2017年09月23日

「債券の条件 その2」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマは、「債券の条件」の続きです。


◆償還とは

償還は、通常は満期のことです。満期になって、債券を持っている
人に発行者からお金が戻ることです。

ただ、正確に言うと、満期まで待ってお金が戻る場合と途中で
(「期中で」といいます)お金が戻る場合があります。


満期まで待って戻ってくる場合を「最終償還」、満期まで待たずに
戻ってくる場合を「期中償還」といいます。


◆最終償還

その債券の償還日(満期日)に、お金を返します(償還します)。
全額をこの方式で返す場合、満期一括償還方式といいます。


◆期中償還

最終償還日の前に、一部を償還することです。どちらかというと発
行者の都合です。

いっぺんに償還が来ると負担が大きいので、少しずつ返しておこう
というわけです。

発行時に、期中償還の時期と額面を決めておく「定時償還」といつ
でも発行者の都合で行われる「任意償還」という区分けもあります。

期中償還が行われるときは、どの債券を償還するかを抽選で決める
方法と市場で買い入れる方法があります。抽選の場合は、当たると
強制的に償還されてしまいます。





本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)債券業務 

2017年09月20日

「債券の条件 その1」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマは、「債券の条件」です。


◆債券の条件とは

債券の基本的な用語や知識を学習します。債券には、普段使わない
ような用語がいろいろと出てきます。中には、普段使うこともある
けど、正確な意味や正しい使い方を知らないというものもあります。


◆額面(振替単位)

債券の1枚ごとに書いてある10万円などの金額のことです。この
金額の合計が、その債券の発行額となります。

振替債などのペーパーレス化された債券は、物理的な券面がないの
で、額面の表示はありません。ペーパーレス化された債券は、国や
企業などの発行体から投資家に交付される書面等に書かれている
「各債券の金額」として定められた金額がペーパーレス化されてい
ない債券の額面に当たります。

ペーパーレス化された振替債などは、「各債券の金額」を売買の単
位とします。


◆単価

債券の価格のことです。必ずしも額面通りではありません。実際に、
いくらで買えるか売れるかが価格です。ほとんどの場合、額面100
円当たりで、表示します。

額面と単価の関係で次の3通りの呼び方があります。呼び方を覚え
ましょう。


・オーバーパー:額面100円の債券の価格が100円を超えている場合

・パー:額面100円の債券の価格が100円ちょうどの場合

・アンダーパー:額面100円の債券の価格が100円を下回っている場合


ゴルフの用語に似ていますね。


アンダーパーで買って、額面100円で償還された場合、利益が出
ます。これを償還差益といい、逆に、オーバーパーで買って、額面
100円で償還された場合は、損が出ます。これを償還差損といい
ます。





本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)債券業務 

2017年09月16日

「その他の債券 その2」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマは、「その他の債券」の続きで「外国債」です。


◆外国債とは

外国の政府や法人が発行する債券を指しています。また、日本の企
業が海外で発行する債券も外国債といいます。

正確な定義としては、「発行体、発行場所、発行通貨のいずれか1
つでも外国である債券」です。略して、外債ということもあります。


◆円建外債


文字通り円建ての外債です。中でも、外国の政府や法人が日本国内
で、円建てで発行する債券をサムライ債といいます。


◆外貨建外債


こちらは外貨建ての債券です。中でも、外国の政府や法人が日本国
内で、外貨建で発行する債券を特にショーグン債と呼びます。日本
の投資家向けです。


◆ユーロ円債

ユーロマネー(自国以外の金融機関に預けられている自国通貨等)
が取引されるユーロ市場において発行される円建債のことです。
EUの通貨であるユーロとは関係ありません。


◆デュアルカレンシー債とリバースデュアルカレンシー債

払込と利払いと償還が違う通貨で行われるものです。

           ┃払込┃利払┃償還
───────────────╋──╋──╋───
デュアルカレンシー債    ┃円 ┃円 ┃外貨
───────────────╋──╋──╋───
リバースデュアルカレンシー債 ┃円 ┃外貨┃ 円





本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)債券業務 

2017年09月13日

「その他の債券 その1」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマは、「その他の債券」です。


◆政府関係機関債(特別債)

特別の法律に基づいて、独立行政法人、地方共同法人、政府関係の
特殊会社が発行する債券です。いくつか種類がありますが、試験に
良く出るのが政府保証債です。


・政府保証債


元利金の支払いに政府の保証がつくものです。きわめて信用力が強
くなります。そのため、流通市場での人気が高く、売買高が多いの
が特徴です。


◆金融債

一定の金融機関がそれぞれ特別の法律に基づいて発行する債券です。
期間が1年以上の利付債で、通常は5年債が定期発行され、スポッ
ト発行の際には様々な期間のものが発行されます。

