2008年03月02日

なぜアミノ酸なのか

なぜアミノ酸はなぜいいのでしょうか?

人間だけではなく、あらゆる生物はアミノ酸がなければ生きられません。網の酸は淡白質からできています。しかも、500種類以上のアミノ酸が現在確認されています。

しかし、たったの20種類だけで私たちの体はつくられているのです。これら20種類を、数個から数万個組み合わせることによって体を構成するいろいろなたんぱく質を作り出すことが出来ます。

例えば、卵を食べたとします。噛み砕かれた卵は唾液と混ぜられ、胃(消化器官)まで運ばれます。消化器官でたんぱく質を分解する酵素により、卵のたんぱく質はアミノ酸に分解されます。卵に含まれる「アルブミン」というたんぱく質は、アミノ酸レベルにまで分解され、細胞に血液によって運ばれ、そこで、「血漿アルブミン」というたんぱく質に再合成されます。

2007年11月07日

18種類のアミノ酸について

アミノ酸がオルゾに多量に含まれている事がわかりました。
イタリアのマルケ州のトレモリ社と産学連携している大学での調査によるものです。
100gのオルゾ(モンド・ビオ)の中に以下の18種のアミノ酸が含まれています。
なお下記で、上から9種(ヒスチジン223mgまで)は、人間の体の中で合成できず食品から摂取しなければならない「必須アミノ酸」です。
また次の「アルギニン496mg」は、子供や乳幼児期には体の中で合成できないもう1種の必須アミノ酸(子供にとっての)です。
いくつか市販のサプリメントのアミノ酸含有量も調べてみましたが、オルゾは、それらと較べても遜色なく、アミノ酸をかなり多量に含んでいることが判明しました。
これが、かつてギリシャローマ時代には、剣闘士が食したりしたという話にも繋がってくるのかと思っています。


 リジン    369 mg
 トリプトファン    165 mg
 バリン    486 mg
 ロイシン    673 mg
 イソロイシン    362 mg
 スレオニン    337 mg
 フェニルアラニン    556 mg
 メチオニン    190 mg  
 ヒスチジン    223 mg
 アルギニン    496 mg
 アスパラギン酸    619 mg
 グリシン    359 mg
 アラニン    386 mg
 チロシン    284 mg
 グルタミン酸   2,588 mg
 プロリン   1,178 mg
 シスチン    219 mg
 セリン    418 mg
合計   9,908 mg

アミノ酸たっぷりのもろみ黒酢ゴールド
  • もろみ黒酢ゴールド

  • 健康と美容 - livedoor Blog 共通テーマ

    2007年11月05日

    アミノ酸の知識

    人間の体は、約6割が水分です。タンパク質は、筋肉や皮膚、内臓など体のあらゆる組織を構成していますが、この元となっている成分がアミノ酸(amino-acid)です。
    これには多くの種類がありますが、人間が生きていく上で必要とされるアミノ酸は20種類です。このうち人間の体の中で合成できる11種類のアミノ酸を非必須アミノ酸、体内で合成することが不可能なもの9種類を必須アミノ酸と呼んでいます。よって、必須アミノ酸は食品(サプリメント)から摂ることが不可欠です。
    タンパク質は20種類のアミノ酸から生成され、心臓や臓器、筋肉、神経伝達組織などになっています。食べたものを消化したり、髪の毛が伸びたり、呼吸をしたり、いろいろ考えたりできるのもタンパク質の働きで、生命活動に不可欠な成分なのです。
    非必須アミノ酸(11種類)の効果と効能

    1.アルギニン
    脳下垂体に働きかけて成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンが不足すると筋肉が衰えたり、肌にシワができたりします。
    血行促進、肝機能増強、脂肪の燃焼、免疫機能の向上などの作用もあります。
    2.グルタミン
    筋肉のたんぱく質合成を助けます。
    3.システイン
    傷の治癒の促進、ブドウ糖の代謝、シミの原因となるメラニン色素の沈着を防ぎます。
    4.チロシン
    甲状腺ホルモンや、髪や皮膚の黒色色素であるメラニンの原料、神経伝達物質であるアドレナリン、ドーバーミン、ノルエピネフリンの原料となります。
    5.アスパラギン
    アスパラギンは加水分解されるとアスパラギン酸に変化します。
    6.アスパラギン酸
    体内の老廃物の処理、疲労回復、肝機能の促進に効果があります。
    7.セリン
    皮膚の潤いを保つ天然保湿因子の主成分です。
    8.アラニン
    脂肪の燃焼に関わっています。
    9.プロリン
    脂肪の燃焼に関わっています。
    10.グリシン
    保湿作用、制菌作用、酸化防止作用、キレート作用があります。
    11.グルタミン酸
    知能を高めたり、潰瘍の治癒を早めたりします。

    必須アミノ酸(9種類)の効果と効能
    たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。 そのうちの9種類は体で合成されず、食事から摂取する必要があるので「必須アミノ酸」と呼ばれています。

    【効能・効果】
    1.リジン
    体の組織の修復や成長、抗体、ホルモン、酵素の合成、ブドウ糖の代謝や肝機能の増強、脂肪の燃焼に関わっています。穀類だけを多くとっていると不足する場合があります。
    2.トリプトファン
    脳内ホルモンのメラトニンやセロトニンを増やしたり、成長ホルモンの分泌を促したりします。
    3.スレオニン
    成長促進、肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝になるのを防ぐ作用をします。
    4.ヒスチジン
    成長に関与、神経機能の補助、紫外線の害を防ぎます。
    5.メチオニン
    不足すると肥満の原因になります。血液中のコレステロール値を下げたり、活性酸素を取り除いたりする作用があります。
    6.フェニルアラニン
    脳と神経細胞の間で信号を伝達する、神経伝達物質になる必須アミノ酸で、抑うつ症状を解消し、気分を高揚してくれます。
    7.バリン
    筋肉タンパク質の主成分。
    8.ロイシン
    肝機能の増強が主な作用です。多くの食品に含まれているので不足することはまれです。筋肉タンパク質の主成分。
    9.イソロイシン
    筋肉タンパク質の主成分。


    私たちが体にとりいれる好ましいアミノ酸のバランスは、国際機関(FAO/WHO/UNU) によって定義されています。 制限アミノ酸とはこのパターンと比較し、相対的に最も少ないアミノ酸をいい、これを補ってゆくことが不可欠です。
    一般的に小麦やトウモロコシなどの植物性たんぱく質のアミノ酸スコアは低く、卵のたんぱく質などの動物性たんぱく質はアミノ酸スコアが良好であることが知られています。

    卵のたんぱく質はアミノ酸スコアが100%であり、たんぱく質の中でも最もアミノ酸のバランスが良いと言われています。
    精白米のアミノ酸スコアは61%で、小麦のたんぱく質のアミノ酸スコアは42%です。
    ともにリジンが最も不足する必須アミノ酸であるということが知られています。


    [PR]
  • エピアルファ


  • 2007年10月18日

    アミノ酸飲料

    なぜかアミノ酸飲料には赤と白を基調にしたデザインが多いです。ダイエットを始めたばかりのとき、「筋肉をつけるには、とにかくタンパク質系のものを摂ればよい」
    という発想のもと、何の知識も無かった私は、アミノ酸飲料を好んで飲んでいました。

    アサヒの「アミノダイエット」を特にひいきにしていました。トレーニングの後に私の定番メニューとなりつつあったのは、アミノダイエットとゆで卵、というものでした。

    しかしあるとき、何気なく私はアミノダイエットの栄養成分表示を目にしました。


    500mlのペットボトル一本あたりのアミノ酸含有量1000mgしかありませんでした。少なすぎます。500ml丸々1本飲んで、1グラムしかアミノ酸を摂取できないのです。

    私が調べたところによると、牛乳に含まれるタンパク質量は500mlあたり約17g(17000mg)だそうです。
    アミノダイエットに含まれているアミノ酸の量は牛乳のわずか17分の1にとどまっています。

    どれほどアミノ酸が吸収速度に優れているからといっても、そんな微量のアミノ酸を摂取したところで得られる効果には期待できません。

    アミノ酸とは、一般的に言えばタンパク質をつくる基本要素であり、20種が知られています。必須アミノ酸と呼ばれているそのうちの9種は体内では作ることができないため摂取しなければなりません。
    次に性質ですが、「燃焼系」といった商標から連想される脂肪燃焼作用はアミノ酸には一切ありません。「燃焼系」というのは、アミノ酸飲料に含まれている必須アミノ酸のうちのひとつである
    リシンが脂肪燃焼に欠かすことのできないカルニチンというビタミンの材料になるという意味であり、「燃焼系」といっても飲むだけで痩せるということはありません。


    また、アミノ酸には健康によいイメージしかありませんが、摂取しすぎることによりカロリーオーバーし、逆に肥満の原因となってしまう場合もあります。


    アミノ酸といえどもカロリーは炭水化物と同程度あるため、必要以上に摂取すれば脂肪へと変化してしまいます。さらに、必須アミノ酸を摂りそこねるということは現代の食生活では考えにくく、無理にアミノ酸を摂取しようとする必要はありません。


    これまで、アミノ酸を否定するような説明になってしまいましたが、当然、アミノ酸には長所もあります。


    例えば運動の直後筋肉が弱っているときなどに摂れば、アミノ酸はタンパク質の一部分となるため、タンパク質からできている筋肉の回復にとっては効果があります。

    以上のように、痩せることを目的にアミノ酸を摂っても意味はありません。カロリーオーバーのためマイナスになる可能性もあります。しかし、運動時に上手に活用すれば素晴らしい効果が期待できます。

    今までは興味がなかった人も、何も知らずにアミノ酸飲料、食品を摂取してきた人も、アミノ酸の正しい効果を知って、活用していきましょう。


    健康・美容・生活 - livedoor Blog 共通テーマ

    morimoto112 at 14:49|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!アミノ酸飲料 

    2007年09月24日

    アミノ酸スコア100について

    アミノ酸には20種類ほどあり、9種類ぐらいの食事から必ず取らなければならない必須アミノ酸があります。何枚かの板で作られている「樽」にアミノ酸をたとえますと、そのうち1枚だけ板の長さが短ければ、その一番短い板のところまでしか水を入れた時に入りません。そのように、最も低いところで統一されてしまうのがアミノ酸です。そして、アミノ酸スコア100というのは、樽いっぱいまでのバランスをちゃんと考えてあるものです。必須アミノ酸が樽いっぱいになるように設定されているという意味です。
    100が満点となっています。

    すごくよいものを取っていますが、スポーツ前はBCAAを取ったほうが、アミノ酸スコア100よりも本当はいいです。そして、スポーツが終わった後には、アミノ酸スコア100とかリカメンが最も適しています。
    そういう取り方が上手にいけば、思った以上にいい体が作られます。使い方を少し間違っただけで逆効果になることもあります。

