生きているうちに) 
가르치신 그 교훈 마음에 새겨 나라 위해 겨레 위해 일하오리다 
(教えてくださったその教訓 心に刻み 国のため 民族のため 働こう) 

아아 고마워라 스승의 사랑  아아 보답하리 스승의 은혜 
(あぁ、ありがたい 師匠の愛 あぁ、返そう 師匠の恩恵) 


だいぶ怖い。

と思ったのは私だけやろか・・・。

い、いや、凄い良い詩のはずなんやけど・・・。

こ、こんな熱い(暑い)思いを教師に向けてる学生なんておんのかな。(((( ;゚д゚)))ドキドキ

ていうか、ちょうど、学生Fさんのお話を4部作でしたばっかで(詳しくは4部作「その1」からどうぞ)、こんな歌の意味見たら、

まず教授や指導教官を「師匠」と思ってへんのちゃうん?(゚д゚)
とか、
師匠の愛なんて感じてへんやろ?(゚д゚)
とか、
教訓とか思ってへんやろ?(゚д゚)
とか、
まぁ、色々思う事ありですわ。

ま、私は教師ではなく、指導しているただのポスドク(博士研究員)なんで、関係ないし・・・。(゚Д゚≡゚д゚)ハァハァ


が、ラボの学生達、

IMG_2873キャンドルや、







IMG_2874植物とスタバカード、












IMG_2876
ケーキや
ハンカチ、




IMG_2875
スイーツや
バス用品、




BlogPaint
なんと、2010年からの私達の写真を寄せ集めて写真立てに入れてくれ、キャンドルと一緒にプレゼントしてくれた学生もいた。




また、「エリックラボにいた時間は、私の大学生活の中で、一番幸運な時間でした」とメッセージを送ってくれた子もいた。

なんだか、去年とは違って、今年は激しいなぁ・・・。w(*゚o゚*)w


一年に一度くらいは、感謝の気持ちを持ってくれてるのだろうか。

いや、期待するのはよそう。


だが、正直、

嬉しかったで。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ




共感くださいましたらクリックを!
ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
なんと、私の故郷奈良で、大変なことが起こっております。
国交省・文化庁が、世界遺産の平城宮趾を埋立て、舗装しようとしている!(しかも世界遺産委員会には報告していない)
近鉄奈良線の電車に乗って、奈良公園へ行かれる方は、だだっぴろい湿地草原が広がる緑の風景の中に朱色の朱雀門をご覧になったでしょう。ここは、どこを掘っても遺跡がゴロゴロ。そして、多くの生物が棲息しております。ここを埋め立てる?何のために?観光客が歩き回れるように?そんなことしたら、その下に眠る遺跡を葬ることになります。景観無視・遺跡破壊・生態系破壊、一体何がしたいんだ国交省!
平城宮跡を守る会から、工事中止の署名運動を行っております。
「世界遺産平城宮跡<埋立て・舗装工事>の中止を!今後の整備方針の再検討を!」
ご賛同いただけましたら、署名をお願いいたします。→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
慰安婦問題について、上記のグレンデール市における慰安婦像設置においても、ことなかれ主義で適当に会談し、慰安婦の強制があったことを口で認めるという重大な罪を犯した河野洋平氏。
この河野会談の再検証を求める署名があります。
「河野洋平氏を国会に招致し、慰安婦問題の再検証を行い日本の名誉を取り戻す 5月末〆切」
たくさんの署名が必要です。皆様ご協力お願いいたします。
署名は→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
憲法九条のノーベル平和賞に反対する署名運動が展開されています。
「ノーベル委員会は憲法9条を受賞させず、日本への内政干渉と支那の覇権主義の指示をやめろ。」こちら
「憲法9条にノーベル平和賞を与えないで下さい。」こちら
「憲法9条ノーベル平和賞を欲しません。」こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
コメントは承認制です。読者の方にも不快な思いを持たせてしまうような非礼な文章や、誹謗中傷は承認いたしません。なお、コメント内容は、記事内で紹介させていただく場合がありますので、ご了承くださった上で、コメントをお願いいたします。

Twitterやリンク自由です。日本のため、日本国民のため、世界中の子供達のために、役立つことであるなら、ぜひリンクしてください。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


これまでのストーリーは、その1その2その3へ。

注:ラボでの会話は全て英語です。


つづき。

もっと自分にふさわしいラボを探すと吐き捨てて出て行ったFさん。

なんと、次の日に、普通にラボに現れた。Σ(゚д゚;)イケシャーシャート!

私は一瞬考えて、

私「あぁ、実験ノートとか整理しに来てくれたん?」

とたずねると、

Fさん「昨日はすいませんでした。感情的になってしまいました。落ち着いてもう一度ゆっくり考えたいんです。もう一度チャンスを下さい。」

と言った。

私は、正直嬉しくなり、

私「セカンドチャンス、もちろんいいよ。昨日話した事じっくり考えて、また話しよう。」と伝えた。

週末にゆっくり考え、次の週には、ラボに来るかなと考えていたら、

一ヶ月経ってもFさんは現れなかった。(; ̄Д ̄)

Fさんの「ゆっくり」は一体どんだけなんやっ。(-"-)ム


科学研究というのは、世界中の同じ分野のラボとの真剣勝負・競争だ。

Fさんのプロジェクトは、院に行くかもしれないと彼女が言って来たので、比較的重要なものを与える事にした。エリックと私は、ラボのメンバー全員に、全てが競争で、他のラボに先を越されて論文を出されたら、やって来たことが水の泡なるのだと何度も真剣に伝えていた。実際、エリックラボで院生が行っていたプロジェクトが、他のラボに先を越されて論文を出されてしまい、おじゃんになってしまったという苦々しい経験がある。そんなことは二度とごめんだ。

もちろん、このことは、Fさんにも言っているので知ってるはずだ。

だから、1ヶ月実験がストップするなんてのは、有り得んのじゃ。(゚皿゚メ)

しかも、Fさんの場合は、予測できなかったロスだが、Fさん次第で回避できるロスでもあった。病気で入院するなど、長期間の不在がわかっていれば、誰かが後を継ぐなり、研究をストップさせない方法はある。

私達(少なくともエリックと私の常識で)は「ゆっくり考える」ということが、『1週間ほど』という感覚だ。1週間経っても、まだ考える時間が必要な場合は、「もう少し時間を下さい」と改めて教授なり指導教官にお願いするのが筋だ。

しかし、Fさんは、連絡もせず、廊下やキャンパスで見かけても「Hi!」と挨拶するだけで、何も言って来なかった。


実は、オランダ人の院生Nくん、Fさんと3人で話した翌日(つまりFさんが来なくなった日)、軽い手術を受け入院していた。数週間後ようやく退院しラボに復帰したときには、Fさんはいない。彼は私にFさんはどうしたのかと聞いて来たので説明すると、なんと、Nくん、突然涙ぐんだ。

私は慌てて、「え!どうしたん?」(゚Д゚≡゚д゚)エッ!? と聞くと、


Nくん「彼女は僕に対して攻撃的だし失礼な言い方もするし、僕自身嫌な思いをたくさんしてきたが、彼女の事情(彼女はお母さんを亡くして、片親で育った)もあるので、彼女を理解しようと努力していたんです。まさるさんにもラボの小さいいざこざで迷惑かけないようにとは思っていたけど、彼女と話してもらうようにまさるさんに何度も頼んでしまった。なのに、彼女はそんな悪態をついて、僕のせいでまさるさんに嫌な思いをさせてしまったじゃないですか。僕は僕なりに、彼女にもラボでハッピーでいてほしいと努力していたのに、まさるさんの努力も僕の努力も、一つも彼女には伝わってなかったてことですよね。悔しいです。同時に、めちゃくちゃむかつきます。裏切り行為じゃないですか。一度ならずも、二度も背を向けて出て行くなんて、失礼にもほどがある。」

実は、このいざこざ以前にも、この2年間の間、私は何度もFさんと個人的に話をしていた。

彼女が小学生の頃、お母さんを事故で亡くし、お父さん1人で育てて来られたというのを聞いていた。Nくんは、同性の親がいないのがどんなことか想像ができないが、私が、お姉さんのような存在として、Fさんがお父さんに出来ない話も出来れば、ストレスも減り、少しでもハッピーになれるんじゃないか、と私に頼んで来たのだ。

