2013年01月07日

白樺



新しい年、2013年が始まりました。


今年はどんな年になるのでしょうか。



皆様にとって、この一年が幸多く素晴らしい年となりますよう

願っております。



当院も、今年の6月を迎えますと開業7年目となります。


振り返れば、日々皆様の笑顔に支えられ、いろいろな事を学ばせて頂きました。


初心にかえると、在学中にお世話になった師匠でもある中国人医師の言葉を
思い出します。



 「陰徳あれば陽報あり」


・・・人知れず善行を積んだ者にはよい報いが訪れる・・・



この言葉の重みを忘れずに、初心にかえり、日々精進し日々前進してまいります。



体を整えることは心も整う。


バランスがとても大事です。


バランスを整えて元気いっぱい、笑顔いっぱいの年になりますように。


本年も、どうぞよろしくお願い致します。




morinokaze at 19:11コメント(0)トラックバック(0)整体関連 

2012年04月24日

2012 sakura1


この週末は悪天候で、せっかくの見頃を迎えている桜が

雨に濡れて、とても寂しそうでした。



本日は晴天なり、春爛漫の桜を青空バックに写真にもおさめることができました。


2012 sakura32012 sakura2










空に力強く伸びる枝には小さな一輪一輪が集まって


見事満開、みなぎる生命力を感じます。



年に一度の花舞台。


春をめいっぱい感じ、


しばらく見上げて・・・



朝から魅了された癒しのひとときでした。



千秋楽まであともう少し、心身ともに楽しませてくれそうです。

2012 sakura42012 sakura5


morinokaze at 15:37コメント(0)トラックバック(0)リラックス&リフレッシュ 

2012年04月03日

taki




新年度がスタートしました。


新しい環境でのスタートを迎えている方も多いことと思います。



大きな希望と期待、そして少しの不安を持ちながらも前に進んで行ければいいですね。





先日、愛知県に住む友人宅に家族で遊びに行き、「養老の滝」を見に行きました。


大きな滝ではないのですが、四季折々の風景の中で様々な表情を見せてくれているのだと思います。



残念ながら新緑の時期にはまだ早く、桜の時期にはあと少し・・・



しかしながら、坂道を登って行くと遠くから少しずつ、少しずつ聞こえてくる滝の音。


次第次第に音が大きくなり目の前に滝が現れるまでのその時間と瞬間がなんとも楽しかったです。



空気 は清々しく、神秘の滝を見て心身ともにリフレッシュできました。





現在外では、春の嵐が各地で暴れていますが、どうか被害など出ませんように。





今年も一年、


滝の如く・・・  地に足を付けて、撓まず、頑張ります!!


yourou



morinokaze at 23:12コメント(4)トラックバック(0)リラックス&リフレッシュ 

2011年12月28日

kuro-ba-



23年も残りわずかとなり、長らくブログを更新できずで、

大変申し訳ございませんでした。



本年は、東日本大震災をはじめ、とても災害の多い1年でありました。




今できることを、後悔しないよう 前進していこう・・・


そんなことを日々深く考えさせられました。




2012こそは、希望の光に満ちた明るい年となりますよう

強く願いを込めて・・・




本年も一年 ありがとうございました。



来る年も、皆様にとって幸せな、あたたかい一年でありますように。



そして変わらず、必ず、

誠心誠意、皆様のお身体をサポートさせて頂きます。




よいお年をお迎え下さい☆




※新年は1月3日(火)より営業致します。








morinokaze at 23:15コメント(0)トラックバック(0) 

2011年03月15日

2011_0314_120241-DSC00252



このたびの東北地方太平洋沖地震・長野県北部を震源とする地震により

被害を受けられた皆さま、心よりお見舞い申し上げます。


あまりに凄まじく、甚大な被害に言葉を失いました。


この厳しい状況の中、どうか一刻も早く一人でも多くの方々に

安堵を感じられる時が訪れますように。



春の訪れを告げるとともに、「幸福を招く」という花言葉をもつ幸せの花「福寿草」

今年も力強く鮮やかに咲いているこの花に願いを込めて。



今私たちにできること

節電、節約、募金・・・

被災地の復興に少しでも繋がることを願っています。


morinokaze at 12:12コメント(0)トラックバック(0)その他 

2011年01月07日

2011_0106_145509-DSC00234


安曇野平も雪景色の季節到来です。


新年は穏やかな快晴で迎えましたが、厳しい寒さはこれからが本番です。




2011年

この一年が皆様にとって、より幸せな一年となりますよう

心よりお祈りいたします。



当院も五日から、また新しい一年がスタートしました。


心身共にバランスのとれた、丈夫で健康なカラダへのサポートの道


一日一日を大切に、自分達の今できることを誠心誠意、頑張る。


毎日が未来への積み重ねです。


自分を見失わず、進むべき道をしっかり進んで行きたいと思っています。



毎日が、たくさんの笑顔で帰って頂ける。 そんな場所でありたいと願っています。



本年もどうぞ宜しくお願い致します。


morinokaze at 23:47コメント(2)トラックバック(0)整体関連 

2010年12月28日

2010_1228_104235-DSC00225


12月も残すところあとわずかとなりました。

日々寒さも増して、年の瀬を感じています。


雪化粧した常念岳へと向かって伸びる道 

お気に入りの景観です。




今年も一年、お疲れ様でした。

どんな年だったでしょうか?


