2021年12月31日

えひめ森の案内人会ブログの案内

えひめ森の案内人会ブログTop


 えひめ森の案内人会は、平成15年に設立され愛媛県松山市に事務局を置く森林ボランティア団体です。
 広く人々の要請に応じた、様々な知識や技能を持って行う森の案内や野外活動等を通じて、人々が森林とふれあい森林に学び森林を育てる意識の高揚に寄与することを目的として活動をしています。
                                                         
                        ヒマワリ mkuさん
sDSC_0009

  えひめ森の案内人会のブログには
次の4つのカテゴリが有ります


 ()  えひめ森の案内人会活動レポ−ト

        new令和3年7月のフィールドボランティア活動(2021.07.14)

           令和3年度「森への誘い講座」受講生募集終了と日程変更のお知らせ
(2019.5.25)
         令和3年6月のフィールドボランティア活動(2021.06.09)


  new令和3年度「森への誘い講座」募集終了と日程変更のお知らせ(2021.8.20)


new小さなキノコ観察会(2021.09.23)

森育部会9月部会開催(2021.09.20)

写真部会夏の写真展(2021.09.7)

小さなキノコ観察会(2021.8.11)



(検砲┐劼畤垢琉篤眇猷餝萋哀レンダー・・ここをクリック




morinoannnaininn at 18:54コメント(0)管理人の日記 

2021年08月23日

令和3年度「森への誘い講座」募集終了のお知らせ。(2021.8.20)

2021年度「森への誘い講座」受講生募集は終了しました。
多数のご応募ありがとうございました。

新型コロナウィルス感染拡大の蔓延防止措置のため日程が変更になりました。
「森への誘い講座」のページをご覧ください。

えひめ森の案内人会 事務局  記載広報HY


morinoannnaininn at 22:19コメント(0)募集のお知らせ 

2021年07月14日

令和3年7月のフィールドボランティア活動(2021.07.14)

714日(水)930〜交流センターに会員16名が集まりました。梅雨が明けたかと思われる天気で、暑くなりそうです。

 

今日の作業はチッパー掛け。

沢山の剪定枝が積み上げられています。騒音と舞い上がる埃で、なかなかしんどい作業です。

P7140516 P7140519
P7140532 P7140533

16名全員でやるには効率が悪いので、女性陣は草引きをすることに。

木陰を選んでおしゃべりをしながらの作業です。

P7140528 P7140529
P7140530

 








11時前に無事作業が終わり、全員で集合写真。ワクチンの2回接種が終わった方もいて、マスクを外して、はい、チーズ。

P7140536

 

















暑い中、お疲れさまでした。

8月はお休みです。次回は9月8日(水)の予定。

 

交流センターではパイナップルリリーやハマユウなど、真夏の花々が咲き誇っています。
P7140521パイナップルリリー ⓾P7140522
P7140523ハマユウ P7140524
Mok



morinoannnaininn at 16:20コメント(0)森林ボランティア活動 

2021年06月28日

R3年度「森への誘い講座」受講生募集中!

令和3年度「森への誘い講座」受講生を募集します。


えひめ森の案内人会では、8月28日〜12月4日まで土曜日に7回、伊予市上三谷のえひめ森林公園などで森林に関する、知識や技術を学べる講座を開催します。

詳しくは、ホームページ「森への誘い講座」のページをご覧ください。

記載 広報HY


morinoannnaininn at 23:21コメント(0)募集のお知らせ 

2021年06月09日

令和3年6月のフィールドボランティア活動(2021.06.09)

6月9日(水)930〜交流センターに久々に会員22名が集まりました。3か月ぶりのフィールドボランティア活動で、皆さん再開を喜び合いました。

 

年度が替わってセンターの担当の方も変わりました。ご挨拶。

P6095636

















本日の作業は刈った芝生の跡片付けと草引き、その後梅の摘果作業です。

 

梅雨の中休みということで、本日は真夏日が予想されます。長い自粛生活で運動不足の方も多く、無理のない作業をやっていきます。

 

芝生の清掃も出来るだけ陰の中での作業。炎天下の草引きは早く切り上げて。適度に休憩もはさみます。

P6095640 P6095643
P6095653 P6095647

 梅の摘果作業は手の届く範囲で捥いでいきます。きれいな梅の実ですね。

P6095654 P6095657

 最後に密にならないようにして集合写真。

P6095655

















暑い中の作業、お疲れさまでした。
Mok記



morinoannnaininn at 19:16コメント(0)森林ボランティア活動 

2021年04月11日

4月のフィールドボランティア活動中止のお知らせ(2021.4.11)

