2021年12月31日

えひめ森の案内人会ブログの案内

えひめ森の案内人会ブログTop


 えひめ森の案内人会は、平成15年に設立され愛媛県松山市に事務局を置く森林ボランティア団体です。
 広く人々の要請に応じた、様々な知識や技能を持って行う森の案内や野外活動等を通じて、人々が森林とふれあい森林に学び森林を育てる意識の高揚に寄与することを目的として活動をしています。

                                                       向日葵 mKu
sDSC_0009

  えひめ森の案内人会のブログには
次の4つのカテゴリが有ります


 ()  えひめ森の案内人会活動レポ−ト

        new令和2年6月のフィールドボランティア活動(2020.6.10)

           「樹木の花だよりガイド」完成(2020.2.29)
(2019.5.25)
          令和2年2月のフィールドボランティア活動(2020.2.19)


  new令和2年度「森への誘い講座」募集中止のお知らせ(2020.6.3)


new小さな自然観察会「上林峠より竜神平へ」(2020.7.2)

写真部会員がみた森の妖精(初夏)(2020.7.2)

野鳥巣箱作り、森育部会・野鳥観察部会合同(2020.2.26)



(検砲┐劼畤垢琉篤眇猷餝萋哀レンダー
・・・ここをクリック



morinoannnaininn at 18:54コメント(0)管理人の日記 

2020年06月12日

令和2年6月のフィールドボランティア活動(2020.6.10)

令和2年6月10日(水) 交流センターにおいてフィールドボランティア活動を再開しました。参加者18名。前回は2月19日、実に4か月ぶりです。その間、案内人会員も活動や不要不急の外出を控え、人と人との接触を避けてきたわけですが、今のところ愛媛県での新型コロナウイルスの新規感染は収まっています。引き続き感染を避ける対策を怠らずに、会としての活動をできるところから再開していきます。

 

前日の天気予報では雨だったのですが、当日は降りそうで降らず、予定通りの作業を行いました。センターの新しい担当の方の紹介があり、皆さんお互いの距離を保って今日の作業の確認です。作業内容、場所などの印刷物が参加者に配られました。これだと初参加でも戸惑いませんね。

P6105544P6105546

P6125583









チッパー掛け、コニファーガーデン内の草引き、通路の落ち葉かきに久々の汗を流しました。

P6105549P6105554
P6105550P6105562
P6105551P6105555

6月は摘果作業があります。採種園近くの梅の樹と、今年は梅に加えてアンズも摘果しました。
⓾P6105558P6105580
P6105557P6105576

雨が本降りになってきたところで作業終了。11時前に解散しました。参加した皆さん、お疲れさまでした。

 P6105582











6月の花たち

バラのきれいな状態のもの。
P6105561P6105565

スモークツリー(ハグマノキ)白とピンク
P6105568P6105569

モクゲンジ
P6105570P6105572

ラリラリラリラ、調べはアマリリス
㉑P6105563
Mok記



morinoannnaininn at 11:01コメント(0)森林ボランティア活動 

2020年02月29日

「樹木の花だよりガイド」完成(2020.2.29)

 2018年春から開始していました、えひめ森林公園遊歩道沿いの樹木の花の観察と写真撮影の一連の活動が今年2月「樹木の花だよりガイド」発行をもって完了致しました。

この活動のきっかけは先輩会員から、樹木は全て花が咲くのにどの様なものなのか皆さんよく知らないですね。花に関心を持てば散策がもっと楽しくなりますよ。とのアドバイスでした。

2018年春から花の観察と写真撮影を開始、2019年2月には撮影した花の写真を入れた樹木名板を88ヶ所設置しました。(2019年2月9日付HP参照)

観察の結果、分かったこと
 ※ 樹木の種類は83種と多く、それぞれ個性のある美しい花を付け、強い生命力を感じる
   ものであった。
 ※ 雌雄の別と花の違い
    雌雄同株と雌雄別株がある。雌雄同株でも花の付き方が分かれる
 ※ 開花時期
    春の開花が最も多い、その次が夏、秋以降咲くのもある。
 尚、詳細は「樹木の花だよりガイド」をご覧ください。

さて、「樹木の花だよりガイド」を紹介します。
花だよりガイド表紙・裏表紙
 コンパクトサイズで手に持って散策が楽しめます。
  (たためばB6、開ければB3サイズ)
 表紙は撮影した花の写真を多く入れ華やかなものに
 しました。
 その他、花の写真や花の構造、えひめ森林公園へ
 のアクセスや同園の魅力等を掲載
 


花だよりガイド中面
 中面は同園の遊歩道と樹木位置、花の写真、
 又、樹木の花おすすめルートを表示






特に見て欲しい、おすすめの樹木
 ☆エドヒガン
  樹齢170年同園のシンボル的存在(開花予想3月下旬)
エドヒガン 
  ☆チョウジガマズミ
   極めてまれな木で甘い香りが魅力(開花予想4月上旬)
20180404 C チョウジガマズミ Ⓗ
 ☆ザイフリボク          
  白い細長い花弁が魅力(開花予想4月上旬)    
 ザイフリボク
 ☆ホオノキ
  国内の木では最大の花、甘い香り(開花予想
  4月下旬)
  20180428 C ホオノキ Ⓗ
 その他魅力的な花が3月中旬より次々と咲き始めます。ガイドを片手に散策を楽しんで頂きた
 いと願っております。
 尚、「樹木の花だよりガイド」は同園の受付で頂けます。(無料)
 又、この活動は、いずれも愛媛県森林環境税を活用して実施しました。

                                             以上報告 Yka




 



morinoannnaininn at 09:47コメント(0)森林ボランティア活動 

2020年02月20日

令和2年2月のフィールドボランティア活動(2020.2.19)