発行方式として、募集発行と売出発行があり、個人が買えるのは売
出発行の分で、募集発行は法人向けです。


◆事業債

事業債は、民間事業会社が発行する債券です。電信電話債券、電力
債、一般事業債及び銀行債に区分されます。


◆特定社債

特定社債は、「資産の流動化に関する法律」に規定された「特定目
的会社」が発行する社債です。


◆投資法人債

会社型投資信託である投資法人が投資信託及び投資法人に関する法
律に基づいて発行する債券です。






本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)債券業務 

2017年09月09日

「地方債」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマは、「地方債」です。


◆地方債とは

地方債は、発行者が地方公共団体です。

地方債は、大きく分けると、全国型市場公募地方債、銀行等引受地
方債、住民参加型市場公募地方債、交付地方債があります。


◆全国型市場公募地方債


この全国型市場公募地方債は、一部の都道府県とすべての政令指定
都市が発行しています。政令指定都市というのは、大きな市で、○
○区と分かれている市のことです。

証券会社や銀行等を通じて、広く一般の投資家に取得されます。平
成15年4月からは、公募地方債を発行している一部の団体が共同
で「共同発行市場公募地方債」というのを発行しています。


◆銀行等引受地方債


特定の金融機関などに直接引き受けてもらうもので、上の全国型市
場公募地方債の発行できない地方公共団体でも発行できます。市や
区といった地方公共団体でも発行ができます。
発行量が少ないものが多く、流通性が乏しいのが特徴です。


◆住民参加型市場公募地方債

平成14年から始まった制度で、個人投資家への保有を目的として
います。使途を限定して発行されることが一般的です。


◆交付地方債

公共事業の用地買収等の対価として、現金の代わりに地主に交付し
ます。




本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)債券業務 

2017年08月30日

「国債の根拠法」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマは、「国債の根拠法」です。


国債はその種類によって、発行の根拠となる法律がいろいろありま
す。


◆財政法


建設国債は財政法により発行されます。

建設国債は、国の資産を形成するものとして、公共事業費、出資金
及び貸付金の財源に充てるために発行される国債です。


◆特例公債法


特例国債は特例公債法により発行されます。

特例国債(赤字国債)は、税収及び税外収入に加えて、建設国債を
発行してもなお歳入不足が見込まれる場合に発行されます。

特例公債法は、特例国債が必要な年度にその年限りの法律として制
定されます。最近は、毎年特例国債が発行されるので、毎年度特例
公債法が制定されています。


◆特別会計に関する法律

借換国債と財投債は、特別会計に関する法律により発行されます。

借換国債は、各年度の国債の整理又は償還のための借換に必要な資
金を確保するために発行される国債です。国債は、満期が来ても全
額現金で返済できるわけではないのです。かなりの部分を再度この
国債にして借り換えているのです。

財投債は、財政融資資金において運用の財源に充てるために発行さ
れる国債です。





本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)債券業務 

2017年08月26日

「債券の種類 その2」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマは、「債券の種類」の続きです。


◆債券の種類(その2)

国債の中には個人しか買えない国債があります。個人が買いやすい
ように一般の国債にない特徴があります。


◆個人向け国債


個人しか買えない国債です。個人でも買いやすくするために、最低
購入単位は1万円となっています。

「10年の変動金利型」「5年の固定金利型」「3年の固定金利型」
があります。途中換金は政府が買い取ってくれるので確実にできま
す。


◆個人向け国債の種類


1.個人向け国債10年(変動金利型)

金利が変動型である点が他の個人向け国債と違う点です。半年ごと
に見直しします。

換金は購入から1年たつと国が買い取ってくれます。ただしその時
に直前2回分の税引き金利を支払います。

最低金利は0.05%です。

利払いは毎月です。


2.個人向け国債5年(固定金利型)

金利が固定型というのが個人向け国債10年と違う点です。固定型
ですので発行時の金利が償還まで保障されています。

換金と最低金利、利払いは10年物と同じです。


3.個人向け国債3年(固定金利型)

個人向け国債5年と同じく固定金利型です。発行時の金利が償還ま
で保障されます。

換金と最低金利、利払いは10年物と同じです。


◆物価連動国債

元金額が物価の動向に連動して増減する国債です。金利が変動する
のではありません。元金そのものが増えたり減ったりします。

利払いは年2回で、利子の額は、増減した元金額に最初に決めた表
面利率を掛けて算出します。元金額が増減するので利率は一緒でも
支払われる利子の額は増減することになります。