実際、彼女はラボでいろいろ小さなもめ事を起こしていた。
彼女はエリックラボに入って来て数ヶ月後、別のオランダ人Aくんと揉めた。
その後、何度もオランダ人Nくんと揉めた。
オランダにインターンシップに出たときに、そのホストのファミリーと揉めた。
そして、ラボに戻って、QくんLくんと揉めた。


私は、Fさんを気にかけ、特に気が荒いときや、オランダにインターンシップに行っていた時も、直接話を聞いたり、メールで話したりしていたのだ。

Fさんは、普段、感情の起伏が激しく、機嫌の良いときは笑顔もあるが、機嫌の悪いときは大抵ムスっとしており、言葉がきつくなる(ようするに、当たり散らしている)。エリックラボでは、学部生は1年間研究・勉強することになっているのだが、Fさんは院に入る気があったので1年以上滞在していた。新しく入った学部生にとってはFさんhが先輩となり、韓国語が通じる彼女にいろいろ質問していた。院生のNくんの方がさらに先輩で、実験の質問に対して答えると、FさんはNくんにバカにしたような視線と口調を向けたまま学部生たちに韓国語で説明を続けた。Nくんの意見は無視されてしまい、Nくんは侮辱されたような気分になるが、お構い無しに学部生はNくんよりもFさんの言うことばかり聞くようになったのだ。NくんはFさんにとって先輩であるにも関わらず、Fさんの態度は大きかった。Fくんは「他のラボでは年上の言葉が絶対的な力を持ってるのに、自分が外国人だからこんな扱いを受けるのだろうか。」と私は何度もNくんから聞いていた。

育児で忙しかった私に、「戻って来て欲しい」とNくんが頼んで来たのは、こういう事情もあった。

そして、同時にFさんからも「戻って来て欲しい」と言われたのだが、彼女は学部生達がだらけていて、Nくんが何も言わないから、みんなダラダラしている、という理由だった。

そういう彼女にも、Nくんは何歩も引いて穏便に対応しようと努力していたので、余計「くやしいし、むかつく」と思ったのだった。


とはいえ、彼女はゆっくり考えたいと言ったので、ゆっくり考えて、考えを改めるまではなくとも、何か少し変わってくれるかもしれない。だから、もう少し待ってみよう、とNくんに言った。



Fさんは、心理的に問題があることは間違いない。
誰しも何か直すべきことや、昔のトラウマを引きずって、ある特定の思考回路に固執してしまう事もあるだろう。そこから引き起こす身体の不調もよくある話だ。


しかし、ここで付け加えておきたいことが一つある。

私とFさんは、問題なく、ずっと、うまくいっていたのだ。(⌒-⌒)

Fさんと初めて会った時、すでに「攻撃的で、自己防御的な口調だなぁ。」と思ったのを覚えている。その後は、私が出産育児もあって、なかなかラボで長時間働けなかったが、数時間ラボで(乳飲み子を背負って)過ごしながら、Fさんとラボ内でもプライベートでも会うことが多く、色々話した。他の学生たちと比べると、Fさんと私の距離は近かったと言える。
だからこそ、このような問題が起こったとき、ラボ内の問題として対応しつつも、Fさんが気持ちよくラボで働けるように、Fさん自身が幸せになれるように、私は個人的に手伝えるものなら手伝いたかったというのもあったのだ。

しかし、

2ヶ月経っても、Fさんは現れなかった。


ラボでは、Fさんがいなくなって、雰囲気が変わった。
学生達の表情が明るく、笑顔が増えたのだ。w(*゚o゚*)w
この変化には私も驚いたが、
なんだか、憑き物が取れたようだ。

誰もが、Fさんはもう戻って来ないと判断し、彼女のプロジェクトは私が引き継ぐ事にした。


3ヶ月が経った。


エリックが家に帰って来て言った。

「今日、Fさんが来たよ。」

私は思わず聞いた。

「なんで?何の用で?」


エリック「院に行くことに決めたって。うちのラボに来る事に決めたんやって。」

私「はぁ?(゚ロ゚;)で、なんて言ったん?」

エリック「もちろん承知したよ。断れるわけないからな(この学科では、来る者は拒まず、が普通だそうだ)。心の整理がついたんちゃうかな。晴れ晴れとした顔で言ってたで。」

私「・・・。(; ̄Д ̄)」

エリック「あ、もちろん、まさると話しろって言っておいたから。」


その夜、Fさんからメールが来た。

「お話があるので、会ってお話したいのですが・・・」

丁寧な文体だったので、私は少し安心した。
変わったのかもしれない。Σ(=゚ω゚=;)



次の日、Fさんがオフィスにやって来た。

確かに、晴れ晴れとして、笑顔が見られた。

私は、Fさんの言葉にもよるが、もし何の変化も見られない場合は、
笑顔なしの厳しい顔(`・д・´)で冷静に行こうと決めていた。

Fさんはが椅子に座ると、エリックが言った。

エリック「このラボに来る事に決めたんやな。精神的に不安定やと言ってたけど、もう大丈夫?ちゃんとラボでやっていける?」

Fさん「はい。大丈夫です。この学期で授業だけに集中できたので、成績も悪くなかったし、落ち着きました。」

エリック「歓迎するよ。もう大学院申請はしたの?」

Fさん「いえ、これからです。今日の17時が〆切です。で、その申請書に、修士課程のプロジェクトを書く欄があるのですが、その内容について話したいと思って来ました。」

そこまで、私は黙って聞いていたが、思わず口を挟んだ。

私「ちょっと待って。メールで『話があります』と言っていたのは、プロジェクトのこと?」

Fさん「はい。そうですが?」

私「プロジェクトのことだけ?他に言うことはないの?」

Fさん「いえ、ありません。」



これは、笑顔なしやな(-_-)、と私は気を引き締めた。


私「エリック、プロジェクトの話の前に、Fさんと2人で話させてもらっていい?」

エリック「もちろん。」



私は、Fさんに私のデスクへ来てもらい、2人で話す事にした。

エリックは、優しすぎる面があり、ノーと言えない時がある。が、ラボにおいては、あまりにも幼稚すぎる学部生のもめ事には、出来るだけ関わりたくないというのが本音なのだ。しかし、このままでは、ラボの運行自体に支障が出てしまう。これでは、学生たちだけでなく、ラボ全体の生産性にも関わって来ることだ。私が放っておけるはずがない。

話は私から始めた。始終、笑顔はなしだ。

私「ほんまに、他に何も言うことはないの?」

Fさん「はい、何もありません。何ですか?」

私「(心の中でため息)エリックは歓迎するって言ってるけど、私は、このままでは歓迎できへん。このラボに来てもらっても大丈夫や、と私が思えることを、Fさん本人の口から聞かないと。」

Fさん「どういう意味ですか?」

私「3ヶ月の間、いろいろ考えた挙げ句、出た結論は『このラボに入る』ということだけで、このラボに入るために自分がしなければならないことに関しては考えたの?」

Fさん「自分がしなければならないこと?よくわかりません。」

私「(心の中でまたもやため息)じゃあ、始めから話すわ。まず、Qくんとのことで、NくんとFさんと私が議論した次の日、突然来なくなったよね。突然消えて、それから1週間何の音沙汰もなく、あなたが準備していた実験が放ったらかしになった。これは、ものすごく無責任な行動であって、エリックや私に対してとても失礼な行為やと私は思ってる。」

Fさん「そのことについては謝りましたけど?」


私「エリックにはね。直接の指導教官である私には一言も謝ってないよ。」

Fさん「謝りましたけど?」

私「謝ってへん。」

Fさん「謝りましたよ。」

私「いいや。謝ってへん。」

Fさん「じゃあ、アイムソーリー。( -д-)ノ」

私「(全然心のこもってない謝罪だが、ここは先に進むことにした)この無責任な行動は、修士課程に入っても絶対やってはいけないことやから、あなたの口から二度としないという気持ちがあることを示してもらわんとあかん。突然消えるなんて有り得ないことやで。」