    スポーツをしない人は、夜にアミノ酸を取りましょう。アミノ酸とかペプチドは、ホルモンや酵素に変わります。整腸、美肌、脂肪を燃やすホルモンといったものは、夜に合成されます。そういった意味で、特別スポーツをしない女性は夜寝る前に摂取するのが最適です。それが最も効果的です。

    このように、スポーツの前にはBCAA、スポーツの後にはアミノ酸スコア100と上にく使い分をすることで、パフォーマンスが全然違います。そのため、アメリカのトップアスリートといった人たちは自分でそういった使い分けをしています。

    そういったあたりがニュートリションの恐さで、使用方法を一度覚えてしまうとやめられません。自由自在に使用できるようになると、自分の体をスタイルも内臓すべてデザインすることが可能になります。

    痩せるのか太るのか、健康になるのか病気になるのか。食というのは、わたしたちが生きて行くにあたってのたったひとつの綱ですから、食によって可能になることってとても大きいです。
    それを自由自在に操つることができれば、病気予防というよりも積極的に体をデザインできるようになります。栄養素によって自分の体をデザインできるとなれば、遺伝子は別として、アメリカでいうスーパーヘルスのように、150歳寿命説が実現されるかもしれません。

    ●必須アミノ酸  

    人体のあらゆるところでたんぱく質は基本的構成成分として存在しています。そして、そのたんぱく質は20種類のアミノ酸によって構成され、このうち十分に合成されないか、または体内で合成されないアミノ酸を必須アミノ酸といいメチオニン、バリン、フェニルアラニン、ロイシン、イソロイシン、リジン、スレオニン、トリプトファンの8種類あります。幼児期のみに必須とされるヒスチジンを加えて9種類とする場合もあります。残りの11種類を非必須アミノ酸といいグルタミン酸、アスパラギン酸、シスチン、チロシン、グルタミン、アラニン、プロリン、セリン、グリシン、アスパラギン、アルギニンが有ります。しかし、必須・非必須には関係なく体内における重要性は同じです。

    ●成長期のアミノ酸

     たんぱく質の栄養価は構成するアミノ酸の量と種類によって決められます。重要な点はそのバランスです。バランスが悪いとたんぱく質としての利用率がさがり、健康を損なう要素となります。さらに、見落としがちとなるのが子供のたんぱく質の所要量です。9歳の男子の必要量は40歳の男性より多いのです。
    十分な栄養補給が成長期には必要です。学校給食に安心して家庭の食事がおろそかにはなっていませんか。

    ●アミノ酸スコア

     アミノ酸スコアがそのバランスを示すものとしてあります。必須アミノ酸の含有率(1973年FAO/WHOアミノ酸パターンと比較)をだし、最も少ないものを第一制限アミノ酸とし、アミノ酸スコアはその数値がその食品のものとして示されています。
    この事から分かるように8種類のアミノ酸のうちの7種類がどれだけ豊富に含まれていたとしても第一制限アミノ酸がもし40しかなければ、その食品のアミノ酸スコアは40となります。しかし、他の食品と一緒に食べた場合、双方のアミノ酸の数値が影響しあいます。

    ●豚肉と精白米

     たとえば、よく使われるパターンとして豚肉と精白米の例があります。精白米はスレオニンが96・リジンが65、これ以外はすべて100を超えています。しかし、アミノ酸スコアは65です。豚肉は全部100を超えているアミノ酸スコア100の食品です。しかし、スレオニンが116・リジンが168です。
    これらの食品を一緒に食べることにより精白米のアミノ酸の栄養価も高まります。ただし、一緒に食べないと効果はありません。

    ●たんぱく質(アミノ酸)の摂取

     1日の摂取カロリー(kcal)の比率は、脂質は摂取kcalの20?25%以内、たんぱく質がおよそ体重の0.1%(g)、残りが糖質というのが標準的です。
    脂質・たんぱく質・糖質のエネルギー換算は9・4・4です。
    厚生労働省によって発表された「第6次改定日本人の栄養所要量」による数値が下の表です。
    脂質50g×9=450kcal・たんぱく質55g×4=220kcal・糖質283×4=1,132kcal
    合計1,802kcalは標準的数値です。
    これを前述の推奨カロリーに置き換えますと
    脂質44g×9=396kcal・たんぱく質57g×4=228kcal・糖質253×4=1,012kcal
    合計1,636kcalとなり、おおよそ推奨カロリーになります。
    さて、この項目で問題となるのは、たんぱく質57gの中身であるアミノ酸のバランスです。

    ●動物性たんぱく質

    日本人のたんぱく質摂取量に占める、動物性たんぱく質の量は平均で50%とされています。この比率が35%より下回ればたんぱく質の質がさがり、注意が必要です。
    卵・乳製品、肉、魚のうちのほぼすべてがアミノ酸スコア100です。えび・かに・貝・いか類は70?85と高たんぱく質です。たんぱく質の含有量も100g当たりの15?20mg程度です。
    野菜や穀類はアミノ酸スコアも様々で、たんぱく質の含有量も大きく違います。
    他の栄養素も不可欠です。また、動物性たんぱく質はカロリーが高いので要注意です。
    よく言われる「一日30品目」の食材をバランス良く摂取し消費することが大事な理由が分かると思います。しかし、このことは意外と困難です。

    ●体内に保存することのできない栄養素

    水溶性ビタミンやたんぱく質は糖質や脂質、ミネラルのように体内に保存することができないということが、この問題をさらに難しくしています。
    今日はたんぱく質をたっぷりと食べたので明日は摂取しなくて良いということはありません。
    体の中で代謝に使用されなかった水溶性ビタミンやアミノ酸は、体の外へ排出されてしまいます。毎日ちゃんと必要量をとらなければなりません。

    ●アミノ酸の再利用

    わたしたちの体の中で消費されるアミノ酸は、たんぱく質の合成に使用されるものが一番多いとされています。
    成人の1日におけるたんぱく質の代謝量は摂取量の3倍と考えられています。体内のたんぱく質が分解されてアミノ酸に遊離し、もう一度たんぱく質に取り込まれいています。
    このようにアミノ酸は体内で有効に再利用されています。しかし、体の中ではエネルギーとしてもアミノ酸は使われています。摂取するアミノ酸が不足すると、たんぱく質の合成が不十分となり、健康を損なう原因となります。

    ●アミノ酸と健康食品

    以前、外国で、特定のアミノ酸を高濃度に含んだ健康食品を継続的に摂取することにより、激しい筋肉痛を起こした例が報告されました。
    以前の厚生省がこの件について各自治体に注意を呼びかけ、協力を呼びかけた事もありました。
    アミノ酸のバランスの悪い高濃度の健康食品の継続的な摂取は避けるべきなようです。
    しかし、アミノ酸を摂取し消費することは健康な体を造り、質の高い健康生活を送るということのために考えなければならないことです。

    美容なんでも情報 - livedoor Blog 共通テーマ

    2007年09月19日

    アミノ酸スキンケアについて

    自ら潤いを保つための天然うるおい成分・NMF(Natural Moisturizing Factor)を、私たちの肌は持っています。このNMFが肌荒れ・クスミや乾燥を防ぐ、美肌には欠かすことのできない成分なのです。そして、アミノ酸がこのNMFを構成する主要な成分です。NMFが不足すると、肌は新陳代謝が乱れて、乾燥・肌あれ、そして「荒れ肌」状態になってしまいます。そしてこの「荒れ肌」を調べてみると、なんと健康な肌に比べてアミノ酸が4割近くも失われていました。
    どれほどアミノ酸が「健康=美しい肌」にとって大切なのか、あらためて認識します。

    知られざる美肌機能がアミノ酸には多く含まれています。例えば、

    【エルデュウ】
    肌の保水力を高めることで、ふっくらしたハリのある肌に。

    【セリン】
    肌代謝を促すことで、肌をうるおします。

    【ロイシン、イソロイシン】
    うるおいキープ、肌代謝を促進、コラーゲン生成など。

    【アルギニン】
    くすみを改善、肌をうるおし、代謝を促進、そして肌老化の原因である肌サビを防ぐ=抗酸化作用といった働きもあります。

    【プロリン】
    コラーゲン生成に欠かせません。つまり、アミノ酸をしっかり補っていればコラーゲンはつくられていく、ということです。


    体脂肪を燃やすアミノ酸には、女性にとってうれしい効果がもう1つあります。それはスキンケア効果で、体の内側から肌の状態を整えて女性を美しく見せます。

    アミノ酸で髪や肌も、爪までもツヤツヤになります。
    肌がカサついていたり、くすんでいたりすると、メイクのノリが悪く気分まで沈みがちになります。実はアミノ酸は肌の調子の良し悪しにも関わっています。

    血液中のアミノ酸濃度が高い人ほどイキイキとしたキレイな肌をおり、濃度が低い人ほど肌の色ツヤが悪いです。それもそのはずで、アミノ酸は肌の細胞をつくる原料となり、さらに肌のハリやキメ、うるおいを保つためにも使われています。

    美肌やツヤツヤの爪づくりのためには毎日のお手入れに加え、アミノ酸を充分に摂取することが大切です。

    体をつくる20種類のアミノ酸のすべてが美肌づくりにも役立ち、うるおいを保つ、肌荒れを防ぐ、シミ・ソバカス・シワを防ぐ、キメを整えてハリを保つ、くすみをとるなど、肌のことであれば何でもおまかせです。アミノ酸たっぷりの体になれば、肌だけでなく、爪や髪までツヤツヤになることができます。

    morimoto112 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

    2007年09月16日

    アミノ酸が含まれる料理

    フランスの学者が1806年にアミノ酸を結晶としてアスパラガスの芽の抽出物から取り出すことに成功しました。このときのアミノ酸が「アスパラギン」です。
    また、うまみ成分として有名なグルタミン酸は、小麦粉のたんぱく質であるグルテンからドイツで1866年に取り出され、グルタミン酸と名づけられました。

    うまみ成分「グルタミン酸」ってアミノ酸?