一年を振り返れば、いろいろありましたが

今年もたくさんの方々に来院していただき、

皆様のお力になれたこと、すてきな笑顔をいただけたこと

全てが「整体 森の風」のエネルギー源になっています。


6月には無事3周年を迎え、気持ちも新たに取り組んできました。

実際に患者様から学ぶことは日々多く、心と体と食、この全体のバランスが

健康で楽しく生きる為の根源なのだと痛感しております。

この一年もたくさんの方々に支えられ、頑張れる力を頂き感謝の気持ちを強く感じています。


今年も一年、本当にありがとうございました。



来る年も、さらに皆様のお力になれるよう精進していきます。

そして自分自身の体調管理も万全として最高の施術ができるよう

一日一日を大切に一歩一歩しっかりと取り組んでまいります。

来年もたくさんの笑顔に出会えますように・・・




これから寒さが厳しい季節です。

体調を崩さぬよう気をつけて、

どうぞ良い新年をお迎えください。


皆様にとって健やかで幸せな一年となりますように。。。




※年末は29日まで、新年は1月5日より営業致します。






morinokaze at 11:29コメント(2)トラックバック(0)整体関連 

2010年10月15日

2010_1007_104248-DSC00128


吸い込まれそうな秋の空   ずっと見上げていたくなります。



酷暑だった夏が懐かしくも感じ、 今は実りの秋を迎えています。





暫くぶりのブログ更新・・・度々訪れて下さった方々、すみませんでした。




そして里より秋の訪れが一足早い山では、もうすっかり彩りのピーク後半です。


先週写真が趣味の友人に同行させてもらい、栂池自然園へ行ってきました。(長野県北安曇郡小谷村)

ゴンドラとロープウェイを乗り継ぎ(約26分)

標高1860mの栂池自然園に到着すると、目の前には絶景が広がっていました。


2010_1007_084830-DSC001092010_1007_084904-DSC00110











絵の具で散りばめた様な赤や黄色に色づいた葉がとても鮮やかで

陽が当たると紅葉が一段と輝きを増します。

自然園の広さは約100haあり、尾瀬に似た、みずばしょうなどの高山植物の咲く

高層湿原を歩けるコースで、森林セラピー基地にも認定されているそうです。

入口にあるビジターセンター前のショートコースは、バリアフリーの木造歩道があり、足の不自由な方や車いすの方でも楽しむことができるようになっていました。

コースは一周(園内1周 5.5km)できるようになっているのですが、

いくつかの湿原エリアになっていて奥に行くに従って標高も上がり最高部で

2020mあり、アップダウンも多くなります。

なので、自分の体力、体調に合わせ、行きたい目的地を選択していくという感じです。

ビジターセンターを出発し、みずばしょう入口の橋の下にイワナが沢山いるのを発見。

どうやら産卵している様子。とても貴重なシーンを見ることができました。

2010_1007_085333-DSC001122010_1007_091832-DSC00115











天候には恵まれていたのですが、残念なことに朝から山に雲がかかってしまい

雄大な白馬連峰の景観がなかなか顔を出してはくれません。

友人と雲がなくなってくれることを願いつつ、鮮やかな紅葉の景色に何度となく

足を止め、写真に収めながらゆっくり自然園の奥へとすすんで行きました。

途中に銀命水と呼ばれる小川があり、友人が以前ガイドに聞いた所飲めるとのこと。

早速飲んでみましたが、とてもまろやかで美味しい。

持参した某社のミネラルウォーターとは比べ物にならない美味しさでした。

ただ5秒も手を浸していると水の冷たさで手が痛くなります。

そして展望湿原に到着。コースの最奥地点です。

2010_1007_122640-DSC001402010_1007_123330-DSC00141










ここから雄大な白馬大雪渓と小蓮華岳から白馬岳、杓子岳、白馬槍ケ岳、唐松岳にいたる大パノラマが目前に見えるはず・・・なのですが・・・

雲が晴れるのをカメラ片手に待つ人達がたくさんいました。
暫くねばったのですが、願い空しく大展望は望めませんでした。

展望台をあとにし、それでも移り行く景色を楽しみながら

少し足場の悪い道をゆっくり下って行きました。

下っている途中に足が痛くなり動けなくなっている年配の女性がいて

傍にご主人が心配そうに待っている感じでした。

事情を聞くと急に脚が痛くなり動けなくなったそうです。

左脚の太ももやふくらはぎがつったように痛く、立てない状態。

ただ筋肉がつった状態ではないと思い、少々応急処置のお手伝いをさせて頂きました。

その後、立てるようになり、下れるようでしたのでご主人とゆっくり下って
頂きました。

ビジターセンターで休憩をしていたら、そのご夫婦が到着したので、

少しお話をしました。そのご夫婦は東京から来たそうで、普段ほとんど歩かず

山歩きは初めてだったらしく、予想外のアップダウンで必要以上に足腰に負担がかかったようです。

靴も街歩きの靴だったので無理もないかと。


やはり足元がとても大事です。しっかりした靴は必要ですね。

今回、大展望は望めませんでしたが、登山家でなくても登山の気分を味わえ

大自然を満喫することができました。

ゆっくり写真を撮りながらの約5時間半(通常ゆっくり歩いて3時間位?)