Fさん「ちょっと待ってくださいよ。突然消えるって何ですか?消えてませんし。」

私「毎日来ていた人が、突然来なくなって、連絡をしてこないどころか、こちらからしても不通、1週間も姿を表さなければ『消えた(disappeared)』て言うんですわ。」

Fさん「連絡してこないって、連絡したじゃないですか。」

私「1週間後にね。」

Fさん「はい、結局連絡したでしょ。」

私「来れない場合は、分かった時点ですぐに連絡すること。ラボのルールは覚えてるやろ?1週間後では、連絡したことにはならんでしょうが。」

Fさん「・・・。(納得いかない顔)学部生は1年間だけラボで実験するのに、私は1年が終わったあともラボで働いていて、本来なら来なくてもいいのに来ていたんですよ。要はボランティアです。」

私「だから、何?」

Fさん「ボランティアで来てるんです。それなのに、無責任だとか、連絡しろとか。」

私「言っておくけど、私もボランティアやで。無給で働いてるんやから。ボランティアだってルールは守らないと。私は急に来れなくなったとき、ラボのみんなに連絡入れてるでしょうが。指導教官でも連絡するのに、学生が連絡しないなんて失礼だと思ったりはしーひんの?」

Fさん「まさるさんはボランティアじゃないでしょ。」

私「ボランティアやで。」

Fさん「それは知りませんでした。でも私は来なくてもいいのに来て仕事していたんです。」

私「今更何言ってんのかな。1年間実験してレポートも書いたんだから、それで終わりで良かってんで。でも、私に相談してきたよね。『院に行こうかと思っています。院に行くなら、エリックラボに来ます』って。私は、院に行くかどうかはゆっくり決めたらいいけど、今、心の中でどちらかと言えば『院に行く』という選択の方が強いなら、ペースはゆっくりでもいいから、少しでも実験は続けて行った方が良いってアドバイスしたよね。それで、Fさん自身がそうするって決めたんでしょうが。」

Fさん「・・・。」

私「それから、NくんとQくんとFさんの3人の間で起こったもめ事について、前に話したよね。そのことについてはFさんからは何も言うことはないの?3ヶ月間考えたんでしょ?」

Fさん「いえ、別にありませんけど。」

私「それなら、Fさんがこのラボに院生として加わる事を、私は認められない。ラボで何かが起きた時、当事者同士で話し合って解決できればそれでいい。やけど、解決が出来なかったとき、ラボの人間関係や環境・生産性がスムーズに行くように、マネージャーである私が解決する手伝いをせなあかんねん。それが私の仕事の一つでもあんねん。今回、私は、Fさん、Qくん、Nくん3人全員に多かれ少なかれ原因があったと思ってる。だから一人一人と話をして、何が問題か、そしてこれから二度と同じ事が起きないように、それぞれが何をすればいいかのアドバイスをしなあかん。QくんとNくんは、自分の問題に直視し、変わり始めてる。Fさんだけが、まだ何も変わってへん。」

Fさん「2人が変わったなら、もうそれで問題は解決したんじゃないですか。問題は2人なわけだし。」

私「(内心ε=ε=(;´Д`))何か問題が起こったとき、それに関わった人全員に、自分の中の何かを見直し変えて行く機会を与えられた、ということやねん。何も見直すところがない人は、そもそも、この問題に関わりを持たない事になってんの。このもめ事は、あなたとNくんとQくんの3人の間で起こったから、このもめ事を通して、それぞれ自分を見つめ考える必要があるの。3人の中の誰かが悪いというのではなく、3人全員が自分の中の問題に取り組むように起こされたことなんよ。」

Fさん「私に問題って何ですか?問題なんてありませんよ。だから変える必要もないんです。」

私「問題がなければ、そもそも、これはFさんには起こらなかったこと。起こったということは、考えるべき問題があったということやねん。私は、ラボの学生を公平に扱うようにしてるのは知ってるやろ?このことで、NくんやQくんが努力をすると言ってくれたのに、Fさん1人だけが自分を振り返る事無く変わる努力もしないというのは、納得できひんね。このままFさんが、院生としてラボに来ても、また同じもめ事が起こることは確実。私は、ラボマネージャーとして、もめ事が起こるとわかっているのに、Fさんを歓迎することはできない。」

Fさん「同じ事は起きないと思いますけど?」

私「なぜそう言いきれる?」

Fさん「だって、あの時は、私は情緒不安定でしたけど、今はもう大丈夫ですから。」

私「もう情緒不安定にならない保証は?」

Fさん「保証はないですけど、ならないと思います。」

私「情緒不安定になった原因は?」

Fさん「さぁ?」

私「克服はできていないてことよね。前に、『周りがうっとおしくて来るのが嫌になった』と言ってたね。その時とラボのメンバーは同じやで。自分は何も変える努力をしないのに、このラボに入って、周りがうっとおしくない、問題が起きない、と考える方が難しくない?」

Fさん「私は大丈夫と言ってるのに、なんで信じてくれないんですか!」(泣き出す)

私「私は、状況を変えるには、自分自身が変わらないとあかん、てことを知ってるからやん。周りに変わってほしければ、まずは自分が変わる。自分が変われば周りも変わるねん。変わらなければ、何度でも同じ問題が起きるねんで。例え、別のラボであったとしても、この状況を乗り越えない限り、何度も同じ事が起きるよ。」

Fさん「それはまさるさんの意見でしょ。自分の意見を私に押し付けないでください。」

私「これは私の意見じゃなくて、現実。世の常。」

Fさん「つまり、まさるさんは、私にラボに来て欲しくないって言う事ですね。」

私「来てくれたら嬉しいよ。ただし、あなたが行った無責任な行動に対して二度としないと私に納得させ、NくんとQくんとのいざこざで、自分も何かを変えるという努力をするのなら。私は他の誠実な学生を守るためにも、何も変えようとしないあなたを歓迎する事はできない。決めるのはエリックとあなたやけどね。」

Fさん「たった一度のことで、ひどいです。」

私「(一度?何度もやけど)一度のことでも、会社でやったら首やで。」

Fさん「とにかく、来るなってことですね。」

私「Fさん、あなたがなんと言おうと、何も変えようとしないで、全てFさんにとって都合良く行くことはないんやで。」

Fさん「何なんですか、さっきから『チェンジ』『チェンジ』って。なんで変えないといけないんですか?」

私「知っておかんとあかんのは、自分の身の回りに起こることや、自分が見ている現象は、自分の心の反映やということ。周りがうっとうしいていうことは、自分の中にうっとおしいところがある。逆に、周りが自分に優しいということは、自分の中に優しいところがある。自分の周りを居心地良いものにしたいなら、自分自身が居心地良い人にならなあかんねん。
人はみんな幸せになる権利があるし、幸せになるために、どんどん変わって行くもんやねんで。誰しもが、自分自身を磨いて、より良い人間に成長していくわけでしょ?何も変わらずに幸せを掴もうなんて、虫が良すぎるよな。時には自分の考えが、過去の何かのきっかけや自分自身の性格によって、偏ったりすることがある。誰にでも大なり小なり問題があるはず。
私にだってあるよ。何も問題なければ、それは神様や。この世に生まれる必要ないやろう。むしろ問題がある方が普通やん。人生で起こることは、自分自身を見つめて、学ぶことが出来、さらに成長できるチャンスを与えられているってことやねん。特に人間関係では学ぶことが多いはず。誰かともめた、それでも何も学ばず、何も変えようとしない、さらには考えようともしないとなると、結局、人間関係は改善されるどころか、学びのチャンスを逃し、状況は悪化する可能性が高いよ。良いところは、一度学ばなかったとしても、また何度でもチャンスが訪れるってことやねん。学ぶまで何度でも来る。例えば、Nくんが提案してくれた『もう少しだけ優しめに指導する』というちょっとした変化で、変わって来ると私は思うで。Fさんがかたくなに人の意見を受け付けないのは、これまでの人生の中で培って来た偏った考えがあるんじゃないの?それに気づかせてくれるためにこれは起こったんやと思うし、何も変えなければ、またやってくるやろう。」