    調味料にうまみ成分として使われているものは、グルタミン酸にナトリウムを結合させた、グルタミン酸ナトリウムです。これは、昆布のうまみ成分の研究から発見されたものです。グルタミン酸ナトリウムとグルタミン酸は別物です。
    ちなみに、アミノ酸の中でも、アスパラギン酸やグルタミン酸はうまみと酸味があります。例えばトマトを食べる時、この2つのアミノ酸は欠かせないもので、しかもアスパラギン酸とグルタミン酸が1対4の割合で含まれているときが一番トマトらしい味になるそうです。

    日本料理では、「ダシ」を昆布やかつお節でとることが基本で、料理の決め手はダシの旨さです。ダシの旨み成分の研究は、昆布の旨みがグルタミン酸にあることを1908年に池田菊苗博士が発見したことに始まります。以来、アミノ酸と食べ物の味の関係が注目され、アミノ酸には、この旨みの他に、酸味、甘味、苦味などのあることがわかりました。また、アミノ酸が数個つながったもの(ペプチドという)にも、アミノ酸と同じく様々なな味のあることもわかってきました。従って、食材の味、美味しさがペプチドやアミノ酸の種類と含量に密接に関係していることはいうまでもありません。
    雲丹、蟹、トマト…アミノ酸の力によるおいしさの代表例です。ちなみに、欧米には旨みに相当する適切な言葉がなかっただけで、味わい分けることはできるとのことです。
    今では、この旨み(umami)というのは、日本発の味の表現、世界の言葉ともなっているのです。

    ところで、肉、魚、牛乳、大豆といった食材には、アミノ酸の集合体であるタンパク質が多く含まれています。本来、タンパク質には味がありませんが、その一部が分解されてペプチドやアミノ酸が生成するとますます美味しさが増すことになります。取れたての魚の刺身や、処理して間もない肉より、少し時間をおいた方が旨みが増すということは、この理由によるものです。なお、ペプチドやアミノ酸の生成は、肉や魚の細胞中のタンパク質分解酵素(プロテアーゼ)の機能によるものです。

    もっとも人間は、保存性をより高める為に、食材をより美味しく食べるために、数千年も前から、多くの知恵と技術を生みだしてきました。
    発酵食品がその代表ということになります。醤油、味噌、塩辛、納豆、アンチョビ、チーズ……。
    これらの美味しさの秘密もタンパク質の分解により生ずるペプチドやアミノ酸に深く関係しています。製造の主役は微生物で、それらが生産するプロテアーゼがタンパク質を分解し、美味しさを生成しているのです。
    ペプチドやアミノ酸は美味しいばかりでなく薬理機能や体の代謝調節機能なども持っています。発酵食品はアミノ酸、ペプチドの宝庫であり、我々研究者にとっても宝の山なのです。
    食べ物の美味しさの成分は他にもあって、アミノ酸とは異なる物質もかつお節の旨みには含まれています。

    健康と美容 - livedoor Blog 共通テーマ

    2007年09月13日

    アミノ酸とローヤルゼリー

    ローヤルゼリーは「ロイヤルゼリー」とも言われ、健康食品の一つです。関税上の扱いは「治療用又は予防用に調製したその他の人又は動物の物質」となっています。

    もともとはミツバチの作る、女王蜂専用の食料です。



    ローヤルゼリーについて哲学者アリストテレス(B.C.384?B.C.322)は、その著書「動物誌」の中でこう記しています。

    アリストテレスはクリーム状ではちみつとは味覚も色も異なる液体の中に浮かぶミツバチの幼虫が女王蜂へと成長することを知り、ローヤルゼリーそのものが女王蜂を生み出す魔法の鍵だと考えていました。

    19世紀ごろ、古代ギリシャ時代から知られていたローヤルゼリーの有用性が改めて認識され始めました。そして1950年代に、健康食品として、世界中でローヤルゼリーが注目されるようになりました。

    ローヤルゼリーはその有用性とともに神秘性が語られますが、その実体は女王蜂が生涯にわたって食べる他にはない食物です。ローヤルゼリーはそのため、「王乳」とも呼ばれています。

    ローヤルゼリーは同じ有精卵から孵化したミツバチの幼虫のどの幼虫にも、初期の3日間くらいは与えられます。
    その後働き蜂となる幼虫たちははちみつと花粉が混ぜられた餌で育てられ、ローヤルゼリーは女王蜂となる幼虫のみに与えられます。
    王台とよばれる部屋でローヤルゼリーだけをたっぷり食べることにより、女王蜂は働き蜂にはないいろいろな能力と特徴を得ます。
    たとえば寿命は働き蜂の1ヶ月余りに対して、3?4年と30?40倍も長生きし、毎日約1500?2000個の卵を産み続けることができ、体の大きさは働き蜂の約2?3倍となります。
    同じメスのミツバチであっても普通は働き蜂には産卵能力はなく、ミツバチの社会を支える生命の営みという重要な能力は女王蜂のみに与えられます。

    ローヤルゼリーはこの驚異的な生命力を支えている栄養の宝庫です。

    ミツバチが花から集めてきた花粉がローヤルゼリーの原料となります。それを働き蜂が体の中で消化・分解・生成し、大あご腺と下咽頭腺から分泌したものがローヤルゼリーです。

    自然の状態では、女王蜂となる幼虫用の特別室が、ミツバチが次世代の女王蜂を誕生させる春から夏にかけて、いくつも作られます。この特別室は王台と呼ばれ、形、大きさともにピーナッツの殻によく似ています。王台に産み付けられた卵が孵化すると、働き蜂はローヤルゼリーをその幼虫の餌として分泌し、その王台の中にためていきます。

    生のローヤルゼリーはこうして生成され、乳白色のクリーム状の、舌を刺すような酸味のある物質です。

    このようにローヤルゼリーは、成分や生成の過程など、はちみつとは完全に異質のものです。

    自然の状態ではローヤルゼリーはごくわずかしか生産することができません。

    そこで養蜂家はできるだけ多くのローヤルゼリーを採集する技術をミツバチの習性を利用して生み出しました。それはミツバチの巣を女王蜂がいない状態にすれば、働き蜂の幼虫(孵化後3日以内)にローヤルゼリーを与え、新たな女王蜂を育てるという習性を利用したものです。まず、隔王板と呼ぶ道具を使って、女王蜂と隔離された場所を巣箱の中に作ります。次に孵化したばかりの働き蜂の幼虫を自然の王台を模したプラスチック製の小さな人工王台の中に移し入れます。
    そして人工王台の枠を女王蜂と隔離されたところに挿し入れ、女王蜂として育てさせます。ローヤルゼリーが人工王台に貯まるまでの時間は48?72時間です。そこで、幼虫を取り除いてローヤルゼリーを採取します。ローヤルゼリーの一つの王台で採取できる量は約300mgというすごくわずかな量です。

    巣箱1箱あたり50?60個の人工王台をセットすると、生ローヤルゼリーの1箱で1回あたりの生産量はわずか15g程度です。

    体重がわずか0.1gにも満たないミツバチの生産するローヤルゼリーの量はとても少なく貴重なものといえます。

    3大栄養素である炭水化物・タンパク質・脂質をはじめとして、人の健康にとって不可欠となっている必須アミノ酸のすべてを含む22種のアミノ酸を主体に、ミネラル・各種ビタミンなど栄養素をローヤルゼリーはバランスよく豊富に含んでいます。

    各種ビタミン類については、ビタミンCを除いてはちみつの数十倍も含んでいます。
    食品の中では「美容のビタミン」といわれているパントテン酸の含有比率は群を抜いています。
    特有成分として、近年、その有用性で注目されている、天然の物質としてはローヤルゼリーにしか存在しない「10-ハイドロキシ-デルタ-2-デセン酸」(以下デセン酸)があります。
    このほかにもアセチルコリンが他の食品に比べて多く含まれています。このようにローヤルゼリーは、必須アミノ酸や各種ビタミンなど40種類以上もの栄養素をバランス良く含んだパーフェクトフードといえます。

    美肌サプリメント - livedoor Blog 共通テーマ

    2007年09月11日

    アミノ酸UVケア


    「紫外線をしっかりとブロックし、しかも肌にやさしいサンスクリーンが欲しい」というたくさんのユーザーの声に応えたものです。

    アミノ酸の研究が、低刺激の日焼け止め用乳液で、肌へのやさしさ・保湿効果・仕上がりの美しさ・高UVカット効果(SPF48・PA++)のすべてを実現させました。

    アミノ酸系UVカット成分である「ソフトシェードDH」が配合された新処方です。

    今までの紫外線吸収剤を使用したサンスクリーンで問題となっていた肌へのダメージをクリアしただけではなく、重いつけ心地や白浮きまでを解消しました。

    汗をかくことによって失われがちである肌のうるおいを補給し、8種類の保湿アミノ酸・アミノ酸由来のセラミド類似成分と、アミノ酸系サラサラパウダーの機能により、SPF48・PA++の強力なUVカット効果を持つと思えないぐらいの、軽くサラサラとしたつけ心地としっとり感が体感できるとのことです。

    モイスチャー成分(アミノ酸・ヒアルロン酸Na・コラーゲン)を配合しています。
    紫外線によって肌は黒くなるだけでなく、うるおいを失い、乾燥します。うるおいをバリアする機能の崩れた肌は、紫外線などによる外部ダメージを受けやすくなり、よりそばかす・シミができやすい肌になります。健やかでみずみずしく美しい白肌をキープするには、日々のUVカットと乾燥を防ぐうるおいケアが必要です。
    そこで3つのモイスチャー成分(アミノ酸・ヒアルロン酸Na・コラーゲン)を配合した「メンソレータム スキンケアUV」は、 とことんうるおいにこだわっています。
    従来品に比べてたっぷりの保水力があり、乾燥した肌にうるおいを与え、素肌をみずみずしく整えます。
    キレイになるもん♪ - livedoor Blog 共通テーマ

    2007年09月08日

    必須アミノ酸とは

    体内で合成することが不可能なため、必ず食事として摂る必要性があるアミノ酸。生合成経路が長く、合成に要する酵素も多いから体内で合成するよりも食事として摂るほうが有利という考えもあります。
    イソロイシン・ロイシン・バリン・リジン・スレオニン・トリプトファン・メチオニン・フェニ?ルアラニン
    主として小児期に不足するヒスチジン・アルギニン(準必須アミノ酸)を加えて9種または10種とする事がある


