2019年10月12日

大型で非常に強い台風19号が近畿地方にも接近してくる。

 大型で非常に強い台風19号が近畿地方にも接近してくる。
今までにない記録的な暴風、大雨と高潮となる恐れがある。
国内の空港、新幹線、JR、沿線の私鉄など交通機関もマヒしている。
 危険な地域では、早めに避難して身の安全を確保してほしいとの避難勧告もでている。
ワールドラグビーも順延ようだ。
日本国中の大騒動だ。
 今朝はいつもより早く起きた。
嵐の前の静けさか、ほんとに台風くるのかなぁ。
大したことないように思えた。
 とりあえず、自宅の日よけ、すだれ、植木、ごみ箱、自転車など納屋へしまい込んだ。
いつもより早く会社の朝礼にでた。
昼で店を閉めることにした。
何事も、備えあれば憂いなしだ。

今年のもりもとボジョレヌーヴォを楽しむ会も16回目になります今年は高槻市の現代劇場で開催します。
楽しい、イベントも企画しています。
素晴らしいいろいろヌーヴォをお楽しみ下さい。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
お酒のデパート もりもと
酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
   お酒のデパート もりもと
    http://www.morimoto.co.jp   
    http://www.morimotowine.jp
     スマホ携帯
    http://www.osakenet.com/
     netten もりもと
    http://www.e-morimoto.jp
2019er もりもとボジョレーパーティー908
  
Posted by morimoto0515 at 11:46Comments(0)

2019年10月02日

10月1日より消費増税10%が実施された。

 10月1日より消費増税10%が実施された。
コンビニやファーストフードでの持ち帰りは軽減税率が適用される。
店内の飲食は対象外になる。たこ焼きは10%か8%になるのか、現場は複雑で線引きは難しい。
 またポイント還元制度が始まった。
クレジットカード、デビットカード、電子マネーかアイフォンQRなど使ってキャシュレスで支払えば5%還元になる。
東京五輪をにらんだキャシュレス化の推進だろうが、店の現場は複雑で難しい。
 いつもにこにこ現金払いが一番ありがたい。
増税後の消費の冷え込みも心配になる。
 台風や大雨被害の処置も片付かないのに大変だ。
 中国は建国70周年を迎え、大規模な軍事パレードが行われ、大陸間弾道ミサイルや戦闘機など最新兵器が登場した。
習近平氏はオープンカーにのり、整列した部隊を閲兵した。
米中貿易戦争の最中、香港では大規模デモが続くなか、共産党指導による中国の国力を誇示した。
世界の経済情勢は大きく変わる。

食欲の秋です!
もうすぐボジョレーヌーヴォーがやってくる。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
お酒のデパート もりもと
酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
   お酒のデパート もりもと
    http://www.morimoto.co.jp   
    http://www.morimotowine.jp
     スマホ携帯
    http://www.osakenet.com/
     netten もりもと
    http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 19:14Comments(0)

2019年09月21日

ラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本大会が開幕した。

 4年に一度のラグビー・ワールドカップ(W杯)の日本大会が開幕した。
五輪・パラリンピック、サッカーW杯につぐ世界三大スポーツイベントだ。
パワー、スピードそれぞれの強みを武器に40日間の熱戦がくりひろげられる。
日本は東京スタジアムでロシア戦を初戦で30-10と開幕戦を飾った。
 見どころも多い。イングランドVアメリカ、イタリウVカナダ、アイルラント` Vスコットランド、ニュージランドVアルゼンチンなど面白そうだ。
強豪国の選手はどんなプレーをするのか興味深い。
体と体がぶつかる音。海外選手の迫力はすざましい。
 大阪では花園ラグビーが会場になり、にぎわいをみせる。
各地の会場やキャンプ地でも経済効果が期待されそうだ。
 今、世界をとりまく経済的、社会的環境がきびしいなかにある。
楽しいうちに事故もなく無事に終わることを祈ります。 ・・アーメン。
もりもとではワールドカップを記念して、いろいろな世界ビールを販売しています。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
お酒のデパート もりもと
酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
   お酒のデパート もりもと
    http://www.morimoto.co.jp   
    http://www.morimotowine.jp
     スマホ携帯
    http://www.osakenet.com/
     netten もりもと
    http://www.e-morimoto.jp
  
Posted by morimoto0515 at 11:24Comments(0)

2019年09月10日

酒信連の解散にあたって・・社長として一言。

酒信連の解散にあたって・・社長として一言。
 僕が酒信連に入って55年になる。思えば半世紀昔の思い出話だ。歳は24才だった。
当時、関西には酒有連、酒信連という二つの組織があった。
 大阪市内の有力酒販店が百貨店に対抗する組織として京阪神に広まっていった。
酒信連は小田義一さんが会長でその後、林壮行さんに代わられた。
僕の父は酒有連に入っていた。
学生のころ、酒有連の配達を手伝った。
 その頃は酒有連はみの源の社長、滝内源三さんが会長だった。
大阪市内の酒屋が自分の店の現物商品を動かすための交換配達の組織だった。
大阪市内の酒屋は高槻、茨木などの郊外へ、高槻から大阪市内へ現物を送ることが出来るという事から始まった。
僕ら高槻の酒屋はで大阪市内から送られてくる商品を千里丘の上田さんの倉庫までとりに行って、その配達区域の酒有連の各店まで届けることだった。
 父の云われるまま、そこの酒屋まで配達していたが、最盛期には一日100個ぐらいあって大変だったことを覚えている。仕事はすべて奉仕だった。
父ちゃん、母ちゃんのいろんな酒屋あって、今、思うといい勉強をさせてもらった。
 当時、確かに大阪市内の酒屋はメリットがあったが、配達店の酒屋はわずかな配達料をもらうだけでメリットが少なかった。
一方、酒信連は郵便で点数券と配達伝票を配達店に送り、商品は配達店の現物商品で届ける仕組みだった。
 後にミニファクスで送るようになった。
大阪の万博のころが最盛期だった。
酒信連で売り出した全国地酒ミニチュアや万博記念メダルがヒットした。
またアサヒ、サッポロ、サントリーなどのビール券の取り扱い収入も大きかった。
 酒有連の店も一時シビスという名前でコンビニをてがけて活躍しておられましたが、いつのころだったか、酒有連は行き詰まり、会社は解散された。
その時の最後の社長は吹田の西尾さんでした。
 規制緩和が続き我々酒販店をとりまく商売の環境も大きく変わり、現在に至っている。
今、米中の貿易戦争、香港のデモ、韓国の騒動など世界中で混乱が続いる。
世の中変わる。商売変わる。酒屋は変わる。何が起こるか分からない。
 かっての自然科学者のダーウィンさんはいわれました。
競合に耐え得るのは「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生きのびるでもない。唯一、生きのびることができるのは変化の出来るものである」と。
 会員皆さまの集まりを前に、解散するのは大変心くるしく思います。
正直、事務局の井上君とも、解散をめぐってすったもんだ、もありました。
僕も勉強不足で申し訳なかったのですが、会社をつくるのは簡単だが、解散するのは難しいことがよくわかりました。
今年の10月には消費増税もありますし、少し時間をおいて、一番自然な形で解散したいと考えています。その節にはよろしくお願いいたします。


   酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
   お酒のデパート もりもと
    http://www.morimoto.co.jp   
    http://www.morimotowine.jp
     スマホ携帯
    http://www.osakenet.com/
     netten もりもと
    http://www.e-morimoto.jp

  
Posted by morimoto0515 at 11:24Comments(0)酒屋道楽

2019年08月26日

10月に実施される消費増税の日が、ひと月余りになった。

 今年10月に実施される消費増税の日が、ひと月余りになった。
食品については軽減税率が適用され、酒類については、2%が増税され、10%になる。
今までは増税前には、仮需が発生し増税後は反動で落ち込みがさけられなかった。
米中の貿易摩擦、韓国問題に加え、世界の景気が停滞気味である。
株価も大きく値下りしている。8月は天候の不順も続いた。
仮需の気配も感じられない。
 今は混乱が止まぬまま、増税の足音が近づいてくる。
増税後の景気対策として政府のさまざまな施策が講じられている。
その一つにキャシュレス決済のポイント還元制度だ。
クレジットカード、電子マネー、QRコード決済の端末、レジなど上手く使えば、酒屋などにもメリットは大きい。売上を伸ばすチャンスでもある。
ポイント販促や特売の競争激化につながる懸念がある。
少子高齢化を迎えて生き残るためにどう変化していくのか、流通各社の動向を注視していきたい。
僕らの酒、食料品店には重たいものを持つ配達も少なくなった。
今までやって何気なくやってきたサービスを省くのは難しい。
仕事の取組み、働き方改革に真剣に取り組まねばならない。
仕事のできない、暇な人ほど、返事が遅い。声は小さい。
仕事をこなす忙しい人は返事が早い。声も大きい。
かつて、自然科学者のダーウィンは云った。
「競合に耐え得るのは、最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生きのびるものでもない。唯一、生き残るのは、変化のできる者である」と。
 もりもとは、社員一同現場からの知恵をだしあって進化し、変化していかなければならない。
 もうすぐ食欲の秋だ。新酒の季節だ。
今、南アフリカのヌーヴォーが入荷しています。


 酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp

  
Posted by morimoto0515 at 17:51Comments(0)

2019年08月22日

人口700万の香港、中国化をめぐって大規模なデモが起こり11週目になる。

 人口700万の香港、中国化をめぐって大規模なデモが起こり11週目になる。
ことの発端は逃亡犯を中国本土へ引き渡させるようにする条例改正案だった。
世論を充分くみとる民主的な香港において、デモは民意を示すことの手段でしかない。
テレビ報道では香港のとなりの深?では中国政府は「テロの兆候あり」と武装警察部隊が集結している。
それでも抗議がやまない。
一国二制度はイギリスより1997年香港返還の際の国際公約でもある。
 50年程、昔になる。僕は初めて香港を訪れた。
上空から見下ろし街は高層ビルが立ち並び、それだけでもワクワクした。
まばゆいばかりのネオンが輝き、チヤイナドレスを着たスタイルのいい若い女性は魅力的だった。
中華料理店の香辛料の匂いが漂い、怪しげな、エルルギィシュな繁華街だった。
港の近くの海鮮料理も安くて美味かった。僕はその後、何度か行ったことがある。
自由でのびのびした町は好きだった。
 今続く大規模なデモや集会は、自由を奪われ、自由香港が共産主義中国に飲み込まれてしまうという危機感に変わりつつある。
一般市民のほとんどは香港の自由を守る最後の戦いと考えている。
 思えば、天安門事件の悲劇が頭をよぎる。共産主義は怖い。
今、それを思わせる不安が香港を覆い、旅行者をも遠ざけている。
トランプ大統領もデモを天安門事件のように武力解決すれば米中貿易摩擦の解決はますます難しくなると牽制している。
 経済、軍事、文化などあらゆる面で米国を追い越そうとしている中国。
中国は豊になる段階から強くなる段階にはいった。
習政権の一帯一路構想、南シナ海での人工島建設など中国の本来の能力を踏み越えた目標に突き進んだ。
ハイテク産業育成「中国製造2025」、海と陸路のシルクロード構想など緊張はますますエスカレートするのかも知れない。
 中国では貿易戦争で雇用への打撃が深刻化しているそうだ。
労働力が足りている一方、高い技能をもつ工員が不足している。
人がいるのに仕事がない。仕事があるのに仕事ができる人がいない。
大卒ホワイトカラーの雇用も悪化しているそうだ。
 通商から軍事、経済、先端技術まで広がった超大国の覇権争いは出口があるのだろうか。
またアメリカ政府は台湾へ最新式爆撃機F16、66機を売却することを承認した。
中国は内政干渉だと反発し亀裂はますます深まるばかりだ。
 かって、哲学者のパスカルは人間は考える葦である。といった。
デカルトは人間は心をもった機械だといった。
人間の本当の幸せとは何か考え直さねばならない。
 中国の食文化はすばらしい。
皆さん、ご覧下さいませ。
もりもとには紹興酒や茅台酒・・などいろいろな美味しい中国酒が揃っています。

 酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp

  
Posted by morimoto0515 at 12:56Comments(0)

2019年08月11日

明日、8月11日〜13日はもりもとの盆休みだ。

明日、8月11日〜13日はもりもとの盆休みだ。
お盆になると昔を思い出す。
父の墓は真如寺にある。
 小学生の頃と思う。
父が、章、今日は墓参りの日やで。
朝早くから起こされた。
親戚のお婆ちゃんや家族と一緒にぼやきながらついていった。
僕は蝉や蝶やトンボとりに夢中だった。
お婆ちゃんが、あきちゃん、お盆に生き物とったらあかんねん。
早く逃がしてやりといった。
また、もりもとの先祖には偉いお坊さんがいてはったんやぁで、まるいお墓に酌でなでるように水を流しておられた。
どこで、どんなことしはった人なんと聞いても何もわからない。
 人は皆死ぬ、どうなるのか、どのようにしてあの世をに行くのか。
死んだら皆、偉い人になるねん。・・・と子供心にそう思った。
小遣いや好きなものくれる人が偉い人だった。
僕の母は5歳の時に亡くなった。父は25歳の時に他界した。
死ぬなんてことは考えられなかった。
死んだらどうなるか僕にはわからない。
 5年前になる、信楽カントリーへゴルフに出かけた。
スタート前になって、吐き気がし、胸が急に苦しくなった。
ふつうの痛みではなかったので、僕はケータイで救急車を呼んだ。
近くの甲賀病院に運ばれたが、うちの病院では対応できませんと云われ、すぐさま滋賀医大病院へ転送された。車中では病院との無線のやり取り 体温××、血圧××とか脈拍××が聞こえ、苦しくて生きた心地がしなかった。
病名は急性大動脈解離ということですぐさま、6時間におよぶ手術をうけた。
 手術は無事終わり、5日間眠り続けた。
三途の川も何回も行き来していたのかも知れない。
 無意識に、魚、魚、魚は怖いと独りごとを言っていたらしい。
竜宮城の鯛や鮃の舞い踊りの夢を見ていたのかも知れない。
麻酔が切れ、意識が回復した
 浅井 徹先生がにっこりと、笑顔で運の強い人ですネ、体を大事にしてくださいと云われ握手していただいた。
この先生が心臓血管外科で有名な浅井先生だった。
先生、命のお助け有り難うございました。
このあと、近くの大阪医大病院へ移らせていただき、狭心症、バイパス、血栓の手術を受け元気になった。
近くにいい病院があるということは有難いことだ。
一日千秋の思いでリハビリに専念し、九死に一生を得ることができた.
 父の森本啓三商店があって、今の僕がある。これからのもりもとがある。
僕は酒屋という職業がいちばん似合っている。
二代目を引き継いでもう50数年になる。酒屋で良かったと父に感謝している。
 毎日、楽しく仕事ができるということは本当に幸せなことだ。
あれもしたい、これもしたい、僕はまだまだ若いつもりでいる。
 人のやらないことをやってみる。
 人の気づかないことをやってみる。
 それが不思議とうまいこといくものだ。
 儲からない商売を細く、長く、続けることだ。
それが儲かる商売に変わっていくのだ。
商売というものは面白い。



酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp

  
Posted by morimoto0515 at 12:00Comments(0)全て

2019年07月30日

対韓輸出規制の強化を受け、日韓の自治体交流の中断や延期の動きが広がっている。

 対韓輸出規制の強化を受け、日韓の自治体交流の中断や延期の動きが広がっている。
出口の見えない政府間のにらみあいが続いている。
もとを正せば米中間の貿易摩擦により韓国の輸出が減り、韓国の景気が悪くなっているのだ。
 韓国では日本製品の不買運動が続いており、訪日旅行者数も激減している。
ソウルの繁華街、明洞。日本製品を取扱う、百貨店や路面店がたくさん並んでいる。
 日本製品の不買運動が度をこしている。
人気店のユニクロでも客はまばらだという。
アサヒ、キリンビールは現地のテレビCMは自粛しているそうだ。
 これまでも、慰安婦や竹島をめぐる問題で日韓両国の関係が悪化したことがあるが文化やスポーツの交流まで悪影響がでるのは心くるしいことだ。
両国の子供たちの親善試合もつぎつぎと、延期や中止されていくのも悲しいことだ。
 韓国は日本にとって一番近い国、中国から仏教や漢字、漢詩が伝わり歴史的にも文化、芸術においても最も関係の深い国だ。
 何かの間違いでもつれた糸だ。

日韓政府のチエと努力で、解きほぐしてもらわねばならない。一般の国民には関係のないことだ。
 韓国はすばらしい国だ。
歴史ある文化遺跡が点在している。ゴルフ場、韓国映画村もワンダフルだ。
肉や魚、麺、キムチなどグルメの数々・・。旨い韓国マッコリや焼酎もある。
 僕は今まで、韓国は好きで何度も訪問している。
近くて、身近な国を早く正常にしてほしい。
 また新しい発見があることを期待したい。

いつも、いちばん、いいものを・・もりもとサマーギフトセール

もりもとは韓国食材の取扱いもしている。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp
  
Posted by morimoto0515 at 18:27Comments(0)全て

2019年07月21日

今日、7月21日(日)曇り。参院選挙の投票へいった。

今日、7月21日(日)曇り。参院選挙の投票へいった。
何となく、気が重い。はて! 誰にしょうかな。
いやいやダメだ。この人でなければ・・。
選挙は怖い。落ちればタダの人だ。
自公で改選過半数の67を確保できるかが焦点になる。
 来年秋のアメリカの大統領選挙も近づいてくる。
トランプ大統領が再選されるかどうかは分からない。
 反トランプの民主党に対してかなりの危機感があるらしい。
支援者との集会で演説し、祖先が国外出身の民主党の女性議員に対して改めて「国から出ていけばいい」と攻撃した。 
 トランプ大統領は民主党の4人の女性議員について「国を愛していない」「反イスラエルだ」などと一方的に批判し、白人層の支援者から大きな声援を受け、かえってトランプ支持が上がっているそうだ。
不法移民、強制送還、摘発については度胸がある。
口先だけではないと、かえって惚れ直している。
 直接、非難もできないので共和党もトランプ党になりつつある。
アメリカはもともと移民の国、合衆国だ。
次期大統領は誰か、世界中の関心事でもある。
トランプさんの狙いは何なのか、やる気満々だ。
 我が家では蝉の声も聞かれるようになった。梅雨明けも近い。
夏らしくなって、景気もチト上向けばと願っている。



 いつも、いちばん、いいものを・・もりもとサマーギフトセール
 日本酒ギフト、焼酎&ビール、食品&飲料も揃っている。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp
  
Posted by morimoto0515 at 17:30Comments(0)全て

2019年07月16日

ペルシャ湾のホルムズ海峡で、イランの武装した革命隊がイギリスのタンカーの航行を妨害した。

 BBC放送によるとペルシャ湾のホルムズ海峡で、イランの武装した革命隊がイギリスのタンカーの航行を妨害した。
イギリスの警備隊が警告を発し船が立ち去ったと発表した。
イギリスの商船を1日に30隻護衛しているそうだ。原油輸送の要所の安全は急激に不安定になっている。
ペルシャ湾には怪物がうごめいている。物騒なことだ。
 また日本政府が半導体製造に必要な材料の韓国向け輸出で管理の厳格化を決めた。
欧米メディアは「新たな貿易戦争が勃発した」と伝えている。
日本が、韓国による「不適切事案」を指摘したことを受け、4年間で軍事転用可能な戦略物資の不正輸出
を156件摘発したと発表したが、潔白を証明するどころか疑惑はさらに深まっている。
 6月30日に南北非武装地帯の板門店(パンムンジョム)で行われた米朝首脳会談でも、米国の不信感が表れていた。 
板門店では、文氏が同行していたが、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の首脳会談に、文氏は同席を許されなかった。
米朝の「仲介者」を自認してきた文氏だが、むしろ「韓国外し」を強調する光景だったと見える。
韓国は米国に仲裁を期待しているが、ドナルド・トランプ政権は文政権への不信を強めている。
 そもそも、トランプ政権は文政権を信用していない。
輸出管理をめぐる問題でも、韓国は、米国に対する「裏切り」といえる行為をした疑いが出ている。 
産業通商資源省が作成した「戦略物資無許可輸出摘発現況」では、不正輸出先として、米国が対立を強めているイランの名前が挙がっている。

しかも、輸出されていたのは、サリンの原料となる「フッ化ナトリウム」だった。 
 米国はイランと緊迫関係にあるのに、韓国からの不正輸出先には中東も含まれているのかも知れない。
そうすれば、韓国は「死の商人」ということになる。
仲良くしたいが、韓国は怖い国になる。
 米中通商摩擦、韓国摩擦世界経済に暗雲が立ちこめている。
君子危うきに近寄らず、が良いのかも知れない。




いつも、いちばん、いいものを・・もりもとサマーギフトセール
 日本酒ギフト、焼酎&ビール、食品&飲料も揃っている。


酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp
  
Posted by morimoto0515 at 12:16Comments(0)全て

2019年07月13日

米中貿易戦争は日本や世界の国々の景気に悪影響を及ぼしている。

米中貿易戦争は日本や世界の国々の景気に悪影響を及ぼしている。
G-20の会議では米中貿易協議が再開され合意にこぎつけたものの、展望が開けた訳ではない。
中国は3000億ドルの追加関税は避けられたものの、景気は良い状態でなく、財政出動で何とか景気の悪化を防いでいる。
 エレクトロニクス産業は米国が握っている。
とりわけGAFAM、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフトはすべて米国企業だ。
 急成長を続けるファーウエイに対しアメリカ政府・議会も警戒し続けてきた。
2012年にはファーウェイ製の機器を米国の重要インフラに設置すれば、米国は丸裸同然で、国家の安全保障を害すると結論づけた。
又ファーウェイ製品には盗聴機能を持たせるプログラムが仕掛けられているという記事が配信された。
 中国は事実無根と反論しているが、実態は分からない。
アメリカから米製半導体の輸出やアプリなどのサービスが禁止されればさすがのファーウェイでもお手上げだ。
 米中双方にはどちらも、後ろには妥協できないタカ派、保守派といわれる人々がついている。
中国は、アメリカは右手で握手し、左手でなぐりつける様なものだという。とても不平等条約で妥結できない。
 トランプ大統領は今は来年の大統領選挙に再選されることしか頭にない。
 習近平は米国の猛烈な攻撃を受けても満面のほほ笑みを向けている。
経済ダメージを受けても長期の持久戦で戦うしかない。
 米中貿易摩擦が続く限り、イノベーションの速度は遅くなっていく。
世界のハイテク企業に大きな影響が出始めている。
トランプ大統領の、日米安保条約の見直し、「日本たたき」の発言も怖い。
単なる駆け引きでおわればいいが、今後の世界の動きも注目される。




もりもとはサマーセールがたけなわだ。

いつも、いちばん、いいものを・・もりもとサマーギフトセール
 日本酒ギフト、焼酎&ビール、食品&飲料も揃っている。


酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp
  
Posted by morimoto0515 at 14:58Comments(0)全て

2019年07月01日

主要20ケ国会議(G20)が自由公正な貿易を実現する「大阪宣言」を選択し閉幕した。何事もなく無事終わった。

大阪市で開かれていた主要20ケ国会議(G20)が自由公正な貿易を実現する「大阪宣言」を選択し閉幕した。何事もなく無事終わった。
まずは、めでたし、めでたしだ。
 安倍総理、関係者の皆さま、大変ごくろうさまでした。
 米中会談ではトランプ氏は、今後も協議を続ける、第4弾の追加関税3000億ドル(約32兆円)を見送りと表明した。
中国通信機器大手ファーウェイの輸出制限についても米企業による輸出を認め、米中貿易通商協議も再開すると約束した。
 また日米安保条約は不公平だといった。
日本が攻撃されれば米国は日本のために戦う、米国が攻撃されても日本は戦う必要はない。
と不満を表明した。
 この条約は敗戦のどさくさにアメリカさんの都合のいいようにつくった平和条約ではないのか、今更なにをいいだすのか納得いかない。
 トランプ大統領は韓国へ立ち寄り、初めて北朝鮮を訪問し金正恩(ム・ジョンウン)氏と面会した。
北朝鮮は一部の非核化と引き換えに経済制裁の解除を望んでいるが、正式な米朝会談までの道のりは遠いようだ。
 刻一刻と変わる世界情勢のなかで、トランプ氏の発言は怖い。
アメリカの次期大統領選挙を意識した発言もあるのかも知れない。
 今、もりもとsummer saleが盛り上がる時期なのに低調だ。
とてもG-20どころではない。これでは夏の手当も支給できない。
G20サミツトの交通規制の影響で滞っている荷物も多い。
何時、届くのかとのお客様のクレームも多い。
早く平常戻ることを願っている。




いつも、いちばん、いいものを・・もりもとサマーギフトセール
 日本酒ギフト、焼酎&ビール、食品&飲料も揃っている。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp
  
Posted by morimoto0515 at 12:55Comments(0)全て

2019年06月29日

茨木高校の同級生T君から同窓会の件でメールがきた。

 茨木高校の同級生T君から同窓会の件でメールがきた。
1年後に生きていら同窓会に出席すると。
 思い出すと怖い話だ。
5年前の2014年10月15日、滋賀県の信楽カントリーへゴルフコンペに出かけた。
スタート前になって、急に吐き気がし、胸が苦しくなった。
これは普通ではないなぁ、ゴルフどころではないと、すぐさまケイタイで救急車を呼んだ。
近くの甲賀病院に運ばれたが、この患者さんはうちの病院では無理ですと云われ、すぐ滋賀医大病院へ転送された。
 病名は急性大動脈解離ということで、すぐさま、6時間におよぶ手術をうけた。
滋賀医大の付属病院の先生方々、鈴木、藤野、森本先生、命のお助け本当に有り難うございました。
九死に一生を得ることができました。
 手術は無事終わり、5日間眠り続けた。
僕は三途の川も何回も行き来していたのかも知れない。
無意識に、魚、魚、魚は怖いと独りごとを言っていたらしい。
竜宮城の鯛や鮃の舞い踊りの夢を見ていたのかも知れない。
 10月20日に麻酔が切れ、意識が回復した。
浅井 徹先生がにっこりと、笑顔で運の強い人ですネ、体を大事にしてくださいと云われ握手していただいた。
この先生が心臓血管外科で有名な浅井先生だった。
この時の森本先生というのは茨木高校卒で僕の後輩で、面倒をおかけした。
姉さんが大阪医大の看護婦さんをしておられた。
 茨木高校、大阪医大不思議な縁だった。
この時72kgあった体重も45kgになっていた。
リハビリに専念し、一日千秋の思いで退院の日を待った。
 1カ月あと、近くの大阪医大病院へ移らせていただいた。
その後、心臓に水がたまり、風船のようになっていた。
 狭心症、ステント、人工血管除去と4回の手術を受けた。
医大の勝間田教授の話では、人工血管をとりだすのは大変難関なことだったらしい。
教授室へ駆け込み、先生、腕が上がりませんと云って診ていただき、即その夜の手術ということで大事にいたらなかった。
 死はいつもそこにあった。
何時死んでもおかしくない。
何か見えない力があったのかも知れない。
現代医学とはすばらしい。
僕はまだまだ死ねない。
後世のために、まだまだしなければならない仕事がある。
 この年になって、今まで目に見えなかったものが見えるような気がする。
あれもしたい、これもしたい、夢がある。
僕は今が今までの人生で一番楽しい。
 僕には定年がない。一生働き続けるかも知れない。
定年がないことで若くなっているのかも知れない。
この年になって、今まで目に見えなかったものが見えるような気がする。
あれもしたい、これもしたい、夢がある。
僕はまだまだ第二の青春のつもりでいる。