新型コロナ感染急拡大に伴い、4月8日に県から不要不急の外出自粛要請が出されましたので、森の交流センターにおける4月のフィールドボランティア活動は中止いたします。なお、5月以降の活動については今後の状況により判断いたします。

 

曽根道則

Mok
P4092257



morinoannnaininn at 09:07コメント(0)森林ボランティア活動 

2021年04月06日

中止のお知らせ「えひめ森林公園樹木の花だより観察会」

令和3年5月9日(日)開催予定でありました
「えひめ森林公園樹木の花だより観察会」は、新型コロナウィルス感染拡大による
愛媛県の感染対策期の延長に伴い中止とさせていただきます。

ご参加の申し込み、ご検討してくださった皆様申し訳ありません。
またのご参加をお待ちしております。

えひめ森の案内人会
事務局













morinoannnaininn at 13:26コメント(0)募集のお知らせ 

2021年03月16日

3月例会開催報告(2021.03.13)

3月13日(土)930〜、3月例会を森林公園内にて開催しました。参加者は野鳥観察コースが13名(内18期2名)、樹木観察コースが14名で合計27名でした。

夜中に雷雨で天候が心配されましたが、朝には雨が止んでくれました。森林公園大駐車場に全員集合し、MSさんからの挨拶と簡単な当日の予定を聞いた後、各コースに分かれての行動となりました。
)榮の予定説明

















野鳥観察コース

13名でしたので2班に分かれずに全員一緒に歩くことにしました。責任者のSOさんからの説明の後、場所を谷上山駐車場に移動しました。

谷上山駐車場

駐車場から木漏れ日の森という素敵な名前が付いた尾根道沿いに歩き、繁殖期に入ったメジロのさえずり(チュウベエ、チュウベエ、チョウチュウベエ)に耳を傾けました。いつものちょこちょこ動き回るメジロとは一味違い、大きな口を開けて木の枝で懸命にさえずる姿はまるで別人、いや、別鳥でした。


L斛海貽の森散策-1 ぬ斛海貽の森散策-2
ヌ斛海貽の森散策-3


しばらく散策した後に、谷上山第2展望台駐車場に移動しました。



 

展望台付近は、そこかしこに飛び交う小鳥の姿が肉眼でも見え、ゆっくりと観察態勢に入りました。野鳥観察は初めての方もおられましたが、可愛らしい小鳥の鳴き声と姿を楽しむことができました。展望台からは伊予市とその沖に広がる海が見渡せて、ミサゴの飛ぶ姿も観察できました。ここはトイレも完備されていてサクラの木も多く、絶好の花見ポイントらしいです。サクラが開花したらまた出かけられてはいかがでしょうか。

ε庫沼羂榮 展望台下散策
お昼になったので大駐車場に戻り、集合写真を撮って解散しました。

野鳥観察コース集合写真

















鳥の説明を丁寧にしてくださった、SOさん、HYさん、ありがとうございました。参加された皆様、お疲れさまでした。今回は残念ながら小鳥の動きがすばやくて写真を写すことはできませんでした。

 

観察できた鳥:トビ、ミサゴ、コゲラ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒガラ、メジロ、ホオジロ、カワラヒワ、ハシブトガラス、イカル、(17種)

(文責:MO

 

樹木観察コース

 

樹木観察グループは、らくらくコースで第2林間広場まで行き、3月に入って咲いた樹木の花について重点的に説明して昼前には駐車場に戻ってくる計画でした。しかし、始まってみると、樹木だけでもいろんな話題で盛り上がり、雨上がりも手伝って、コケはいつも以上にきれいで、ついつい観察せずにはいられず、大幅に時間オーバーで戻ってきました。

.灰唄兒 ▲襦璽擇粘兒
樹木観察写真

 














樹木の観察は、ヒサカキ、キブシ、シナレンギョウ、オオバヤシャブシ、カンヒザクラ、エドヒガン、ネジキ、アラカシ、アオモジ、アセビ、ヤマモモ、タブノキ、イスノキなどをおこないました。気付けば、花が咲いてないものも説明…。中でもヒサカキは、花がある度に雄株か雌株か確認し、アオモジについては、雄株と雌株らしいものの比較観察をみんなでおこないました。帰り道では、ホコリタケやツチグリにも遭遇し、樹木の花のみならず、コケ、キノコ等、春先にしては充分な盛り沢山の内容で楽しむことが出来ました(文責:YU)。

 

樹木の花
▲ぅ蹈魯皀潺 ヒサカキ雌花
イロハモミジ           ヒサカキ雌花
ぅ劵汽キ雄花 Ε▲モジ雄花?
ヒサカキ雄花            アオモジ雄花?