4年前に長野に戻ってから落ち着いて大自然の中に身を投じるのは初めてだったので

本当に来て良かったです。


2010_1007_121944-DSC00138










日常から離れ、大自然に触れる。

移り行く季節を体全体で身近に感じる。

最高の癒しですね。


誘ってくれた友人に感謝です。




寒暖の差も激しく、空気も乾燥してくる時期です。

体調を崩さぬよう健康管理に十分気をつけて

実りの秋を楽しみたいですね




今年も残すところあと2カ月半。

フルパワーで頑張ります!!




morinokaze at 16:37コメント(3)トラックバック(0)リラックス&リフレッシュ 

2010年05月27日

DSC03824


天候不順が続いていますが、青空が見えると気持ちいいですね。

田植えの終わった水田がキラキラ輝いてまばゆいばかりです。

あたり一面が、緑一色になるのも もうすぐです。

安曇野のこの風景が大好きで、いつ見ても こころが癒されます。



先日家族で、マクロビオティック料理(本格穀物菜食)のお店へ行ってきました。

DSC03816DSC03815










マクロビオティックキッチン gen 」 松本市中央4−1−1 TEL:0263-39-3393



マクロビオティックとは、玄米菜食を中心とした健康法。

日々健康に生きていく為、自然と調和しながら健康な暮らしを実現する考え方と捉えています。

あまり難しく考えず、とにかく楽しく美味しくバランス良く食す。

これが大事だと思います。

4月にオープンしたそうですが、店内の内装9割以上が廃材を利用し

自分たちで手がけられたそうです。いろりを囲んだ席やカウンター、お座敷もあり

とても雰囲気が良く、あたたかい感じの素敵なお店でした。

注文はそれぞれ違う定食にしましたが、メニューの種類も多く

そのほとんどが、かまどで炊いた玄米ご飯とお味噌汁付きの定食にすることができるそうです。

かまどで炊いた玄米ご飯は、ふっくらと優しい味でした。
DSC03819DSC03821










・コーフーの竜田揚げ ・コーフーのハンバーグ 
・本日のおススメ定食(ひえと山芋のフィッシュフライ 豆腐タルタルソース添え)


コーフーとは小麦のグルテン(タンパク質)から作られており

これを利用してお肉や魚のような食感をだしているのだそうです。

お味の方は、とても不思議な食感で、さっぱりとしているけれど

上手く下味がつけられていて美味しかったです。

動物性・砂糖・乳製品・卵を一切使用していないのに、

この味が出せるとは、手間と時間という最高の調味料

そして食材に対するこだわりを強く感じました。

お店の方もとても親切で、色々な質問に丁寧に説明してくれました。

デザートにスィーツを食べ(これも卵不使用)

お腹いっぱいになったのに、お腹がもたれず優しい感じです。


体に優しいお料理がいいですね。また伺いたいと思いました。


「食」とは人を良くするとかきます!  と書いてある壁かけがありました。

DSC03818













確かにそうですね、偏った食事は生活習慣病の元とも言われていますし

生きていく上でとても大事な事です。


その季節に生きる力のある旬な食材を摂り入れ、

ちゃんと自分自身と向き合い、

自分にあったバランスの良い食事をする事が

一番大切かと思います。


morinokaze at 15:53コメント(1)トラックバック(0)野菜&果物 

2010年05月01日

DSC03804




春の大型連休が始まりましたね。

お天気も良さそうで、初夏の陽気も満喫できそうです。



そして・・・

しばらくブログの更新ができず、反省しております。

先月パソコンに悪質なウィルスが侵入してしまい、四苦八苦して駆除したのですが

ハードディスクの機能がおかしくなってしまって、結局買い換えることに(涙)

そんなこんなもあり、桜のシーズンも過ぎ菜の花が見頃となってしまいました(汗)


今後はしっかりとセキュリティを強化して安心安全で臨みたいと思っております。

やはり備えあれば憂いなしですね・・・



行楽日和が続きますが、観光地などは大変混雑も予想されます。

車の運転など十分に気をつけて、楽しいGWをお過ごし下さい。

そして朝晩はまだ冷え込みもありますので体調を崩さないように。


当院はGWも営業しておりますので、お困りの際はいつでもご連絡下さい











morinokaze at 08:39コメント(4)トラックバック(0)リラックス&リフレッシュ 

2010年02月09日

DSC03748


DSC03758

立春も過ぎ、暦の上ではもう春の始まりです。

日も少しずつ長くなってきましたね。

庭先の福寿草 春を告げに

今年も力強くお目見えです。





昨年10月頃から、腰から背中にかけての激痛で

東京の母がしばらく寝たきりの状態になりました。

10年以上前に背骨を圧迫骨折して以来の激痛だったそうです。

はっきりとした原因はわかりませんが、湾曲してしまった背骨を

通院していた治療院で牽引のようなことをされてしまったこと、

治りかけていた時に無理な体勢で掃除をしてしまったり、

車に数時間乗ってしまったことなどが考えられます。

健康であれば、高速道路のつなぎ目の振動もさほど気になりませんが、

これも骨に響いて状態を悪化させてしまったようです。

とにかくとても辛そうでした。毎日座薬を入れないと身動きがとれないほどで

傍で見ている父も同じ位、辛かったと思います。

 近くにいたら、色々してあげれるのに、電話で様子を聞いたりの日々。

とにかく一日も早く痛みがなくなることだけを祈っていました。

そんな母も最近やっと快方に向かい、痛みも少しずつ和らいできているようです。

座薬の使用回数もだいぶ減ってきたようで、元気な明るい声を聞けると安心します。

その時の母の痛みは本人にしかわかりませんが、痛くて苦しかった時

よく父が母の背中に手をあてていてくれたそうです。

しばらくすると、不思議に痛みが落ち着いてくるのだと。

父の大きな手が、温かく、優しく、痛みによるカラダの緊張をほぐしてくれたのでしょう。

あるいは父のハンドパワーか?(笑)