いつも、いちばん、いいものを・・もりもとサマーギフトセールも順調だ。
日本酒ギフト、焼酎&ビール、食品&飲料も揃っている。

 

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp
  
Posted by morimoto0515 at 13:06Comments(0)全て

2019年06月19日

老後に2千万円の金融資産が必要と示した金融庁の報告書が国会で論議されている。

 老後に2千万円の金融資産が必要と示した金融庁の報告書が国会で論議されている。
人生100年時代という呼びかけが行き過ぎたにすぎない。馬鹿げた話だ。
 年金制度は2004年に今の仕組みに見直された。
100歳まで年金だけで暮らせることを約束した制度でもない。
年金は老後の生活の柱で、あくまでも指針である。
少子高齢化が進む中で、老後の生活の備えは国民一人ひとり違ってくる。
 今のままでは世帯数が減り生涯お一人様世帯が増える。
「病院好き」も増えている。
保険書1枚でどこの医療機関にも診てもらえる国民皆保険制度は世界的にも評価されている仕組みだが、国民医療費が年40兆円を越え増え続けている。
 今後、過剰受診が大きな課題となってくる。
2020年代は少子高齢化、75歳以上が急増する。
 このままでは社会保障、財政の将来が危ういのだ。
「消える市町村」と云われるように地域によっては厳しい状態になる。
社会保障の負担がそのまま財政赤字となる。
 昔は年ごろになると親、親戚、先生や知り合いの人から見合いをすすめられ、結婚した。
親子関係の絆も強かった。女は出遅れにならないように見合い写真をとった。
学歴は高くなかったので、沢山の子供を産んで家族も多かった。
 僕の父は良い大学へ行くことよりも酒屋の商売を継がせることに一生懸命だった。
商売の嫌な面ばかりに目がいき嫌だった。
姉も妹も勉強はそこそこできた方だったが、高校卒で結婚した。
 今の女性は年ごろになっても、気楽で年を意識しない。
独身女性は気楽でいい。収入の少ない男性とは結婚しない。
結婚しても子育てに金がかかり、子供をつくれない。
塾へ通わせて少しでも良い有名校へ通わせる。
大学の受験、塾通い、有名企業への就職競争になる。
 このことが社会の大きなひずみになっているのではないか。
子供から大人への成長する大事な時期に塾競争をあおるのもいかがなものかと思う。
「お手てつないで 野道を行けば 晴れたお空に靴が鳴る・・」みんなと遊ぶということも大事な教育だと思う。
子供が塾通いにあけくれ、個性が失われていく、心配なことだ。
夢をもって自分に向いた道、好きな道を進めばいい。
 学業だけすぐれていても社会に役に立つということでなければダメだ。
大学は中学、高校からの推薦入学として、大学で好きなことを勉強させればいい、途中関門をつくり勉学のできない者は落第させ、退学させればいいと思う。
専門分野は厳しい国家試験を設ければ良い。
今の学校教育のありかたに問題があるのかも知れない。
 人生100年時代に向け、健康に留意して、楽しく働ける労働環境づくりも必要だ。
米づくり、瓜やトマトなど野菜や果物づくりや農園づくりもある。
 またマナーの悪い自転車やタバコのポイ捨て注意などお年寄りに向いた社会奉仕の仕事もたくさんある。
これからは奉仕者が社会のリーダーになる時代だ。




もりもとのサマーギフトセールもはじまっている。

いつも、いちばん、いいものを・・日本酒ギフト、焼酎&ビール、食品&飲料





酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp

  
Posted by morimoto0515 at 19:22Comments(0)全て

2019年06月16日

香港政府は6月15日、刑事事件の容疑者を中国政府に引き渡す「逃亡犯条例」の審議を当面の間、延期すると発表した。

香港政府は6月15日、刑事事件の容疑者を中国政府に引き渡す「逃亡犯条例」の審議を当面の間、延期すると発表した。
条例案めぐって100万人超すデモ隊と警察の衝突が起こり、抗議活動はまだまだ続きそうだ。欧米では香港政府のやり方に懸念がたかまっている。
 東洋の真珠と言われ繁栄した香港。
イギリス領だったころ、学生時代に旅行したことがある。
にぎにぎしく輝くネオン街はエキゾチックだった。
チャイナドレスをきた若い女性は親切で美人ぞろいだった。
 物価は世界一安く、中華料理も美味かった。中でも海鮮料理は格別だった。
ロープウェイの山頂からの眺めは、所狭しとマンション群が立ち並び、素晴らしい。
世界の三大美港ふさわしい夜景だった。
 香港返還の際、中国は「一国二制度」を守ると内外に公約した。
表現の自由があり、政治から独立した司法がある。
自由を守る民意も尊重しなければならないだろう。
 米国など国際社会の批判が強まる中、習近平氏はいかなる国も組織も個人も中国に内政干渉する権利はないと強気の姿勢だ。
米中貿易戦争が続くなか、アメリカのトランプ大統領は、香港に与えている貿易上の得権も見直すといっている。
 国家共産主義、強国をめざす中国、自由主義、資本主義をとるアメリカとは難しい問題に直面している。

貿易戦争の激化も懸念される。
 かっては中国と世界を結ぶ窓口だった香港が急激に色あせていくのもさびしい限りだ。
 まもなく大阪でG-20が始まる。習近平氏とトランプ氏は顔を合わせる事になる。
どのようなことが話し合われるのだろうか。

世界はどう変わるのだろうか、注目される。
 今日は父の日だ。何かステキなギフトが届くのか楽しみだ。




 酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp
  
Posted by morimoto0515 at 15:14Comments(0)全て

2019年05月29日

5月26日、アメリカの大統領トランプさんが日本へやって来られた。

5月26日、アメリカの大統領トランプさんが日本へやって来られた。
何をいいだすか分からない、あの怖いトランプ大統領だ。
 安倍首相はゴルフ、大相撲観戦、夕食会をつききりでトランプ氏をもてなした。
トランプ氏は著名選手と一緒に回ってゴルフ論議をすることが好きで和やかな雰囲気になるという。

ゴルフでリラックスした方が本音で話し合えるそうだ。
午前9時、ヘリコプターで千葉県茂原カントリークラブのコースの上に着陸した。
青のジャケット姿のトランプ氏を安倍首相が出迎え、ジャツクニクラウスと死闘を演じた青木氏もプレーに加わった。
首相がカートを運転し、トランプ氏が助手席にのり、日本のレジェンドとプレーが出来て嬉しいと喜んだ。

実りのある話ができたことだろう。
 夕方、両国国技館に移動し、大相撲夏場所の千秋楽の最後の5番を見た。

土俵に近い「升席」に座り熱心に観戦した。
取組終了後、靴型のスリッパで土俵に上がり、朝乃山に米政府特注の「アメリカ合衆国大統領杯」を授与した。
英語で表彰状を読み上げ、約140cm、重さ30舛離肇蹈侫ーを笑顔で手渡した。
 観戦を終え、六本木の炉端焼き店で夕食会、じゃがバターや和牛ステーキなどを楽しんだ。
 27日、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさんの母や田口八重子の兄、飯塚繁雄さんら家族15人と迎賓館でトランプ氏と面会した。
拉致問題についても、日本と一諸に取り組んでいくことを確約した。
 迎賓館で日米首脳会談が開かれ、火花が散った。
中国との貿易摩擦が長引き、2020年11月の米大統領選を控え、成果を急ぐトランプ氏、今夏に参議院選が迫る安倍首相との着地点はみえなかった。
 天皇皇后両陛下は即位後初の国賓として歓迎の宮中行事に臨まれ、国際公務のデビューを果たされた。
 宮中晩餐会では冒頭、陛下は「日米両国とその国民は、さまざまな困難を乗り越え、相互理解と信頼を育み、今や太平洋を隔てて接する極めて親しい隣国として、友情の絆でむすばれております・・」とお言葉を述べられた。
 トランプ氏は「米国と日本の間で大切に育まれた絆を我々の子孫のために守って行く」と応じた。
 宮中晩餐会の食事はフランス料理のフルコース。
コンソメスープ、ヒラメのムニエル、牛肉のステーキ、季節サラダ、富士山型のアイスクリーム。
ワインは、白は ピュリニーモンラッシェ2002、赤は シャトー・ラフィツト・モーンラッシェ・ロートシルト1996、シャンバンはモエ・エ・シャンドン・ドンペリニヨン1999だった。
会の間、宮内庁楽部の楽師が日本民謡やアメリカ民謡「峠の我が家」などを演奏した。
 28日、トランプ氏は護衛艦「かが」に乗船し、日米同盟を国内外に発信し、中国や北朝鮮を牽制した形になった。
 外交は難しい。

失礼があってはいけない。
何の文句も云わず、満足して、帰路につかれれば、まずはめでたしめでたしだ。



酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp
  
Posted by morimoto0515 at 19:30Comments(0)全て

2019年05月18日

米国は5月10日、中国からの2000億ドル分の輸入品にかける税率を10%から25%に引き上げた。

米国は5月10日、中国からの2000億ドル分の輸入品にかける税率を10%から25%に引き上げた。
産業補助金や知的財産権の侵害など中国の政治体制の根幹にかかわる問題で折り合えず、第4弾の関税上乗せの準備にはいった。
 今や二大経済大国の貿易戦争は泥沼化しつつある。中国は社会主義、共産主義経済体制を維持したまま、習近平氏の国家戦略でハイテック産業の高度化を掲げる「中国製造2025」。
 また「一帯一路」のシルクロード政策はユーラシア大陸を陸路でつなぎ、海路でフィリッピンやアフリカまでつなぐという広域経済構想だ。
中国がリードし、言語、金融やインフラなど通じ中国文化を押し付けるもので、問題点も多々指摘されている。後進国を借金漬けにする強引な手法や軍事覇権の拡大にまい進する強引な実態が明らかになっている。
 今、新興国で中国から借りたお金の返済に苦慮している国々が20数カ国にも及ぶそうだ。
うちラオスなど8ケ国は債務不履行状態になっている。

このままだと中国の属国になってしまうのだ。

タジキスタンは国民の財産である土地や鉱物資源を提供したという。
ギリシャ、イタリア、ベトナム、フィリッピンなどの国々でも中国企業の利益を最優先するやり方は問題が多いそうだ。
軍事、経済面でも一帯一路構想は世界経済と調和を取るというのは無理がある。

  中国は米国に次ぐ経済大国になったにもかかわらず、相応の義務を果たそうとしない。
共産党の統治強化を優先し国有企業補助政策を強めている。
知的財産の保護や産業政策の見直しは自ら進んで取り組むべき課題でもある。
あまりにも早い国家の急成長には無理がある。
 不信の溝を埋めるのは容易ではない。
トランプさんの言分にも一理あるのかも知れない。
国際ルールにそって早く解決してほしいものだ。
 冷戦下の時代の脅威は共産主義、資本主義とイデオロギー面を中心として政治、経済、軍事が画然と分かれていた。
グロバリゼーションの進行により人、物、金、情報、技術またテロまでが地球のあちこちまで拡散している。
 今やインターネットによる第4次産業革命、人工知能AIやBig Dataなど巨大な渦の中での米中の覇権争いとなった。
中国では人件費が高騰し、生産拠点を海外へ移す動きもある。
米中対立の激化は世界のどの国にとっても恩恵はない。
これから、日本の将来はどうあるべきか問われる時だ。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp
高槻ジャズストリートも無事終わりました。ご協力有り難うございました。


5月3日の出演者の演奏は次の通りです。




13:00〜13:50 「渡壁 美佐」(pf.vo)   

                    「籠谷 紗希」(vn) 

           映画音楽・ミュージカル他  皆で歌いましょう

14:00〜15:00 
「HOT SAUCE」                                                                      

    Eric Wiegmann: drums Julian Houseman: bass

    Tom Rush : keyboards      Kendall Wilson: trumpet

19:00〜19:50 
Band "LOOPLINE"

  Garry Lindon: bass   Jesse Forest: guitar

  Eric Wiegmann: drums   Tony Spruill   :  Saxophone


20:00〜20:40 「オンチューンBAND」

               懐かしいフォークソングの曲を歌います。

20:50〜21:20   「Yantoo & ichiro」

                デルタブルース





5月4日の出演者の演奏は次の通りです。




 15:00〜16:00 「D'Addario All Stars」  ジャズ                                                    

      Takumi Mura: guitar Cosmo Francis : bass

           Eric Wiegmann: drums   Tony Spruill: saxophone

 19:00〜21:00 

       Band:「Curtis Traylor Torio」                                                            

 Curtis Traylor:vocal  Eric Wiegmann:drums

 Katsuyuyki Nagano:guitar                 


20:10〜21:10   「 ELSA & LUNATICS 」

                   ジャズとラテン dance music

                        