令和2年になって初めての交流センターフィールドボランティア活動を219日(水)に行いました。参加者19名、そのうち3名の方が初参加でした。2月19日は24節気の雨水だとか、前日の寒波で早朝は冷え込みましたが、徐々に暖かくなり動きやすい日和でした。

本日の作業は芝生のエアーレーションと目土入れ、それとチッパー掛け。担当の方の説明の後、それぞれ分担して作業開始.
P2195474









根切りの道具をうまく使うのにはこつがあり、初めての方にはベテランの指導が行き届きます。横一列に並びいっせいに芝生に穴を開けていきます。
P1220492-2P2195477
P2195481








その後ろから目土を撒いていきますが、これが重い。前日の雨や雪を吸い込んだ土はズシリとしています。
P2195482P2195485
 

一方のチッパー掛けチームの仕事は早いこと。あっという間に終わっていました。P2195488








ちょっと早めにお茶の時間。

P2195494⓾P2195497

お茶を飲んで元気になってもうひと働きして11時過ぎに解散しました。 参加された皆さん、お疲れさまでした。

P2195504P1220516

交流センター2月の花:しだれ梅 ワビスケ、ツバキ、サクラのつぼみ

P2195490P2195499
P2195501P2195502
おまけ:ヨトウガのさなぎでしょうか。TAさんが育てるそうです。
P2195492


 


Mok記



morinoannnaininn at 11:55コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年12月23日

12月例会「等妙寺旧境内史跡めぐり」実施(2019.12.14)

 12月14日(土)12月例会として鬼北町の等妙寺と等妙寺旧境内めぐりを実施しました。参加者はえひめ森林公園からマイクロバスで20名、現地集合2名の計22名でした。バスでは担当のEokaさんから内子辺りから鬼北町まで道路沿いを流れる川の紹介がある。中山川からはじまり小田川、肱川、黒瀬川、広見川、狩野川と、又肱川の源流位置や支流は474もあることなど川紀行に聞き入っておりました。

ここで等妙寺旧境内の概要を同町教育委員会制作のパンフレットを引用します。
・指定年: 国指定史跡(平成20年3月)   
・面 積: 凡そ61ha
・指定概要: 鬼北町の現等妙寺から1kmほど山中に入ったところにあり、京都法勝寺の遠国
 四か戒壇となり四国の布教活動の拠点。鎌倉仏教の戒律復興運動の地方伝播については
 不明な点は多いが、遺構の保存状態は良好。

11時に鬼北総合公園で鬼北町教育委員会の幡上学芸委員と合流、
まず、現等妙寺の案内を受け、山門、如意輪観音堂他を見学、旧等妙寺の建築物調査の参考になるそうです。
.好拭璽帆8重妙寺の山門じ重妙寺如意輪観音堂

本堂お借りしての昼食、境内横に立つ看板で等妙寺旧境内の紹介を受け、旧境内へと、
ニ榮欧鬚借りして昼食等妙寺旧境内案内ε妙寺旧境内に向かう

凡そ1Km進むと次々と遺構が見えてきました。入山清めの入浴(蒸し風呂)施設、通路の石積み遺構等、
Пの院道を旧境内へ入山清めの浴場跡(調査中)石積のなごり

本坊跡へと続く道路の一部が残っている、石積み工法は現在と異なると、
観音堂跡旧等妙寺本坊跡

鬼北町を一望して、石積みを背に700年前の思いを巡らせ集合写真。
集合写真








幡上氏より、中世の寺は信仰の他に生活文化や農耕・土木・建築技術等の発信元であった。旧境内を調査研究することで、等妙寺がこの地や四国全体にどのように影響したかわかってくると思う。又なぜこの地が選ばれたかもわかるかもしれないと話された。

 15時過ぎに出発地の鬼北総合公園に戻る、今回行きは一般道を城川町経由にて帰りは三間ICから高速で、
全員無事に到着、お疲れさまでした。

追伸
 来年度には県歴博で等妙寺旧境内の展示があり、60年に1回しか御開帳されず本来ならば35年後にしか見られない秘仏・伝如意輪観音像も公開されます。再来年度には旧境内現地平面展示や最寄に展示施設等も整備される予定で着々と一般公開に向けて準備が進められています。楽しみにしておいてください。
郷土の歴史を少し学べたかなと思います。  担当 Eoka

                                   文責Take、UpYka

                            








morinoannnaininn at 11:30コメント(0)例会他活動 

2019年12月12日

12月のフィールドボランティア活動(2019.12.11)

20191211日(水)930より交流センターにおいて今年最後のフィールドボランティア活動を行いました。参加者15名。今日の作業は1)芝生の落ち葉掻き、2)剪定枝のチッパーかけです。

本会担当の芝生、すっかり落ち葉に覆われています。これは仕事のやりがいがあります。

PC115369作業前の芝生 落葉掻きのし甲斐がありますねPC115370さあ、いっちょやりますか
PC115371てきぱきPC115376更にてきぱき
PC115391作業後 

きれいになりました。








チッパー掛けも毎度のことで手際よく進みます。場所を移動してさらに作業。

PC115372チッパー掛けもぐいぐいPC115373さて次は何処だ
PC115375堆肥場で作業









みんなの楽しみタイム、差し入れの柚子茶やコーヒーで一息入れます。ほっこりしますね。

PC115389うれしいコーヒータイム 今日は柚子茶もあります P1220143おいしいね

休憩後もさらに一仕事。担当の芝生だけでなく通路に積もった落ち葉もきれいに除きます。なんだか楽しそうですね。禅寺の庭を掃き清めている気分でしょうか。

PC115394休憩後、もうひと働きPC115395休憩後、もうひと働き なんか楽しそう

最後に美しく紅葉したカエデをバックに全員の集合写真。

PC115411参加者全員写真

参加した皆さん、お疲れ様でした。(Mok記)