Д▲モジ雌花? カンヒザクラ
アオモジ雌花?           カンヒザクラ
┘筌泪皀癲〕些オオバヤシャブシ
ヤマモモ雄株            オオバヤシャブシ
キブシ 雄花哀┘疋劵ン
キブシ雄花             エドヒガン
トサミズキ
   






トサミズキ

その他
イスノキの虫こぶ ツチグリ
イスノキの虫こぶ           ツチグリ

ホコリタケ コアカミゴケ
ホコリタケ              コアカミゴケ 


投稿:Mok



morinoannnaininn at 13:04コメント(0)例会他活動 

2021年03月11日

令和3年3月のフィールドボランティア活動(2021.03.10)

3月10日(水) 930〜、森の交流センターにおいてフィールドボランティア活動を行いました。参加者19名。

P3102056  


ポカポカ陽気でずいぶん過ごしやすい気候になりました。本日の作業はサクラ並木周辺の草引き。とりあえず、スタート。

久々に会う方々は手も動くが口も動く。作業は楽しいおしゃべりタイムでもあります。

ますはシダレウメエリアから。
P3102058P3102064
 
早咲きのサクラの木の下もきれいにしていきます。今が満開ですね。この写真だけ見ると春爛漫、という感じです。

P3102059 P3102060

 しゃがみこんでいる方々を上から写真を撮るとマスクをしていることもあり誰が誰だか。そこで下の方から失礼しました。なかなか楽しそうです。

P3102065 P3102066

 しゃがんだ姿勢での作業はなかなか疲れます。あちこちから、「しんどい」、「腰が痛い、膝が痛い」の声が上がり始めます。途中で水分補給、休憩タイム。

P3102074 P3102075

 さてもうひと踏ん張り。ツバキ林からサクラ並木の端までやってしまいましょう。

⓾P3102079 P3102080

 11時に作業終了。さわやか笑顔で、集合写真です。

P3102082 


















参加者のみなさん、お疲れさまでした。

 

交流センターの花々

いろいろな種類のツバキ

P3102073 P3102067
P3102078 P3102084

カンヒザクラ、

P3102068 P3102072

シモクレンは今週末あたり満開になることでしょう。

P3102086















Mok記



morinoannnaininn at 08:37コメント(0)森林ボランティア活動 

2021年03月02日

2月例会「経ヶ森ハイキング」2021.2.27

 2月例会は「経ヶ森ハイキング」 昨日からの雨が一転、朝から晴天に恵まれ例会日和と
なった。
参加者34名、伊予鉄梅津寺駅前9時30分集合。恒例のストレッチを行い、5班に分かれて
出発。
住宅街を抜け、山への登り口に、大きなカラスザンショウを発見、突起だらけの幹が特徴。
山道では、ネズミサシ、ヒサカキ、ネズミモチ、カクレミノ、ヤブニッケイが多く見られた。
そして、「あ、またこの子!」と言う声も聞かれるほど、シャシャンボはすっかり馴染みの木になった。
コナラ、クヌギ、アベマキの落ち葉や樹皮の違いを観察しながら、岩子山(181m)に到着。山
頂には大きな礫岩が多数見られた。東方向の松山市街、遠くに雪の石鎚山の遠望を楽しめた。
a開始前の準備体操(9時35分頃)c岩子山に向かう(10時15分頃)b、4班

d岩子山より遠望e岩子山山頂(10時40分頃)

次は、アベマキやモチノキが多く見られる道を通り、護摩ヶ森(170m)へ。弘法大師が護摩供を修せられた場所と伝えられている。西に岩子山、北に経ヶ森が見える。網目模様の白い樹皮のアカメガシワに目を惹かれた。

   カラスザンショ      ネズミサシ       シャシャンボ
.ラスザンショウ▲優坤潺汽シャシャンボ

   アベマキ          アカメガシワ
ぅ▲戰泪ゥ▲メガシワ
そして、経ヶ森(203m)、太山寺奥の院。聖武天皇自ら写経を山の頂に埋めたという伝えから名付けられたようだ。昨年11月末の山火事の跡も残る中、木々の新芽も膨らみ始め自然の生命力を感じた。中央の観音像はH13年3月の芸予地震で倒れて新しくされたものだそうだ。倒れた観音像は身代わり観音として太山寺に祀られている。
11時45分、太山寺に到着。霊場52番札所。739年頃創建。本堂は国宝に指定されている。境内横をお借りして昼食、集合写真撮影を行う。
f、経ヶ森g、大山寺にて(12時頃)

h、大山寺にて(12時30分頃)








