2017年06月17日

「外国証券取引 その1」

みなさん、こんにちは。ファイナンシャルプランナーの森本です。


本日のテーマは、「外国証券取引」です。


◆外国証券取引の特別な手続き

外国株式の取引は外国証券取引になります。外国証券取引は、国内
の証券取引と違いその会社の情報開示が不十分であったりするため
トラブルになりやすい取引です。

そこで、外国証券取引については、特別な手続きが義務付けられて
います。


◆外国証券取引口座の設定

お客さんから外国証券取引の注文を受けるには、先にそれぞれの金
融商品取引業者が定める「外国証券取引口座に関する約款」という
書類を交付して(渡して)、「外国証券取引口座設定に関する申込
み」を受けて「外国証券取引口座」を開かなくてはなりません。

「外国証券取引口座約款」といのは、それぞれの金融商品取引業者
(証券会社)が作ります。もちろん、その内容は日本証券業協会や
金融商品取引所の規定に合っている必要があります。


◆注文時の説明

外国証券の取引の注文を受けるときは、その外国証券が金融商品取
引法に基づくきちんとした情報開示をしていないことを説明しなく
てはなりません。もちろんその外国証券が日本の金融商品取引法に
基づくきちんとした情報開示をしているときは必要ありません。




本日は、以上です。


少しずつ、こつこつ覚えていくことが大事です。
少しずつ、頑張りましょう。



ちから試しは、
めるまが「二種外務員受験講座 問題&解説編」をどうぞ
http://www.mag2.com/m/0000217633.html

事務所ホームページ http://fpmorimoto.com/


morimoto98 at 21:10│Comments(0)TrackBack(0)株式業務 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