手をあてる・・・

人はカラダのどこか調子が悪い時、思わずそこに手をあててしまう。

手をあてて、治癒しようとする。

これが「手当て」の語源だそうです。

また、自分の手の感触、手の感覚を信じて確認したり、

手には不思議な力があると思います。

手のひらの中心当たりに「労宮(ろうきゅう)」というツボがありますが

気はここからもよく出入りすると言われます。

また、疲労回復や精神的な疲労に効くツボでもあるので、労宮を中心に

手のひら全体をやや強めに押圧すると、とても気持ちよくスッキリします。

手のひらは気やエネルギーが出やすい所なので、気の練習をしていない人でも

手をあてることで、熱が伝わり、痛みを和らげたり

治癒力を上げる効果があるのだと思います。

熱(エネルギー)は自然治癒力を高める為にとても大切なことです。

多くの細菌は熱で死滅するともいわれます。




 当院の施術も手が基本です。

手をあてながら体からの情報をつかみ、交流する。

「良くなるように」と願いを込めながら・・・

手は気持ちを伝え、そして気持ちを受け取ることができる。

当院の原点は「手あて」なのです。


morinokaze at 22:19コメント(2)トラックバック(0)整体関連 

2010年01月05日

DSC03736


2010年 新しい年が始まりました。

当院も本日より仕事初めです。


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

本年も皆様が明るく元気で

希望に満ち溢れ、

幸せに過ごせますよう

心よりお祈りいたします。

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


本年も私達にできることを丁寧に

悔いのない一年、

一日を大切にしていきたいと思っております。


心身共に整える

笑顔で皆様が帰って頂けるよう

2010年も気合いを入れて頑張りますので

どうぞよろしくお願いいたします


morinokaze at 15:41コメント(2)トラックバック(0)整体関連 

2009年12月26日

DSC03719


2009年も残すところあと僅かとなりましたが、

今年も一年、お疲れ様でした。

当院も30日をもって本年の営業は終了させて頂きます。



この一年を振り返ってみると、

今年もたくさんの患者様に来院して頂き、

様々な症状にお悩みの方々に奮闘する毎日でしたが

色々な事を日々学ばせて頂きました。

勿論、結果を出さなければいけませんが

人と人との繋がり、心のリラクゼーション

とても大事にしたいと思います。


そして元気になって、笑顔になって頂けるお手伝いが出来たのなら何よりです。

たくさんの「笑顔」が、私達の日々の原動力です。


今年も一年、本当にありがとうございました。



来年も、より身近で、信頼できる整体院として


皆様を「心身ともに、健康なカラダ」へ

誠心誠意サポートさせて頂きたいと思っております。


小さな喜びも見失わず、常に研究心・向上心は忘れずに、

精進してまいりますので、来年もどうぞよろしくお願致します。


newyhss

   ゆく年 くる年 


   「笑顔」で・・・


   良いお年をお迎えください。。。



●年末は12月30日まで、新年は1月5日から営業致します。


morinokaze at 23:52コメント(2)トラックバック(0)整体関連 

2009年12月03日

DSC03687

今年も最後の月となりました。
 
毎年この時期になると感じることですが、

月日の経つのは早いですね・・・


年末までの約一ヶ月、やらなくてはいけない事など山程ありますが

とりあえず目前の物から、一つずつ片付けていこうかと思っております。

12月  普段よりせわしく感じる月ですが、ついつい無理をして

腰を痛めてしまう方など腰痛の患者様が非常に多い月でもあります。

寒さも影響してくるので筋肉も硬直し、疲労+冷えが思わぬ腰痛を招いてしまいます。

肉体疲労を感じた時や、長時間同じ態勢を続けてしまった場合など、

血行不良を起こしているので、少しでも時間を作って歩くことを意識していただくと

腰痛も改善されますし、予防にもなります。


また、カラダが冷えて血の巡りが悪くなると「冷え性」、

カラダの水分代謝機能が低下すると「むくみ」、

ストレスが溜まり過ぎると「気力」が低下すると考えられています。

この「気・血・水」のバランスが日々の健康にとても重要なのです。

毎日の食事にしても、特にこの時期はカラダの中から温める食材を

積極的に摂るようにするなどして、特に冷え性体質の方は心がけることが大切ですね。

(生姜・ねぎ・にら・にんにく・かぼちゃ・たまねぎ・赤唐辛子等 )


血流が悪いことは、すべての病に通じます。

そしてお風呂につかってじっくりカラダをあたためてお休み下さい。


また、一日の「お疲れ」を取るのに、足の裏をもみほぐす事は最適です。

足の裏はカラダ全身の各器官と対応しているので、まんべんなくもみほぐすことで

全身の疲れをとり、気持ちのよい眠りに入ることができます。

こぶしを握り、人差し指か中指の第二関節を突き出して押したり、

第二関節すべてで(親指を除く)グリグリと足裏を刺激すると

血行も促進され、代謝機能アップに有効です。


また、手でもむ代わりにゴルフボールなどを踏みつけるのも効果的です。

私もよく活用しておりますが、テレビを見ながら足裏でゴリゴリ踏みつけています。

痛キモチ良く、良い刺激になります。強さも加減できるのでおススメです。



話は変わりますが・・・

先日、友人家族が遊びに来てくれた時に「そば打ち体験」をしてきました。

DSC03677DSC03675










DSC03676DSC03680










こねこねハウス

お店の方の指導を受けながら、そば粉8と小麦粉2と水を3回にわけて混ぜ合わせる。
均等に水分がいきわたるよう、こねこねこねこね・・・ひたすら。
そして練り、打ち込む。かなり力のいる作業です。
その生地をめん棒でうす〜くのばす。破れないように。
各工程にかなりの繊細さと力、速さなどを要求される作業なんですね。
子供達は、あまりやらせてもらえず、飽きて外に遊びに行ってしまいましたが・・・
やっと出来上がったそばを、ゆがいてもらって食べる。
太切り麺でもご愛敬、美味しかったです。
しかし、そば打ちは・・・想像以上にとても難しいですね
が、いい経験をさせていただきました。楽しかったです。