 その後、太山寺高浜道(遍路道)を通って松山観光港へ下山。伊予鉄高浜駅まで移動し13時40分にいったん解散。残った24名はオプションとして、再び山へ入り、霊仙洞コースを通り1時間後に梅津寺駅前に無事到着。
近郊の低山歩きコースをまた一つ収得!自然と歴史を満喫したいい1日となった。
参加してくださった皆さん、スタッフの皆さん、お疲れ様でした。
ご協力ありがとうございました。

                                 文責kshi  up yka














morinoannnaininn at 15:02コメント(0)例会他活動 

2021年02月10日

令和3年2月のフィールドボランティア活動(2021.02.10)

2月10日(水)、森の交流センターにて令和3年になって初めてのフィールドボランティア活動を行いました。9:30にスタートしましたが、三々五々集まって参加者は最終18名。

センターの担当者の方に本日の作業の説明をしていただきますが、その前に、今年もどうぞよろしくお願いします、のご挨拶。

P2101906          








例年2月は芝生のエアーレーションと目土入れです。さっそく道具をもって作業開始。一列に並んで芝生に穴を開けていきます。よーいドン。さて、誰が一番早く端までたどり着けるでしょうか。

P2101908      P2101909
P2101913 P2101916
P2101917









穴あけグループの後ろから目土をまいていきます。

P2101915 P2101918
P2101920  








芝生のもう半分の作業も終了。

⓾P2101921








単純労働ですが案外疲れました。集合写真を撮ってお開きです。

P2101932

















参加者の皆様、お疲れさまでした。

 

2月の自然

立春もすぎて一気に春めいた交流センターはウメ(バラ科)が満開。

P2101910 P2101912
シダレウメもきれいです。

P2101927 P2101928
 ジャスミンの仲間のオウバイ(モクセイ科)も咲いていました。

P2101939 P2101940
 様々な種類のツバキも見ごろでした。

P2101922 P2101923
P2101930 

樹々の枝では小鳥たちがにぎやかで、イカルやメジロが群れていました。いい季節になりました。

 

Mok



追記:HKさんがメジロの写真を送ってくださいました。かわいいです。
P1240971-1夢中で蜜を吸うメジロ

 





morinoannnaininn at 14:06コメント(0)森林ボランティア活動 

2020年12月22日

会員、受賞のお知らせ(2020.12.22)

 今年、2人の先輩会員が永年の功績を認められ、栄えある表彰を受けられました。

 🌸 2期 清水民彌さん

    松山市社会福祉協議会会長表彰
    清水民彌さんは永年の献身的なボランティア活動が認められ、ボランティア活動功労と
    しての受賞です。
    又、本会の活動を円滑に実施するため社会福祉施設等の利用促進に貢献されました。

     清水さんより
       あとにつづく皆さんに、ボランティアの意識を持っていただき継続的な活動を期待
       します。


 🌸 4期 近藤浩幸さん
     
     環境省自然環境局長表彰 自然公園 徽章
   近藤浩幸さんは環境省の委託を受け、自然公園指導員として石鎚国定公園を中心に
   10年間に亘り、動植物の生息調査や環境変化観察、又登山者に対しての助言や質問
   応対を親切丁寧に行い、自然環境局長表彰となりました。
   その他保護活動として、自然観察会のガイドやニホンジカ被害調査の他、2の鎖元のトイ
   レの管理とまさに献身的な活動を行っております。

   近藤さんより
    今後も同様の活動を行い、多くの皆さんと自然を楽しみ自然保護の大切さを共有し、
    自然の素晴らしさを後輩たちに伝えて行きたいと考えております。


     会員一同、心から祝福いたします。まことにおめでとうございます。

                                           
                                   えひめ森の案内人会  河上泰博
    

   


      
   






morinoannnaininn at 10:45コメント(0)管理人の日記 

2020年12月13日

12月例会「松山近郊 低山歩き 垣生山へ登ろう」2020.12.12

 12月12日(土)、12月例会を松山市にある垣生山で実施。風もなく穏やかな、まさに小春日和の一日でした。
参加者は26名、9時20分に松山市総合公園第4駐車場に集合。各自新型コロナ感染防止のチェックリストを提出、担当責任者より防止対策の諸注意がある。恒例の準備体操を行い、5班に分かれ9時45分に出発。

〇臆辰亮付△靴辰り感染防止9盈磴離茱ストレッチ

住宅街をしばらく歩き福水神社へ向かう、ここは松山城の西方にあたり、周囲は低い山々(標高100数十m程)に囲まれている。山々は黄色に染まり、冬の到来に備えているようだ。
福水神社は子育てや安産のいわれがある由緒ある社、境内をお借りし小休止。
せ魁垢録Г鼎ナ/綽声劼脳休止