 

来年1月はボランティア活動はお休みです。

2月は第2水曜日(212日)がセンター休園日のため、第3水曜日(219日)に変更して実施予定です。ご注意ください。






12月の交流センターの自然
フユザクラ     アタゴガキ(渋)   マメガキ(渋)
14PC115383フユザクラ
15PC115386アタゴガキ 渋柿16PC115388マメガキ これも渋柿
ツバキ        セイヨウヒイラギ   モチノキ

17PC115385ツバキ18PC115374セイヨウヒイラギ19PC115398モチノキ
サカキ       カリン         ヨコズナサシガメ幼虫
20PC115403サカキ21PC115408カリンの樹も落ち着いた色に紅葉22PC115409ヨコズナサシガメ幼虫 ただいま越冬中




morinoannnaininn at 14:03コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年11月28日

「つる編みクラフトづくり」を開催(2019.11.24)

 11月24日(日)、えひめ森林公園で「つる編みクラフトづくり」を開催しました。このイベントは本会設立から実施、今年で17回目となりました。森の恵みの素晴らしさを多くの方に知って頂くのが目的で、今回は参加者44名(内児童8名)で実施しました。かごとドライフラワーリースを作りましたが、使った材料は会員がすべて森から採取したものや種を蒔き花を咲かせ乾燥させものです。

はじめに、会員のFukさんよりつるの種類と特徴、そして用途についての説明がありました。
,弔襪亮鑪爐汎団∧|さん講習-2

その後、リースづくりとかごづくりの2つのグループに分かれ、それぞれの講師から作り方の基本を教わりました。リースは花材配置の色と大きさのバランスが大切と、かごは丁寧な編み上げが綺麗に仕上がると、
9皺さんリース説明いご作りの説明

リースづくりの光景です、今年も沢山の花材が揃いました。
ゥ蝓璽-3Ε蝓璽-4Д蝓璽-2

かごづくりの光景です、編み目を丁寧にきれいな形になってます。
┐ご-3かご-1かご-4

会場の光景です。皆さん、とても熱心にそして楽しそうです。
リース-1リースとかご作り-1

作品を一堂に並べ全員で鑑賞、どれも見事な作品です。
作品一同








そして、リースとかごのそれぞれの優秀作品が決まり、講師から講評と景品(フクロウファミリー)の授与がありました。講師からどれも素晴らしく迷いましたとのコメントでした。
受賞された皆さんおめでとうございます。
その後、全員で記念写真を撮りました。
リース入賞者かご入賞者参加者の皆さん



来年も実施の予定です、楽しみにしておいてください。
お世話頂いた本会会員の方ご苦労様でした。


                                            報告Kay(記載11月28日)










morinoannnaininn at 09:53コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年11月18日

えひめ山の日「旧別子銅山散策」の案内(2019.11.9)

 11月9日(土)、えひめ山の日の集い併催行事「旧別子銅山森林散策」が実施され、その案内を本会から8名新居浜観光ガイドの会から2名の10名で行いました。参加者は緑のオーナー、森林友の会、一般県民の合わせて98名、引率は公益財団法人)愛媛の森林基金と愛媛森林管理署からの15名でした。この日は快晴で散策には絶好の日となりました。
散策コースは日浦からダイヤモンド水広場往復所要時間3時間半で、散策のポイントは、次の3点でした。
  〇旧別子古足谷付近の産業遺産跡巡り
  〇別子銅鉱床の成立ち
  〇森林の荒廃と再生の歴史と現状

日浦登山口駐車場で開会式の後、5班に分かれ案内人がそれぞれ2名が付き添って出発、
ヽ会式∋矯(登り)散策(登り)

新居浜観光ガイドの会より、小足谷集落にある醸造所跡と接待館跡について、当時の様子をユーモアを交えた楽しい紹介がありました。
散策(登り)Ь造所跡説明╂楝坿枩彑睫

その後、大規模な劇場跡の紹介もあり、当時の住友は従業員達の福利厚生にとても熱心であったと説明がありました。
更に進んで昼過ぎにダイヤモンド水広場に到着、ダイヤモンド水で喉を潤し昼食です。
ダイヤモンド水昼食



昼食後、ダイヤモンド水の説明に続き、本会会員Fukさんによる別子銅鉱床の成立ちについての話がありました。約1億5000万年前に火山の熱水活動で発生した銅鉱床が大陸プレートの移動で日本列島でぶつかり高温の熱で変成してできた、・・・注)もっと分かり易い説明でした。
−2鉱床の成立ち説明

次に、本会会員Kohさんによる森林の荒廃と再生についての話です。
江戸時代後期から明治20年ころまでこの地で銅の精錬が行われ熱源として大量の木材を必要とした、その他坑道に必要な坑木用に又1万人を超す人たちの生活用にも多く使われた。それに、精錬の煙害で樹木の発育不良や枯朽が輪をかけ森林の荒廃となった。
森林の再生は明治30年から本店支配人伊庭貞剛の英断により開始され、年間100万本以上の植樹が大正年間まで行われた。
写真で荒廃の様子を示す。右の写真は森林の再生状況がわかる付近の山、ツガやアカマツの他この地には見られないシラカバやカラマツが見られる。
森林荒廃と再生説明虻得犬靴浸