◆ストリップ債

元本部分と利息部分を分離して販売される米国の利付国債です。も
ともとは普通の国債ですが、分離されたものをストリップ債といい
ます。



本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)債券業務 

2017年08月23日

「債券の種類 その1」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマは、「債券の種類」です。


◆債券の種類

債券には、公共債、民間債、外国債などがあります。


公共債には、国債、地方債、政府関係機関債、地方公社債などがあ
り、民間債には、金融債、事業債等があります。

また、外国債もあります。


◆国債の種類(その1)

・超長期国債(20年利付債、30年利付債、40年利付債)

満期が20年、30年、40年と非常に長い国債です。20年債と
30年債は価格競争入札による公募入札方式、40年債はイールド
競争入札による公募入札方法で発行されます。


・変動利付国債(15年利付債)

年2回の利率が市場実勢に応じて変化します。


・長期国債(10年利付債)


個人向け国債と違い、金利は固定金利です。価格競争入札による公
募入札方式で発行されます。


・中期国債(2年利付債、5年利付債)


価格競争入札による公募入札方式で発行されるのが試験のポイント
です。期間は2年と5年の2種類です。


・国庫短期証券(TDB:トレジャリー・ディスカウント・ビル)

従来の短期国債(TB:割引短期国債)と政府短期証券(FB)を
統合して、国庫短期証券としました。償還までの期間は短く、2カ
月、3カ月、6カ月及び1年です。




本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)債券業務 

2017年08月19日

「債券の基礎知識」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日から「債券業務」の科目に入ります。

本日のテーマは、「債券の基礎知識」です。


◆債券の基礎知識

債券というのは、国や企業が投資家から資金を調達するときに発行
する「借用証書」のようなものです。長期の資金調達に多く使われ
ます。


◆債券の特徴

債券には、次のような特徴があります。

・多数の投資家が同一の条件で投資し、発行者は大量の資金をいっ
 ぺんに調達することができる

・いつでも転売できる


◆資金調達手段としての特徴

・中長期の資金調達に適している

・金融機関からの借入れよりも量的な対応や資金の使途が比較的自
 由

・新株発行による増資とは違い返済の必要がある


◆投資対象としての特徴

1.収益性から

債券は、発行から償還までの全期間、発行時に決められた利率によ
る利子が支払われるのが一般的です。そのため安定した収益を得ら
れる可能性が高くなります。

また、長期の固定金利の債券は、金利低下時には、価格の上昇が見
込まれ投資としての魅力がアップし、逆に、金利上昇時やインフレ
時には価格の低下が起こり、投資採算が悪化します。


2.安全性から

債券の利払いや償還は発行者により約束されていますが、その発行
者が破たんするとデフォルトが発生することになります。そこで安
全性を高めるために、次のような保証等が付く債券もあります。


・政府保証:元利金の支払いに政府の保証が付く

・一般担保:発行者の財産から、他の債権者に優先して弁済が受け
      られる
・物上担保:発行者の特定の財産に担保が付いている


3.換金性から

債券は、いつでも売却することにより換金できますが、償還(満期)
と違い売却価格は債券相場により変動します。売却のしやすさも債
券の信用力などにより異なります。





本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)債券業務 

2017年08月16日

「証券投資計算 その16」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマも、「証券投資計算」の「受渡計算」の続きです。


◆例題(続き)

委託手数料表(前回と同様)

約定金額 委託手数料額
100万円以下     約定金額×1%
100万円超〜500万円以下 約定金額×0.9%+1000円
500万円超 1000万円以下 約定金額×0.8%+2000円


今回は違う値段で成立した場合です。


□買付の場合(同一日に違う値段で成立)
A社株を2万株買付け注文を出したが、同一日に200円で1万株、
300円で1万株の約定が成立した。

約定金額=(200円×1万株)+(300円×1万株)=500万円
※違う約定値段でも同一日であれば、合計して委託手数料を計算する


表から、委託手数料は
500万円×0.9%+1000円=46,000円

委託手数料の消費税は
46,000円×8%=3,680円

合計すると受渡金額は、
500万円+46,000円+3,680円=5,049,680円


□売付けの場合(同一日に違う値段で成立)
A社株を2万株売付け注文を出したが、同一日に200円で1万株、
300円で1万株の約定が成立した。

約定金額=(200円×1万株)+(300円×1万株)=500万円
※違う約定値段でも同一日であれば、合計して委託手数料を計算する

表から、委託手数料は
500万円×0.9%+1000円=46,000円

委託手数料の消費税は
46,000円×8%=3,680円

合計すると受渡金額は、
500万円−46,000円−3,680円=4,950,320円




本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10|PermalinkComments(0)株式業務