Fさん「優しめなんて出来ません。ていうか、まさるさん、心理学者でもカウンセラーでもないのに、カウンセラーみたいに話進めるのやめてくださいよ。なんで私がそんなこと話さなくちゃならないんですか。不愉快です。」

そこで、エリックが口を挟んだ。

エリック「まさるは、何かFさんの助けになれば、と思って話してるだけやで。まさるは他の学生ともこうして話してきたよ。気持ちが楽になって感謝して帰って行く学生を僕は見て来たよ。」

私「私は、Fさんが望まないなら、何も言わないし、でしゃばって助けようと思わないけど、今回の件は、このラボで起こったことで、ラボの将来に関わることよね。さらに、そこに、私達の他の大事な生徒が関わっているとなると、ラボマネージャーとして仲介に入る義務がある。だから一人一人話しているわけやで。」

Fさん「もうダメです。これ以上話しできません。無理です。」

そう言って、Fさんは泣きながら飛び出して行った。


エリックと私、呆然。( ・Д・)



Fさんが出て行ったのは、大体15時ごろ。17時に大学院への申請の〆切だが、彼女は申請するのだろうか。あれだけ、感情的になっていたら、まぁ、申請しないだろうな。これで申請してたら、驚きだ。

もしかしたら、父親が出て来るか、他の教授から何か言われるかするかもしれないが、まぁ、正直に全てを説明するのみだ。


しかし、その後、誰からも何も言ってこなかった。


そして、忘れかけていたころ、オランダ人院生Nくんが、

「Fさん、就職したらしいですよ。」

と私達に伝えてくれた。

エリックと私「おお、良かったじゃん。就職先見つかって。」と返事しておいた。


これで、私達のラボには来ないことがはっきりした。


つまり、私はこのNくんの報告を聞いて初めて、


私もNくんも、Fさんから『卒業』したのだ、
と確信し、ほっとした。




Fさんの場合、自己防衛で食ってかかる、という傾向が見られ、心の中に触れたくないもの、知りたくないもの、知られたくないものが存在すると、私は思った。それが露見するのが「怖い」。でも、彼女はその事を意識的に気づいてはいないかもしれない。しかし、自己防衛だからとはいえ、自己中心的な振る舞いで、全く客観的に意識が向けられないのは、自己愛が強い証拠だ。私は、Fさんは子供の頃、ずっとこうして自己防衛をしてきたのだと思う。こうしないと生きて行けないという何かトラウマか心の中に傷があったのかもしれない。彼女は彼女なりに、自分を守るのに必死だったのだ。子供の頃はそれで通用していたかもしれない。だが、大人になれば、大人として行動し考えなければならないので、必然的に自分が変わらなければならないのだ。だが、彼女は、子供のまま成長していない。防御の仕方は前と変わらず、相手を責め、相手のせいにし、悪いのは全部周りだと。聞こえの良いことは聞くが、耳にうるさいことにはシャットアウトして、さらに攻撃し、悪いのは相手だと周りに納得させようとする。
彼女が精神不安定になり、居心地悪いと感じるのは、周りが成長していて、自分が取り残されているからである。彼女は成長しないかぎり、これは死ぬまで(いや死んでも)続くだろう。

韓国では、カウンセラーやセラピストに通うことは「精神異常者」というレッテルを貼られることと同じだ。だから、心に問題があってもカウンセリングに行くものはほとんどいない。私はカウンセラーではないが、彼らの人生の先輩としてアドバイスをすることができる。私を利用しない手はないと思うのだが、Fさんにはうっとうしいだけだったようだ。

しかし、私は、気持ちは晴れ晴れしている。
Nくんも同様だ(が、Nくんにこの会話を話したときは、かなり憤慨していたが)。

私は、逃げずにFさんと対峙し、とことん付き合った。

そして、卒業した。


これは落ちだが、


数ヶ月ご、FさんがNくんに電話してきた。

Nくんがビックリして電話に出ると、

Nくん「Fさん?久しぶり。」

Fさん「あれ?はぁ、Nさん?あれ?私電話した?」

Nくん「したから、僕が出たんでしょ?」

Fさん「そっか。はぁ、久しぶり。」

Nくん「就職おめでとう。」

Fさん「あぁ。はい。」

Nくん「何かあったの?」

Fさん「ちょっと、上司とうまくいかなくて。」



ほら、いうたとおりやん。

永遠と続けるよし。




長くなりましたが、これがシリーズの最終回です。
共感くださいましたらクリックを!
ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
なんと、私の故郷奈良で、大変なことが起こっております。
国交省・文化庁が、世界遺産の平城宮趾を埋立て、舗装しようとしている!(しかも世界遺産委員会には報告していない)
近鉄奈良線の電車に乗って、奈良公園へ行かれる方は、だだっぴろい湿地草原が広がる緑の風景の中に朱色のをご覧になったでしょう。ここは、どこを掘っても遺跡がゴロゴロ。そして、多くの生物が棲息しております。ここを、埋め立てる?何のために?そんなことしたら、その下に眠る遺跡を葬ることになります。景観無視・遺跡破壊・生態系破壊、一体何がしたいんだ国交省!
平城宮跡を守る会から、工事中止の署名運動を行っております。
「世界遺産平城宮跡<埋立て・舗装工事>の中止を!今後の整備方針の再検討を!」
ご賛同いただけましたら、署名をお願いいたします。→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
慰安婦問題について、上記のグレンデール市における慰安婦像設置においても、ことなかれ主義で適当に会談し、慰安婦の強制があったことを口で認めるという重大な罪を犯した河野洋平氏。
この河野会談の再検証を求める署名があります。
「河野洋平氏を国会に招致し、慰安婦問題の再検証を行い日本の名誉を取り戻す 5月末〆切」
たくさんの署名が必要です。皆様ご協力お願いいたします。
署名は→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
憲法九条のノーベル平和賞に反対する署名運動が展開されています。
「ノーベル委員会は憲法9条を受賞させず、日本への内政干渉と支那の覇権主義の指示をやめろ。」こちら
「憲法9条にノーベル平和賞を与えないで下さい。」こちら
「憲法9条ノーベル平和賞を欲しません。」こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

 

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
コメントは承認制です。読者の方にも不快な思いを持たせてしまうような非礼な文章や、誹謗中傷は承認いたしません。なお、コメント内容は、記事内で紹介させていただく場合がありますので、ご了承くださった上で、コメントをお願いいたします。

Twitterやリンク自由です。日本のため、日本国民のため、世界中の子供達のために、役立つことであるなら、ぜひリンクしてください。
*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


これまでのストーリーは、その1その2へ。

注:ラボでの会話は全て英語です。


つづき。

突然来なくなった韓国人女子学生Fさん。

エリックラボでは、当たり前のことだが、
ラボに来れない、また、遅れる場合、
分かった時点で連絡をするように口を酸っぱくして言っている。

というか、連絡しないということ自体、私には有り得へん話なんだが、
韓国では普通なのか、と思うほど連絡をしてこん。

Fさんは、断続的に正味2年間エリックラボに来ていた。
もちろん、このルールは知っている。

にも関わらず、今回、何の連絡もなしに消えた。

携帯へ電話するが、電源オフ。

Fさんの一番仲の良い友達も、連絡がつかないと言って、うちのラボにやって来た。

Fさんは、事務でバイトもしていたのだが、そこの事務員もやってきて、
Fさんと連絡が取れないのだが、こちらでは取れているか?と聞いて来た。

電源をわざと切っていると考えるのが普通だが、
最悪の場合も考えて、もし事故にあって怪我でもしていたら・・・。

とりあえず、次の日まで待ってみようということになった。


次の日、やはり電話はつながらない。

夕方、他の学生に頼んで、Fさんの自宅へ電話を入れた。

すると、Fさんのお父さんが出て、

「大学に行って、まだ帰っておりませんが。」

と何事もないような声色で言ったということだった。
ということは、事故ではない。Fさんは普通に大学に行っている。

やはり、わざと電源を切っていたようだ。

どう考えても、原因は月曜日の会話(その2参照)にありそうだ。
原因とは言わなくても、彼女の中の何かの引き金を引いたのだろう。

全員一致で、放っておくことにした。


一週間後、私が娘を迎えに出た後、
Fさんがひょっこり、エリックのオフィスに現れた。

エリックが帰宅して
「今日、Fさん来たよ」と告げた。

エリックによると、

Fさんは、火曜日の朝、
突然、ラボに行きたくなくなったのだと。
何が起こったのか、自分でもよくわからない。
とても不安定だ。

と、涙ながらに語り、謝ったという。


私は、エリックに言った。

「Fさんと直接話をしないことには、エリックからの話だけでは、判断できない。
Fさんに私に会いに来るように言って。」


一週間後、彼女が私に会いに来た。

私の机は、エリックのオフィス内にあるので、オフィスの中にいる私を、彼女が尋ねて来た。

「どうぞ、座って」と椅子を差し出すと、彼女は言われた通り座って、こう言った。


「話って何ですか?」( ・Д・)