さて、下山開始、
紅葉が進んでいる樹木や草木を本会会員が紹介しながらゆっくりと下りて行きました。
下山下山・樹木説明

15時半頃全員無事下山となりました。お疲れさまでした、楽しんで頂けたと思います。

ここで見ることができた秋の実り(ガマズミ、アキグミ)と名残の花(アサマリンドウ、キッコウハグマ)をご覧ください。なぜか春咲くアカモノが一株待っててくれました。
ガマズミアキグミアカモノの花

アサマリンドウキッコウハグマ



                                       以上報告 Kay(11月18日)
                       













morinoannnaininn at 09:48コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年11月17日

「環境啓発登山(秋季)」石鎚登山報告(2019.11.3)

令和元年11月3日(日)石鎚山において「環境啓発登山」が開催されました。

テーマは、「登山マナーの向上」 
     「トイレマナーの啓発」
     「外来植物侵入防止の啓発」
の下に一般ボランティア・石鎚クリーンアップ協議会の会員が109名参加しました。
案内人会からは、15名の賛同者が参加しました。

土小屋に集合し、登山開始前に先ずトイレ休憩所の利用クーポン券を各自購入、
そして、「日本一の美しい山のトイレ休憩所」を目指してトイレ前の敷石用の砂利をみんなで各自持てるだけ運ぶボランティア活動です。
開会
開会式

案内人会メンバーは県からの要請で5名ずつ3班に分かれて全体の前・中・後に配置し参加者をサポートしました。9時30分登山口の外来種子除去マットで靴の土を落として登山開始しました。
登り1 登り2

登り3

クリーンアップ協議会の会員企業からの参加が多く若い人が中心でにぎやかな登山でした。3連休の中日ということで一般の登山者も多く二の鎖休憩所も頂上も多くの人でごった返していました。
二の鎖休憩所でトイレ前に運んだ砂利を敷き、鹿の食害状況の講話を聴き頂上へ
登り休憩 トイレに砂利の敷く
    途中休憩             砂利を敷きます

頂上で記念写真を撮り昼食を摂りました。
山頂-1 山頂-2

下山は案内人会まとまってゴミ拾いをしながら行動しました。
下山 本会 解散
       下山           お疲れ様でした!

秋の紅葉を満喫しながらの楽しい啓発登山となりました。
山にトイレがあることは大変有難いことです。マナーを守って大切に使っていきたいですね。
参加されたみなさん、お疲れ様でした!
紅葉-1 紅葉-2
石鎚の紅葉です!        
(文責HT、記HY)

morinoannnaininn at 11:31コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年11月15日

11月のフィールドボランティア活動(2019.11.13)

20191113日(水)930より交流センターにおいてフィールドボランティア活動を行いました。参加者17名。天気は晴れでボランティア日和でした。センターの担当の方から作業内容の説明があり、1)芝生の落ち葉掃除、2)剪定した枝のチッパーがけ、3)柚子の摘果を行います。
PB135262









芝生は一面落ち葉に覆われていて、清掃のやり甲斐があります。

PB135264PB135276
紅葉の剪定した枝が山積みにされていたのを手際よくチッパーにかけていきます。
PB135265PB135268

ここで一旦休憩。気温が低くなると温かい飲み物が喜ばれます。甘いお菓子やミカンの差し入れもあり至福のひと時です。

PB135281










休憩後はゆずの摘果と伸びすぎた枝の剪定にかかります。ゆずには長くて鋭い棘があり、これが頭の上に落ちてきたら大変。すっきりした姿になりました。

PB135285PB135286
 

11時半に作業終了。参加した皆さん、お疲れ様でした。

来月は12月11日(水)です。

 

11月の花と樹木

PB135273サザンカ()ピンクPB135274サザンカ(白)PB135283ネムノキ
サザンカ       サザンカ       ネムノキ
PB135279ハナミズキ紅葉と花芽PB135282
ハナミズキ             カリン

Mok記

 



morinoannnaininn at 12:09コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年11月09日

11月例会「つる編みクラフト用つるの採取」(2019.11.9)

11月9日(土)、えひめ森林公園で11月野外例会を実施しました。

11月24日(日)に行われる単独イベント「つる編みクラフト作り」でカゴやリースのベースとなるつるを取る作業で、参加者は17名でした。

採取する「つる」は森林公園に自生する厄介者ですが、当会のイベントにはなくてはならないものです。

今回は、「実習用苗畑」に続く道路沿いの斜面にあるつるを採取します。

PB095224DSCF2112
      「つる」を求めて…           無理をしないように
DSCF2113DSCF2114
     けがをしないように…       急峻な山…這って登るしか…

参加者男子9名、女子8名…主に元気な男子6名は急峻な斜面を登り手当たり次第つるを取りまくります。

他の人は取り出されるつるを丸くまとめて整理していきます。

24日に行われる単独イベントのために奮闘していただきました。

PB095234PB095223


晴天の今日は立冬を過ぎたとはいえ、汗ばむ状態…上はもちろん、下で待ち受ける者もたいへんな労働です。

PB095229PB095228
              重労働のため、ちょっと一服…

PB095233DSCF2117

何とか、軽トラックの荷台一杯のつるが取れました。

もう少し…足りないかな…とつぶやきながらも、慣れない仕事に大汗を流していただきました。

DSCF2110DSCF2118
「つる編みクラフト作り」の参加者の期待を裏切らないように頑張りました。

正午前、げがもなく無事に作業を終えてほっとしました。

参加者の皆さん、本当にお疲れ様でした。
DSCF2115
                 参加者の皆さんです!