  
Posted by morimoto0515 at 12:50Comments(0)全て

2019年05月17日

2019年高槻ジャズストリートもゴールデンウィークの5月3日、5月4日の二日間で無事終わった。

2019年高槻ジャズストリートもゴールデンウィークの5月3日、5月4日の二日間で無事終わった。
高槻を音楽で溢れる楽しい街にしようと言う思いから始まり、今年で21回目を迎えた。
 森本ビル屋上のイベントコートも会場になった。
初日はポコアポコのピアノ教室の先生、渡壁 美佐さんのピアノとボーカルと籠谷崎先生のバイオリンの共演で始まった。
お二人の映画音楽やミュージカルで会場が沸いた。
続いてエリック ウィグマンさんのラテンミュージックは素晴らしかった。
 その後、オン チユーンバンドによる懐かしのフォークソングで会場が沸いた。
好天に恵まれ、ビールやソフトドリンクもよく売れた。
 5月の連休のイヘントが終わり、街の中は静かになった。
にぎやかさもなくなり、何となく寂しい気がする。

 さぁ、仕事改革に取組もう。
ダラダラ仕事をしないこと、家に帰ったら仕事のことを忘れることだ。
もりもとは仕事をするのが楽しい若者を募集しよう。
 働くと言うことに生きがいを見つける。
未来をつくる人材がいる会社にしたい
今までにない何かを見いださねばならない。
そこに、社会的、経済的意味があるのだ。



5月3日の出演者は次の通りです。

13:00〜13:50 「渡壁 美佐」(pf.vo)   

                    「籠谷 紗希」(vn) 

           映画音楽・ミュージカル他  皆で歌いましょう

14:00〜15:00 
「HOT SAUCE」                                                                      

    Eric Wiegmann: drums Julian Houseman: bass

    Tom Rush : keyboards      Kendall Wilson: trumpet

19:00〜19:50 
Band "LOOPLINE"

  Garry Lindon: bass   Jesse Forest: guitar

  Eric Wiegmann: drums   Tony Spruill   :  Saxophone


20:00〜20:40 「オンチューンBAND」

               懐かしいフォークソングの曲を歌います。

20:50〜21:20   「Yantoo & ichiro」

                デルタブルース





5月4日の出演者は次の通りです。

 15:00〜16:00 「D'Addario All Stars」  ジャズ                                                    

      Takumi Mura: guitar Cosmo Francis : bass

           Eric Wiegmann: drums   Tony Spruill: saxophone

 19:00〜21:00 

 Band:「Curtis Traylor Torio」                                                            

 Curtis Traylor:vocal  Eric Wiegmann:drums

 Katsuyuyki Nagano:guitar                 


20:10〜21:10   「 ELSA & LUNATICS 」

                   ジャズとラテン dance music

                        

イメージ 1










酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 09:52Comments(0)全て

2019年05月01日

厳かな儀式のうちに平成は終わった。

 厳かな儀式のうちに平成は終わった。
今日から令和の時代が始まった。
平和と安寧を祝おう。
 今朝は自分でカレンダーをめくった。
清々しい気分だ。
これからは時間を大切にしたい。
また歴史、文学、漢詩や音楽を学びたい。
ゴルフもしたい。
旅行もしたい、いろんな世界を見てみたい。
争いやテロに巻き込まれたくない。
 毎年、歳をとるたびに目が見えにくくなった、耳も聞こえにくくなってきた。
でも自分では今まで見えなかったものが見える。
 また今まで聞こえなかったものが聞こえるそんな気がする。
僕はまだまだ第二の青春のつもりでいる。
楽しいことがいっぱいある。




MOビル3階に新たにもりもとの系列店Music Lounge ELSAとWine BAR Morimotoをオープンしました。

両店でもAir Payを導入してお客様にも喜ばれています。
明るく、健康的で、安い店ですのでふるってご利用下さい。


イメージ 1


イメージ 2



酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 11:29Comments(0)全て

2019年04月26日

社内で働き方改革についての勉強会をしている。

社内で働き方改革についての勉強会をしている。
今まで、何気なくやってきた無駄なことを省くのは難しい。
今まで当たり前であったサービスが当たり前でなくなる。
 酒屋という商売は利益の少ない重い商品をお客様に早く届けると言うことで成り立っていた。
少子高齢化の時代、重たいものを持つ配達員も少なくなった。
人手不足のなか時間給も高騰してきた。
 御用聞き配達は高くつくようになった。
お客様に少々不便をかけても、そのサービスを見直さなければならない。
過剰サービスをいかにやめるか。
仕事をできるだけシンプルにしなければならない。
物分かりの悪い人と、わからず屋の人と話し合っても、時間とエネルギーの無駄な気もする。ただストレスが溜まるだけだ。
 働き方改革で大事な事は、長時間、働かなくても、今以上に成果を上げ短い時間で生産性を上げることだ。
暇な人ほど返事が遅く、声が小さい。
忙しい人ほど返事が早く声が大きい。
 そのためにはA I 化に取り組み、仕事を標準化することだ。
ダラダラ仕事をしないこと、家に帰ったら仕事のことを忘れることだ。
もりもとは仕事をするのが楽しい若者を募集しよう。
働くと言うことに生きがいを見つける。
 未来をつくる人材がいる会社にしたい。
面白いプロジェクトを与えて、革命的なことをすれば、人材が集まる。
 今までにない何かを見いださねばならない。
そこに、社会的、経済的意味があるのだ。
間もなく、令和の時代に移る。
世の中、変わる。商売、変わる。酒屋は変わる。
日暮れて道遠しだ。

MOビル3階に新たにもりもとの系列店Music Lounge ELSAとWine BAR Morimotoをオープンしました。

両店でもAir Payを導入してお客様にも喜ばれています。
明るく、健康的で、安い店ですのでふるってご利用下さい。


イメージ 1


イメージ 2


 酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
お酒のデパート もりもと
  http://www.morimoto.co.jp
  http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/  
Posted by morimoto0515 at 10:09Comments(0)全て

2019年04月14日

いよいよ10連休が近づいてきた。

いよいよ10連休が近づいてきた。
公務員や大企業に勤務する人が羨ましい。
世間では働き方改革も順調に進んでいるのかも知れない。
 今まで、酒屋という商売の原点はやる気のある人が時間に関係なく働く。
そして仕事を楽しくやることだった。
儲からない商売を細く、長く続けることによって儲かる商売にすることだった。
家族経営のぬくもりが伝わってくる、そこから生きがい、やりがいを見いだした。
少子高齢化が進む中、手間、暇かかる仕事が高くつく仕事になってきた。
 今まで、当たり前のサービスが当たり前でなくなってきた。
お客さまにとっての本当のサービスとは何か、真剣に考え直さねばならない。
もりもとは御用聞き、配達、集金などの改善に取り組んでいる。
しなくてもいいような仕事やもっと効率化できる仕事に時間をとられすぎている。
目先の仕事にとらわれて、大事な仕事に時間をかけていないのではないかを考え直してみたい。
 人は変化を嫌う生き物だ。
多くの人は現代社会に疲れている。
肩の力を抜くことも必要かも知れない。
現状を変えたい。
ゆとりある仕事を考えたい。
思い切って、この5月5日、6日連休の2日間を閉店することとした。
一度休み癖がついて、怠け癖がついて当たり前のようになるのも怖い。
何かいい知恵がでるかも知れない。
 コンビニも人手不足でビジネスモデルが揺らいでいる。
24時間営業を見直す動きもでてきた。
地域によって、コンビニが集中し、客や人手の奪い合いが起こっている。
採算が悪化し借金がかさみ閉店せざるを得ない店もでてきている。
 酒店として生産性を上げるのは難しい商売だ。
今年は年号も令和に変わる。
消費税も10月から上がる。
 商売のやり方も大きく変わる。
いよいよ、キャシュレスの決済の戦国時代を迎える。
もりもとでは今までのクレジットカード決済に加え3月よりQRコード決済Pay Payを新たに導入した。
間もなくLine Payも開始する予定だ。
お客様の利便性のアップと集客につなげたいと考えている。
 MOビル3階に新たにもりもとの系列店Music Lounge ELSAとWine BAR Morimotoをオープンしました。


イメージ 1


イメージ 2




両店でもAir Payを導入してお客様にも喜ばれています。
明るく、健康的で、安い店ですのでふるってご利用下さい。



酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 12:26Comments(0)全て

2019年04月02日

元号が「令和」と発表された。

 元号が「令和」と発表された。
皇太子さまが新天皇に即位される5月1日に改元される。
日本の古典「万葉集」から採用し、未来に向けて進歩、発展していくとの気持ちがこめられている。
初春令月、気淑風和、梅披鏡前之粉、蘭薫珮後之香。
初春の令月にして、気淑よく風和ぎ、梅は鏡前をひらき、蘭ははいごの香を薫らす。
早春、よい月にさわやかな風が吹く。梅の花が鏡の前で女性がおしろいをつけているように白く咲く。蘭は貴人が身につける香り袋のように香っているという文意だ。
 日本の最初の元号は「大化」。645年中大兄皇子・中臣鎌足らが強大化した蘇我氏を滅ぼし、天皇中心の中央集権的な国家造りが始まった頃、制定された。
それから令和は248番目の元号になる。
 日本が新しい時代に歩みだすにふさわしい、将来に対する夢や希望を抱き、実現していける年号だと国民や経済界からも歓迎されている。
いよいよ新しい時代へのカウントダウンが始まるのだ。
 元号変わる。世の中変わる。商売変わる。
もりもとは、今までにない何かを考えよう。
今まで何気なくやってきたムダなことを省くこと。
そして今できることから実行し、夢をもって前進しよう。
 もりもとはこの5月1日を社員一同、働き方改革元年としたい。


酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 16:39Comments(0)全て

2019年03月29日

選挙の動きがあわただしくなってきた。

選挙の動きがあわただしくなってきた。 選挙の動きがあわただしくなってきた。
高槻市では4月30日に市長、市会議員、4月29日に大阪府府会議員選挙が実施される。
僕の店、もりもと本店は阪急高槻市北駅前にある。
選挙のたびに、うるさくてしかたない。
いろんな候補者がくる。
明るい、住み良い町をめざして町の活性化を図るとい候補者はいないのは淋しい。
議員も人手不足なのかなぁ。
 世の中は知らぬ間に、どんどん変わってしまう。
高槻の玄関口の顔になる駅前が大変コダゴタしている。
目ざわりな看板や広告物、放置自転車が多くて、雑然としている。
 駅前周辺は放置自転車で溢れている。
阪急高槻市駅は乗降客が1日6万5千人ある。
阪急でも梅田、三宮、十三、京都烏丸、西宮、茨木市、高槻市7番目に大きい駅だ。
隣の茨木市、吹田市、豊中市や島本町の方は人口が増えている。
 高槻市の人口は減っている。
皆さん、変だと思いませんか、もう一度考えて欲しい。
 それは高槻の顔になる北駅前がコダゴタしているからだ。
人と車と自転車の動線が悪すぎるのだ。
病院や買い物にきても家を買って住む気にならないからだ。
関西大学、大阪医科大学、高槻高校・・などいい学校、いい病院などの施設が沢山がある。
 松坂屋や西武百貨店があり買い物は大変便利だ。
京都と大阪の中間にあたり、便利な立地にある。
JR高槻駅には特急のサンダーバードも止まるよぅになった。
はるかに乗って関空まで楽に行けるようになった。
名神高槻のインターチェンヂも完成した。だのに高槻市の人口はへっている。
 表玄関にふさわしい駅前に手直して、歴史的、文化的、芸術的な匂いのする町をアピールしなければならない。
そのためには、電柱を地下埋設し、駅前ロータリー、タクシー乗り場やポリボックスなど施設を設け、すっきりとして、人と自転車、バスの流れを見直すこと、これが一番大事なことだ。
「高槻の未来を考える会」として阪急駅前の住民は官民一体となって明るい、住み良い町をめざして町を活性化する、人にやさしい町づくりを進めていく。
誰か、ビジョンをもつて町づくりを進めてくれる議員はいないのか。
 選挙の時こそ、駅前住民の声を聞いてより良い町にして欲しいものだ。

イメージ 1イメージ 2イメージ 3イメージ 4



酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 16:35Comments(0)全て

2019年03月10日

深刻な人手不足が続いている。スマホを使ったQRコード決済を昨日より始めた。

深刻な人手不足が続いている。
小売り・外食企業で年中無休や24時間営業見直しの動きが出てきている。
コンビニは深夜帯で店の商品の並べ替えなどの商品管理、配送の効率化、地域の防犯上のインフラとしての役割を担ってきた。
 僕はふと思う。コンビニがオーバーストアではないだろうか。
何処へ行ってもある。競争も激しい。
たしかに便利にできているが長時間の光熱費や労働力の無駄づかいではないのか。
国民経済的、社会的な大きなロスになるのではないのか。
人手が確保できなければ、店を閉店するしかない。
 すべてにおいて規制緩和されすぎている。
働き方改革にも限界がある。
法律で営業時間や休日の規制することも必要ではないのか。
 今、スマートフォンを使った決済分野での競争がはげしくなりつつある。
スマートフォンを一人一台持つ時代、店としての情報を発信し、店に来店してもらう仕組みは必要不可欠になった。
経済産業省はこの3月5日に消費税率引き上げ時にキャシュレス還元制度でクレジットカード会社など決済事業者の募集を6日より開始すると発表。
4月からは小売りの加盟店の募集が始まる。
ポイント還元は中小店舗で買い物した際、キャシュレス決済した消費者に、各決済事業者のポイントを提供する仕組みだ。
 消費データという金脈を握るスマホ決済は既存の金融機関勢を追い越し、LINEや楽天が先行しているという。
今、みずほフィナンシャルグループと地方銀行の連合のJコインペイ、メルペイ、LINE PAY、楽天ペイ、ヤフーとソフトバンクが出資するPayPay等のサービスが乱立している。
陣取り合戦はますますはげしくなる。
 ネットからリアル店舗へ迫りくるデジタル変革の波は小売業の成長の可能性を秘めている。
IT革命からIoT、Iphoneイノベーションへ移る。
仕事が変わっていく。ビジネスが変わっていく。
まさに第4次産業革命かも知れない。
 もりもとではスマホを使ったQRコード決済を昨日より始めた。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 12:13Comments(0)全て