再び住宅街をしばらく歩く、いよいよ垣生山だ。津田団地登山口より登山開始。
山頂まで900mとある、しかしいきなりの急登になぜか笑顔。中間地点からは幾分なだらかに、木々の説明にも余裕が出てくる。
近郊の低山特有の植生、クスノキ・ネジキ・カクレミノ・アベマキ・エノキ・ネズミサシ・ヤブニッケイ・ヒサカキ等が見られる。特に紹介したいのがクロバイとシャシャンボ。
Τ誓源魁△いなり急坂豊かな植生、説明に力

山頂に着く、遠望が素晴らしい。特に、西側は興居島から松山空港まで見渡せるパノラマだ。
又、ご親切に垣生山の由来が掲示されていた。
垣生山山頂より空港方面┳誓源劃困茲蟠週鐡臺面殖生山城の由来

周囲の遠望を堪能した後昼食、なるべくSDをとって、いつものメンバー同士で屋外であれば良いとするか。
全員で撮影、12時30分に出発、尾根づたいに弁天山に向かう。
近しいグループで昼食山頂で、集合

弁天山をすぎると今度は東方向が綺麗に見えてくる。松山総合公園のある大峰ヶ台、その向こうに松山城がチラリ。下山はもうすぐ、辺りには黄色く色づいて収穫を待っている美味そうなミカン!
弁天山下山道にて収穫は近い

例会はこれで終わらない、担当はもう一つの見どころを用意してくれていた。宮前川放水路とファブリックダムの見学だ。
水面上の長い円筒状の物体がファブリックダム(ゴム堰)、その先が放水路、右側の細い水路が宮前川だ。
増水した時、放水路に水を流し三津浜地区の洪水を防ぐのに大いに貢献しているそうだ。
宮前川放水路施設








全員元気で14時半過ぎに到着。歩行距離約8Km、歩数15800歩(個人差あり)
担当して頂いたShikさんDoeさんDokさんFukさんMidさん、楽しい例会有難う御座いました。


 担当責任者Shikさんよりメッセージが届きました。
  ☆ 曇り空も徐々に晴れてきて、気持ちのよい1日になりました。
    予定通りの行程で進み、幸田さんのストレッチで身体も心もほぐれて、今年最後の例会を
    無事、終えること が出来ました。
    参加くださった皆さん、お疲れ様でした。ご協力ありがとうございました。
    追伸、垣生山は桜の名所でもあります、春に是非お出かけください。


                                              報告 Kay


  












morinoannnaininn at 12:57コメント(0)例会他活動 

2020年12月10日

令和2年12月のフィールドボランティア活動(2020.12.09)

12月9日(水)、森の交流センターにて9:30よりフィールドボランティア活動を行いました。参加者20名。それほど寒くはなくボランティア日和でした。

PC091733








本日の作業は、1)チッパー掛け、2)園内中央の芝生と本館西側の芝生の落ち葉掃除、3)堆肥になったチップをシダレウメの根元に撒くことです。

 作業開始。

PC091736








さっそく堆肥になったチップをスコップで掘り起こしてびっくり仰天。現れたのは丸々と太ったカブトムシの幼虫たち。

PC091744 PC091747
PC091745

堆肥の中でぬくぬくと育ってこんなに大きくなっていました。その数、20匹以上。いきなり寒い中に放り出されて気の毒なので落ち葉の中に戻しておきました。来年ここでカブトムシが大発生するはずです。

 




今日チッパー掛けする枝の山。手際よく掛けていきます。堆肥もどんどん運びます。

PC091748 PC091750
すっかり冬枯れの芝生。落ち葉を集めていきます。あっという間にきれいになっていきます。

⓾PC091754 PC091753
PC091742 PC091752
本館西側。ここはサクラの紅葉した葉が多く落ちています。

PC091755 PC091760
PC091757 PC091759
本日のミッションすべて終了後、ユズの摘果作業を行いました。

PC091784 PC091785
PC091783








 参加者全員の集合写真

蛙垢慮鯲センター

 














今年のフィールドボランティア活動は3月〜5月にかけて新型コロナウイルス流行のために中止を余儀なくされました。6月に感染防止対策をしての活動を再開、そして12月まで継続できたことは会員の熱意と努力によるところが大きいと思います。来年も無事に活動できることを願ってやみません。

来年1月はお休み。次回は20212月10日(水)です。

 

12月の交流センターの彩り

PC091766 ㉑PC091777 ㉒PC091778
㉓PC091763 ㉔PC091767 ㉕PC091772

 