このFさんの一言で、私はうんざりし、心の中でため息をついた。
面倒臭いことになるな。ε=ε=(;´Д`)

とりあえず、今回は、笑顔も付けて優しく行く予定だったので、
その通り進めて行く事にした。

そのときの会話がこうだ。

私「なんで急に来なくなったん?」

Fさん「こないだ来たときにエリックさんに言いました。聞きましたよね?」

私「エリックからあなたが来たことは聞いたし、簡単に説明してもらったけど、詳しくは話してもらってないので、あなたの口から言ってくれるかな。」

Fさん「エリックさんにも言った通り、自分でも何が起こったのかわかりません。行きたくなくなったんです。」

私「なんで?」

Fさん「周りがうっとおしいんです。」

私「うっとおしいって何が?」

Fさん「周りの全てです。みんなです。」

私「このラボのみんなって言う事?」

Fさん「それもそうです。」

私「私とNくんとあなたと、3人で、Qくんのことについて話したのを覚えてる?その次の日に突然来なくなったよね。そのことも原因の一つかな?」

Fさん「多分」

私「3人で話した事、どう思った?」

Fさん「別に、うっとおしいなと。」

私「Nくんが、一つ提案してくれたよね。『もう少し優しく指導した方が良いんじゃないか』って。」

Fさん「それがうっとおしいんですよ。だいたいNくんがそんなこと言うのは失礼です。」

私「友達って良い事ばかりを言ってくれるもんではないと思うけど。Nくんは、言いにくいことでも言ってくれたんだから、良い友達だと思うよ。」

Fさん「だったら、なんで、前から言ってくれなかったんですか。思っていたのに隠していたということでしょ。そんな人信用できません。そもそも、私は攻撃的な口調では言ってないし、これ以上優しくなんて言えません。なんで私が優しくしないといけないんですか。」

私「Nくんが、今まで思っていたことを、やっと言えたのは、彼が変わりつつあるからやで。FさんもNくんにはっきり言うようになって欲しかったんやろ?彼は変わらないといかんと思ったから、変わり始めて、Fさんに思った事を言うことが出来るようになったんでしょうが。Fさん、これから院に行く事も考えてるんでしょ?このラボに入るのなら、これまでのやり方では、同じようにもめるやろうね。関わった全員が考え、状況を良くするために、全員が何かを変えて行かなあかんねん。」

Fさん「私は悪い所がないので、変える必要もありません。だいたい、Nくんも、まさるさんも、エリックさんも、韓国語話せないから悪いんですよ。だから、他のラボからも、全ての文句が私に来るんです。韓国語話せたら、学生達は私にではなく、Nくんに直接言えるんですよ。」

私「韓国語が話せないのは、申し訳ないけど、3人とも努力をしているのはわかってるやろ?問題は、彼らが文句あるなら、『英語が話せないから直接言えない。Fさんに言っておこう』と考える方でしょ。そんな人たちには、『直接言えば?』と言わないとあかん。はいはい聞いてるから、彼らは続けるんだよ。もちろん、私からも彼らには言うけれど、Fさんも言えないなら、言えるように努力しないと。人は変わらずには成長しないよ。Nくんが言ってくれたことは、Fさんにとって大事なことやで。Fさん自身、そうは思わないの?」

Fさん「私と違う考え方だっていうのはわかります。でも、それは私と違うだけで、私はそうは思いません。
(不服そうな顔で)私、もっと自分にふさわしいラボを探します。」

私「Fさんにとってふさわしいラボって何?」

Fさん「私と同じ考えを持った人ばかりがいるラボです。」

私とエリックはふっと笑って、

エリック「そんなラボないよ。」

私「人って、いろんな考えを持った人と出会い、時には衝突しても、自分を磨いて成長するもんやねん。全く同じ考えを持った人だけの職場なんてどこ探してもないよ。そうでなければ成長もないやろう。」

Fさん「探してみなきゃわからないじゃないですか」

私「もちろん、探したければ探せば良いよ。」

Fさん「探します。ですから、このラボには来ません。」

私「Fさんがそう決めたなら、それでいいよ。ラボを去る前に、Fさんのプロジェクトの実験ノートなど、全て私に渡してね。」

Fさん「ええ、そうしますっ!」


明らかに苛立ちを見せ、そう言い残して、挨拶もなしに出て行った。

会話は1時間以上に渡り、もっと長かったのだが、だいぶ端折った。

Fさんは、どうにも、自分の非は認めない。
攻撃的ではないというが、会話中、ずっと私に攻撃的な口調であった。


この会話を最後に、Fさんは、2年間世話になったラボを去って行った。

と思っていた。


が、

なんと、次の日、またラボに現れた。Σ(=゚ω゚=;)




その4へ続く。




共感くださいましたらクリックを!
ありがとうございます!

人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
なでしこジャパンさんから
オーストラリアに慰安婦像は要らない!
シドニーとストラスフィールドに
メッセージを送ろう!
断固反対の署名運動はまだ継続中です!
韓国系と中国系の市民団体が、今度はオーストラリアに慰安婦像を設置しようと
動き始めました。これは断固として阻止です!
「ストラスフィールドに慰安婦像設置に反対します!」署名運動→こちら
メッセージの送信先や、英語でのメッセージの例など
詳しい情報は、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
九州オルレにしても、ビザの廃止があるから、韓国観光客は好き放題
やってくる。これまでの日本で起こった韓国人による犯罪を見ても、
無防備に韓国人を呼び寄せるのは危険。ビザを再開せねばなるまいっ!
 「韓国に対するビザ廃止免除」の署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
憲法九条のノーベル平和賞に反対する署名運動が展開されています。
「ノーベル委員会は憲法9条を受賞させず、日本への内政干渉と支那の覇権主義の指示をやめろ。」こちら
「憲法9条にノーベル平和賞を与えないで下さい。」こちら
「憲法9条ノーベル平和賞を欲しません。」こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


皆様、GWも最後の日となりました。

私は、娘の夏服を買いに、西門市場へとショッピングに出かけてきた。

なぜか、子供服は、日本に負けないくらい可愛いものが多い。
これだけは、私はかなり気に入っている。
そして、質も、悪くない。

なので、西門市場のショッピングは、も~、私のストレス解消法!

が、最近、娘は、プリンセス系で、うっといんすけど。


4連休のメインのイベントとして、こどもの日に、お友達家族と美術館に行き、
ピクニックする予定だったが、なんとその朝、お弁当を準備したあと、

娘が、おえっと嘔吐。

ひえ~~~(TДT)


美術館の代わりに、病院へ。

マイルドな風邪と、マイルドな胃腸ウイルス感染だそうで。

どちらもマイルドなので、嘔吐もそれ一回きり、下痢も一日1回だ。

ここずっと、あまりすっきりせず、鼻水もあったので、しぶとい風邪だなと思っていたが。
耳に感染も見られるので、熱も出た。


基本、外出できないが、こどもの日はあまりにも天気が良く、夜のうちに降った雨で空気が洗われたので、お友達とアパートの裏庭でピクニックだけすることにした。
BlogPaint





娘は普通に元気に、アリを見て興奮していた。


お友達とは、同じアパートのアメリカ人夫・韓国人妻のカップルだ。1歳の女の子がいる。


ピクニックをしていると、アパートのガードさんがにこやかな顔でやってきた。

このガードさんは、今までに見たことない、よく働き、仕事きっちりこなし、いつも笑顔の韓国人だ。

もっと静かにしてくれということかな?と思っていたら、

「上から網戸が落ちて来るかもしれないので、気をつけて下さいね」
ということらしい。


さすが!w(゚o゚)w オオー!