    ■必須アミノ酸

    人体は、およそ60兆個の細胞で構成されています。そしてその細胞は蛋白質によって作られています。この蛋白質は20種類のアミノ酸から、合成されています。
    自然界にはおよそ300種類のアミノ酸が存在するのですが、人体を構成しているのはその中のわずか20種類だけです。このうち、ヒトが生体内で合成することの不可能なアミノ酸を必須アミノ酸とよびます。つまり、外界に依存していかなければならないアミノ酸のことです。
    この8種類とはイソロイシン・ロイシン・バリン・リジン・スレオニン・トリプトファン・メチオニン・フェニ?ルアラニンの8種です。そのほか、ヒスチジンは体内でも合成されますが、発育期の幼児には不足になりがちであり、栄養学的にはこれも必須アミノ酸としています。アルギニンは準必須アミノ酸とされています。ところで、この8種のアミノ酸の共通項は一体、何なのかということを考えてみました。まず、すべての必須アミノ酸は光学異性体のなかで、すべてl型です。光学異性体にはr型とl型とがありますが、人体を構成するすべてのアミノ酸はl型であり、必須アミノ酸の十分条件ではありません。アミノ酸を分類する場合、その基本骨格の特徴によって分類することがあります。
    すべてのアミノ酸はカルボキシル基とアミン基をもった両性化合物であり、側鎖の種類によってそれが、ベンゼン核を持った芳香族であったり、脂肪族であったりするのですが、そのどの種類にも必須アミノ酸は属しています。つまり、基本骨格に特有のものはありません。さらに、両性化合物が持つ等電点にも共通項は認められませんでした。
    共通項はやはり、調べていくうちにありました。それはそれぞれのアミノ酸の合成のしやすさでした。つまり、必須アミノ酸の生合成経路は長くて、合成しにくく、一方、非必須アミノ酸の合成経路は短く、簡単に作れるものでした。複雑な合成経路を持つアミノ酸は、外界に依存する方が、生体にとって有利であるからです。
    ここにも、自然界が持つ合理性、合目的性が見事に示されています。そしてこの必須アミノ酸をたっぷりともっているものが、動物の肉、卵、牛乳などなどなのです。
    植物も必須アミノ酸を持っていますが、動物ほどではありません。アミノ酸スコアという一つの指標があります。
    これは必須アミノ酸の含有量がヒトの必要量に対してどれくらいの割合で含まれているのかというものなのですが、動物性食品が総じて100%であるのに対して、植物性食品はせいぜい85%程度しかありません。ちなみに白米は65%、大豆は86%、肉は牛でも豚でも100%(ただし、脂身は68%)、魚では、鯖でも鯛でもでも100%というところです。そしてトリプトファン。このアミノ酸も必須アミノ酸なのですが、これは実はセロトニン合成に必要とされるアミノ酸です。
    セロトニンがうつ病に関連がある脳内神経伝達物質であり、この生合成に必須アミノ酸であるトリプトファンが関連しています。


    ■必須アミノ酸の定義

    1.体内で合成できないが、できても必要量をまかなうことができないアミノ酸のこと。

    2.これらのアミノ酸は、栄養を健全に保つために、食物から摂らなければならない。

    3.不足するとたんぱく質の合成が損なわれ、組織の維持や正常な発育が困難となる。
     (非必須アミノ酸は、食物から供給されるほかに、等質や資質やアミノ酸の分解中間物から生合成される。必須アミノ酸は、炭素骨格が枝分かれしていたり、特殊な構造を持ったりしているため、生合成できない。)


    ■必須アミノ酸の発見

    ローズ(1950) 体内では合成されず、食品から摂ることが不可欠なアミノ酸について、純粋なアミノ酸混合物を用いて実験を行い、成人にとって八種類のアミノ酸が不可欠であることを明らかにしました。


    ■必須アミノ酸の種類

    イソロイシン・ロイシン・バリン・リジン・スレオニン・トリプトファン・メチオニン・フェニ?ルアラニン・ヒスチジンの九種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいます。
    従来、幼児期にとってのみヒスチジンは必須とされてきましたが、1985年、成人にとっても必須であるとFAO/WHO/UNUの合同専門委員会は報告しました。
    1986年からは準必須アミノ酸のアルギニン(子供と幼児には必須)が加わり10種になりました。



    ◇ オススメ!サプリメント ◇ - livedoor Blog 共通テーマ

    morimoto112 at 17:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!アミノ酸とは 

    2007年09月07日

    アミノ酸5大パワー

    アミノ酸5大パワー
    1.肌再生アミノ酸

     肌再生を、肌の原料となっているアミノ酸を摂取することでスピードアップ。

     肌再生アミノ酸 アルギニン、プロリン、システイン 5,070mg/100g

    2.体力アップ

     スタミナアップが、筋肉内でエネルギー燃焼に作用しているアミノ酸を摂取することで可能。

     体力アップアミノ酸 ロイシン、イソロイシン、バリン、アルギニン 11,420mg/100g

    3.脂肪燃焼

     脂肪燃焼を、脂肪燃焼を促すホルモンを構成するアミノ酸を多く摂取することで促進。

     脂肪燃焼アミノ酸 プロリン、アラニン、リジン、アルギニン 11,510mg/100g

    4.免疫力アップ

     免疫力が、マクロファージなど免疫細胞を構成するアミノ酸を摂取することでアップ。

     免疫力アップアミノ酸 グルタミン酸、アルギニン 8,810mg/100g

    5.集中力アップ

     脳を、脳の伝達物質であるアミノ酸を摂取することで活性化。

     脳機能活性アミノ酸 チロシン、トリプトファン 1,450mg/100g



    ■体内でいろいろな働きを行うタンパク質

    人間の体の大半は水分であることを知っている人も多いと思います。実際、体を構成する物質のうちの70%は水分です。そして、次に多いのがタンパク質であり、構成比率は15?20%となっています。人間の体においては3万?10万種類のタンパク質がいろいろな働きを行っており、生命を維持するというすごく大切な昨日を果たしています。
    人間に限らず、動物の筋肉、皮膚、歯、髪といった、タンパク質は体のあらゆる部分に含まれています。理想的な食生活を実現することにおいて、良質なタンパク質を摂取することは、常に考えておく必要のある要素といえます。


    ■必須アミノ酸のバランスは良い

    タンパク質は、アミノ酸という物質が鎖状に繋がった構造をしています。アミノ酸の中には、体の中で作ることができないため、食物から摂取しなければならない必須アミノ酸というものが8種類あります。ところが、いくら食べても、タンパク質を構成する必須アミノ酸の含有比率のバランスが整っていなければ、体の中で効率的に吸収されません。



    ■各アミノ酸名称と特徴

    アラニン
     免疫システムの強化、低血糖症の緩和、腎臓結石の予防

    グルタミン酸
     脳の機能を高める
     潰瘍の治りを早める
     疲労を軽減

    アスパラギン酸
     免疫システムの強化、スタミナと耐久力を高める

    オルニチン
     筋肉増強ホルモンとして働く、アルギニンの効力を高める

    システイン
     皮膚・髪・爪の状態を良くする

    ロイシン、イソロイシン、バリン
     筋肉の基本的なエネルギー源となる、筋肉を増強、インシュリンの分泌とのバランスをとる

    ヒスチジン
     ストレスを軽減、慢性関節リウマチの症状を緩和

    フェニルアラニン
     抗うつ薬的に働く、自然の鎮痛剤として機能する、食欲抑制の助けとなる

    プロリン
     傷の治りを良くする、学習能力を高める

    セリン
     痛みを緩和、自然の抗精神薬として働く

    スレオニン
     タンパク質を体が使えるようにするのに必要

    トリプトファン
     不安を軽減、入眠を助ける

    リジン
     集中力を高める、単純疱疹の感染を予防する、受精率を高める

    メチオニン
     コレステロールを下げる、精神分裂症・パーキンソン病の治療の助けとなる

    チロジン
     性能力を高める、食欲を抑制し気分を高揚させる、ストレスを軽減する

    アルギニン
     精子数を増加させる、筋肉組織を正常な状態にする、傷の治りを早める


    美容と健康 - livedoor Blog 共通テーマ

    2007年09月05日

    アミノ酸と脂肪分解の関係

    今、なぜアミノ酸なのでしょうか?

    アミノ酸はたんぱく質を作るための原料です。人間だけではなく、あらゆる生物はアミノ酸がなければ生きられません。しかも、現在判明しているだけでも500種類以上のアミノ酸があります。

    しかし、私たちの体を作るために不可欠なアミノ酸は、たったの20種類だけです。これら20種類を、数個から数万個組み合わせることによって体を構成するいろいろなたんぱく質を作り出すことが出来ます。

    例えば、卵を食べたとします。噛み砕かれた卵は唾液と混ぜられ、胃(消化器官)まで運ばれます。消化器官でたんぱく質を分解する酵素により、卵のたんぱく質はアミノ酸に分解されます。卵に含まれる「アルブミン」というたんぱく質は、アミノ酸レベルにまで分解され、細胞に血液によって運ばれ、そこで、「血漿アルブミン」というたんぱく質に再合成されます。

    「血漿アルブミン」も卵の「アルブミン」も同じ20種類のアミノ酸から出来ていますが、「人間の血漿アルブミン=卵のアルブミン」ではありません。積み木で作ったお城が食物のたんぱく質だとすれば、一度崩して、使いやすい建物へと作り直すことが「消化→分解→吸収→再合成」となります。この時、使いやすい建物の設計図がDNA (遺伝子情報)で、DNAもアミノ酸から作られています。有効にこれらのアミノ酸が働くために、例えばアミノ酸からホルモンや酵素を作るためにはビタミンBが必要だし、アミノ酸吸収・再合成の補助をするのがビタミンC、血液循環を良くしてアミノ酸を体の隅々に送るにはビタミンEの補助が不可欠です。

    「アミノ酸」によれば、有酸素運動をする30分前に脂肪燃焼アミノ酸を摂取すると脂肪分解酵素リパーゼを活性化し、体脂肪を遊離脂肪酸として血液中へと送りこむ量が増えるため、運動による脂肪燃焼効果を高めるそうです。
    ビタミンB群とあわせるとさらに高い効果が期待できます。

    20種類あるアミノ酸のうち、脂肪燃焼アミノ酸はリジン・アラニン・アルギニン・プロリンの4種類です。

    通常の脂肪燃焼メカニズム
    運動を開始します。血中のブドウ糖が分解され運動エネルギーとなります。30分経過後脂肪分解リパーゼが働き、体脂肪が燃焼し始めます。

    脂肪燃焼アミノ酸摂取時のメカニズム
    アミノ酸を摂ります。 体の中で吸収され血液に流れ込みリパーゼを活性化させます。 活性化したリパーゼにより多くの脂肪を分解します。


    分解された脂肪は遊離脂肪酸となり血液中へと送り出されます。 有酸素運動をします。 脂肪は運動により筋肉でエネルギーとして燃焼します。

    脂肪燃焼アミノ酸ダイエット方法
    運動の前や空腹時にアミノ酸サプリメントを摂り、それから有酸素運動を40?60分程度行うと脂肪の燃焼が進みます。

    サプリメントを買う際には、パッケージに脂肪燃焼が促されているかどうか確認しましょう。
    又、成分表にリジン・アラニン・アルギニン・プロリンといったものが含まれているかどうか確認ましょう。

    メリット
    カロリー計算や極端な食事制限が不必要であり、皮膚のコラーゲンが増え、美肌効果もあります。



    美容と健康 - livedoor Blog 共通テーマ

    morimoto112 at 13:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

    2007年09月04日

    アミノ酸ガイド

    ★ロイシン (BCAA)
    エネルギー源として使われる他、筋肉の分解を抑制する機能がある分岐鎖アミノ酸の一種です。 また、脳の神経伝達物質の前駆体の摂取を調節すると同時に、エンケファリンという神経系に痛み信号を伝達するのを抑制する物質の分泌を調整します。