Mok



morinoannnaininn at 09:14コメント(0)森林ボランティア活動 

2020年11月15日

11月例会「興居島 〜小富士登山と恋人峠〜」2020.11.14


11月例会  
興居島  〜小富士山登山(282m)と恋人峠〜  を開催しました。

参加者37名(男性15名 女性22名)でした。

興居島は、高浜港からフェリーで10分松山から一番近い島です。美しい海とみかんの産地として知られています。
小富士山(伊予小富士)は、富士山に似た標高282mの小高い山です。中腹まで果樹園が広がり、山頂からの景色が最高です。整備された登山道があるため年間を通して親しまれています。

高浜港に9時10分集合し、
高浜港発のフェリーで興居島 泊港へ。
船で目指す小富士

風は強いものの、晴天で登山日和です。
幸田さんのご指導のもと、準備体操をして5班に分かれて出発しました。
DSC00131 (1280x853)出発 DSC00139 (1280x853)

黄色く色付いたミカン畑の中を少し登り、よく下刈りされた登山道へ入ります。
この時期の里山・低山は山野草は少ないもののツワブキやヤクシソウの花が美しいです。
ヤクシソウDSC02095ツワブキ

全体的な特徴は、いろいろな実が多い事です。
ビナンカズラ、アオツヅラフジ、マサキ、トベラ、ノブドウ、シャリンバイ、ヘクソカズラ、ムベ、アキグミ、ネズミモチ、イヌビワ等々
ビナンカズラアオツヅラフジマサキ

トベラノブドウシャリンバイ

DSC02171ヘクソカズラDSC02135ムベ美しい林DSC00186 (1280x853)

アキグミDSC02156ネズミモチイヌビワ

途中休憩をして一息入れ、松山市内側の展望を楽しみました。急登のつづら折りを登ると、約1時間で山頂につきます。北条の高縄山から遠く石鎚山系までの展望が素晴らしかったです。
小休憩DSC02600

小富士山頂上山頂からの眺め (3)

裏手の方に回り、眼下に釣島や忽那七島も見えます。
山頂からの眺め (2)

班ごとで記念撮影
В曳鼻DSC00167 (1280x853)┌家鼻DSC00169 (1280x853)
      1班                          2班
3班 DSC00174 (1280x853)4班 DSC00175 (1280x853)
      3班                           4班
5班 DSC00177 (1280x853)
      5班

下山して、港公園で昼食を摂りました。
下山中 DSC00189 (1280x853)対策をとって昼食

午後からは、恋人峠への散策です。
道沿いにヒメクマツヅラやコウヤボウキ、マルバルコウの花がかわいらしく咲いていました。
DSC02199ヒメクマツズラコウヤボウキマルバルコウ


恋人峠では、ここでも最高の展望を堪能できました。
盈人峠 DSC00218 (1280x853)恋人峠

港への帰り道の途中、イヌマキの熟した実を初めて食べたという人も多かったです。
イヌマキイヌマキの実

小富士山とその周辺は、里山ならではの植生が見られ、景色も最高で高い山とは違う楽しさや面白さがあると感じました。15時の船で高浜にもどり無事解散しました。
棺弦膽命拭DSC00254 (1280x719)
    全員で記念撮影

担当者の皆様ありがとうございました。

・カーソルを写真の上に持っていくと名前が出ます。
・写真はワンクリックで拡大されます。

文責TW  記HY






















morinoannnaininn at 23:08コメント(0)例会他活動 

2020年11月12日

令和2年11月のフィールドボランティア活動(2020.11.11)

11月11日(水)、930より森の交流センターにてフィールドボランティアを行いました。参加者23名。秋晴れで気持ちのいい天気のもと、倉庫の蔦も紅葉しています。

PB111626 PB111627
PB111628








本日の作業は1)亜熱帯植物園(温室)の雑草取り、2)芝生と周辺道路の落ち葉掃除、3)芝生横の柿の摘果です。

温室の中はポカポカで、鉢や植え込みの草を引いているだけで汗が出るほどです。丁寧に抜いていきますが、雑草なのか亜熱帯植物の苗なのか分からないものもあります。枯れ葉とともにきれいに掃除をしました。

PB111629 PB111633
PB111634 PB111635
PB111636 PB111637
⓾PB111645








芝生の落ち葉掃除は慣れたものであっという間に片付いていきます。

PB111630 PB111631
PB111632 PB111639
PB111640








手が空いた人はさっそく柿の木の摘果作業を行います。葉が茂っていて見えにくかったのですが、沢山実を摘果しました。

PB111644 PB111664
PB111665 PB111668

11時には作業終了。今日は休憩時間を取らずにがんばりました。

参加者の皆さん、お疲れさまでした。

 