2019年02月22日

先週、商用かねてフィリッピンへ行った。

 先週、商用かねてフィリッピンへ行った。
関空から4時間半ぐらいで、マニラ空港に着いた。
関空では寒くて冬装束なのに、マニラは夏気候、温度差には驚いた。
マニラ湾の夕日は素晴らしかった。
あっという間に夕日が沈んでいく。あとは何となくわびしい。
The sun is rising in the east, the sun is sinking in the west.
僕は朝日の方が勢いがあって好きだ。
 ペニシュラ マニラで泊まった。
都会のど真ん中、マカティー地区にあるリゾートホテルで素晴らしかったが、トイレがウォシュレットでないのが気にいらなかった。
 翌朝、タガイタイの観光に行った。
山の山頂からの眺めはすばらしかった。
まだまだ未開の自然が残っている。
 竹でつくられたパイプオルガンのある古い教会や又元マルコス大統領の実家も立ち寄った。
 マルコスは、フィリピン共和国第10代大統領で独裁者だった。
日本軍がアメリカの植民地だったフィリピンに進出した当時、中尉だったマルコスは、3人の新兵と共に、後方の日本軍前線を突破し敵兵の50人を殺害、また日本軍の迫撃砲を破壊し、さらに日本軍の捕虜となった。
拷問をかけられながらもこれに反撃して脱出し、20年間にわって権力を握ったが、1989年にハワイへ亡命した。 イメルダ夫人に看とられながら病没した。
遺体はフィリピンへの帰還後、北イロコス州バタック町にある実家の霊廟にて、冷凍保存されていたが、英雄墓地に土葬されているという。
 野党勢力のベニグノ・アキノ上院議員が帰国時にマニラ空港で暗殺された。
未亡人、コラソン・アキノが大統領となった。
 その後、ドゥテルテが大統領となった。
麻薬撲滅のために厳しい態度で臨み、麻薬犯罪に関わる容疑者を裁判にかけることなく逮捕の現場で射殺するという残酷さで恐れられている。
 フィリッピンは100の島々からなりまだまだ未開の自然が残っている。
経済発展とともに経済格差が広がっている。
富める人、そうでない人の貧富の差が広がっているらしい。
マカティー地区の近くでも、スラム街と見事な近代建築とは対照的だ。
ショツピングモールやカジノのような不夜城もある。アメリカのラスベラスのようだ。
 車の混雑もすごい。インフラ整備も急がれる。
食欲がないので、シャングリラホテルの日本食へ出かけた。
天ぷら、みそ汁、寿司は旨かった。

その日は、疲れてぐっすり寝込んでしまった。

 5月のジャズストリートのプログラムもきまった。また忙しくなる。



イメージ 1




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 18:13Comments(0)全て

2019年02月08日

情報技術の進歩や人手不足の深刻化、社会構造の変化により小売業の店舗や事業モデルは大きく変わろうとしている。

情報技術の進歩や人手不足の深刻化、社会構造の変化により小売業の店舗や事業モデルは大きく変わろうとしている。
スーパーマーケット業界では昨年12月にアークス、バロー、リテルパートナーズの3社による「新日本スーパーマーケット同盟」が発足し、戦略的な資本業務提携を発表した。各エリアの独立系食品系流通企業の生き残り策として、それぞれのノウハウをいかし協業をすすめるそうだ。
 また、近い将来コンビニエンスストアが全国各地の銀行窓口業務を果たすようになるのかも知れない。
 中国ではキャシュレス化がすすみ、QRコード決済は人間の生活に深く浸透している。
財布を持ち歩かなくとも、買物、タクシー、映画館、屋台、家賃・・支払に至るまでスマホ決済でできる。
 僕も昨年11月に高槻商工会議所の主催の異業種交流会の中国ツアーで常州市、上海市を訪問した。
セルフ清算レジやキャシュレス化などが日本よりすすんでいるのに驚いた。
 日本では、2019年10月に消費増税が実施される見通しだ。
これを機に、消費増税対策としてキャシュレス決済を利用した5%をポイントとして還元される。
期間は2020年の東京オリンピック前までの9ケ月。
中小小売店でクレジットカードや電子マネー、QRコードなどを利用した決済が対象。
 ポイントを発行するカード会社などを通じて還元し会社負担分を国が補助するのが大まかな仕組みのようだ。
消費増税の悪影響を最小限にし、キャシュレスを大きく普及させるのが狙いだ。
 また政府は2019年、中小企業のIT(情報技術)ツール導入に最大、450万円の補助金を支給するそうだ。
会計ソフトや顧客情報を一元管理するクラウドシステムなどの導入費として経費の半額を国が負担する。
業務の効率化を後押しし、生産性向上につなげる。
中小企業の生産性を向上させることで地方の景気の下支えにしたい考えだ。
大規模なポイント還元で、少しでも消費税の影響を少なくしたい。
 世の中変わる。商売変わる。
これからが大変だ。
 人生100年時代を迎えて、従業員一人ひとりが人間らしい働き方改革をし、同時に生産性の向上をはからねばならない。
 中国では、今春節のさなかだ。
もりもとでは、紹興酒やマオタイ酒がよく売れている。



酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 11:35Comments(0)全て

2019年01月24日

中国のアリババのスマートフオン経済圏が急成長している。

中国のアリババのスマートフオン経済圏が急成長している。
スマホ決済を軸に通販や生鮮スーパー、金融、医療などのすべてをカバーするサービスを提供している。
利便性の代償は個人情報だ。
購買履歴や関心や生体認証・・また公共料金、学歴、交友関係、個人の信用度など膨大なデーターがかき集められ、記録される。

このビッグデーターが中国政府の国家戦略として位置づけされ、経済発展を促進している。
 日常生活では、顔、声、静脈、指紋などを事前に登録しておけば、他人に偽造されるリスクも少ない。
この生体認証システムはセキュリティーの強化にもなり、銀行のATMなどでも導入が急速に広まっている。
  レジを開発したアリババはすでに6億人の顧客情報を抱え込むことで人工知能(AI)等の技術で世界の最先端を走っている。
 また顧客の格付けをする。
評価システム「芝麻ゴマ信用」のスコアは車の保有やカード支払い状況が良いと上がり、優遇が増える。
就職やお見合いでもスコアを参考にするとの声が出ている。
 中国のスマホ社会はいまや世界最大だ。
支払いはスマホ決済に限るという店舗も出てきている。
 日本は規制やしがらみが多い。
お客は手に取って、日付が新しく、鮮度が良いものを選びたい。
なじみの店で、知っている店員のもとで買いたい。
僕の自宅は駅近でスーパーやコンビニがたくさんある。
リアル店舗の利便性が高い。
そのことでは駅近で、贅沢と云えるのかもしれない。
でも住むには騒々しい。
 先進国では日本が世界で最初に少子高齢化社会に突入するため、多くの地域・産業で深刻な人手不足が発生する。
売れる店、売れない店の格差ついてくる。
 これからは、スマホカメラで店内やショーケースの棚の商品をとらえ、レジに運ぶ。
家にいながらにしてスマホで買物ができる、夢の世界が実現できるかも知れない。
 まさにvirtual in realの世界になる。
中国のスマホ世界を他山の石としたい。
 もうすぐ、中国では春節を迎える。
もりもとには「旨い酒、中国酒がそろっている」まさにお酒食料品のデパートだ。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp


  
Posted by morimoto0515 at 18:22Comments(0)全て

2019年01月12日

日産自動車のカルロス・ゴーン元会長(64)をめぐる一連の事件で拘留は二か月にも及んでいる。

 日産自動車のカルロス・ゴーン元会長(64)をめぐる一連の事件で拘留は二か月にも及んでいる。
会社の私物化を浮き彫りにする基礎内容にたいしてゴーン会長は無実の主張を貫いている。
 日本の司法制度のあり方について、海外からさまざまな話題をよんでいる。
「共産主義、中国での出来事か?」「いや資本主義、自由主義、これが日本か」「弁護士立会のない取り調べが毎日続くはかわいそうだ」「フランスだったらマクロン大統領の友人だから逮捕されないだろう」・・。
 東京地検の取り調べも厳しいかもしれない。
でも容疑が晴れるまで日本の司法制度で裁かれるのは仕方がない。同情の余地はない。
 地位を問わず、犯罪の疑いがあれば必要に応じて身柄を拘束し、取り調べを実施するのは当然だ。
大物の国際人だからといって容易にねじ曲げることはできない。
ルノーの筆頭株主のフランス政府が推定無罪の原則をとるのもおかしい。
 法は万民に平等だ。
私的な通貨取引で18億5千万円に上る評価損の付け替え、またサウジアラビアの実業家ハレド・ジュファリ氏へ12億8千万円の支出・・。
また有価証券報告書に過少に記載した金融商品取引違反、8年先送りした報酬額91億円・・。
 余りにも日本をなめているとしか言いようがない。
今まで何かおかしいと進言できる人が日産にいなかったのも不思議だ。
当分、ゴーン氏のいない日産の経営も混乱するかも知れない。
 今後の裁判の行方が注目される。
この1月14日成人の日だ。
何か心にのこるギフトを送ろう。
もりもとには「旨い酒がある」「美味しいものがある」「珍しいものがある」まさにお酒
食品のデパートだ。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 16:25Comments(0)全て

2019年01月10日

2019年、新年を迎えた。

 2019年、新年を迎えた。
年明けから世界の株式、金融市場は荒れ模様だ。
株価も激しく乱高下している。
 米アップル社の不振によって世界経済の警戒感が高まっている。
アップル社はスマートフォンの新型3機種の台数を1〜3月に計画より10%減らし、その余波が電子部品メーカー、取引先企業にもひろがってきた。
世界最大の中国のスマホ市場での販売減がiphoneの売上高で18兆円に上るアップル経済圏を揺るがしている。
 米中の貿易戦争も次第に深刻になりつつある。
中国の技術移転強要、知的財産権侵害、ハイテク産業育成「中国製造2025」など構造的な問題解決は難しい。
 アメリカのビジネスモデルをコピーすることによって中国のオンラインショツピングの売上高は90兆円にも達した。
モノマネ大国からイノベーション大国へ変わる中国、イノベーションをめぐる米中の覇権争いの解決は容易ではない。
アメリカのトランプ大統領はロシア疑惑で追及が強まるなか、自分自身の身をまもるため、なりふり構わない過激発言している。
 また中東政策をめぐってマティス国防長官が辞任した。
中東やヨーロッパ政治・経済の混乱はおさまりそうにない。
また北朝鮮やロシアなど世界情勢は大きく変わる。
 今年は年号も変わる。消費税も導入される。
小売業にとってはセルフ清算レジやキャシュレスレジの導入など生産性の向上は待ったなしだ。
世の中変わる。商売変わる。
社員一同で作業改善に取り組み、働き方改革をおしすすめていかねばならない年だ。

 もうすぐ中国の春節を迎える。
もりもとには「旨い酒がある」「美味しいものがある」「珍しいものがある」まさにお酒

食品のデパートをめざしている。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 11:41Comments(0)全て

2018年12月18日

先日、近くのカインズへ買い物に行った。

 先日、近くのカインズへ買い物に行った。
いつもの対面レジが混雑していた。
 恐るおそる、空いているセルフ清算レジを使ってみた。
先ず、ポイントカードいれ、買物商品を次々にバーコードあてて袋へいれると最後に買物合計がでる。
画面で現金かクレジットを選択するようになっている。
クレジットを選んだ。レシートが2枚でてきた。
すぐさま、店員がかけつけサインをして1枚を渡した。
 成る程、便利にできている。
僕達、年寄は買物客が後ろに並ばれると何となく気ぜわしくなり、間違えるかと不安になる。
これから、スーパーもこのような無人清算レジにかわっていくのだろうか。
 レジを通さず、袋へいれるとどうなるのか、盗難カードのチェックはできているのか。万引きはどうなるのか、お客を監視する店員も大変だ。
これからは万引きをどう防ぐのか問題だ。
小売業にとって生産性向上は待ったなしだ。
 また一方ではキャシュレスの動きが加速している。
日本はこの分野は世界と比較して遅れをとっているそうだ。
 政府も来年の消費税増税ではカード支払にポイントを付与したり、決済システム導入に補助金をだすだの国をあげてキャシュレスの方向に動き始めた。
無人レジでキャシュレス決済システムの導入もそう遠い未来ではなさそうだ。
 スマホ決済による顧客囲い込み、争奪戦も始まっている。
今年も残り少なくなった。
 もりもとには「旨い酒がある」「美味しいものがある」「珍しいものがある」まさにお酒

食品のデパートをめざしている。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 13:54Comments(0)全て

2018年12月12日

日産自動車の会長、カルロス・ゴーン容疑者(64才)が90億円の「報酬隠し」で逮捕された。

日産自動車の会長、カルロス・ゴーン容疑者(64才)が90億円の「報酬隠し」で逮捕された。

側近の前代表取締役・グレッグけりー容疑者は有価証券報告書に14年度のゴーン氏の役員報酬が約100億円なのに退職後に受け取る約50億円を報告書に記載しなかったとして先月19日逮捕された。

関係者によると2人とも約50億円は受け取ることが確定しておらず、記載の義務はないと容疑を否認しているという。

 1999年、日産は約2兆円の負債を抱え破綻寸前だった。

2000年にはV字回復を果たした。

ルノーは日産に出資し、43%の株を握った。

近年の業績はふるはない、ルノーは事実上、日産の親会社だが今では利益も技術も「おんぶにだっこ」だった。利益の半分は日産に依存していた。

 高い役員報酬、目に余るかずかずのゴーン氏の疑惑。

タックスヘブン(租税回避地)、バージン諸島にあるダミー会社、ブラジルリオにもつ高級マンション、レバノンベイルートにもつ別荘やパリのエッフェル塔に隣接する高級住宅などの費用も日産に負担させていた。