《追記
昼食後、担当責任者と3名で駐車場対面側の斜面でアケビを含む良質のサイズの「つる」を追加採取しました。
2時間ほどでしたが、かなりの量を追加できました(クタクタです)。

なお、E.okさんが自主採取した「アケビ」、Fktさんは、例年同様「ヘクソカズラ」を大量に提供していただいたことを報告しておきます。
ありがとうございました。

あずま屋で昼食中、見つけた…「変な虫」で盛り上がりましたが…
PB095243kusakagerou
 「ゴミ」をかぶったみたい…変な虫です!     拡大画像 ↑

M.okさんが調べてくれました、
「背中にごみを背負って歩く虫」で検索したら一発で正体が分りました…とのこと。
クサカゲロウの一種の幼虫だそうです。

報告・記:クラフト部 Izm



morinoannnaininn at 21:39コメント(0)例会他活動 

2019年11月08日

第14回えひめ森林公園「自然体験フェスタ2019」開催(2019.10.27)


1027日(日)えひめ森林公園で「自然体験フェスタ2019」が開催されました。


恒例となりましたこの催しは、森林・自然環境活動連絡会(本会を含む4団体で構成)が主催するイベントで、県・県教育委員会はじめ、多くの関係団体の後援を頂き、県森林環境税の支援を受けて実施しているものです。


さわやかな秋晴れのこの日、33名の本会会員がガイドやスタッフとして大勢の親子連れに対応しました。


本会は、次の3つのプログラムを担当しました。

○秋の里山自然たんけん

○森の恵みのクラフトづくり(木工クラフト)

○森の恵みのクラフトづくり(竹クラフト)

また、今年も、他の参加団体が主催する「秘密基地作り」の支援として当会から5名の会員を派遣し、当イベントをさらに盛り上げることができました。 

このイベントを担当する本会の「クラフト部」では何カ月も前から多数の会員が下準備をしてこの日に備えました。

当日も915分から入念なミーティングで、午前、午後の各イベントに備え、参加される方々に喜んでもらえる「怪我のない楽しいしイベント」にしようと確認し合いました。

そして、Kwkm会長の「今年はサポートスタッフが1期から17期まで満遍なく集まっていただき有難い。
又、材料や半製品準備でもご苦労様でした。
今日一日楽しく過ごしてください」との開会宣言で、いよいよ楽しいイベントのスタートです。
DSC00510DSC00509
それでは、今年の「自然体験フェスタ」の様子を現場責任者の報告書から紹介します。


☆秋の里山自然たんけん(自然観察部Sn部会長)

今日の「秋の里山自然たんけん」には、26人の一般参加者(3歳から47歳の親子連れなど)が、森林公園内の遊歩道を、樹木の知識を深めたり、楽しい学習や遊びをしながら散策しました。

10時に林間キャンプ場に集合した参加者に部会長より「里山自然たんけん」のガイド役のUedさんを紹介。

DSCF2049DSCF2052

散策コースは、「らくらくコース」から「野鳥観察小屋」を経て、「第二林間広場」経由で戻ってきます。

無事故で楽しみましょうと出発のあいさつとサポートのスタッフ紹介がありました。
DSC00511DSC00512
     先ずは受付を…           いよいよスタートです

参加の親子連れは、公園内の樹木の詳しい話を聞いたあと、森の中を歩きながら「コナラをはじめ色んな種類のドングリ」を拾ったり、栗をイガの中から取り出したり楽しそうに歩きます。

DSC00528DSC00527
初めて触る「ヤブムラサキ」の葉の柔らかい感触に驚き、珍しいキノコ「クチベニタケ」(食用には適さない)を見つけて木の棒で触り、煙のように見える白い胞子の放出に驚いていました。


野鳥観察小屋からは、「マガモ」が観察できました。観察用スコープで「オスどり」の美しさに感動していました。

DSC00521DSC00525マガモ

目的の広場を目指し登っていく楽々コースの道端には、イノシシが餌をとるための堀跡がたくさん見られました。

11時半ごろに、第2林間広場のあずま屋付近に到着。
DSC00530DSC00529
        林間広場             松山市内の絶景
松山市内が一望できるベンチで小休止の後、帰りはアスレチックコースを逆回りに下山。

アスレチックをやりたがる子供さんもいましたが後日のお楽しみにと…管理棟まで下山。

「里山自然たんけん」は1210分に管理棟前に集合し無事故の確認をして終了しました


☆森の恵みのクラフトづくり(木工クラフトの部 クラフト部fjwr)

木工クラフトコーナーでは、当会クラフト部が用意した輪切り材や木の実を使うブース、森林・自然体験活動連絡会顧問Utnmy氏のブースを設けました。

ここには48人の親子が来て楽しんでくれました。

今年も大勢の行列に13時前から受付を開始。事前準備していた「松ぽっくり」、「ドングリ」、「輪切り材」などの中から、思い思いの材料を選んで作品作りに取り組んでいました。
DSC00536DSC00537

DSC00538DSC00539
なかでも、子供たちの発想はすごいものがありました。
用意した「森の恵み」を使って独自の作品にするのには毎回驚かされます。


後半は屋外の「竹クラフト」に参加していた方々やってきて席がない程の盛況、熱気にあふれていました。
サポートのスタッフも熱心にアドバイス…大忙しでした。


幼い子供が作るのを懸命に手伝っている母親、両親よりも手際よく作っている小学生…、大人では思いつかないような発想でユニークな作品を作あげる子供たち…、みんなが、にぎやかに、なごやかな雰囲気の中で思い思いの作品作りを楽しんでいました。

竹クラフトへの参加者も加わってか、14時頃にはピークの60人余りの参加者となり、終了の間際まで会場はおおいに盛り上がっていました。


今年もユニークな作品がズラーリ…
DSC00581DSCF2082

DSC00594DSCF2085

DSCF2077DSCF2080
 


☆森の恵みのクラフトづくり(竹クラフトの部)