DSC03689

  今年も残り一ヶ月

  しっかり体調を整えて

  楽しく笑顔で締めくくれますように。。。


morinokaze at 14:22コメント(2)トラックバック(0)整体関連 

2009年10月27日

DSC03637DSC03631DSC03652

澄みきった青空をバックに、山々の紅葉も見頃を迎えています。

彩りの秋 深まってきました。

先日、新そばが出始めているということもあり、

「幻のそば」とも呼ばれている松本市奈川(旧奈川村)へ行ってきました。


奈川は、乗鞍岳を始めとする2000メートル級の山々に囲まれた自然豊かな山村。

標高1200メートルの高冷地で寒暖の差もあり、又平地が少なかったことなどから、

稲作には不向きとされ、そばが主たる穀物として古くから栽培されていたそうです。

冷涼な空気と清らかな水、そして朝夕の寒暖の差が風味豊かな質の高いそばを生み出すのだとか。

色づく山々を鑑賞しながら、期待を胸に一路 奈川へ。

DSC03650DSC03646










数件あるそば屋さんの中から、美味しいと評判の「仙洛(せんらく)」に入りました。
仙洛
松本市奈川1044-124 0263-79-2277
定休日 不定休 営業時間 11時〜   


お昼前でしたが、団体のお客さんが数組「投汁そば」を囲って食べているのが見えました。

「投汁(とうじ)そば」というのは奈川の名物で、小分けしたそばを籠に入れ、

山菜やきのこがたっぷり入った鍋に浸し、サッとくぐらせて食べる温かいおそば。

峠を越えてやってくる旅人を、体の芯から温めてくれる 奈川伝統の味だそうです。

ざるそば一人前と投汁そば(2人前〜)を注文し、待つこと10分程。

グツグツ煮立った土鍋と共に小分けされたざるそば、そして普通のざるそば一人前が登場。

DSC03649DSC03648










麺は薄く伸ばされたような感じですが、奈川の冷たい水で急激に冷やされるせいか、

適度にコシもあり、それでいて喉ごしがよく、なめらかな感じです。

しかし・・・

やはり投汁そばに圧倒され(←妻は大満足だったらしい。マツタケ入りでちょっと甘めの熱々つゆが絡んでとても美味しかったと。)

新そばを、ざるで味わいに来た私は満足できず、もう一軒気になるお店へはしごです


「こばやしそば店」老夫婦で経営されている昔ながらのおそばやさんという感じ。

栽培から石臼挽き製粉まで全てを自分で行っているそうです。

DSC03654DSC03655










こばやしそば店
松本市奈川2887 定休日・不定休
営業時間11時〜16時 冬期休業 0263-79-2446


やわらかいが、そばに張りがあって、つるっとした食感。

甘みもあり美味しかったです。とろりとしたそば湯も美味しく頂きました。

新そばの香りは・・・あまり感じることができなかったのが残念。

さすがに満腹、堪能しました。

今年は県内でも、そばが不作なのだそうです。

7月下旬の種まきの時期に雨が続いた影響と日照不足が原因とか。

収穫量が例年より4割減と見込まれる産地もあるそうです。

天候に左右される農作物の難しさを感じます。

しかし、まだまだ「新そば巡り」・・・次は何処に行こうか楽しみです。

DSC03657



これから寒い季節に向かいます。

とくに呼吸器系にダメージを受けやすい時期です。

空気も乾燥してくるので、新型インフルエンザに限らず、

いろいろな感染症が流行してくるでしょう。

基本的な手洗い・うがいはしっかりと、

日々の生活を整え、十分な栄養、

そして適度な運動と休養 このバランスが大切です。
DSC03637
朝、起きたてに一杯の白湯を飲むと内蔵が温まり

ポカポカしてきます。

カフェインもなく朝の胃腸を整えてくれる

優しい飲み物です。



自身の免疫力強化で

ウイルスや病気に負けないカラダ 目指しましょう!