    ★イソロイシン (BCAA)
    筋肉のエネルギー源として使われやすい分岐鎖アミノ酸の一種です。 衰弱した人には、筋肉の消耗を防ぐという目的で使われます。 
    また、ヘモグロビンの形成に不可欠なアミノ酸です。

    ★バリン (BCAA)
    分岐鎖アミノ酸の一種です。 肝臓では処理されず、筋肉の中に積極的に摂取されます。
    脳の神経伝達物質の前駆体(フェニルアラニン・トリプトファン・チロシン)の摂取にも影響します。

    ●グルタミン
    体内に最も多く存在するアミノ酸です。 免疫系の機能に大切な働きをし、エネルギーとして、また肝機能も助けます。知力、集中力を維持する脳のエネルギーとなります。

    ●ヒスチジン
    皮膚で紫外線を吸収するという役割を果たす化合物の一種です。 白血球、赤血球の形成に必要なため、貧血の治療に使用されます。 
    リューマチ性関節炎、アレルギー疾患、消化器系の潰瘍といったものの治療に使用されます。


    ●アラニン
    結合組織の主要材料です。 たんぱく質からエネルギーを得るプロセスとして知られているグルコース-アラニン回路の中間生成物として重要な役割があります。 
    また、免疫系物質を作るのにも大切です。

    ●リジン
    不足するとたんぱく質の合成速度が低下する恐れがあります。 結合組織、筋肉に影響します。 
    ウィルスの働きを抑制するために、単純疱疹の治療に使われます。
    ビタミンCとリジンのコンビネーションは、L-カルニチンという物質を作り、筋肉がもっと効率良く酸素を使うのを助け、疲労を遅らせる機能があります。
    またリジンは、コラーゲンの形成を助け、結合組織、骨、軟骨の発育の力となります。 

    ●メチオニン
    クレアチンとシスニンの前駆物質です。 抗酸化物質のグルタチオンのレベルをアップし、血中のコレステロール値を下げる可能性を持ちます。
    また、毒性のある老廃物を肝臓から除去し、腎臓、肝臓の組織再生を助ける役割があります。

    ●スレオニン
    アミノ解毒物質の一つで、肝臓内の脂肪蓄積を予防します。 コラーゲンの材料として大事であるアミノ酸です。 菜食主義の人は、一般に体内の蓄積量が少ない傾向にあります。

    ●トリプトファン
    大切な神経伝達物質であるセレトニン(鎮静作用を持つ)の前駆体です。 体の中で合成できる事から、意識して摂る必要性はありません。

    ●アルギニン
    グルカゴン、インシュリン、成長ホルモンの分泌を促進し、コラーゲンの形成や怪我の回復や免疫力を高めます。
    またクレアチンや脳内神経伝達物質の前駆体にもなり、他には精子の数やTリンパ球反応を高める事で知られます。

    ●オルニチン
    大量に摂ると成長ホルモンの分泌を促すと言われます。 
    免疫系、肝機能を助け、回復を促します。

    ●システイン
    L-シトルリン、L-アスパラギン酸と共に働き、有害な化学物質を解毒し、タバコやアルコールによる体内の損傷を防ぐ役割があります。
    また、白血球の活性化も促します。

    ●アスパラギン酸
    炭水化物を筋肉のエネルギー源へと変換する助けをする他、免疫抗体であるグロブリンを作ります。
    また運動後のアンモニア量を抑制します。

    ●プロリン
    心筋、結合組織を合成する上での材料となります。 
    筋肉のエネルギー源として使われやすく、コラーゲンの主要素材となります。

    ●セリン
    細胞のエネルギー合成に重要な機能を持ち、記憶、神経系機能の助けとなります。
    免疫抗体であるグロブリンを形成し、免疫力を高めます。

    ●タウリン
    脂肪の吸収、排出を助け、脳、網膜内で神経伝達物質として働きます。

    ●シスチン
    結合組織の強度を増し、組織の抗酸化反応を助けます。 回復を促し、白血球の活性化を高め、炎症患部から痛みを緩和し、髪、皮膚の合成の力にもなります。

    ●グリシン
    他のアミノ酸の合成を助け、チトクローム(エネルギー合成に必要な酵素)やヘモグロビンの材料となります。
    沈静作用があるという事から、躁うつ病、攻撃性治療に用いられる場合があります。 
    グリコーゲンを移動させるグルカゴンをつくり、砂糖への欲求を抑制します。
    ●チロシン
    神経伝達物質であるノルエピネフリン、ドーパミン、エピネフリンや、成長ホルモン、甲状腺ホルモン、メラニンの前駆体となります。 気分を高揚するという効果があります。

    ●フェニルアラニン
    チロシンの主要前駆物質です。  記憶能力、学習、注意力、気分を向上させ、ある種のうつ病治療にも使われます。
    コラーゲンの主要材料の一つであり、食欲を抑制する機能があります。


    美容と健康 - livedoor Blog 共通テーマ

    2007年09月01日

    アミノ酸が豊富に含まれる物

    非必須アミノ酸であるグルタミンは体内で十分な量を生成することができますが、筋トレや怪我・病気などで身体にストレスがかかると、グルタミンが筋肉で合成されその修復や治療のためにたくさん使われることになります。すると体の中で作られるグルタミンが不足し、免疫機能が低下し風邪などの病気にかかりやすくなったり、筋肉がやせ細ってきたりします。つまり、体の中で生成することのできる非必須アミノ酸といっても、激しい運動やスポーツをするならばグルタミンの補給をすることも不可欠であるという事です。特にスポーツ選手にとっては大切なアミノ酸の1つです。
     また、グルタミンは潰瘍の治療薬として使用されていますが、最近では消化管の粘膜を修復するという作用が注目されています。
    グルタミンは卵・肉・魚などに豊富に含有されていますが、調理などの酸や熱などにより変成してしまうため、食物から摂るなら「生」じゃないと意味がありません。
    そのため、サプリメントで摂取した方が効率はよいです。
    このように、正しい知識をもってアミノ酸を利用すれば、スポーツ選手にとってとっても役立つ栄養素です。


    ■ビール酵母

    生活に不可欠なアミノ酸・ビタミンが豊富に含まれています。
    18種類のアミノ酸がビール酵母には含まれ、人の体の中で生成することが不可能な9種類の必須アミノ酸もすべて含まれています。
    この中でもとくに注目したいのが、ダイエット中の人は特に不足しがちな「リジン」です。
    ビール酵母での栄養補給を推奨します。
    ビール酵母にはミネラル、ビタミンもバランスよく含まれており、アミノ酸は消化を助けます。また、腸内環境を改善するのにもビール酵母に含まれるいろいろな栄養素は役立ちます。

    ■ダイエットのサプリメントとして最も適しているコエンザイムQ10(ビタミンQ10)

    コエンザイムQ10(ビタミンQ)は人間の心臓、腎臓、肝臓といった多くのエネルギーを必要とする部分に含まれていますが
    年を重ねるとともに体内生産能力が低下するためサプリメントとして人気になっています。
    コエンザイムQ10はユビデカレノン、ユビキノンとも呼ばれています。

    ■発芽玄米

    玄米を一定温度の水につけて0.5mmから1mm程度発芽させた状態のものであり、発芽することにより胚芽に多いビタミンB1、B2、B6、葉酸、パントテン酸といった
    B群が豊富で、さらにビタミンE、亜鉛、マグネシウム、フィチン酸、リノール酸、セレン、フェノールといったものも含む成分が増え玄米の状態では使用することの不可能成分や、玄米にはまったくといっていいほど含まれていなかった成分が新しく生じてきます。最近注目を浴びているのがギャバ(ガンマ-アミノ酪酸)で、白米の約10倍も含まれているといわれています。

    ■玄米

    玄米は米の外側のもみ殻を取り除いただけの米で、発芽(胚芽)する生命力を持つ栄養価の高い米です。
    何分ツキ玄米とは栄養素の詰まった胚芽を残した米であり、胚芽をはじめ果皮、種皮、糊粉層(ぬか)をすべて落としたのが白米になります。
    このように玄米は今身近で最も注目されています。玄米にはミネラル、ビタミン、食物繊維、キャバをバランス良く含んでおり、マクロファージやNK細胞を活性化し
    現代人の様々な症状から健全で健康な身体づくりを助けます。低インシュリンダイエットとしても注目されています。

    ■納豆菌

    納豆のネバリの中に含まれている酵素です。
    食品の中で唯一納豆にだけ含まれる酵素納豆キナーゼ血液の固まりである血栓に作用すると注目を集めています。また体内に入ると、腸内でビフィズス菌(善玉菌)を増殖させます。そのような栄養豊かな食品が納豆です。
    このエキスを入れた臭いの気にならない栄養補助食品納豆嫌いの人には発売されています。
    納豆菌 納豆キナーゼに注目です。
    納豆菌は熱に弱いとされていますので高温料理は避けたほうが良いかもしれません。


    ■■■健康/美容/ダイエット■■■ - livedoor Blog 共通テーマ

    アミノ酸配合ローション

    ヒアルロン酸は驚異的な保湿成分であり、わずか1gで6リットルもの水分を保持することができます。
    「アセチル化ヒアルロン酸」はそのヒアルロン酸の保水力をさらに飛躍的に高めたもので、通称スーパーヒアルロン酸と呼ばれる超保湿成分です。
    「アミノローションDX」にこのスーパーヒアルロン酸を配合することにより、水分保持時間と保湿力がさらに上昇します。しかも、角質柔軟効果にも優れているので、やわらかなしっとりとした肌を保ちます。まるで、生まれたての赤ちゃん肌のようなぷるぷるとした感じを長い時間キープすることができます。

    さらに「キュアベリー」という注目の新成分を配合します。キュアベリーはアミノ酸系ギャバ“GAD”を増やし、エラスチン、コラーゲンの密度を高め、たるみやシワを防ぎます。
    しかも、ヒアルロン酸の再生能力にも優れているため、ハリのあるしなやかできめ細かな肌をキープすることができます。またリラックス&ヒーリング作用も高く、肌細胞を癒しながら活性化していく素晴らしい美容成分です。「アミノローションDX」にこのキュアベリーを配合することにより、老化に対する抵抗力も高めていくこともできるようになりました。

    お肌のターンオーバーが正常に行われることが健康なお肌を保つポイントです。ターンオーバーとは肌の新陳代謝のことです。つまりお肌の細胞が生まれてから、
    やがて垢となって落ちるまでの周期です。健康なお肌のターンオーバーは約28日ですが、細胞内のアミノ酸が不足するとターンオーバーの周期が長くなってしまい、
    古い角質が表皮にとどまって、くすみやしみといった肌トラブルの原因となってしまいます。
    サッカロミセス溶解質エキスに含まれているチロシン、セリン、アスパラギン酸の3種類のアミノ酸とカロットエキスの天然ビタミン類は、肌活性をアップさせる効果に優れ、
    新陳代謝を活発にして、ターンオーバーの乱れを正します。