竹クラフトのコーナーには、29人の親子が来てくれました。

孟宗・真竹等を使い、親子でいろんな遊具などを作り楽しい時間を過ごしました。

竹ぽっくりコーナー

昔ながらの遊び道具ですが、小さい子には安全な低いタイプものを…、小学生にはそれなりに身長に合わせて作ってやります。

DSC00543DSCF2054
できあがった竹ぽっくりは「気を付けておうちで遊んでネ…」と、プレゼント。


竹筒ペンスタンドの絵付けコーナー

女児に人気のお絵かきコーナーですが、男児もチラホラ…お姉ちゃんのまねをして真剣に書いていました。

DSCF2075DSCF2074

 
水鉄砲コーナー

男女児とも真っ先に群がるコーナーです。もちろん持ち帰りOK…今年も大盛況でした。

マトは吊り下げた風船…勢いよく噴射します。
DSC00546DSCF2059

DSCF2058DSCF2060

しっかり作ったつもりですが、逆噴射に見舞われ、ずぶぬれになることも…。


野菜銃体験コーナー

大根をサイコロ状にカットしてタマ代わりに…安全なように気を配っていますが、勢い余って弓を折ってしまう子供もいます。
DSC00552DSCF2069
大根のタマが勢いよく風船めがけて飛ぶので大人も子供も熱中してしまいます。

相変わらず人気のあった野菜銃、水鉄砲…マトの風船に当てるのが楽しかったみたいです。 


年に一度の秋の楽しいイベント、私たちスタッフ一同は作品づくりをとおした親子の触れ合い…、また、子供達が自然に興味をもち自然に親しむ機会が少しでも増えて行くことを願っております。

主催4団体の最終ミーティングで、今年の延べ参加者はほぼ予定どおりの244人でした…との報告がありました。

また、他の参加団体が主催する「秘密基地作り」の支援として当会から5名の会員を派遣、サポーターのおかげで大成功となりました…と感謝のお言葉をいただいたことを報告しておきます。


最後に、出来上がった作品を大切に持ち帰る親子の笑顔…そしてスタッフへの感謝の言葉が印象に残るイベントでした。

サポータースタッフとして参加した皆さんお疲れ様でした、本当に有難う御座いました。

   報告  クラフト部IZM −



morinoannnaininn at 18:38コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年10月17日

10月のフィールドボランティア活動(2019.10.9)

東温市の森の交流センターで10月のフィールドボランティア活動を行いました。
(9時30分〜)
秋の足音が感じられとてもさわやかな日でした。19名が参加しました。
今日の作業は、芝生広場の芝刈りと枯れ枝のチッパー掛け作業です。
DSC06669s

新しい芝刈り機の調子が今一つでしたがなんとか頑張りました。
DSC06679s DSC06689s

チッパー掛け作業も、今日は爽やか〜な風の中で
DSC06682s

お茶の時間も楽しい時間の一つです。
DSC06699s

作業が終わるころには、芝刈り機も順調に動き始めました。
草引きエリアに珍しい草が!ナガエコミカンソウという名だそうです。
DSC06711s DSC06708s
                  ナガエコミカンソウ  
              ふしぎな名前の植物、「小蜜柑」という名は、
              その実が赤く色付き、それをミカンに見立てた
              ところから付いたそうです。このつぶつぶが赤く
              なるのですね。
いろいろな季節の花や、植物の発見もあり楽しみながらボランティア活動してます。
皆さんも参加してみませんか! 次回は、11月13日水曜日です。記HY

morinoannnaininn at 21:21コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年10月16日

9月のフィールドボランティア活動(2019.9.11)

東温市の森の交流センターで9月のフィールドボランテイア活動を行いました。
(9時30分〜)
8月はお休みだったので2か月ぶりの作業でした。
かなり残暑厳しく、暑かったのですが21名の参加がありました。
今日の作業は彼はのチッパー掛け作業と芝生広場の芝刈り、そして梅の木の下の草引きです。
DSC06598s

芝生広場は2か月ぶりで草がかなり伸びていました。
最初は芝刈り機のご機嫌が悪かったのですが、途中から持ち直し作業は順調に進みました。
DSC06634s DSC06639s

この通り!綺麗な芝生広場になりました。訪れる方も気持ちよく利用できます。
DSC06605s DSC06640s
    芝刈り前           芝刈り後

DSC06610s DSC06609s
チッパー掛け作業は炎天下で汗だくです!ご苦労様でした。

DSC06622s
草引き作業

暑かったので2回休憩しました。
梅ゼリーや梅しそソーダ割りジュースなどの差し入れをいただき喉を潤しました。
ありがとうございました。とっても美味しかったです。
外でいただくと更においしいのですよね〜。
DSC06647s DSC06643s

DSC06652s
綺麗になってみんなで集合写真! 次回は11月13日水曜日です。記HY




morinoannnaininn at 00:04コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年08月19日

山の日「瓶が森環境啓発親子登山」2019.8.11(日)開催

8月11日(日)山の日イベント
「瓶が森環境啓発親子登山」が開催されました。

このイベントは、県山岳・スポーツクライミング連盟が主催団体で愛媛県、石鎚山クリーンアップ協議会、石鎚山系エコツーリズム推進協議会とタイアップして環境啓発登山、少年少女登山教室も兼ねて実施されました。
西条、松山、東温各市と久万高原町から応募してきた小学4年生〜6年生を中心にした子供たちと保護者合わせて140名と、スタッフ指導員60名の200名が瓶が森登山にチャレンジしました。
えひめ森の案内人会から16名の指導員を派遣し、男山コースと氷見二千石原コースそれぞれ6班に分かれ班長、補助員、リタイア対応責任者等の担当として安全登山、自然観察の仕方を参加者の皆さんと楽しく会話しながら登りました。

開会式 DSC06145

氷見二千石原コースから
DSC06158s E仍浬佝 女山へ
DSC06160s振り返ると石鎚山が見えます!