morinokaze at 16:57コメント(4)トラックバック(0)そば 

2009年09月26日

DSC03625


大型連休も終わり、 実り 収穫の秋を迎えています。

田んぼでは「はぜがけ」の風景をあちらこちらで見るようになりました。

稲刈り後の はぜがけ作業は、かなりの重労働です。

近年、この風景が少なくなってきておりますが、


この昔ながらの 田園風景

手間隙かけた お米に対する 丹念な愛情を感じます。

きっと、機械に勝る自慢の味なのでしょうね。


地域によっては「はぜがけ」の呼び方も違い、色々な稲の干し方があるらしく、

それぞれ地域の気候や、風土に合わせた干し方をするようになったということなのでしょうか。



そしてこれからは、秋の深まりと共に木々も紅葉し 山肌を彩る。

移りゆく景色  じっくり味わいたいです。



DSC03602DSC03607










先日、家族で「ぶどう狩り」に行って来ました。

園内に充満する甘〜いぶどうの香りを楽しみながら、

時間無制限で巨峰・デラウェア・ナイアガラが食べ放題。

DSC03610DSC03611










早速ハサミを手に、たわわに実ったぶどうを採りあいました。

「こっちのが甘いよ」 「これの方が味がいい」などと

評論しあいながらも巨峰をメインに堪能行くまで食べまくりました。

大人1200円・子供1000円

そんなに食べられる物ではないと思っていましたが

お昼前でもあり、ガッツリ頂けちゃいました。


 塩尻市 土田園



DSC03617DSC03619












帰りに、日本アルプスサラダ街道で畑の中に人だかりが・・・DSC03618


と思ったら「かかし祭り」だそうです。

車を降りて見てみると、とてもユニークな「かかし」から、

切実な願いが込められた「かかし」まで、

50点程並んでいました。


  晴れた青空の下 

  ゆっくりと目を楽しませてもらいました。






DSC03601

そろそろ秋も本番です。


大地の実りをいただきながら


移りゆく季節を五感で感じ、心も豊かに


秋を満喫しましょう


morinokaze at 22:08コメント(3)トラックバック(0)野菜&果物 

2009年08月30日

稲穂




















日中の日射しはまだ強いものの、日が傾くと暑さもやわらぎ

冷たい風が吹くようになりました。

とんぼが舞い、稲穂もたれて 秋の訪れを感じます。



季節の変わり目です。

寒暖の差も激しく 体調を崩しやすいので十分に気をつけて下さい。

新型インフルエンザも全国で流行期に入りました。

当院も衛生管理には十分注意しておりますが、感染予防の為にも

手洗い・うがいは基本的なことですが、しっかりと自分自身の体調を整え、

これからの時期に免疫力を上げておくことが、感染予防には大事です。



● 未病を防ぐ

「未病」とは「日本未病システム学会」によると、

「自覚症状はないが、検査で異常がある状態」
「自覚症状はあるが、検査で異常がない状態」

2つをあわせて「未病」と定義されています。


この「未病」の状態で当院に来院されている方が非常に多いのが現状です。

まだ検査データとして表れていないが、なんだか全体が調子が悪かったり、

特定の場所のコリやだるさ・・・

これから病気になる可能性を持った状態・・・体は正直に体内の状態を表します。

そんな状態の方を健康な状態に引き戻すために

日々、全身のバランスをとりながら、カラダの変化に手ごたえを感じます。

そしてご自身が自ら生活習慣を見直して頂き、「未病」への意識を高めて頂くこと。

これがとても大切だと思っております。



私たちのカラダは本来、自己治癒力・回復力が備わっているので

健康を取り戻すのも、心がけや習慣の改善で大きく変わってきます。


カラダの小さなサインでも耳を傾け、向かい合い意識することで

「未病を防ぐ」ことにつながると思います。




秋は、これから冬に向けての体力作りの時でもあります。

普段から、腰や背中・骨盤周りの筋肉をやわらかくしておくことがとても大切です。

そして元気に実りの秋を迎えましょう


morinokaze at 00:09コメント(0)トラックバック(0)整体関連 

2009年07月29日

ひまわり夏のたんぼ風景










昼間に子供たちの元気な声が聞こえるようになりました。

もう夏休みですね、日に焼けた子が虫かごを持って楽しそうです。


しかし、この全国的に不安定な天気・・・たまに青空が見えたりしますが

長くは続かず、午後から雨が降ったりと、毎日梅雨が明けてないような感じです。

日照時間も例年に比べて少なく、農作物への影響が心配です。


西日本では猛烈な豪雨により、大きな災害が続き、被災者の方々には

心よりお見舞い申し上げます。


まだこれからも局地的に激しい雨が降るおそれがあるようなので、

全国的にも、雨への警戒が必要です。


そして夏になっても衰えない新型インフルエンザ。

日本では5千人を超え、全世界では15万人を突破したそうです。

特に現在、冬を迎えているオーストラリアなどの南半球での広がりが大きいようですが
夏である北半球も広がりを見せています。

秋からの感染拡大が非常に心配ですね・・・



当院では最近、夏の疲れなどからくる体調不良の方が急増しております。

疲労が蓄積してしまうと、いろいろな症状が出てくるので

改善させなければいけません。

疲労により乳酸物質が筋肉内に蓄積され、酸性濃度が高まると、

次第に筋肉は硬くなり、それが「こり」となって現れるのです。

この時期、さらにエアコンなどによる冷えなどで血行が悪くなる為、

悪循環になってしまいます。

また、逆に風通しが悪く、締め切った室内での高温環境におかれる方は、

「熱中症」にくれぐれも注意して下さい。

そして血液やリンパの流れが悪くなると代謝が下がり、