ゴーン氏は日産を食いものにされたとしかいいようがない。

とんでもない公私混同、私物化ぶりが次々に明るみになりつつある。

 19年間、日産に君臨し続けたゴーン氏が帝王の椅子から引きずりおろされることになった。

フランスのマクロン大統領は勾留中のゴーン氏の体調を気遣いながら、仏ルノーと日産、三菱自動車の3社連合の提携関係を要望している。

ルノーは舵取り役を失った株主から経営刷新を求める動きもあり、フランス政府も難しい対応を迫られている。

 もうすぐX'masだ。

もりもとには「旨い酒がある」「美味しいものがある」「珍しいものがある」まさにお酒食品のデパートだ。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 11:25Comments(0)全て

2018年12月08日

中国の通信機器最大手華為技術(ファーウェイ)の最高幹部、孟晩舟氏(CFO)が米政府の要請を受けてカナダ当局に逮捕された

中国の通信機器最大手華為技術(ファーウェイ)の最高幹部、孟晩舟氏(CFO)が米政府の要請を受けてカナダ当局に逮捕された。
米国が経済制裁を科すイランに違法に製品を輸出した疑いとされる。
 ファーウェイは中国のハイテク産業を代表する企業、2017年特許の国際出願件数は圧倒的に世界トップ、スマートフォンの出荷台数で米アップル社を抜き第二位。
通信基地局ではスウェーデンのエクソン、フィンランドのノキアを抑えて世界一位だ。
まさに習最高指導部の経済政策の代表企業だ。
 民間人の逮捕だが、中国にとっては特別の意味がある。
トランプ政権は中国にIT技術が盗まれないよう産業の摘発に力を入れ、何人もの中国系技術者を産業スパイで逮捕している。
 中国では中央組織部に海外の先進技術を中国に導入する目的で、海外高度人材招致プログラム「千人計画」が用意されている。
過去10年間で約800人が認定され、一人100万元(1600万円)の補助金が支給される。子女の教育の手配まで至せり尽くせりの制度があり本国にポストを用意して呼び戻すという。
 米国はシリコンバレーへの中国マネーの流入も絞り始めた。
AI(人工知能)や自動運転など米中が開発に凌ぎをけずる次世代近代技術はネットワークかされ世界中で使われている。
規格の主導権を握れば軍事面でも有利になる。
 米国で学ぶ中国人留学生は約35万人、ハイテク業界は中国が支えている。
ヒトやマネーの往来の禁止はまさに「ハイテク」鎖国になる。
 今のデジタル戦争を率いるのは米中共にプラットホーマー(基盤提供者)と云われる一握りの企業だ。
ネットで集めた膨大な情報を活用してそれぞれの分野で収益をあげている。
主な企業はグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルの米4社、中国のアリハバ、ティンセントだ。株価は5年間で驚異的に上昇した。
米政府がファーウェイなど取引禁止を打ち出すと企業のサプライチェーンにも大きな影響を及ぼす。
 米国は今まで中国技術が遅れていてこれほど早く追いつくとは考えていなかった。
その謎は中国が国際ルールを無視し続けたことにある。
 中国は市場を餌に、外国企業の中国進出を強く促し、いったん進出すると「市場と技術交換」を迫り外国企業に技術移転を強要した。
 米国などの先進国の知的財産と中国の安い労働力の組み合せのモデルかも知れない。
 先月10月米国の対中貿易の赤字も431億ドルと過去最大を更新した。
中国企業への警戒感は強い。世界の株価も大きく値下がりしている。
米中貿易戦争もますますきびしくなりつつある。
 今年のもりもとのボジョレーヌーヴォーの会も楽しいうちに終わった。
今年も繊細でエレガントな風味に仕上がり、そしてフレッシュさの中にも果実味の凝縮された芳香な風味はすばらしかった。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 17:56Comments(0)全て

2018年12月05日

高槻異業種交流の旅行で上海・常州市へ行った。

先月11月に高槻異業種交流の旅行で上海・常州市へ行った。
関空から2時間程で上海・浦東国際空港へ着いた。
空港で驚いたのは指紋、顔認証のシステムが思った以上に進んでいる。
 蘇州市近くのショッピングセンターTmallに立ち寄った。
売場でやっている朝礼風景を見た。
短時間で従業員の皆が、大声で話している。大変活気があった。
 現金では使えない自動販売機をみた。
スマホで決済するらしい。
買物においてもキャシュレスの決済が進んできている。
話によるとアリペイ決済を使って「ネット通販のアリババがすごい勢いで売上を伸している」ということだった。
 習近平氏の国家戦略でハイテック産業の高度化を掲げ「中国製造2025」を目の当たりした。
AIを使った自動運転など米中が開発しのぎを削る次世代技術はネットワークかされ、世界中でつかわれる。
規格の主導権を中国がにぎれば、軍事面でも有利になる。
 アメリカなどの先進国の知的財産と中国の安い労働力の組合せのモデルかも知れない。
米中貿易戦争もますますきびしくなりつつある。世界は大きく変わる。

二泊三日の旅だった。
AI人工知能とITを使ってますます便利な都市に変わっていく。
上海のはなやかな中国の現実を見た

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 18:15Comments(0)全て

2018年11月06日

1893年イリノイ州シカゴで創業した小売の名門、シーアーズ・ホールディングが経営破綻した。

 1893年イリノイ州シカゴで創業した小売の名門、シーアーズ・ホールディングが経営破綻した。
負債額は113億ドル(約1兆3000億円)。
同社は「シアーズ」とディスカウントストア「Kマート」約700店を運営している。
2011年から7年連続の赤字、閉店と資産処分、そしてコストカットを続けていた。
 消費者が求める商品を幅広く提供する総合小売業をいち早く展開し、かっては小売の王様といわれた。
シアーズは、80年代まで大型店化を図りながら、チェーンストアを目指した日本の小売業の「到達モデル」だった。
 日本でもダイエー、イトーヨーカ堂・イオン・マイカル(旧ニチイ)・ユニー・長崎屋などは、シアーズをモデルに誕生した。
 また家電量販のラジオシャックや玩具販売のトイザラスも経営破綻した。
アメリカの小売業の地図は大きく塗り替えられていく。
 今、米国の小売業はアマゾンの豊富な品揃えと早くて、便利なElectronic Commerceシステムにおされ、生き残れをかけて対抗するのは容易ではない。
 日々の大量データーをリアルタイムで分析し、需要の予測や在庫の適正化につなげている。最先端のシステムは新しい、ビジネスに必要なツールとして対応している。
AIや、ビッグデーターの活用の時代についていくのは難しい。
 僕らが便利に使っている米国のマイクロソフトウインドゥズも老朽化しいずれ使えなくなる。ITのあり方を見直すべき時にきているのかも知れない。
 めっきり秋らしくなってきた。
もうすぐもりもとボジョレーヌーヴォーのお祭りだ。三日間で250名ほどの申込みをいただいた。楽しみだが、何が起こるかわからない。
神様、無事おわりますよぅに。あーめん。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 18:18Comments(0)全て

2018年10月30日

解剖学者、養老 孟司氏のサターデーエッセイ中で面白い話を聞いた。

解剖学者、養老 孟司氏のサターデーエッセイ中で面白い話を聞いた。
「今日は日頃不思議に思っていることをお話ししたい。・・・」
アメリカとはどんな国なのか、どうして出来たか、アメリカはいろんな国からいろんな人が集まって出来た国。
 日本とは身近な国。違う背景の人、異文化の人が集まってできている、日本とはちょっと違うのだ。
日本にはそれぞれの人には先祖があって仏壇がある。
 アメリカには一般的に通用するルールがある。
皆に関係することは何か。それは理屈というものだ。
その理屈通り動く機械コンピューターなのだ。
アメリカ社会ではコンピューターが進んで、理屈通りに動く社会になっている。
一定方式でやると正しい答えがでる。
 アリゴリズムという計算のやり方で理性的に物事を考えるのだ。
このことはコンピューター的で偏見が出ない、データー通りの事がでてくる。
ゴミをいれるとゴミがでてくる。
良いか、悪いかは判断してくれない。データー通りの答えがでてくる。
 これをアメリカ人は客観的なことでFAIR、公平といいます。
手続きを公平に、物事を推し進めていくと何が起こるのか、格差社会になっていくのだ。
アメリカのシカゴのスラムに住んでいる人と山の手の高級住宅地に住んでいる人と比べて何がおこるか。
 それぞれの地域に住んでいる人が会社に就職するにあたって願書をもっていくとする。
会社にはビッグデーターが集まっている。
それぞれの地区で一般の人の収入から始まって、その人の車の事故率、平均寿命、離婚率、犯罪率などがどの位、全部すぐにでてくる。
これを点数に置き換え、それぞれの志願者の点数に置き換えてしまうと当然良い所に住んでいる人の点数がよくなる。
初めから差がついてしまう。公平だが、現実のものがでてくる。
客観的に選んでいくと金持ち社会で生まれた人はやっぱり有利になっていく。
 長い目でみると金持ちの人はどんどん金持ちになって、貧乏の人はどんどん貧乏になっていくといことになる。
 しかもインチキのないFairなデーターにもとづいている。
100人に一人、1%の人が99%の富をもって金持の人だと云われる。
実際、アメリカは一万人が金持ちで、十万人に一人が大金持ちの格差社会だ。
 アメリカは民主主義社会で皆の意見で社会を運営しているのに何故に極端な格差社会になっていくのだろうか。
 それは人が理性に頼ることに原因があるのではないだろうかと思う。
理屈はコンピュターでもいいが、理屈だけで人間を動かす、世界を動かすことは決して幸せに結びつかないのではないか・・・」と。
 今はAIがどんどん進んでコンピュターシステムに取り組む時代になってきた。
子供や大人がコンピュターゲームにはまり夢中になる。
世の中だんだん便利になっていく。
仕事を効率よく動かすツールとしては便利なものだ。
 孫の一人がお爺ちゃん、俺、大きくなったら、ゲーマーになって金持ちになりたいといいだした。
コンピュターゲームを趣味として、スポーツ選手のようにお金を稼ぐマニアなりたいのだろうか。少し前まではスキーやテニスの上手い、子供だったのに。
 僕は返答にこまった。
時間がもったいない、子供の成長期に、ゲームをすることよりももっと大事なことがあるのにと思った。
 世の中は理屈でわからないものが多い。
何事も苦労しないと幸せが分からない。
目に見える華やかなものよりも、目に見えないものがもっと大事なのだ。

 めっきり秋らしくなってきた。

もうすぐボジョレーヌーヴォーがやってくる。楽しみだ。


酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 14:44Comments(0)全て

2018年10月23日

サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された。

 サウジアラビア人記者ジャマル・カショギ氏がトルコ・イスタンブールのサウジ総領事館で殺害された。
 殺害疑惑へのムハンマド皇太子の関与説がくすぶっている。
カショギ氏を帰国させるため、サウジの男15人グループをイスタンブールに派遣。
結婚手続きのためきていた、カショギ氏の首をしめて口をふさいで殺害したという。
殺害後、総領事館を出たように偽装し、一人がカショギ氏の衣服やめがねを身に着け、総領事館から外へ出た。
遺体はカーペットでくるみ、遺棄するためにイスタンブールに住む協力者に渡した。
サウジの上層部にはカショギ氏は解放したとウソの報告をしていた。
 カショギ氏は米国を拠点にムハンマド皇太子を鋭く批判し、米国で亡命生活を送っていた。
アルカイダの元指導者ビンラディン容疑者にも複数回インタビューするなど最も著名なジャーナリストの一人だった。
サウジ国内で絶大な影響力をもつ宗教界批判の記事を掲載していた。
 ムハンマド皇太子は石油に頼らない経済づくり、女性の社会進出、ハイテク産業などで国の近代化に力をいれ、サウジで国際経済会議もこの10月23日〜25日に予定されている。
サウジアラビアという国は石油に頼って、働かなくても、食べていける社会保障も完備され豊かな国だった。そのかわり国民は政治に口出ししないという国柄だった。
サウジには言論の自由はない。多数の王族がいる宗教国家だ。
 この事件をきっかけにサウジのイメージが悪くなっている。
日本にとっても、石油輸入の4割近くをを依存している大切な国のひとつだ。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 12:16Comments(0)全て