┰山昼食山本講師地質・地形説明
女山頂上到着後は、登頂証明書を交付し昼食。そして、西条自然学校の山本理事長、愛媛植物研究会の松井会長の講義がありました。

集合写真氷見コース
氷見二千石原コースの参加者の記念撮影・男山コースの写真はうまく撮影できていませんでした。すみません。

男山から女山へs-DSCN9334 男山コース下山中
男山コースから
それぞれのコースから下山し、瓶が森の名前の由来となった瓶壺を目指しました。

瓶壺-1瓶壺-2
瓶壺は、今小石がたくさん水の中にありますが、これを取り除けば170センチくらいの深さがあるそうです。この付近にはサンショウウオも生息しているそうです。
瓶壺周辺が狭いため渋滞しましたが、冷たい美しい水に癒され珍しい食虫植物モウセンゴケの花も観察できました。
下山後は、おいしいスイカで乾いたのどを潤し、登山教室修了証を子供たちに交付しました。
みんな「楽しかった!」と笑顔が返ってきました。
今日は、天候にも恵まれ雄大な瓶が森の景色に包まれ、夏休みのいい思い出になったのではないかと思います。小さな山ガール山ボーイ達 山が大好きになったことでしょう。
s-DSCN9362 無事下山、ヤッタゾー!(皆いい顔)スイカ-1
  無事下山ヤッタゾー!     スイカをいただきました

指導員として参加された皆様お疲れ様でした。
主催団体からもお礼のメールがありました。(文責H.T)(記H.Y)

今日出会った植物
DSC06195sナンゴククガイソウs-DSCN9357 ノダケの花の香→カラメル、ハチミツ・・・
ノリウツギ      ナンゴククガイソウ    ノダケ

morinoannnaininn at 20:17コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年08月06日

愛媛県「三浦保」愛基金成果発表会で活動発表(2019.7.29)

 去る7月29日(月)に県庁で行われた令和元年度愛媛県「三浦保」愛基金成果発表会にて、本会は「高縄山遊歩道の整備と親子自然観察会」の活動状況の発表を行いました。
出席されたのは中村知事や螢潺Ε蕕了葦瑳卍垢曚同基金の審査委員の方々です。
まず知事より、同基金はこれまで助成したのは500事業にのぼり、県の自然環境や福祉に大いに役立っているとの挨拶がありました。
中村知事挨拶-1






本会の発表者は担当のMsoさんとアシスタントのMokさんでした。
その内容は、平成26年度から活動にて、
 ・案内板設置で、市民が安心して散策が出来る様になった。
 ・樹木名板を取り付けたことで、樹木に関心が出てきた。
 ・「遊歩道ガイド」は最終的に35000部印刷、市民に活用して貰っている。
 ・親子自然観察会を今年で4回実施できた。
以上事業の成果が大きく特に子供たちが自然の中で楽しんでいた。今後も活動を継続して行きたいと締めくくった。

発表の様子-1発表の様子-3

発表の後、知事や他の方より、
 「遊歩道ガイド」が良くできているとか、昨年の豪雨災害の影響はどうか、鹿害が大きいとあったが年々拡大しているのか等の質問があり、丁寧に応えておりました。
発表の様子-2
 







以上報告します。


                                     報告 Yka

















morinoannnaininn at 15:03コメント(0)例会他活動 

2019年08月03日

高縄山遊歩道「親子自然観察会」開催報告(2019.7.28)

「三浦保」愛基金の、助成事業である令和元年度の高縄山遊歩道「親子自然観察会」が、728日(日)10時から松山市の高縄山で行われました。参加者は12組のご家族で、親(おばあちゃんも来られていました)子(幼稚園から小学生までの)合計26名。市駅前発830分のマイクロバスや、個人の自家用車などで、松山市内、伊予市、松前町などから来られました。当日は、薄曇りで、時々陽のさす大変いい森の散策日和でした。

.丱硬着⊆付
バス到着                  受付

最初にログハウスにて主催者からあいさつ、注意事項、当日のスケジュールの確認、班編成や、役員の紹介などを行い、そして出発。私たちの作った遊歩道ガイドマップを見ながら、高縄寺上の千手杉広場へ。

3会そ佝準備
開会挨拶                出発準備

ヂ1班出発Ъ木観察イロハモミジ
散策出発                  イロハモミジ観察

そこでは今年初めて、「森の小さな生き物の世界を探検しよう」として、東雲女子大学の石川教授を講師に来ていただき、森林の中の私たちの足元にある、枯葉や朽木に住み、それを分解し、森を作っている小動物の観察です。
「生態系ピラミッド」を学習し、いよいよ“ざる”で、枯葉や朽木をすくって虫を振るい落とし、手作りの吸中管で虫を吸い取り、ルーペ観察です。日頃見なれていない小虫たちを見て驚いたり、珍しい虫に歓声を上げながら(特にカニムシは大人にも子供にも大人気でした)、あっという間に時間がたってしまいました。


-1小動物の世界-2生態系ピラミッド
落ち葉の下の小動物の世界         生態系ピラミッドの学習

-1虫捜索開始-2虫捕獲確認
虫探索開始                 虫捕獲

-3吸虫管を操る-4人気のカニムシ
吸虫管を操る              大人気のカニムシ

そのあと広場寺院の境内などで昼食。午後からはまた、みんなが楽しく真剣になるネイチャーゲームです。郷田さんご夫妻と、毛利さんによる、森の「フィールドビンゴゲーム」や「私は誰でしょう」などをして楽しみました。210分終了。