体がだるい・むくむ・やる気が出ないなどの症状が現れてきます。


まずは、胃腸を整え疲労を回復してくれる旬な食材をたくさん捕りましょう。

食材の中には、「カラダを温める(陽性の)食品」と「カラダを冷やす(陰性の)食品」があります。

もとから冷え性の方はカラダを温める食品を多く摂る。

野菜では、生姜・ニンニク・ごぼう・人参・ラッキョウ・山芋・さつま芋・里芋
じゃが芋・かぼちゃ・ねぎ・玉ねぎ・かぶなど。

熱がこもったり、冷やした方がよい体質の方は、カラダを冷やす食品を摂る。

キュウリ・トマト・なす・苦瓜・冬瓜・セロリ・とうもろこし・ピーマン・レタスなど。
 
野菜は、暑い時期にできる物、寒い時期にできる物で特性が違うようです。

そして旬の野菜には、1年中出回っている物よりも、多くのビタミンや栄養素が含まれています。

 「医食同源」と言われるように、食べ物は、健康を良くも悪くもします。

自然界に四季があるように、人間の体も四季により状態が変わります。

その野菜の特性にあった育ち方をした物が、最も滋養に満ちた物になるのは当然です。

 固くてゆっくり育ちながら、下に伸びていく根菜は「陽性」であることが多く、

温かい土地で育つ物や、地上に伸びる野菜は、「陰性」であることが多い。

例外もあるようですが・・・

なので、自身の体調や体質に合わせて、カラダのバランスをとるよう上手に活用して下さい。

特に夏の暑い時には、冷たい物を飲食したくなりますが、いつも冷えに悩まされている方や、

逆にほてりを感じる方は、食べ物を考える必要がありますね。

特に消化器は冷えに弱いため、お腹の中から冷やさない事がとても大切です。

とにかく疲労はできるだけ蓄積させない事です。

その為には、睡眠、入浴、休養はできるだけしっかりとる事が必要ですね。

それと適度な運動。

疲労の除去やストレス解消になるので私は、仕事帰りにできるだけジムに

行き、有酸素運動で汗を有効に出し明日の施術につなげるように頑張っています。

なので毎日カラダが凄く楽です




morinokaze at 23:25コメント(3)トラックバック(0)からだのいろいろ 

2009年07月07日

梅雨七月に入り、今年も後半に突入です。

ブログ更新を随分とさぼってしまい

・・・スミマセン

皆様 お変わりありませんか?

この時期、蒸し暑くても体は冷やさないように、

そしてカラダの代謝促進を心がけてください。



今回は「お腹」についてです。


よく「腹がすわっている」とか「腹をくくる」「腹がたつ」、などというように、

昔から「お腹」は体の中心であり、人の本質・気質をも表すとされ重要視されています。

この「お腹」(内臓)については、当院の施術で意識しています。

とくにストレスを強く抱えている方で、肩や首の凝りなどを訴える人がいますが

この場合、お腹や下半身が冷たく、お腹の筋肉が硬くなっている場合がとても多いのです。

内臓はとてもデリケートで、ストレス性の疾患との関連もよく知られていますが、

この精神的ストレスや過労などが原因で内臓の機能に障害が起こり筋肉が硬直してしまう。

この場合、お腹を施術で調節すると改善がみられることがあります。

例えば腸を緩和することで、腰痛も改善されたりします。

ぎっくり腰をおこしてしまっても、この腸を自分である程度ケアすることで

痛みが緩和することもできます。

アトピーやその他のお肌の疾患も腸が関係しているということも一般的に

知られるようになりました。


腸をマッサージするわけですが、まず仰向けになって

膝を立て(膝をたてるとお腹が緩みます)

両手の指を深くお腹に入れゆっくり押していきます。

時計回りに少しずつ移動しながら腸をマッサージしていく感じです。


お腹のお掃除だと思ってやってみてください。

ご自分でできるケアとしておすすめです。

かたつむり



お腹は力をコントロールする中枢でもあります。


整体というと、骨盤の歪みなどが重要視されてしまいがちですが、

カラダの中心でもある「お腹」がとても肝心であることに日々気づかされます。


morinokaze at 01:14コメント(2)トラックバック(0)整体関連 

2009年06月11日

空
いよいよ梅雨入りですね。

今日は、明け方の雨もやみ

青空が一面に広がりました。

天気の良い日は、窓をあけ

室内も心身も風通しをよくして

リフレッシュしてください

2周年アジサイ











6月9日 おかげさまで、「整体 森の風」も無事に2周年を迎える事ができました。

皆々様に支えられてきた2年間だったと、心から感謝しております。

*:--☆--:*:--本当にありがとうございます。--☆--:*:--☆

稲

沢山の方々とのご縁、そして快方の「笑顔」

この仕事をやっていて良かったなと思う瞬間です

日々が私達の大事な経験、励みとなりました。

当院の志は、2年前と変わりません。

「心身ともにバランスのとれた健康なカラダへ」

誠心誠意、サポートさせて頂くこと。



不調の原因をカラダ全体、外側と内面を関連付けて考えてみる。

そしてカラダ全体の気血の調整を行い、骨盤矯正・骨格矯正を施しバランスを整える。

このバランスを整えることは免疫力の強化、病気に対する抵抗力も高める。

自身の力で自身の持っている自然治癒力を引き出してあげる事


結果、薬などに頼らず自身の力で治せる・戻せるカラダになって頂きたい。

それが、バランスのとれた丈夫で健康なカラダへのサポートの道です。


少しでも困っている方々のおチカラになれますよう

これからも日々の経験や技術、知識を活かし、

それでも常に研究心・向上心は忘れず、精進してまいります!

麦畑

3年目突入です。

医食同源・心身一体・万事如意を信条に
胸張って前に進んでいきます。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。