    美しい素肌とは、角質層が適度な水分値に肌に存在する天然保湿因子(NMF)によって調節された状態です。アミノ酸は角質層の中にあるNMFを構成する重要な成分です。
    NMFの約40%がアミノ酸で構成されています。アミノローションDXとは、角質細胞内のNMFの構成成分であるアミノ酸を直接補い、お肌の保水能力を高め、
    肌荒れを防ぎます。


    お肌のキメやハリは真皮層の状態で決まります。真皮層は、エラスチンとコラーゲンという2つの繊維質と、それらの間を埋める水分を含んだコンドロイチンからできています。
    そのうち、エラスチンやコラーゲンは両方ともにたんぱく質でできており、これらの持つ水分量がお肌のハリや弾力に大きな影響を与えます。
    アミノローションDXはエラスチンやコラーゲンなどのたんぱく質を作るアミノ酸をバランス良く補給して、お肌の自己回復力を高め、キメ細かく、ハリのあるお肌へと導きます。


    人間の身体の約60?70%は水分で構成されていますが、残りの約30%のうちの半分がたんぱく質で構成されています。このたんぱく質を構成している成分がアミノ酸です。
    アミノローションDXは、バランスよくお肌の構成成分である高品質の天然アミノ酸が含まれています。お肌と同じ弱酸性で、無着色、無香料、ノンアルコール、無鉱物油となっています。
    お肌に負担をかけないので、乾燥肌の人はもちろん、お肌の弱い人でも安心して使用できます。

    プチ整形 しわ取り ヒアルロン酸注入 銀座スキンケアクリニック - livedoor Blog 共通テーマ

    アミノ酸たんぱく質について

    たんぱく質・アミノ酸の働き・効果
    人の体における必須アミノ酸は「イソロイシン」「ロイシン」「リジン」「バリン」「ヒスチジン」「トリプトファン」「スレオニン」
    「メチオニン」「フェニルアラニン」「アルギニン(成長期の子供のみ必須)」です。
    たんぱく質は私たちの臓器や筋肉を形成する成分となるだけでなく、生体反応の基本である酵素機能をコントロールする神経伝達物質やペプチドホルモンにもなります。

    このほかにも、神経や脳の働きを活性化させたり、免疫機能を高めたりする機能がたんぱく質にはあります。

    たんぱく質・アミノ酸が不足した際の体への影響
    生命の維持において最重要なたんぱく質やアミノ酸が不足すると、体力・スタミナの低下、性的能力の弱化、記憶力、思考力の低下、神経症、うつなど様々な疾病や障害を引き起こす危険性があがります。

    たんぱく質・アミノ酸を過剰に摂ることによる体への影響
    植物性たんぱく質は低く、動物性たんぱく質はアミノ酸スコアが高いものが多いです。
    きまったたんぱく質ばかりを摂取すると、体の中のアミノ酸のバランスが悪くなってしまうため、バランスよく摂るようにしましょう。
    また、長い期間過剰にたんぱく質を摂取すると、腎臓や肝臓に負担がかかります。

    アミノ酸は地球に太古の時代から存在する最古の栄養成分です。アミノ酸は、原始生命から現在のヒトに至るまで、生命の源として使われています。

    ヒトの体の約60%は水です。そして、残りのうちの約半分がアミノ酸(たんぱく質も含む)です。

    アミノ酸は人間のカラダの細胞、酵素、ホルモンなどを形成するだけでなく、カラダにとっていろいろな大切な役割を担っています。

    たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。 そのうちの9種類はカラダで合成されず、食事から摂取する必要があるため「必須アミノ酸」と呼ばれています。
    この「必須アミノ酸」は適量をバランスよく食事から補うことが不可欠です。

    バリン、ロイシン、イソロイシン、アラニン、アルギニン、グルタミン、リジン、アスパラギン酸、グルタミン酸、プロリン、システイン、スレオニン、メチオニン、ヒスチジン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、アスパラギン、グリシン、セリン

    私たちが体にとりいれるアミノ酸の好ましいバランスは、国際機関(FAO/WHO/UNU) によって定義されています。 このパターンと比較し、相対的に最も少ないアミノ酸を制限アミノ酸といい、これを補うことが必要です。
    一般的に卵のたんぱく質などの動物性たんぱく質はアミノ酸スコアが良く、トウモロコシや小麦といった植物性たんぱく質のアミノ酸スコアは低いことが知られています。

    卵のたんぱく質はアミノ酸スコアが100%です。たんぱく質の中でも最もアミノ酸のバランスが良いとされています。
    精白米のアミノ酸スコアは61%で、小麦のたんぱく質のアミノ酸スコアは42%です。
    どちらも最も不足する必須アミノ酸はリジンであることが知られています。

    ■■■健康/美容/ダイエット■■■ - livedoor Blog 共通テーマ

    アミノ酸の力

    アミノ酸の摂取により、筋力、瞬発力、持久力、回復力などがアップします。
    アミノ酸配合の栄養補助食品は、プロ野球選手やマラソン選手といった第一線で活躍するスポーツ選手たちの運動能力をあげるために必要不可欠なものとして使用されてきました。
    スポーツ時にアミノ酸が発揮するおもな効果は次の通りです。

    ●筋力アップ……アミノ酸は筋肉をつくるタンパク質の主成分です。筋肉トレーニングをすると筋線維が疲労し、その修復作業の際にアミノ酸が新たな筋肉の材料となり、強い筋肉をつくります。また、成長ホルモンの分泌を促進して筋細胞の働きを活発にし、筋肉を強化します。

    ●瞬発力アップ……瞬間的な動きに不可欠な情報を伝える「神経伝達物質」の原料となります。脳の命令がスムーズに筋肉へと伝わって筋肉の収縮スピードを速めます。

    ●持久力アップ……運動を続け、エネルギー源としての炭水化物が不足してくると、血中のアミノ酸がエネルギーへと変換されて使用されます。血中のアミノ酸濃度が高いと、持続的にエネルギーを供給することができます。

    ●筋肉疲労を予防・回復……エネルギーをつくるシステム(TCA回路)の材料にアミノ酸が使用されると、乳酸(疲労物質)を発生させることなくエネルギー源となります。運動前にアミノ酸を摂取しておくと、脂肪や炭水化物をエネルギー源に使った後、摂取したアミノ酸がエネルギーに変えられるため、疲労を早く回復でき、より長くスタミナを持続することが可能になります。

    ●やる気アップ……神経伝達物質の材料となり、脳を興奮させることによってやる気を高め、運動を持続することができます。

    アミノ酸は地球に太古の時代から存在する最古の栄養成分です。アミノ酸は、原始生命から現在のヒトに至るまで、生命の源として使われています。

    たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。アミノ酸はその種類によって様々な働きがあります。

    【筋力向上、疲労回復 】 バリン、ロイシン、イソロイシン
    BCAAとも呼ばれ、筋肉をつくるタンパク質に多いアミノ酸です。スポーツ時のスタミナ維持や筋肉痛を予防する効果を期待できます。

    【記憶力低下の予防】 バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニン、セリン、グルタミン酸 
    脳細胞にも働くアミノ酸といわれ、歳をとるにつれ衰退する記憶力の低下を遅らせる機能があると言われます。
    【ダイエット】 リジン、アルギニン、アラニン、プロリン
    燃焼系アミノ酸とも呼ばれ、リパーゼという体の中に入ると脂肪を分解する酵素を活性化するアミノ酸です。
    リパーゼが活発に機能すると体脂肪は遊離脂肪酸となって血液中に取り込まれて、エネルギーとして燃焼しやすくなります。脂肪を燃焼しやすい体にします。

    ■■■健康/美容/ダイエット■■■ - livedoor Blog 共通テーマ

    morimoto112 at 07:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!アミノ酸の力 

    アミノ酸ムサシとは

    配合比率が違う!BCAAアミノ酸!

    スポーツで酷使した筋肉の回復には、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロシンの三種類の分岐鎖アミノ酸が機能します。
    NIはこれらのアミノ酸を主成分に翌日も新鮮な状態で質の高いトレーニングが可能になるようにサポートします。トップアスリートのためのリカバリーアミノ酸です。

    筋肉のリカバリーアミノ酸としていわずとしれた「BCAA」です。 リカバリーにはL-バリン、L-ロイシン、L-イソロシンの三種類の分岐鎖アミノ酸が機能しますが、その配合比率に他社との決定的な違いはあります。単純な2対1対1というような配合ではなく、計算されつくした配合比率が、決定的な違いを生みだします。

    アミノ酸(MUSASHI)
    アミノ酸は空腹時・睡眠前に摂取して効果的にダイエット!

    ■アミノ酸とは
    アミノ酸は生命の源となる栄養成分であり、身体をつくるたんぱく質は20種類のアミノ酸から出来ています。その20種類のうち、体内では合成できないか、または必要量だけ充分に合成できないものが9種類(バリン、ロイシン、イソロイシン、トリプトファン、メチオニン、フェニルアラニン、ヒスチジン、リジンスレオニン)あります。

    この9種類は食事などから摂らなければならないため、必須アミノ酸と呼ばれています。アミノ酸は私たちが健康な状態を維持するのに不可欠な機能を担っています。


    ■ダイエットに効果的なアミノ酸は?

    アミノ酸のうちダイエットに効果的とされるものは、BCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)・アルギニンの4種類とされています。
    これらは脂肪を効率よく燃やす脂肪分解酵素をもっています。

    脂肪分解酵素であるリパーゼがアミノ酸によって、皮下脂肪や内臓脂肪をどんどん燃焼・分解します。分解された脂肪は血液中に放出され、筋肉に取り込まれてエネルギーとして燃焼され、二酸化炭素と水となって体の外に排出されます。アミノ酸を摂って運動することにより、脂肪をより効率的に燃やすことが可能になります。

    しかしアミノ酸はただ飲むだけでやせるというものではありません。アミノ酸を飲んで30分程度したら、有酸素運動(ウォーキングなど)を行うことがダイエットには重要です。
    アミノ酸は飲むだけではなく、エクササイズとの組み合わせによって効果が期待できるのです。

    ■アミノ酸は摂取するタイミングが大事!