2018年09月28日

ドル決済を自由にできる米国、米国債を大量にもつ中国、貿易戦争は勝者のない血みどろの戦いになっていく。

米中貿易戦争はますますきびしくなりつつある。
9月24日、米国は中国への関税の第3弾として日用品など2000億ドルに10%アップを実施した。
第1弾として7月6日に半導体など340億ドルに25%関税アップ、第2弾として8月23日に化学品などに160億ドルの関税を発動した。
中国も第1、第2弾までは対抗したが、追随できず、警告を無視、通商交渉も拒否した。
 ドル決済を自由にできる米国、米国債を大量にもつ中国、貿易戦争は勝者のない血みどろの戦いになっていく。
中国が米国債を売却すれば、世界で米国債の暴落が起こり、米国の経済も弱くなるかも知れない。
 今のアメリカの経済は強い。2%だった成長率も3%以上と過去とは異なる強い成長を続けている大型減税で景気をふかし、保護主義的な姿勢を強めている。
 米中はきびしい協議が続くだろう。
米国が輸入品対し高率の関税をかければ、輸入は減る。しかし米国の消費者は高くなった輸入品を買わされることによって損をする。
競争力のある輸出企業はダメージを受ける。貿易戦争には勝者がない。
 アメリカでは中間選挙が近づいている。
数々のスャンダルが表面化し、世界では評判のよくないトランプ大統領の支持率は全くゆるがない。不思議だ。
言いたいことをハッキリ、スバッというのが頼もしいのかも知れない。
 トランプ大統領は国連でも孤立している。圧倒的な軍事力と経済力を誇示し、米国の有利な条件を引出しながら相対的に譲歩を迫っていく。
イラン問題にはかってないほど厳しい追加制裁を検討していると攻撃した。
アメリカは中国にとって最大のお客さまであり、損をするのも中国だ。
 中国では食料が高騰し貧民層は苦しくなってくる。
一帯一路構想を掲げる習近平氏、中国は他国への経済援助をかかげながら実質的には借金漬けによって他国を支配していく。
世界中で中国の経済支援に警戒感が高まっているという。
また習近平氏の個人崇拝にたいする批判も起こりつつある。
噂によると、今までに9回も暗殺未遂に遭遇しているそうだ。
中国も大動乱に入っていくのかも知れない。
 これからの日本の行く末はどうなるのだろう。
車の追加関税は当面避けられたようだが、日米物品協定は年明けになる。
何が起こるかわからない。
 間もなく、ボジョレーヌーヴォーがやってくる。
今年のぶどうの出来栄えは良さそうだ。楽しみだ。
解禁は11月15日木曜日だ。
もりもと屋上では三日間にわたり楽しいボジョレーヌーヴォーを楽しむ会を企画している。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 10:39Comments(0)全て

2018年09月17日

米アマゾンドット・コムの株式の時価総額が今月、2018年9月始めに一時、一兆ドル日本円にして110兆円を突破

 米アマゾンドット・コムの株式の時価総額が今月始め、2018年9月、一時一兆ドル日本円にして110兆円を突破した。
米国企業では1兆ドルの大台を超えるのは米国企業ではアップルに次いで2社目となる。
アマゾンはオンライン書店として、事業をはじめ20年余りで世界有数のインターネット企業へと成長した。
 この規模になっても、なお2ケタの成長を続けている。
早くて、安くて、便利で商品数が多い、このことが消費者の支持を受けている。
 アマゾンは世界で60万人近くを雇い、その多くが物流センターで働いている。
現場では給料や処遇の悪化に不満があり労働組合の結成に向けて活動を始めるという。
 巨大ネット企業に対する監視の目もきびしくなりつつあるのだ。
素朴な疑問だが、急成長している会社なのに、「何故か日本で法人税を払っていない」。
日本で商売をして儲かった金は、日本で税金を払うべきだ。
アマゾンの本社から販売業務を委託されているという形をとっており、システム的に会社利益のほとんどが本社に吸い上げられ、日本で利益は残らない。

日本で法人税を払わない。
 アマゾングループはアメリカ本国の税法にしたがってアメリカで納税しているので、日本で納税すれば、二重課税になると国税局に異義を唱え、二国間協議を申請した。
アメリカ本国の税法にしたがって納税をしているので、文句があるのならアメリカ政府に云えということらしい。
関係各国で結ばれた租税条約は表面上、平等のようだが、細かい実務の運用となると両国間の協議となる。
その国同士の力関係が大きくものを言う。実質的には不平等条約に過ぎない。
アメリカの国益を最優先するトランプさんには何も言えないのかな。
 日本の国力はますます弱体化していく。
「物言えば唇寒し秋の風」
これからは生き残りをかけてアマゾンに負けない商売をしなくてはならない。
 IoTモノのインターネット時代だ。
それに応じた新しい、機能やサービスを考えねばならない。
SNSやスマートフォンの普及によりビッグデーターを活用することが大事だ。
 もりもとでは今年のボジョレーヌーヴォーのHPも立ち上がった。
今年も楽しみだ。






酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 13:06Comments(0)全て

2018年09月09日

スーパーマーケットがスマホのアプリを使って、お客の集客に取りくむ店が増えている。

 スーパーマーケットがスマホのアプリを使って、お客の集客に取りくむ店が増えている。
ポイントやクーポンなど魅力的な特典を用意し急速に利用者を拡大している。
セブン&アイは6月から展開を開始し、「セブンイレブン アプリ」は450万ダウンロード、「イトーヨーカアプリ」は80万ダウンロードを達成し急速に利用者を拡大しているという。
マルエツやライフでもアプリのリニューアルを計画し、各社とも将来を見据えた強化をすすめている。
スーパーのリアル店舗の商売とスマートフォン機能の融合による相乗効果も今後期待される。
 中でもスマートフォン決済はリアル店の収益構造を大きく変える可能性を秘めている。
また人手不足によりセルフレジの設置やスマートフォン決済の普及によりキャシュレス化が一気にすすみそうだ。
スマートフォンの活用でリアル店舗の仕組みが変わっていく。
世の中変わる。商売変わる。酒屋は変わる。
 もりもとはまだまだ無駄なところが多い。
効率化に取り組み、さまざまなコストの削減、正確で、タイムリーな仕事に取り組まねばならない。
 充実した品揃え、売るスタッフの店員教育、お客にとって、本当のサービスとは何かを真剣に考えなければならない時だ。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 15:24Comments(0)全て

2018年08月17日

もりもと直輸入のこだわりのお酒、紹興酒やモンゴル酒に力をいれたい。

 毎日、暑い日が続いている。
ビールや日本酒の売れ行きは今ひとつぱっとしない。
もりもと直輸入のこだわりのお酒、紹興酒やモンゴル酒に力をいれたい。
 世の中が開けて明るくなることを文明といいます。
世の中が開けてだんだんと便利になっていくことを文化といいます。
 中国では五千年前に黄河文明があった。
中国は広い、大きい国だ。
大陸を横切るように黄河、長江という大河が流れ、今や人口が二十四億人を越え、漢民族を中心に50種もの民族集団からなっている。
 5000年の歴史の中でそれぞれ歴史、文化のストーリーがある。
秦の始皇帝、前漢、後漢、三国時代、隋・・、唐の時代には世界の大帝国となった。
西はササン朝ペルシャ、北はモンゴル、東は朝鮮まで統治していた。
都、長安は世界一の人口を誇り百万とも二百万ともいわれ、長安の春だった。
 また漢字が中国から日本へ伝わってきた。
唐の時代、日本から阿倍仲麻呂が留学生となり大臣クラスにまで出世した。
当時、中国はまさに世界の帝国として全盛の時代をきわめた。
 安禄山の反乱による玄宗皇帝と楊貴妃による秘話、杜甫と李白の漢詩もすばらしい。
杜甫と李白は詩仙といわれ、長年の友人であり、酒を愛する放浪の詩人であった。
 そして、それぞれの動乱の時代には英雄や軍師が出現した。
前漢時代には若き獅子、項羽と劉邦の戦い、四面楚歌で降伏していく項羽の物語、また
三国時代には軍師、諸葛孔明、劉備玄徳、関羽、張飛、趙雲、曹操などの猛将たちが活躍した。
なかでも乱世の英雄、曹操が江南制圧をめざして孫権・劉備軍と激突した。
有名な赤壁の戦いを経て、天下三分の形成が定まった。
豪傑はみな大酒飲みだったらしい。
 酒は時には戦う兵士ために元気づけ、勇気付けのものだった。
また諸侯をもてなす祝宴の酒だった。
 その当時、飲んでいた酒は、コメからつくった醸造酒、紹興酒だったと考えられる。
 12世紀に入り、モンゴル平原では群雄割拠の中で、血で血を洗う死闘が繰り返され、チンギスハーンが全モンゴルの支配者となった。
中国、朝鮮の新羅を滅ぼしトルコ、ミャンマー、朝鮮まで、地球の四分の一までの陸地を統治した。
 まさに世界のモンゴル帝国となった。
そして、1274年元のフビライ皇帝は「日本という国は金がたんまりとれ、美味い鶏がいるみたい」と夢みて九州2度にわたり博多へせめこんできた。
鎌倉幕府の北条時宗が総司令官となって、折しも、神風が吹き荒れ、モンゴルの大襲来を食い止めた。当時の北条時宗の勇気ある決断が日本を救ったと思う。
 モンゴルの自然は素晴らしい。どこまでも続く草原。
海抜4000mを超える高山。延々と続くゴビ砂漠。
 僕はNHKのルソンの壺の取材で2016の夏にモンゴルへ行ったことがある。
モンゴルの草原は広かった。
肥えた大地、豊かな水、夏は草の海。ここに美味いモンゴルの酒がある。
すみわたる空 白い雲  羊たちは 草をはむ
草原に風が吹き 聞こえる 馬頭琴・・・。
モンゴルの酒を求めての楽しい旅だった。
 酒は文化だ。僕は世界中の美味い、珍しい酒を飲みたい、また紹介したい。


酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 11:36Comments(0)全て

2018年07月30日

米中貿易戦争が激化している。

 米中貿易戦争が激化している。
新しい世界経済秩序を争う米・中戦争だ。
両国とも妥協は容易ではない。
TPPやパリ協定の脱退、イラン核合意からの離脱・・。
 アメリカの身勝手な振る舞いの背景にはドルが世界の基軸通貨であることだ。
アメリカが世界経済の15%のシェアを占め国境を超える銀行融資の61%はドル建て、また輸出の大半はドル建て、世界の為替取引の88%はドルがしめている。
つまり、必要十分なドルを保有・調達できねば世界の貿易、金融取引はマヒしてしまう。とてつもない特権をもっているのだ。
 そしてまた、トランプ氏の政策は単なる貿易収支の不均衡をいっているのではなく先端技術の移転阻止を狙っている。
アメリカは今、サイバー攻撃の脅威、情報通信などの先端技術は軍事や安全保障の分野でのテクノロジーで軍事の優位を保たなければならないのだ。
 中国への貿易赤字解消のためアメリカ第一主義をとっているが、技術があり、市場があり、資本がある中国が世界のIT業界の覇者になるのを、トランプ氏は恐れている。
中国のインターネット人口は世界のユーザーの5分の1を占め、7億5千万に達している。
 中国出身者が米国の大学を出て、そのままアメリカのシリコンバレーで働き、デザインエンジニア業界では今や半分以上は中国出身者と云われている。
優秀な人は中国へ帰って起業したり、今の会社よりいいポストについていて抜け目がない。
家族を米国に残して単身で中国へ帰る人もいる。
このことも、技術流失につながっている。
 19世紀には第一次産業革命により英国は世界で政治・経済の覇権を握った。
今、中国の習近平国家主席はIT、ロボットなど10分野で「中国製造2025」の産業振興策を掲げ先行するアメリカに挑んでいる。何が起こるかわからない。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯 http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp  
Posted by morimoto0515 at 15:16Comments(0)全て

2018年07月27日

連日、記録的な猛暑が続く。

連日、記録的な猛暑が続く。

日本だけではなく、世界各地で猛暑や少雨といった異常気象が観測され、乾燥による火災や熱中症などの犠牲者も相次いでいる。

世界気象機関(WMO)によると中東のオマーンでは6月末、夜間の最低気温が42.6度に達した。

カナダのケベックでは強い湿気の熱波で高齢者数十人が死亡。ニューファンドランドでは6月26日に雪が降り2僉∪僂襪覆罰特呂念枸磴了態となっている。

北欧のスェーデンでも30度を越えた。北極圏では50ケ所以上の森林火災が発生、ラオスでは建設中のダムが決壊している。韓国も記録的猛暑に襲われ熱中症患者が増えている。

日本では記録的な豪雨、土砂崩れや河川の氾濫が相次ぎ、激しい熱波に見舞われている。

週末には台風12号で西日本にも大雨の恐れがあるという。

先月、6月に震度6弱の地震がもりもとを襲い、店の修理も終え、やっと落ち着きつつある所だ。

地震、カミナリ、火事、親爺というが、雨台風も怖い。

何事も備えあれば憂いなしだ。

ピンチはチャンスだ。

非常食の備えも常に意識しておきたい。

特にもりもとでは安心・安全、便利な水、クリクラCrecla(レンタル無料)の販売に力を入れている。

酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp   
http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯    http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/  
Posted by morimoto0515 at 15:28Comments(0)全て

2018年06月24日

高槻には有馬・高槻断層帯があり、今後、M7級の地震も引き起こることも予想されている。

 6月18日、朝8時前、朝食をとり新聞に目を通している時だった。
ぐらぐら、ドカーンというものすごい音がした。
家内は思わず、ひゃー地震や大声でわめいてお膳の下へと身をひそめた。
恐る恐る、まわりをみると、グラスの食器、花瓶、額、掛け時計などが踏み場もないほど散乱していた。怪我が無かったのは幸いだった。
 間もなく店が大変ですと社員が自宅へかけつけてくれた。
店へ行くとシャッターは何とか開いたが、エレベーターが動ない。
自動扉は壊れている、手でおしてもなかなか開かない。
店内は棚から商品が散乱し、足の踏み場もない。
2階、3階の水道管がこわれたのか天井から水がふきだしている。
電気はつかない。
こら、えらい、こっちゃ。
コンピュターやレジが水びたしになっている。
 工事業者に電話してもつながらない。
水道栓をしめ、水をとめた。
店の外、駅前は人だかりで、騒がしい。阪急電車は止まっている。
しばらくしてH工務店のM君がすばやく駆けつけてくれた。
 これからゴミの整理が大変だと思った。
M君ありがとう。僕はやっと落ち着きを取り戻した。
 都市直下型の震度6弱の地震だったらしい。余震も続くかも知れない。
高槻には有馬・高槻断層帯があり、今後、M7級の地震も引き起こることも予想されている。
 今回の地震で、高槻市立寿栄小学校ではブロック塀が倒れ、4年生の三宅璃奈(みやけりな)さん(9才)が下敷きになり亡くなった。
 市はこの塀は高さが2・2メートルを超え、補強のための「控え壁」がなく建築基準法に違反していると明らかにした。
 高槻は交通の便も良く、歴史ある、明るい、住みやすい、というイメージが地震で怖い町と化した。
 これを機に、高槻市は建築基準法に不適合な建物を見直し、点検をしなければならないのではないか。
 町の中心部には不適合な家屋も多い。
一目瞭然の違法建物をきびしく取り締まり、改善、再建築させる勧告をしなければならない。早く、安心、安全な町、住み良い高槻の町のイメージを取り戻さなければならない。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp
   http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯    http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/  
Posted by morimoto0515 at 17:01Comments(0)全て