韓国では、立て付け悪いので、網戸落ちる落ちる!

うちも、一度落ちた!

そして、話題はアパートの話に。

実は、ピクニックをしていたところから、

コンクリートの柱に亀裂が走っているのが見えたのだ。Σ( ̄ロ ̄|||)


「これ、やばいよな・・・」(((( ;゚д゚)))

そして、韓国人妻が語るに、

「2階に住んではる韓国人妻が、少しまえ、裏庭で働いてた作業員の会話が聞こえて来たらしくて、作業員たち『こんな工事で、よくこのアパート耐えてんな。』って話しててんて。怖すぎる。」


ぎゃっふーん!(゚ロ゚;)エェッ!?


そら、絶対、手抜き工事やと思っているが、韓国人の作業員がそんな噂するくらいの代物なんかっ!!!


土台は時間をかけて慎重になされたらしいが、3階より上は、時間と金の都合で、めちゃくちゃ急いで建てたらしいことが判明。

怖い、怖過ぎる。


このアパートの別の部屋に住んでいた時、築5ヶ月で、天井が落ち、水がどーっと降って来た話は前にした。覚えておいでだろうか。(過去記事はこちら「いい加減にしろっ!(▼ヘ▼;)」)


あのソウルの地下鉄電車追突事故も、ブレーキの部品が合格に至らない質のものだったらしいし(この低質な部品がどの電車に使われているのか追跡不可能???)、大学の北門近くのビルも崩壊した。ソウル駅は地盤沈下やし、デパートも崩壊(ソウル)、バスの運転手はスピード違反・・・。韓国に居て、安全な所などない。韓国人すら言ってるからね。(かといって、日本に逃げて来んなよ。)


とにかく、アパートが崩れる前に、早く出て行かねば!


連休が終わって、日常に戻るのも辛いが、「脱出」するために、モチベーションも上がるぜぃ。


とにかく、頑張って働くでー。


皆様も、お体にお気をつけて~!

こちらは黄砂がひどい!(つд⊂)ゴシゴシε=ε=(;´Д`)
ほんまにひどい!



娘は、大丈夫でございます。ご心配をおかけしてすいません。

こどもの日は、お腹にやさしめの「そーめん」になっちゃいました。
栄養を付けてもらうために、3つの付けツユを作りましたが、
娘、食べてくれなかったー。
私は完食。美味しかった~。
IMG_2846








皆様、いつも応援ありがとうございます。
連休明けも頑張りましょうね!
  
人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
なでしこジャパンさんから
オーストラリアに慰安婦像は要らない!
シドニーとストラスフィールドに
メッセージを送ろう!
断固反対の署名運動はまだ継続中です!
韓国系と中国系の市民団体が、今度はオーストラリアに慰安婦像を設置しようと
動き始めました。これは断固として阻止です!
「ストラスフィールドに慰安婦像設置に反対します!」署名運動→こちら
メッセージの送信先や、英語でのメッセージの例など
詳しい情報は、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
九州オルレにしても、ビザの廃止があるから、韓国観光客は好き放題
やってくる。これまでの日本で起こった韓国人による犯罪を見ても、
無防備に韓国人を呼び寄せるのは危険。ビザを再開せねばなるまいっ!
 「韓国に対するビザ廃止免除」の署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
憲法九条のノーベル平和賞に反対する署名運動が展開されています。
「ノーベル委員会は憲法9条を受賞させず、日本への内政干渉と支那の覇権主義の指示をやめろ。」こちら
「憲法9条にノーベル平和賞を与えないで下さい。」こちら
「憲法9条ノーベル平和賞を欲しません。」こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;


 

皆様こんにちは。


今日は、ある記事の転載のみでございます。

5月3日、今や子供達も大人も、ただの祝日と思っているかもしれない。
GWの中の一日。こどもの日を前にしたウキウキな一日。
しかし、この日は憲法設立を祝う日とされている。
いったいこの日に何があったのか、日本人として知っておかねばなりません。


衆議院議員西村眞悟氏のブログ「西村眞悟の時事通信」より「昭和二十二年五月三日とは如何なる日か」を転載させていただきます。

私達にとっても、とても力強い政治家の1人ですね。


昭和二十二年五月三日とは如何なる日か

No.850 平成25年4月30日火曜日

 四月二十九日の昭和天皇のお誕生日である昭和の日が過ぎると、五月三日がやってくる。
 この日は、私の実感通りの言葉を使うと、
 実に、けったくそわるい日である。

 四月二十八日の「主権回復の日」を祝ったのであるから、
 はっきり言っておく。
 主権回復を祝うということは、
 即ち、主権を奪われた時に施行された「憲法」の無効を確認して廃棄することである。

 主権とは何か。
 それは、憲法制定権力である。
 従って、主権=憲法制定権力、が奪われた状態から回復したのちに始めて憲法を施行することができる。
 即ち、主権回復=憲法制定権力回復の前に施行された「日本国憲法」は憲法ではないのである。
 では、それは何か。
 その時の我が国に君臨していた最高権力者である連合国軍最高司令官の「日本占領統治基本法」である。

 さて、昭和二十年九月二日から、日本を軍事占領統治した連合国軍日本統治の基本方針は何か。
 それは、弱体化した日本をそのままにして、二度と再び連合国に脅威にならない国であり続けるように固定することだ。
 その為に、連合国は、日本の戦争指導者と部下の将兵を「戦犯」として大量に処刑し、日本弱体化を実現するために日本から軍隊と交戦権を奪う「占領統治基本法」を制定した。
 つまり、復讐として日本を弾劾する極東国際軍事裁判(以下、東京裁判という)を実施し、同時に、弱体化のための基本法である日本国憲法を制定した。
 従って、東京裁判と日本国憲法は、共に不可分で日本弱体化を実現するものである。

 そして、以上の事実を日本国民に知らせないために、連合国軍は、我が国に三十項目にわたる厳重な検閲を実施した。
 その検閲指針の冒頭の三つは、連合国軍の占領統治の意図を実に露骨に先行自白している。
検閲指針①連合国軍最高司令官司令部に対する批判
 同  ②東京裁判に対する批判
 同  ③連合国最高司令官司令部が日本国憲法を起草したことに対する批判
 
 この検閲指針で明らかなことは、連合国軍最高司令官は、日本国民に、
 ①自分たちの日本弱体化という占領統治の意図、
 ②東京裁判の裁判ではなく復讐という本質、
 ③日本国憲法を書いたのは日本人ではなく占領軍将校であるということ、
を知られないようにしていたことである。

 これら一連の占領統治の指揮を執ったのは、連合国軍最高司令官であったダグラス・マッカーサー(在任期間、昭和二十年九月二日~昭和二十六年四月十一日)というアメリカ国籍の男である。
 
 そして、この男の隠された日本に対する復讐の意図は、彼が、東京裁判や日本国憲法に関して選んだ日付けに実によく顕れているので、これを次に紹介したい。
 マッカーサーとは、実に陰湿で執念深く、軍人の風上にも置けない卑怯なイヤな男である。

 マッカーサーは、大東亜戦争緒戦で日本軍に敗退し、六万七千の部下を見捨ててフィリピンのコレヒドール島から逃亡した。軍人として面目なしである。
 しかし、こういう弱く卑怯な者ほど執念深い。
 マッカーサーが日本統治で、まず始めたことは、自分をフィリピンのバターン半島コレヒドール島から追い出した日本軍の第十四軍司令官であった本間雅晴中将に対する復讐であった。
 本間雅晴中将は、死刑判決を受け、フィリピンで昭和二十一年四月三日午前0時五十三分に銃殺された。
 この四月三日午前0時五十三分は、四年前の昭和十七年に本間雅晴中将が第十四軍にバターン半島への総攻撃を下命した同じ日の同じ時間である。
 マッカーサーが、本間中将を山下奉文将軍のように絞首刑(フィリピンにおいて同年二月二十三日執行)にすることなく銃殺にしたのは、軍人の名誉を重んじたからではなく、午前0時五十三分ドンピシャリに本間中将を殺せるからだ。卑怯者ほど、こういうことをする。