交流センターは秋のバラがきれいです。可憐な小さい花も。

㉒PB111646 ㉓PB111648 ㉔PB111649
㉕PB111650 ㉖PB111653 ㉗PB111660

 

Mok



morinoannnaininn at 09:12コメント(0)森林ボランティア活動 

2020年11月11日

環境啓発登山(秋季)石鎚山登山(2020.11.8)

2020年 11月8日(日)
環境啓発登山(秋季)石鎚山登山が開催されました。

例年は、「成就ルート」「土小屋ルート」の2ルートで開催していましたが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため「土小屋ルート」のみの開催となりました。
本日は約90名の参加です。案内人会からは18名が参加しました。
実施内容は
\響欒萋
◆崙本一美しい山のトイレ休憩所」を目指して、「石鎚山公衆トイレ休憩所」にみんなで砂利を運搬
石鎚山の環境保全等についての講話
です。
土小屋に集合し、登山前にトイレ休憩所の利用クーポン券を各自購入しました。
案内人会は3班に分かれて登りました。

登山前集合写真 (1)DSC02225
     登山前集合写真           Yさんからの注意事項

DSC02229DSC02230
    外来種除去マット             砂利を持ちます

DSC02234DSC02242

DSC02254DSC02259
お天気も良く、みなさん元気いっぱいです!

DSC02262DSC02292
       天柱石                   木に着生している枯れた花はアオベンケイソウ
                        です。花期は9月頃です。

DSC02275DSC02278
二の鎖休憩所でトイレ前に運んだ砂利を敷きリチャードさんの講話を聴きました。

頂上で記念写真を撮りましたが、強風で二の鎖休憩所下と頂上で分かれて昼食を摂りました。
s-PB080392 (1)s-PB080386 (2)

DSC02286
二の鎖休憩所下で風をよけながら・・・

DSC02297DSC02300
        1班               2班
DSC02307
        3班
無事に全員下山することができました。
楽しい登山となりました。
コロナで自粛が続いていますが、感染対策しながら楽しく環境のことも考えて登山していきましょう。
トイレはなるべくチケットを利用してください。百円硬貨は係の方が持ち帰るのに大変重いそうです。

記HY





morinoannnaininn at 19:13コメント(0)森林ボランティア活動 

2020年11月09日

10月例会「皿ヶ嶺登山」(2020.10.31)

10月例会を開催しました。
「皿ヶ嶺登山」  〜秋の皿ヶ嶺登山道を歩く〜

参加者33名(そのうち16.17.18期の会員が16人)でした。

当日の朝は今年の冬に向かっての一番の冷え込み。でも秋晴れの素晴らしいいい天気でした。爽やかな空気の中で久々の登山トレッキングとなりました。
風穴下の駐車場9時30分集合33名の参加者で5班編成で実施しました
コロナ感染防止対策のため、大パーティでの行動を避けまた他のグループに迷惑をかけないようにそれぞれ班単位に解散としました。全体で集まったのは記念撮影の時だけです。

役員のHDさんの作ってくれた皿ヶ嶺登山道の樹木草花の一覧表をもとにどれだけわかるかな・・・と木々や草花を確認しながら風穴から十字峠ルートを登りました。
DSC09429十字峠付近
        風穴                 十字峠
登山道はもう秋本番です。
夏の花はほとんどなく、それでも風穴の周辺にはオタカラコウの黄色い花、登山道にはハガクレツリフネ、シコクブシなどがパラパラと咲き残り、黄色くなったシラキ、紅葉したモミジ、カエデなどがありました。そしてブナミズナラなどの落ち葉の道は冬に向かっての準備のような感じでした。
DSC09514DSC09528

ハガクレツリフネリンドウ
     ハガクレツリフネ              リンドウ

葉っぱが落ちているので、木々の間から松山、東温市、石鎚山などの景色もよく見えました。
十字峠過ぎの眺望石鎚山

珍しいキッコウハグマやセンブリもあります。頂上付近の道端には今年開花して種を結んだササユリもありました。
DSC09533DSC09534
 キッコウハグマ            センブリ
ササユリの実
        ササユリの実
12時半頃に昼食。記念撮影は密の中、感染予防のためマスク着用です。
マスクしたままみんなで「チーズ」と言っていますが皆さん口元可愛く写っていますでしょうか。
竜神平 集合写真竜神平
         記念撮影                    竜神平