    アミノ酸を効率よく使用するには、摂るタイミングが大事。以下のタイミングがよいです。

    1.空腹時(運動前)
    空腹時に摂取したアミノ酸はすばやく体に吸収され、脂肪分解酵素リパーゼに働きかけ始めます。さらに運動を行えば、糖質が使い果たされ、体脂肪をエネルギー源として使い始めます。アミノ酸を摂った後20分以上の有酸素運動をするとダイエットには効果的です。

    2.睡眠前
    美容やダイエットのためには就寝する前のアミノ酸の摂取が効果的です。「寝る子は育つ」といわれますが、アミノ酸を摂取することによりヒト成長ホルモン(HGH)が就寝中により多く分泌され、肌の活性化を促進し、新しい肌を生み出し若いときのような肌づくりパワーを活性化させる機能があります。

    ■■■健康/美容/ダイエット■■■ - livedoor Blog 共通テーマ

    アミノ酸販売関連

    アミノマックス1500
    アミノ酸は現在、スポーツサプリメントの主役と考えられている注目のサプリです。また、必須アミノ酸は体の中で合成できないため、食べ物などからバランスよく摂取することが不可欠です。アミノ酸は、トレーニングの前後や1日の終わりに摂取するのが理想的です。
    アミノ酸を水や低脂肪乳などと一緒に摂取することは過酷な減量を行うアスリートの栄養補給に最適です。携帯に便利なタブレットタイプであるため、トレーニング中のアミノ酸栄養補給や外食などで栄養バランスが崩れているときにも適しています。


    アミノ酸は健康食品・サプリメントであるため、安全性については特に問題ないとは思われますが、現在医薬品を飲んでいる人は、医師などに飲み合わせについてお尋ねください。また、使った後、体に合わないと感じた場合は使用をやめてください。また、妊娠中・授乳中の方は道徳上、臨床実験が不可能なことから充分な安全性が実証されていないので、お控えいただくか、医師などにご相談ください。

    アミノ酸は現在、スポーツサプリメントの主役と考えられている注目のサプリです。また、必須アミノ酸は体の中で合成できないため、食べ物などからバランスよく摂取することが不可欠です。アミノ酸は、トレーニングの前後や1日の終わりに摂取するのが理想的です。
    アミノ酸を水や低脂肪乳などと一緒に摂取することは過酷な減量を行うアスリートの栄養補給に最適です。携帯に便利なタブレットタイプであるため、トレーニング中のアミノ酸栄養補給や外食などで栄養バランスが崩れているときにも適しています。


    BCAAは、「ロイシン」「イソロイシン」「バリン」という3種類のアミノ酸の総称で、分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸と呼ばれています。

    分岐鎖アミノ酸(BCAA)とは、時の通り枝分かれした側鎖を持つアミノ酸です。普通のアミノ酸は肝臓において代謝されていますが、分岐鎖アミノ酸だけは筋肉組織において代謝されて筋肉のエネルギー源となります。運動の前後にBCAA(分岐鎖アミノ酸)を摂取することで、運動によるダメージや疲労をカバー出来ます。


    柔軟剤

    肌触りが良い繊維製品でも洗濯を繰り返しているとゴワゴワしてきて肌触りが悪化します。洗濯によって繊維の特性が悪化し、風合いが低下します。
    風合いが悪くゴワゴワした繊維製品を使っていると人体に悪影響です。新生児病棟で使用されているタオル地の繊維製品について、洗濯による風合いの低下をタオル布地の材料特性、タオル布地に触れたときの人の心理反応、生理反応を測ることによって調査しました。この調査で、繊維製品の肌なじみや柔らかさを保つ加工として"アミノ酸生活・柔軟剤"で処理した布の有効性が検証されました。
    "アミノ酸生活・柔軟剤"は、糸構造の劣化を防ぐ機能を持ち、タオル地の洗濯による風合いの低下を抑え、柔らかさを保たせました。
    触ったときの風合いが保たれるため、人体へのストレスが低いという結果が得られました。"アミノ酸生活・柔軟剤"によって布地に、健康に良い機能が付加されたことが立証されました。

    サプリメントのご提案 - livedoor Blog 共通テーマ

    アミノ酸の分類

    ■全てのアミノ酸
    私たちの体は20種類のアミノ酸からつくられるという事、また、それぞれのアミノ酸ばどれ一つとして不足してはいけないことは説明してきました。
    では、どんなものが20種類のアミノ酸にはあるのでしょうか。最初に必須アミノ酸(体の中で合成できない)と非必須アミノ酸(体内合成が出来る)に分けてみます。
    不足しているアミノ酸が、非必須アミノ酸の場合であれば、他のアミノ酸を原料にして合成することもできます。でも、不足しているアミノ酸が必須アミノ酸の場合は、十分な細胞やDNAを作ることが不可能になります。また、不足しているのが非必須アミノ酸であった場合も、お年寄りの場合、体の弱い人や病気の場合などには合成が充分に行われない場合があります。
    通常【必須アミノ酸】というと8種類と9種類の分類をする場合とがありますが、【ヒスチジン】というアミノ酸は年齢によって合成することができます。そこで、このアミノ酸を【非必須】にする場合と【必須】にする場合とがあります。
    この中で【非必須アミノ酸】に含まれるアミノ酸であっても、体調によっては体の中で合成されないアミノ酸もあります。また、【必須アミノ酸】が不足した場合、【非必須アミノ酸】の合成も十分に行えないため、蛋白合成の総量が低下してしまいます。


    ■型による分類
    同じ【グルタミン酸】というアミノ酸でも、型分類によって2種類があります。片方は【D型】、他方は【L型】と呼ばれ、両方を混合させた【DL型】というものもあります。
    ではDとLとでは何が違うのでしょうか?

    私たちの体で蛋白質に合成することが可能なのは【L型アミノ酸】だけです。一方、【D型アミノ酸】は蛋白質合成には使われません。
    【L型】には天然のアミノ酸のみしか存在しませんが、化学的に合成されたアミノ酸は【D型】だけでなく【L、D、DL】全てのアミノ酸があり、これらは調味料をはじめ、医薬品(鎮痛剤など)、香料にも使用されています。


    アミノ酸で私たちの体の約20%を占めるタンパク質は構成されており、アミノ酸は体の大切な組織作りに必要な成分です。
    人体を構成する基本のアミノ酸は20種類あります。
    このうち、食事から摂る必要のあるアミノ酸9種類を必須アミノ酸といいます。
    最近では、自分の目的にあった特定のアミノ酸をタイミングよく使うことによって、アミノ酸が持つ薬効を効率的に得ることができることが明らかになりました。


    健康・美容・生活 - livedoor Blog 共通テーマ

    アミノ酸石鹸

    アミノ酸石鹸は、自然の恵みを原料としています。

    アミノ酸の配合された石鹸は、アミノ酸系の合成界面活性剤の固形であり、本来の意味での「石鹸」というものではありません。

    合成界面活性剤は、肌のバリアゾーンを壊してしまいます。

    すると、肌にとても小さな穴が出来ます。そこにそのアミノ酸石鹸に含まれている、加水分解コラーゲン

    (水溶性合成ポリマー)の粒がたくさん入り込むため、肌がぷっくりと膨らみます。


    そのため肌触りもよく見た目もよくなり、使った後は美しい肌に感じると思います。

    合成ポリマーによって肌を塞がれるために水分が出て行かなくなるため、水分が肌に常に蓄えられた状態となり、お肌はしっとりとします。皮脂も肌の外に出て行かないしポリマーで覆っているために、お肌はつるつるに感じます。

    しかし、普通の石鹸と違って、洗顔後に残留した合成界面活性剤は分解されないため、それにより角質細胞間脂質も皮脂も破壊され続けてしまいます。

    よって皮脂は本来の必要量以上に流出し続け、水分が逃げるということを助け、乾燥肌になってしまいます。
    そして肌に合成ポリマーが乗っていない状態になったときには、バリアゾーンが壊れているため、肌から水分が蒸発しまくってしまいます。
    水溶性コラーゲンは肌には吸収されず、肌の上に乗っかるだけです。
    潤っているのは、肌そのものではなく、その上に乗っている化粧品でしかありません。

    ごまかして表面的にしっとりとしているお肌と、本当にみずみずしいお肌、どちらが若くて綺麗なお肌かといえば、もちろん後者です。

    水分の蒸発を防いでしまうこと、皮脂の分泌を防ぎすぎたり、流出している状態を放っておいたりするということは、結果としてそれは肌の自然な機能を弱め、老化が早まります。
    使用者は、使うのを止めてしばらく経ったら肌がぼろぼろの乾燥肌になっていることを知ります。
    そして、使い続けている限りは、綺麗な肌にみえるため、あの石鹸を使わなければしわしわになる、本当に素晴らしい石鹸なんだと思い込んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。

    そして、実際は、見た目の美しさを求めすぎて、肌を老化させているだけなのに、宣伝文句のとおり、手放せなくなってしまいます。

    石鹸を使っているのではなく、使わされている状態となってしまうのです。

    確かに有害で発ガン性物質は入っていませんが、肌への影響は決していいとはいえないのです。

    数日?1週間程度使用し、肌の状態を見て真価が解る化粧品などないのですから、宣伝文句に釣られてしまわず、本当に体や心にいいものを 見極め、選択出来る目を持ちたいものです。

    化粧品において、何においても、本質を理解した上の選択をすることは、とても大事なことです。

    肌トラブル(にきび・ニキビ痕・赤ら顔) - livedoor Blog 共通テーマ

    morimoto112 at 07:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!アミノ酸石鹸 

    アミノ酸の知識

    人間の体は、約6割が水分です。タンパク質は、筋肉や皮膚、内臓など体のあらゆる組織を構成していますが、この元となっている成分がアミノ酸(amino-acid)です。
    これには多くの種類がありますが、人間が生きていく上で必要とされるアミノ酸は20種類です。このうち人間の体の中で合成できる11種類のアミノ酸を非必須アミノ酸、体内で合成することが不可能なもの9種類を必須アミノ酸と呼んでいます。よって、必須アミノ酸は食品(サプリメント)から摂ることが不可欠です。
    タンパク質は20種類のアミノ酸から生成され、心臓や臓器、筋肉、神経伝達組織などになっています。食べたものを消化したり、髪の毛が伸びたり、呼吸をしたり、いろいろ考えたりできるのもタンパク質の働きで、生命活動に不可欠な成分なのです。
    非必須アミノ酸(11種類)の効果と効能

    1.アルギニン
    脳下垂体に働きかけて成長ホルモンの分泌を促進します。成長ホルモンが不足すると筋肉が衰えたり、肌にシワができたりします。
    血行促進、肝機能増強、脂肪の燃焼、免疫機能の向上などの作用もあります。
    2.グルタミン
    筋肉のたんぱく質合成を助けます。
    3.システイン
    傷の治癒の促進、ブドウ糖の代謝、シミの原因となるメラニン色素の沈着を防ぎます。
    4.チロシン
    甲状腺ホルモンや、髪や皮膚の黒色色素であるメラニンの原料、神経伝達物質であるアドレナリン、ドーバーミン、ノルエピネフリンの原料となります。
    5.アスパラギン
    アスパラギンは加水分解されるとアスパラギン酸に変化します。
    6.アスパラギン酸
    体内の老廃物の処理、疲労回復、肝機能の促進に効果があります。
    7.セリン
    皮膚の潤いを保つ天然保湿因子の主成分です。
    8.アラニン
    脂肪の燃焼に関わっています。
    9.プロリン
    脂肪の燃焼に関わっています。
    10.グリシン
    保湿作用、制菌作用、酸化防止作用、キレート作用があります。
    11.グルタミン酸
    知能を高めたり、潰瘍の治癒を早めたりします。