 白人のアジア支配のシンボルであったシンガポールを陥落させたマレーの虎といわれた山下奉文将軍と本間雅晴中将を処刑したマッカーサーは、同時に、東京裁判と日本国憲法作成を進行させる。
 彼が日本国憲法の起草を部下に命じたのは、昭和二十一年二月である。彼は、ケーディス以下十名足らずの青二才の若者に、二月中に起草せよと命じ、彼等は十日以内で「日本国憲法」を書いた。
 
 マッカーサーは、若き日に、父親に同行して日露戦争を観戦し、日本軍の強さに驚嘆するのであるが、その強さが、明治天皇への兵士の忠誠心から湧き上がっていることを知る。
 従って、マッカーサーは、日本弱体化の毒を盛り込んだ日本国憲法の公布日を、日本の強さの源泉であった大帝、明治天皇のお誕生日である明治節、即ち十一月三日にする。

 「戦犯」に対する東京裁判の方であるが、
 日本国民が敗戦後始めて迎えた昭和天皇のお誕生日である昭和二十一年四月二十九日に戦争指導者を起訴し、四日後の五月三日に審理を開始する。
 そして、この東京裁判審理開始一周年の翌年昭和二十二年五月三日に日本国憲法を施行し、東条英機以下「七戦犯」の処刑は、皇太子(今上陛下)のお誕生日である昭和二十三年十二月二十三日に執行する。

 以上のように、昭和二十一年四月三日の本間雅晴中将処刑から昭和二十三年十二月二十三日の七人処刑までの日付けを振り返っても、マッカーサーの性格と日本占領統治の隠された基本方針が影絵のように浮き上がってくるではないか。
 
 マッカーサーは、東京裁判を、昭和天皇のお誕生日に起訴して始め、今上陛下のお誕生日に処刑して終える。そして、日本国憲法を、明治天皇のお誕生日に公布し、東京裁判審理開始一周年の日に施行する。

 まことに、ここまで巧妙に隠微にやりやがったのか、と思はざるをえない。なるほどと、うなるほどだ。
 それにしても、こんなイヤな性格にならないでよかったと思う。

 再び言う。
 四月二十八日に、主権回復を祝ったのであるから、主権の奪われていたときに何があったのかを点検し、
奪われたものを今こそ取り戻さねば「祝い」にならないではないか。
 奪われたもの、それは、
 靖国神社である。
 英霊の名誉である。
 軍隊である。
 そして、
 天皇と国体そして軍隊の保持と運用の原則である「天皇大権」を定める大日本帝国憲法である。 


転載以上。


 共感くださいましたらクリックを!
ありがとうございます!
  
人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
なでしこジャパンさんから
オーストラリアに慰安婦像は要らない!
シドニーとストラスフィールドに
メッセージを送ろう!
断固反対の署名運動はまだ継続中です!
韓国系と中国系の市民団体が、今度はオーストラリアに慰安婦像を設置しようと
動き始めました。これは断固として阻止です!
「ストラスフィールドに慰安婦像設置に反対します!」署名運動→こちら
メッセージの送信先や、英語でのメッセージの例など
詳しい情報は、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
九州オルレにしても、ビザの廃止があるから、韓国観光客は好き放題
やってくる。これまでの日本で起こった韓国人による犯罪を見ても、
無防備に韓国人を呼び寄せるのは危険。ビザを再開せねばなるまいっ!
 「韓国に対するビザ廃止免除」の署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
憲法九条のノーベル平和賞に反対する署名運動が展開されています。
「ノーベル委員会は憲法9条を受賞させず、日本への内政干渉と支那の覇権主義の指示をやめろ。」こちら
「憲法9条にノーベル平和賞を与えないで下さい。」こちら
「憲法9条ノーベル平和賞を欲しません。」こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;



日本は4連休!

実は、韓国も、4連休なのだ。

5月5日は子供の日(日帝の名残っす)、6日は仏陀のお誕生日。

こちらの子供の日では、子供達がおもちゃを買ってもらうようで、
スーパーでもおもちゃがずらっと並ぶ。

エリックが、子供の日やからと、娘におもちゃを買い与えていた。(おもいっきり韓国文化やん。日本では鯉のぼり、チマキに兜!ノーおもちゃ!)
娘が選んだのは、前々から私も気になっていた小鳥のおもちゃ。(たまらなく鳥好きやね~ん)
BlogPaint
餌をあげている。





BlogPaint
ぎゅっと握る。










BlogPaint
ぎゃー、振るなー!

子供って残酷よな。Σ( ̄ロ ̄|||)ワロテルシ

今日もアリンコ踏みつぶしてたし。

さすがに、ダンゴムシは触ろうとせんかったけど。
私が触って丸くしてたのを見てただけ。




さて、
フランス人ダーリン、2010年、韓国の大学の教授となり、
その7ヶ月後に、私がポスドク(博士研究員)兼ラボマネージャーとして加わった(それまでは医学部で働いていた)。始めは、2人だけのラボで、すっからかん。

そして、4年後の今、ラボには2人の大学院生と、学部生5人。(学部生は1年のみ所属なので、大学院生がレギュラーメンバーである。)

2人の院生、
1人は、オランダ人で博士課程。
もう1人は、中国人で修士課程。
韓国人はいない。

学部生は全員韓国人。


韓国でラボ立ち上げ・運営は、予想以上に困難だった。

ヨーロッパやアメリカや日本に比べて、
私達の分野(構造生物学)は、韓国ではかなり遅れており、相当プリミティブで、欧米・日本であれば、私達と同じ分野のラボは10倍の早さでプロジェクトを進めていることであろう。韓国で研究をすることは、ハンディキャップと言えるほどだ。

私達の研究はまた、癌研究にも分類される。
というのは、癌細胞で見られるタンパク質の構造解析をしているからだ。
この構造解析では、タンパク質の結晶を作り、その結晶のX線解析を行って、構造を明らかにするというもので、実際タンパク質がどんな立体的構造をして、どのように働いているのかを知ることは、癌発生のメカニズムを知る上で重要だと私達は考えている。

この結晶のX線解析をするには、シンクロトロン(大型放射光施設)という放射線を発する馬鹿でかいマシーンが必要だ。

日本には10カ所以上にシンクロトロン施設がある。
兵庫県にあるSpring-8は大規模で、世界中の構造生物学者がやってくる。

だが、韓国には、たった一カ所しかない。
釜山にあるPohang Acceralator Laboratoryだ。

この一カ所に国の全ての構造生物学者が集まって来る。
(とはいえ、構造生物学者自体少ないねんけど)

構造生物学者が少ないとはいえ、去年一度行ってから、次の予約が取れるまで、1年も待った。タンパク質の結晶を作っても、なかなかシンクロトロンに行けないというのが実情だ。普通なら、最低でも3ヶ月おき、4ヶ月おきで行きたいところなのに。

そんなイライラを感じながらも、エリックラボは、少しずつ軌道に乗り、今年に入って、成果が出始めた。

実は、イギリスの企業と共同研究が決まったのだ。(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ぃょぅ!
エリックがせっせと学会に行ったおかげでイギリス企業からラブコールを受け、イギリスに足を運び、さらに院生のやる気が上昇してよく働くようになったことによって、実を結ぶ結果となったと思う。この共同研究を通して企業からいただく研究費で、ようやく私の給料が支払われることとなった。(実は、ここ1年半、研究費が削減され、私の給料全額カットになっていたのだ。1年半はボランティア。ただし、院生にはお給料を支払っていた。)しかも、この企業は日本の製薬会社によって買収されたので、基本的に日本の企業からお給料をもらうことになる。v( ̄∇ ̄)vヤッタネ!