午後1時に竜神平を出発し、2時半駐車場に到着しました。その後班ごとに解散しました。
スタッフの皆様、班長の皆様大変ありがとうございました。

文責MS 写真SY WY 記HY






morinoannnaininn at 18:46コメント(0)例会他活動 

2020年10月14日

令和2年10月のフィールドボランティア活動(2020.10.14)

令和2年1014日(水)、930より森の交流センターにてフィールドボランティア活動を行いました。これぞ秋晴れ、という気持ちのいいボランティア日和に参加者18名。最近はおかげさまで出席率が良好です。

PA141166

















本日の作業は枯れ枝や台風で飛ばされた枝のチッパー掛け、芝生の落ち葉掃除、梅林下の草引きです。

 

チッパー掛け
PA141167 PA141172
PA141175 PA141174
PA141204

集積場は枯れ枝の山でしたが、皆さんの奮闘の結果、山はなくなりました。

 





芝生の落ち葉は思ったほどは多くはありませんでした。さて、いっちょ、やりますか。

PA141168 PA141178
PA141180 ⓾PA141181
草引きは鍬を導入。プロも顔負けの鍬裁きで通路脇も梅の木の下もきれいになりました。

PA141200 PA141201
当会員は年齢を感じさせない方ばかりですが、疲れる前に休憩、水分補給は大事です。

PA141221 PA141222
園内はさっぱりきれいになりました。参加者の皆さん、お疲れさまでした。

PA141223 

 
















10月の交流センター内の自然観察

 梅林の中に何やら白いボールが落ちていました。近づくと…、でっかいキノコのオニフスベでした。初めて見ました。

PA141183 PA141185
その他、花と果実。

PA141196 PA141210
PA141218 ㉑PA141209
Mok



morinoannnaininn at 14:43コメント(0)森林ボランティア活動 

2020年10月03日

9月例会「面河渓散策」2020.9.26(土)


9月例会・面河山岳博物館発行「面河渓に咲く花」を利用した遊歩道沿いの自然観察      を開催しました。
参加者31名(密を防ぐため人数制限しました)

新型コロナ感染対策で活動自粛が続いていましたが例会活動再開です。
感染防止対策をしっかり行い開催に臨みました。
午前中の開催としました。感染防止対策のため、密を防ぎ、集合は個々で、健康チェックリストの提出、マスクを持参し適宜着用しました。

DSC00937
チェックリスト

今日は、面河山岳博物館の山路稜子さんを講師に迎え、山路さんたちが作成された「面河渓に咲く花」(自粛中みなさんに配布したものです)
を参考に、季節の花を見つけながらの自然観察を楽しみました。
5.6名づつ6班編成で、本流ルート組、鉄砲石川ルート組と2か所に分かれ散策しました。
DSC00939  DSC00935

会長と担当者から自粛後初の挨拶と諸注意がありました。
DSC00494DSC00500
                              山路さんの挨拶

【鉄砲石川ルート】
DSC00535DSC00521
                            山路さんがタゴカエルを見つけました。
DSC00654DSC00663

DSC00610
布引の滝まで散策しました。

【本流ルート】
本流2班本流1班

本流3班

第一キャンプ場
第1キャンプ場まで散策しました。

事前下見にも山路さんに同行していただき各班長全員が情報を共有させていただきました。
山路さんの花の知識は大変すばらしく、ご自身がお好きな様子がわかり一緒に歩くととても楽しい気持ちになりました。
久し振りの例会は、楽しく自然に触れることができとても気持ちいい時間でした。
マスクに関しては、「散策中は装着しなくて大丈夫です。」とお知らせしました。皆さん、距離によって適宜着けたり外したりしました。
山路さんから、
「季節によって同じ場所でも見られる花は変わります。1週間違ってもまた違う表情を見せてくれます。」
とお話がありました。
「面河渓に咲く花」を片手に四季折々面河渓に訪れてみてくださいね。

集合写真
全員で記念撮影

見られた花のほんの一部です。
シロヨメナアケボノシュスラン
       シロヨメナ                  アケボノシュスラン   
ツチアケビ-1DSC00736
ツチアケビ                    フクオウソウ
DSC00709DSC00668
コフウロ                     アサマリンドウ
DSC00388DSC00616
アキノキリンソウ                ヤクシソウ
シコクママクナDSC00380
シコクママクナ                 アキチョウジ
DSC00560
アケボノソウ

面河渓谷-1面河渓谷-2
面河渓

自粛後初めての定例会は無事終了しました。
山路さん、担当者の皆様ありがとうございました。

記HY















morinoannnaininn at 00:48コメント(0)例会他活動 
月別アーカイブ
記事検索
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