昼食ネーチャーゲーム開始
昼食                  ネーチャーゲーム開始

フィールドビンゴ動物当て-1
フィールドビンゴ             動物当て-1

動物当て-2背中の動物当て-1
動物当て-2                 背中の動物当て-1

背中の動物当て-2背中の動物当て-3
背中の動物当て−2              背中の動物当て-3


そして千手杉前で全員での記念撮影をし、広場駐車場に集合。2時半バスを見送り自家用車の方に手を振って解散しました。

事故も、熱中症の方もなく。皆さん喜んで帰られました。スタッフの皆様たいへんありがとうございました。大変お疲れさまでした。

綾弦膽命




















報告:mSo
記:mOk
写真撮影:Yos, yKa, mOk



morinoannnaininn at 08:09コメント(0)森林ボランティア活動 

2019年07月30日

7月例会 面河古道散策実施(2019.7.27)

 7月27日(土)7月例会「面河古道散策」を実施しました。参加は砥部町役場集合が28名現地集合が12名の合わせて39名でした。今回のコースは石鎚スカイライン駐車場をスタートとし面河山岳博物館下の遊歩道を通りいったん車道に出て五色河原、渓泉亭を通過、蓬莱溪で昼食、それから先へ進み、下・上熊渕を見て、虎ヶ滝で折返す所要時間凡そ4時間半の散策です。この日は雨の心配のない爽やかな絶好の陽気でした。

班分け、オリエンテーション、注意喚起の後恒例のKotさんによるヨガストレッチ、
ヽ会注意喚起準備ストレッチ

いざ面河渓へ、山岳博物館前の大きな地図でルートを確認
いい玉眠老未コ独疋魁璽垢粒稜

今回の見どころは、石鎚と面河の地形の成立ち、面河付近の樹木の特長、仁淀ブルーが生れた清流と渓谷です。
遊歩道を進むと圧倒される地形のお出迎え、それは石や水による浸食で深い谷が出来、石鎚カルデラの内部をつぶさに見る事ができます。
石鎚カルデラ内部へЮ伉淵ルデラ内部へ╋船橋



遊歩道から車道に上がり、山側沿いや第1キャンプ場内の樹木の観察、
この付近は針葉樹と落葉&常緑広葉樹が混生する中間温帯林と呼ばれ、植生が豊かであることが特徴です。
車道山側観察第1キャンプ場樹木1

第1キャンプ場を下りた蓬莱溪で昼食と記念写真。穏やかな日差し、清らかな清流、
 思わず笑顔
蓬莱溪で昼食集合写真

さらに奥へと、紅葉河原、下・上熊渕を通過し、いよいよ最終の虎ヶ滝です。
虎の名は、大水のとき滝の音が虎の咆哮に似ているので付けられたそうです。
紅葉河原付近虎ヶ滝娃.2班見学

感動の散策も時間となり帰路へと、
欝∀、車道川側憶酥佐助の碑格腸

全員の安全を確認し解散となりました。

撮影を担当して頂いたKahさんとYowの写真をご覧ください。
面河グリーンです、
・面河グリーン・面河グリーン

水呑み獅子と虎ヶ滝です、
・水呑み獅子・虎ヶ滝

3班のOkeさんから写真が届きました。
  左から、錦木の滝・関門付近とそこで見つけたイワタバコ
錦木の滝:o関門:oイワタバコ:o

 渓泉亭玄関前の紅葉石
紅葉石:o

 







今回お世話頂いたのはSihさんWatさんSikさんとUeYさんです、お疲れ様でした。参加された多くの方から満足の言葉を頂きました。


                                           報告 Kay













morinoannnaininn at 15:22コメント(0)例会他活動 

2019年07月16日

高縄山遊歩道「親子自然観察会」参加者募集終了のお知らせ(2019.7.16)

高縄山遊歩道「親子自然観察会」参加者募集は定員に達しましたので終了させていただきます。ご応募ありがとうございました。

問合せ先:えひめ森の案内人会 曽根道則
               携帯 080-4037-2004


morinoannnaininn at 16:58コメント(0)募集のお知らせ 

2019年07月08日

森をつくり育てる活動「下草刈り」実施(2019.7.6)

令和元年度愛媛県森林環境保全基金公募事業
森をつくり育てる活動「下草刈り」を実施しました


日時:令和元年7月6日(土)晴れ 9時〜11時 参加者16名 事故なく終了
場所:えひめ森林公園内赤松植樹エリア

 今回の下草刈りは平成23年度に植樹をした「赤松エリア」を行いました
前日までの大雨で心配しましたが、晴れ気温も少し低め、まずまずの作業環境
当該エリアの赤松は約8年生でしっかり成長していますが、下草の繁殖も大変
参加された皆さん、ご苦労さんでした

活動内容等ミーティング                      装備・服装チェック
1P7064943
3P7064944(服装点検)

ストレッチ                        作業開始
5P7064946(準備体操)
7P7064961(下草刈り開始)

約5mに成長した赤松                活動状況1
9DSCN7810
12DSCN7804

活動状況2                       活動状況3
13DSCN7805
14DSCN7813

休憩タイム(15分間の作業がキツイ)       活動状況4
15DSCN7806
16DSCN7817

下草刈り後1                      下草刈り後2
18DSCN7816
20DSCN7818

参加された皆さん、お疲れさんでした、
30DSCN7820













                                                                                               記tShi
森育部会員の皆さんへ、今後の活動予定
  ’澑明け頃 苗畑の整備
  ⊇口 「昆虫の森」下草刈り
  G度内 野鳥の巣箱作り

以上

























morinoannnaininn at 19:37コメント(0)森林ボランティア活動 
月別アーカイブ
記事検索
GyaOデイリーランキング総合ベスト5
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