    必須アミノ酸(9種類)の効果と効能
    たんぱく質は20種類のアミノ酸から構成されています。 そのうちの9種類は体で合成されず、食事から摂取する必要があるので「必須アミノ酸」と呼ばれています。

    【効能・効果】
    1.リジン
    体の組織の修復や成長、抗体、ホルモン、酵素の合成、ブドウ糖の代謝や肝機能の増強、脂肪の燃焼に関わっています。穀類だけを多くとっていると不足する場合があります。
    2.トリプトファン
    脳内ホルモンのメラトニンやセロトニンを増やしたり、成長ホルモンの分泌を促したりします。
    3.スレオニン
    成長促進、肝臓に脂肪が蓄積して脂肪肝になるのを防ぐ作用をします。
    4.ヒスチジン
    成長に関与、神経機能の補助、紫外線の害を防ぎます。
    5.メチオニン
    不足すると肥満の原因になります。血液中のコレステロール値を下げたり、活性酸素を取り除いたりする作用があります。
    6.フェニルアラニン
    脳と神経細胞の間で信号を伝達する、神経伝達物質になる必須アミノ酸で、抑うつ症状を解消し、気分を高揚してくれます。
    7.バリン
    筋肉タンパク質の主成分。
    8.ロイシン
    肝機能の増強が主な作用です。多くの食品に含まれているので不足することはまれです。筋肉タンパク質の主成分。
    9.イソロイシン
    筋肉タンパク質の主成分。


    私たちが体にとりいれる好ましいアミノ酸のバランスは、国際機関(FAO/WHO/UNU) によって定義されています。 制限アミノ酸とはこのパターンと比較し、相対的に最も少ないアミノ酸をいい、これを補ってゆくことが不可欠です。
    一般的に小麦やトウモロコシなどの植物性たんぱく質のアミノ酸スコアは低く、卵のたんぱく質などの動物性たんぱく質はアミノ酸スコアが良好であることが知られています。

    卵のたんぱく質はアミノ酸スコアが100%であり、たんぱく質の中でも最もアミノ酸のバランスが良いと言われています。
    精白米のアミノ酸スコアは61%で、小麦のたんぱく質のアミノ酸スコアは42%です。
    ともにリジンが最も不足する必須アミノ酸であるということが知られています。


    健康マニア - livedoor Blog 共通テーマ

    morimoto112 at 07:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!アミノ酸とは 

    必須アミノ酸とは

    体内で合成することが不可能なため、必ず食事として摂る必要性があるアミノ酸。生合成経路が長く、合成に要する酵素も多いから体内で合成するよりも食事として摂るほうが有利という考えもあります。
    イソロイシン・ロイシン・バリン・リジン・スレオニン・トリプトファン・メチオニン・フェニ?ルアラニン
    主として小児期に不足するヒスチジン・アルギニン(準必須アミノ酸)を加えて9種または10種とする事がある


    ■必須アミノ酸

    人体は、およそ60兆個の細胞で構成されています。そしてその細胞は蛋白質によって作られています。この蛋白質は20種類のアミノ酸から、合成されています。
    自然界にはおよそ300種類のアミノ酸が存在するのですが、人体を構成しているのはその中のわずか20種類だけです。このうち、ヒトが生体内で合成することの不可能なアミノ酸を必須アミノ酸とよびます。つまり、外界に依存していかなければならないアミノ酸のことです。
    この8種類とはイソロイシン・ロイシン・バリン・リジン・スレオニン・トリプトファン・メチオニン・フェニ?ルアラニンの8種です。そのほか、ヒスチジンは体内でも合成されますが、発育期の幼児には不足になりがちであり、栄養学的にはこれも必須アミノ酸としています。アルギニンは準必須アミノ酸とされています。ところで、この8種のアミノ酸の共通項は一体、何なのかということを考えてみました。まず、すべての必須アミノ酸は光学異性体のなかで、すべてl型です。光学異性体にはr型とl型とがありますが、人体を構成するすべてのアミノ酸はl型であり、必須アミノ酸の十分条件ではありません。アミノ酸を分類する場合、その基本骨格の特徴によって分類することがあります。
    すべてのアミノ酸はカルボキシル基とアミン基をもった両性化合物であり、側鎖の種類によってそれが、ベンゼン核を持った芳香族であったり、脂肪族であったりするのですが、そのどの種類にも必須アミノ酸は属しています。つまり、基本骨格に特有のものはありません。さらに、両性化合物が持つ等電点にも共通項は認められませんでした。
    共通項はやはり、調べていくうちにありました。それはそれぞれのアミノ酸の合成のしやすさでした。つまり、必須アミノ酸の生合成経路は長くて、合成しにくく、一方、非必須アミノ酸の合成経路は短く、簡単に作れるものでした。複雑な合成経路を持つアミノ酸は、外界に依存する方が、生体にとって有利であるからです。
    ここにも、自然界が持つ合理性、合目的性が見事に示されています。そしてこの必須アミノ酸をたっぷりともっているものが、動物の肉、卵、牛乳などなどなのです。
    植物も必須アミノ酸を持っていますが、動物ほどではありません。アミノ酸スコアという一つの指標があります。
    これは必須アミノ酸の含有量がヒトの必要量に対してどれくらいの割合で含まれているのかというものなのですが、動物性食品が総じて100%であるのに対して、植物性食品はせいぜい85%程度しかありません。ちなみに白米は65%、大豆は86%、肉は牛でも豚でも100%(ただし、脂身は68%)、魚では、鯖でも鯛でもでも100%というところです。そしてトリプトファン。このアミノ酸も必須アミノ酸なのですが、これは実はセロトニン合成に必要とされるアミノ酸です。
    セロトニンがうつ病に関連がある脳内神経伝達物質であり、この生合成に必須アミノ酸であるトリプトファンが関連しています。


    ■必須アミノ酸の定義

    1.体内で合成できないが、できても必要量をまかなうことができないアミノ酸のこと。

    2.これらのアミノ酸は、栄養を健全に保つために、食物から摂らなければならない。

    3.不足するとたんぱく質の合成が損なわれ、組織の維持や正常な発育が困難となる。
     (非必須アミノ酸は、食物から供給されるほかに、等質や資質やアミノ酸の分解中間物から生合成される。必須アミノ酸は、炭素骨格が枝分かれしていたり、特殊な構造を持ったりしているため、生合成できない。)


    ■必須アミノ酸の発見

    ローズ(1950) 体内では合成されず、食品から摂ることが不可欠なアミノ酸について、純粋なアミノ酸混合物を用いて実験を行い、成人にとって八種類のアミノ酸が不可欠であることを明らかにしました。


    ■必須アミノ酸の種類

    イソロイシン・ロイシン・バリン・リジン・スレオニン・トリプトファン・メチオニン・フェニ?ルアラニン・ヒスチジンの九種類のアミノ酸を必須アミノ酸といいます。
    従来、幼児期にとってのみヒスチジンは必須とされてきましたが、1985年、成人にとっても必須であるとFAO/WHO/UNUの合同専門委員会は報告しました。
    1986年からは準必須アミノ酸のアルギニン(子供と幼児には必須)が加わり10種になりました。

    ヘルス&ビューティー - livedoor Blog 共通テーマ

    morimoto112 at 06:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!アミノ酸とは 

    スポンサードリンク

    相互リンク集

    相互リンク募集 アクセスアップ SEO対策

    おすすめサイト、リンク集38

    catvチューナー

    ヒマワリの写真

    お役立ち情報ナビゲーション

    かたリラックス

    低金利キャッシング

    居食屋 甚兵衛

    総合探偵社密会バスターズ

    便秘解消乳酸菌

    ウクレレとサックスのご気分生活

    予約管理システム携帯自動メール配信

    儲かる

    Toeic/英検/大学受験の英単語

    広島市 不動産

    トゥルースリーパー,激安,プレミアム,口コミ

    アロマガーデン,アクアラビュー

    激安PC通販ドットコム(激P)

    ファッション通販GLAMOR

    イラストレーション

    ETCカード

    八木歯科クリニック

    気功

    オフセット印刷,パンフレット印刷

    FX 手数料

    激安 パソコン

    借り換え

    懸賞、アフィリエイト等は「内職でお小遣い稼ぎ[達人]」で!

    主婦のへそくり在宅ワーク

    モビット

    群馬県 猿ヶ京温泉の宿 旅籠屋丸一

    猿ヶ京温泉の宿 知っ得ブログ

    スキャニング 電子化 文書 書類 東海 サービス

    保険ナビ,生命保険,自動車保険

    お父さんお母さんのための修理

    美容と健康

    問題解消!精力剤 媚薬を多数品揃え

    銀行ローンを知る(不動産担保・無担保)

    審美歯科

    東京バイリンガルセンター

    よっちゃん's BAR

    派遣会社ランキングサイト

    らくてんいちば

    激安通販専門店ラックスライフ

    菊芋のイヌリン

    勝率9割!カリスマうぐいす嬢

    携帯情報商材ランキング

    amazonn

    副業時代到来!アフィリエイト拾得ブログで稼ぐ秘訣

    絶版・旧車名車動画倉庫

    ネット銀行開設ナビ

    イーバンクVISAデビットカード開設ナビ

    ネットショップ成功への開店

    食品専門サイト サンマルシェ

    やせる・痩せる方法

    ビューティフルライフ

    洋楽・無料動画情報サイトなら『Cloverl Music』

    ★日刊★稼げるポイントサイト★

    お奨め商品のご紹介

    ゴルフ会員権のゴルフダイレクトフロム2

    ネバーランド

    短期 単発 バイト チヨイジョブ

    沖縄旅行石垣島へ

    人生の名言 心に残る名詩

    伊万里パソコン教室

    ネットでお小遣い お得生活ネット

    CADスクールでCADを習う

    新着有益情報

    スタンプー&トイプー

    短期仕事ガイド

    浅野木工所

    サロンドエスプリ

    情報商材徹底レビュー!!情報商材ドットコム

    まいりぶ 気になるブログ

    わたしのブログ

    データーアナライズ必勝法

    洋楽視聴「ビルボード」

    じーなか.com

    らくてんいちば

    「スマイル美健」美と健康激安サイト

    ちゃぼパラ

    お気楽ネットショッピング

    わくわく健康ライフ