やはり、ポジティブにエナジェティックに研究をするというエリックラボのルールが効いてるんじゃないかと思う。学生も同感だ、と言ってくれるのが嬉しい。


さて、先日、院生2人と、エリックと、4人でランチに行った。


シャブシャブとBBQにビュッフェ。
IMG_2784真ん中にシャブシャブ、
その周りでBBQ。
他のおかずは食べ放題。

美味しかった~。ヾ(=^▽^=)ノ

が、
シャブシャブのスープ、なんで赤いねん。
シャブシャブちゃうやん。

 
なんで、こんな豪華なランチになったかというと、
修士課程の中国人院生の男の子が、奨学金を獲得したのだ。
そのお祝いに豪華なランチというわけだ。

どの分野でも同じだと思うが、普通、先輩が後輩におごる。
私も、先輩にはおごっていただいたし、私が支払うと言っても、誰もそうさせてはくれなかった。「まさるちゃんが先輩になったとき、後輩におごってあげて。」と。私はそれを律儀に守って、後輩や学生に機会があればおごっている。

が、このランチ、どうしても中国人院生が我々に御馳走したいと言って聞かなかった。
本人が言うには、日頃お世話になっているので、奨学金をもらえることになったのも皆のおかげだ、ということで、ご馳走したいとずっと思っていたというのだ。さらに、中国に住むお母様にも、しっかりお礼をしなさい、と言われていたと。

その気持ちだけで十分私達は嬉しいのに~。(´;ω;`)

ありがとうね~。美味しかったで~。(⌒-⌒)



先ほども言ったが、学生達(特に院生)が研究熱心になってきた。

彼らは、エリックと私の「ポジティブ思考」でラボに運を招く、という考えにどうやら賛同してくれているようだ。常に笑顔で、と私が口うるさく言うが、彼らはいつも笑顔で礼儀正しい。

ついこの間も、実験がうまく行って嬉しかったのか、ラボから電話をかけてきた。時計を見てビックリだ。夜中12時半だった。ひー!

彼らは私がラボに居る間、パツパツで仕事しているのを知っているので、(学部生と違って)無理難題を言って来ないが、時に彼らの実験を手伝って欲しいと言われることがある。単に、ランチに行っている間、実験の続きをやって欲しいということなのだが、私はラボにいるので、「オッケー」と言ってやってあげると、ものすごく感謝される。中国人の彼は、「中国のラボでは、指導員は誰も手伝ってくれない」と言ってえらい感動される。手が空いてるなら、手伝うくらい別にええのに。ま、それだけ私は、敷居が低いのかもしれないな。教授でもないので、別にそれでもいい。


オランダ人の院生が、豪華なランチ中にこう言った。

「僕ら、本当は、まさるさんに何かプレゼントをしたかったんですよ。」と。

へ?なんで?

どうやら、いつもお世話になっているのに恩返しが出来ず、熱心に指導してくれているのに給料もらってない(知ってやがる・・・)なんて申し訳ない。ということらしい。

そう言えば、何度か変な質問されたな。

「まさるさん、何か欲しいものあります?」

めっちゃ直球ストライクの質問だが、
まさか、そんなことを彼らが考えているとは知らず、

「時間」

と答えていた私。

「じゃ、お金があったら欲しいものは?」と聞かれ、

「寄付するかな。」

ある時は、
「まさるさん、好きな物とか、好きな事とか何ですか?」

 「一杯ありすぎて話し出したら長なるー。でも、あえて言うなら、勉強やね。風水の勉強もしたいし~。漫画も描きたいし~。読書もしたいし~。うーん、やっぱ時間がないと出来ひんから時間欲しいわ~。」


「だー!」(院生)


というわけで、何も買えなかったらしい。
悪い事したな。そんなこと考えてるって知らんかったし。
でも、ほんま、気持ちだけでいいんす。嬉しかったよ、わたしゃ。(´;ω;`)


あ、風水の勉強で思い出したことがある。
去年、日本から通信教育を始めたのだが。
やっちまいました。

色々悩んだ末、諒設計アーキテクトラーニングというところを選んで購入したのだが、これがもう最悪。テキストはペラペラで、誤字脱字間違いだらけ。不明瞭な説明で問い合わせをすると、「これは範囲外の質問です。暗記してください。」の一点張り。もうどこが正しいのか信用できないテキストだ。スタッフ「も説明できない」と言うばかり。
購入する前に、一人の受講生に4名のスタッフがサポートにつくという説明がされていたのに、購入した後は、この4人とは全く連絡が取れない。
当時はあまりレビューしてる人が居なかったが、今、見てみると、結構同じ経験をされている人がレビューを書かれていたので、私だけではなかったと気がついた。うーん、すっかり騙されてしまった。
泣き寝入りも嫌だが、ここで、皆様に同じような経験をされないように、書き記しておくことにした。
諒設計アーキテクトラーニング、ひどい代物だ。
このまま、この誤字脱字のテキストと他の風水の本を使って勉強を続けて資格を取るか、別の通信教育を始めた方がいいのか。悩みどころだ。

ま、こんなギャフンなこともあるが、

ラボで良いこともあったので、気分は総合的にポジティブ。

ラボでは多くのイライラがあるが(昨日も、私が教えた事を全て忘れた奴がいたが)、良いこともあって、なんとか頑張っている。


皆様、4連休、ごゆっくりされるかた、行楽地へ行かれる方、他にも楽しい行事があるかた、良い連休をお楽しみください!


今日は、少し、ブレイクの内容となりました。
 
人気ブログランキングへ

 
私の4コマ漫画ブログ「サイエンティストは魑魅魍魎」も
よろしくお願いします!
       
 

「韓国に住んでいるのに韓国の悪口を言っている」と思う方がいるかもしれない。私の言葉をどうとるかは読者次第。私は、韓国という国の、そして韓国人の生の姿を現地から伝えている。そこに美しいものを見ればそのまま伝える。出来れば、美しいものにたくさん出会い、紹介したいところだ。日本にとっても、韓国にとっても、現実から目をそらさず向き合い学ぶことが必要だ。両国のためにも、私は生の姿を語り続ける。それがいかに耳が痛いことでも。これが私が韓国に住まわせていただいている私なりの韓国に対する恩返しでもある。

 

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
私の好きなブログの一つ「なでしこりん」さんの記事で、素晴らしい名案を書いておられました。
日本中の市町村に愛国派の議員さんが増えたらいいなと思っているあなた!あなたがなればいいんですよ!
なるほど!そうですね!あなたがなればいいんです!
私は、海外に住んでいて無理ですが、きっと、これを読んでいらっしゃる方、議員さんになって日本を直接動かしませんか?名案だ~!

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
なでしこジャパンさんから
オーストラリアに慰安婦像は要らない!
シドニーとストラスフィールドに
メッセージを送ろう!
断固反対の署名運動はまだ継続中です!
韓国系と中国系の市民団体が、今度はオーストラリアに慰安婦像を設置しようと
動き始めました。これは断固として阻止です!
「ストラスフィールドに慰安婦像設置に反対します!」署名運動→こちら
メッセージの送信先や、英語でのメッセージの例など
詳しい情報は、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら

☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像撤回を
求めて日本人が立ち上がりました!

訴訟支援とご寄附のお願い!
立ち上がってくださった加瀬英明さんと目良浩一さんを代表とする方々
歴史の真実を求める世界連合会
遠く離れていても、応援出来ます。
私も多くはありませんが、細く長く寄附を続けるつもりです。
絶対負けられません!
詳しくは、なでしこジャパンさんのブログへ→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;  
九州オルレにしても、ビザの廃止があるから、韓国観光客は好き放題
やってくる。これまでの日本で起こった韓国人による犯罪を見ても、
無防備に韓国人を呼び寄せるのは危険。ビザを再開せねばなるまいっ!
 「韓国に対するビザ廃止免除」の署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国語や中国語が併記された日本の表示。
ごちゃごちゃしていて、視覚的に汚い。
「ハングル、中国語に偏重する公共交通の案内表示を是正せよ!」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;
韓国へ修学旅行は色んな意味で危険です。
「韓国への修学旅行の禁止措置を求めます」署名運動→こちら
☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;☆;+;。・゚・。;+;

このページのトップヘ