2018年06月14日

トランプ大統領と北朝鮮の金正恩氏は非核化をうたう共同声明文に署名した。

 トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)委員長は6.12日の首脳会談で「朝鮮半島の完全な非核化をうたう共同声明文に署名した。
トランプ氏は今までちびのロケットマンと揶揄していた姿勢は一変し、とても才能があり、あの年齢では数少ない立派な人物だと称賛した。
非核化について、とても良い時間を共にし、すばらしい関係をきづいた。
話合いで非核化の詳細がないことは時間がなかったからだと開きなおった。
 そこが一番大事な所だ。
非核化についての期限や具体的な行動や検証などについては何ももりこまれず、完全な非核化とは中途半端だ。
 何故、十分な準備もなく、見せかけの合意を交わしたのか理解出来ない。
トランプ大統領の任期も2年ほどだ。
中間選挙に勝つための人気とりとトランプ氏の自己満足でしかない。
目先のノーベル平和が欲しいのかも知れない。自分勝手だ。
 金正恩委員長は核とミサイルで演出した「敵対ムード」をやわらげ国際社会から経済援助を引き出すのが、狙いだ。
 トランプ大統領も時間切れで間もなく退場する、それまでの時間稼ぎだ。
そして独裁体制を守ったまま、韓国、日本からの経済支援受けることだ。
日本の拉致問題も蚊帳の外だ。
このままでは、日本は置いてきぼりにされる。

大きな国益がかかっている時だ。
 外交に強い阿倍さんにもうひと押し頑張ってもらいたい。
ささいな安倍ゲートでもめている時ではない。




酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp
   http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯    http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/  
Posted by morimoto0515 at 21:02Comments(0)全て

2018年05月25日

米国トランプ大統領が六月十二日にシンガポールで予定していた米朝会談を中止した。

 米国トランプ大統領が六月十二日にシンガポールで予定していた米朝会談を中止した。
「とても楽しみにしている」といいながら、北朝鮮が直近にだした声明には強い敵意と憤りがむきだしなっているのが気にいらないらしい。
中国の習近平・国家主席の何かしらの働きかけが北朝鮮の態度硬化に影響しているそうだ。
北朝鮮は北東部プンゲリ(豊渓里)にある国内唯一の核実験場で坑道を爆破したと発表した。北朝鮮は映像を公開したが、その場では査察官・専門家は立ち会っていない。不自然だ。
北朝鮮は交渉によって制裁を解除させ、核は保有しつづけたいのかも知れない。
北朝鮮の非核化宣言には何の意味ももたない。
ただ経済支援を受けるためのものである。
交渉のうまいトランプさんだ。
だまされてはいけない。そのうち、日本にも途轍もない無理難題をおしつけてくるだろう。
 トランプ大統領のアメリカ第一主義が世界を混乱に陥れている。
環太平洋経済連携協定TPPやパリ協定からの脱退、中国との貿易戦争、イランの核合意からの離脱などとどまることを知らない。
とてつもない特権を傍若無人に振り回している。
今のアメリカは経済大国、軍事大国であること、それとドルが世界の基軸通貨であるからだ。
国境を超える銀行融資の61%以上がドル建てで欧州をのぞく多くの国の輸出の過半がドル建てであり、世界の為替取引の88%はドルが占めている。
 つまり、必要十分なドルを保有・調達できなければ世界の貿易・金融取引はマヒしてしまうからだ。
アメリカのトランプさんには誰も逆らえない。何をしでかすか分からない。
早く、America is first政策も程々にして、世界の平和・協調路線に戻して欲しいと願うだけである。
 
 酒屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp
   http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯    http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/  
Posted by morimoto0515 at 18:18Comments(0)全て

2018年05月20日

先週、もりもとオリジナル紹興酒 鄭萬利(テンマリ)の買付に中国、寧波へ行った。

 先週、もりもとオリジナル紹興酒 鄭萬利(テンマリ)の買付に中国、寧波へ行った。
北京経由で8時間、しんどい長旅だった。
北京上空は晴れ渡っていたのに市内はスモッグでおおわれ、雨雲のようにうす暗かった。
 飛行機の上空から見た北京市内には、整然とした、たくさんの高層マンションや商業ビルが立ち並んでいる。空港も大きい、広い、中国はすごいなぁと驚いた。
以前来たときは、もっと緑の畑や田んぼなどの自然な風景が見られたのに、様変わりしていた。まさに中国の経済力を象徴しているかのようだ。
スモッグが多くて、なんとなく息苦しい。
 これからの中国は自然との闘いだと思った。
聞きなれない中国語のアナウンスが聞こえてくる。
国際線から国内線ターミナルに乗り換えた。
寧波のシャングリラホテルに泊まった。
 翌朝、通訳の肖さんと一緒にテンマリ工場を訪問した。2年前に市内中心部から郊外へと移転し、1万坪を越える敷地に五階建ての立派な本社工場があった。
精米、蒸し米、発酵、瓶詰、壺詰など、以前人の手でやっていた仕事を機械に置き換えコンピュターを使った近代工場へと変わっていた。
日本の清酒工場より素晴らしい。
 社長のYing Linxing さん、女性輸出部長のIvy Guiさん、どちらも40歳すぎと若くて商売熱心だ。
貴社の紹興酒が何処でこんなに沢山、売れるんですかと聞いたところ、中国本土そしてアメリカつぎにイギリスを中心にヨーロッパの国々、そして東南アジアだそうだ。
日本はもりもとさんだけ特約卸店ですよ。頑張って下さいと、はっぱをかけられた。
 商談がはずみ今回は5年、8年、12年、20年、30年と少し高級品にシフトした。
全部で400ケース買うことにした。決済は基軸通貨USドルだ。
 ドルが世界の為替取引の88%を占めているそうだ。
さすがアメリカは経済大国だ。
これから通関手続きもややこしい。無事届くか心配だ。これからが大変だ。

酒:屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
     http://www.morimoto.co.jp
   http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯   http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/  
Posted by morimoto0515 at 12:42Comments(0)全て

2018年05月07日

2018年 高槻ジャズストリートの祭典が終わった。

2018年5/3(木)、5/4(金)、5/5(土) 高槻ジャズストリートの祭典が終わった。
阪急高槻市駅やJR高槻に63か所の会場にのべ4000人以上のミュージシャンが出演した。
 昨年、大阪府における「地域観光資源」として認定されたそうだ。
高槻を音楽あふれる楽しい町にしょうとの思いから始まったジャズストリートは今年で第20回目の記念すべき催しとなり、例年になく盛り上がった。
 町中にジャズやポップスやラテンが流れ、音楽の街に変わった。
 もりもと3F屋上イベントコートも連日、音楽好きの沢山のファンが集まった。
何か、事故は起きないか心配だったが、無事、楽しいうちに終わり何よりだった。
ゴールデンウイークも終わり、街も静けさを取り戻し、何となく拍子けする。
 もりもともオフィシャルスポンサーとなり協賛した。

今年の出演者は次の通りでした。
ファンの皆様また来年もよろしくお願いいたします。

jazzstreet[1]

酒:屋の道楽親爺 もりもと あきら
 お酒のデパート もりもと
      

http://www.morimoto.co.jp
   http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯    http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/
  
Posted by morimoto0515 at 11:40Comments(0)全て

2018年04月28日

北朝鮮の金正恩南北の境界線を越えて韓国を訪れ、韓国の文在寅ムンジェイン大統領と会談した。

北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長は27日、北朝鮮の指導者として初めて南北の境界線を越えて韓国を訪れ、韓国の文在寅ムンジェイン大統領と会談した。

板門店の「平和の家」で完全な非核化により、核のない朝鮮半島の実現を共通に確認する「板門店宣言」に署名した。
 1953年からの休戦状態にある朝鮮戦争の終戦を目指すこととなった。
日本の敗戦によって植民地支配から解放された朝鮮半島は米国、ソ連の対立のなかで南北に分断された。
孤立を深めた北朝鮮は経済と安全保障の面で窮地に陥り、核とミサイル開発を加速させた。
 会談は融和的な雰囲気のなかで行われた。
軍事境界線をはさんで笑顔で握手を交わし金委員長は徒歩で韓国入り。
両首脳が手をつないで共に南北境界線をまたぎ、北朝鮮へと足を踏み入れた。
 テレビでは歓声と拍手が映し出された。この会談を機会に南北がうまくいけばいい。誰しも願うことだ。南北問題は大きく前進しているのは間違いない。
でも、まだまだ北朝鮮への警戒は必要だ。
平和ムードの中でだまされてはいけない、北核保有国として残る立場はかわらないだろう。

北朝鮮は核実験やミソイル試射の停止を決定したが、核兵器の放棄には触れておらず、その裏付けが必要だ。
 また拉致の問題にも一切触れていない。
北朝鮮は核兵器開発に莫大な金がかかり、大きなお荷物になっているのも事実だ。
 トランプ大統領の米・朝会談で何が話あわれるのか、注目される。
南北ひとつの融和ムードに便乗して中国、ロシアの利害もからんでいる。
 このままでは日本は蚊帳の外に置かれるかも知れない。
竹島や漁業の問題でもゴネ押しで譲歩を迫ってくるかも知れない。
国内で安倍ゲートのささいな問題で騒いでいる場合ではない。
国益が大きく損なわれる大事な時だ




酒:屋の道楽親爺 もりもと あきら
お酒のデパート もりもと
       http://www.morimoto.co.jp
   http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯    http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/  
Posted by morimoto0515 at 12:51Comments(0)全て

2018年03月26日

米中の貿易摩擦が激しくなってきた。

米中の貿易摩擦が激しくなってきた。
トランプ米政権は先週22日、600億ドル(約6兆3000億円)もの高関税を中国製品に課す対中制裁を決め、鉄鋼・アルミニゥムの輸入制限を発動した。
 世界で株安がすすみ円相場も1ドル104円まで円高に上昇した。
米国発のの保護主義がドミノ的に世界へと広がっている。
世界の自由貿易体制は揺るぎかねない。
 米国が警戒するのは習金平氏が掲げる「中国製造2025」政策だ。
2025年までに「世界の製造強国入り」を果たし第2段階は製造国中位に位置し、2045年には製造強国のトップなるというものだ。
そして世界一の経済大国になるのが夢だ。
 今まで中国は潤沢な労働力と低い賃金による労働集約型の製造体制で衣料品などの大量生産の供給を支えてきた。
 しかし中国が今後、IT、ロボット、AIなど人口知能を活用した知能的集合型の産業にシフトしていくのをアメリカは恐れている。
自動運転による技術では中国はアメリカを猛烈においあげている。
 次世代技術めぐる覇権争いがある。
米中の貿易摩擦は世界経済に深い亀裂をもたらすのかも知れない。




酒:屋の道楽親爺 もりもと あきら
お酒のデパート もりもと
       http://www.morimoto.co.jp
   http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯    http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/  
Posted by morimoto0515 at 18:00Comments(0)全て

2018年03月22日

ネット通販が国内の小売業の構図を変えつつある。

ネット通販が国内の小売業の構図を変えつつある。

2017年度、ヤフー、楽天、アマゾンネット通販大手三社の売上額が6兆7000億円前年比13%増加し初めて百貨店を抜いたそうだ。

17年の全国百貨店売上は前年比べ減少し5兆9532億円となった。

経済産業省によると16年の国内の電子取引は16兆円と言われている。

ネット大手三社でその4割をしめていることになる。

年々、ネット通販は身近なものになって来ている。

かっては、百貨店が小売業のチャンピオンだった。

スーパーダイエーが1972年、昭和47年に、当時百貨店トップの三越を追い抜き驚いた。

世間では、当時「スーパーはスーと出てきてパーと消える」・・などと馬鹿にされていた。そして大型スーパー全盛の時代がやってきた。

POSシステム開発により、消費者の望む売れ筋商品を適格に捉えている24時間営業のコンビニ業界時代に入った。

今また、コンビニもオーバーストアで売上高減少が続いている。

少子高齢化で人口減少の時代を迎え、また新しく小売業の歴史が塗り替えられるのだろう。

Realの商売は立地で決まる。人の集まる所、入りやすい、欲しいものが揃っている店に客が集まる。お客の顔を見、生の声を聞き、接客しながらの商売だ。

一見客を常連客にかえるのがキーになる。客さえくれば楽しい。

反面、Netの商売は怖い。

お客の顔は見えない、お客の満足度は高い、価格にも敏感だ。

問合せにもすぐ答えねばならない。年中、無休のコンビニ感覚が必要だ。

Netの販売は早くて、便利で急成長している。僕の店も前年比二けたの伸びをしている。

これからの商売はNet in Realだと考えている。

欲しいものが、すぐに手に入る利便性も次なる進化が求められるのだ。

お客様にとっての本当のサービスは何か真剣に考えて商売をしなければならない。

酒:屋の道楽親爺 もりもと あきら
お酒のデパート もりもと
      http://www.morimoto.co.jp
   http://www.morimotowine.jp
スマホ携帯    http://www.osakenet.com/
netten もりもと http://www.e-morimoto.jp/
  
Posted by morimoto0515 at 19:44Comments(0)全て