morinokaze at 23:22コメント(6)トラックバック(0)整体関連 

2009年05月23日

田んぼの水鏡




















田植えの終わった田んぼを多く見るようになりました。

残雪のある常念岳。

くっきりと田んぼの水鏡にも映って今の季節とても綺麗です。


さて、連日報道されている新型インフルエンザですが・・・

あまり報道にあおられ過ぎず、穏やかにこの時期を過ごしたいものです。。


豚由来の新型インフルエンザ・ウイルス・・・

感染力は強いが、「弱毒性」であること、従来の治療薬が有効とみられ

症状も季節性インフルエンザと同じ程度と言われていますので、

それほど怖がることはないようです。

慌てることなく、まずは自身の健康的な生活を心がけたいですね。


しかし、マスクが品切れ状態なんて困りますよね、特に職業で使われる方もいらっしゃいますし。

マスクがない場合、特に気をつけることは「口呼吸をしない」ことです。

口呼吸は万病の元です。 まずは口を閉じて鼻呼吸をする習慣をつけてください。

鼻は汚れた空気や細菌・ウイルス・異物などをろ過し、うまく呼吸をするための器官です。

鼻毛や粘膜によってホコリや細菌などの異物を除去してくれるフィルターの役割をしてくれています。

鼻呼吸によるウイルスなど有害物質防止率は、口呼吸の3千〜4千倍防げると言われています。

このような時期は、とくに鼻呼吸を意識して生活することがとても大事です。

実際、口を閉じて、鼻呼吸のトレーニングを行っている学校は、

流行性のインフルエンザの感染率もとても低い事が報告されているようです。


●そして52歳以上の方には「朗報」のようです。

米疾病対策センター(CDC)は20日、新型インフルエンザの患者の血液を調べた結果、

1957年以前に生まれた中高年層が新型インフルエンザへの免疫を持つ可能性がある
との見解を明らかにしたそうです。

今回の新型インフルエンザ(H1N1型)は、豚インフルエンザが変異したものだが、

そもそも豚インフルエンザは、スペイン風邪由来とされているそうです。

1918〜19年にかけ世界的に大流行したスペイン風邪はH1N1型で、終息後もウイルスは変異を続けた。

その後、H2N2型のアジア風邪が1957年に大流行しスペイン風邪は姿を消したが、

それまでの間に、現在の新型ウイルスと関連するH1N1型に感染した世代が存在する可能性があるとしている。

つまり、1957年以前に生まれた人たちの中では、スペイン風邪の影響を受けている可能性があり、

免疫を持っている。それが今回の新型インフルエンザに対する免疫になっているのでは・・・

というものらしいのです。


確かに今のところ高齢者は少なく、日本でも若い年齢層が中心なのはその影響なのでしょうか?

52歳以上の方は、新型インフルエンザに対する抵抗力あると聞くだけでも

少し安心して暮らせますね。


手洗い・うがいは基本的なことですが、鼻呼吸は意識して生活してください。

そして報道に振り回されることなく冷静に、健康的な生活を心がけたいですね。

あとは一日も早い終息を願うばかりです。


※当院も衛生管理には十分注意しております。どうぞ安心してご来院ください。


morinokaze at 18:13コメント(8)トラックバック(0)からだのいろいろ 

2009年05月07日

お田植えまつり住吉神社にて











黒牛早乙女による田植え










春の大型連休も終わりましたが、皆様どのようにお過ごしだったでしょうか?

各地の高速道路はETC割引効果が加わり例年以上の利用で、随分と渋滞したようですね。

大渋滞に巻き込まれた方、お疲れ様でした県内の行楽地も相当賑わっていたようです。

当院にも県外からの帰省中の方が多数来院され、カラダの調整をさせていただきました。



連休最終日の6日には朝からあいにくの雨模様で、肌寒くもある中、

地元(安曇野市三郷)の住吉神社・広場の東(旧住吉神社御神田)で

五穀豊穣を祈る神事「お田植まつり」が行われたので、子供達と観に行ってきました。

現在は機械化により、昔ながらの田植え(手植え)の風景はほとんど見られなくなりましたが、

この日は当時を再現し、花笠に赤いたすき姿の早乙女(苗を田に植える女性の事を早乙女と

呼んでいる)に扮した娘さん達がお田植えの風景を披露されました。

水を張った田んぼはぬかるみ、雨の中思うように足が動かず、

早乙女の方たちも苦労している様子が見受けられましたが、寒い中でとても大変だったかと思います。

子供達もお田植えの風景を見るのは初めてで、興味津々見入っておりました。

昔は一家総出で田植えが行われ、丹念に田をおこし、手で苗を植える。

物凄い重労働ですよね、妊婦さんもお産前日まで田植えしたとか、

生後間もない赤ちゃんを背負ってとか・・・猫の手も借りたい程の大忙しだったそうですね。

お米作りの大変さの一端が分かった気がしました。


そして農耕には欠かせなかったという力持ちの黒い牛。

「農耕神の使い」として大切に扱われてきたそうです。

トラクターが登場する前の貴重な「動力」で、わらを餌にしたフンは自然に優しい肥料です。


子供達にとっても古き伝統文化を知る、とても良い祭事でした。

今年も豊作であることを祈って、その場を後にしましたが、

あの一日中腰をかがめての田植え作業・・・

当時は腰痛でお困りの方もさぞ多かったことでしょう・・・なんて考えてしまいます


morinokaze at 23:16コメント(2)トラックバック(0)その他 

2009年04月20日

桜じゅうたん菜の花満開











満開に咲き誇っていた桜も散り始め、少しさみしい感じですが、

地面に散ったピンクの花びらが一面を覆っているのも又素敵です。

そして、少しずつ日差しが強くなる中、まぶしいくらい菜の花が満開です。


● 「春暁(しゅんぎょう)」・・・日本人にも親しまれている漢詩 孟浩然(もうこうねん)より


春眠(しゅんみん) 暁(あかつき)を覚えず

処処(しょしょ) 啼鳥(ていちょう)を聞く。
 
夜来(やらい) 風雨の声

花落(はなおつ)ること 知んぬ多少ぞ。

● (現代語訳文)

・・・・・・・・・・・・・・・
 春の眠りの心地よさに

 夜の明けるのにも気がつかずに、うとうとしていると

 あちこちに鳥の鳴き声が聞こえる。

 昨夜は雨風の音がしていたけれど

 花はどれほど散ったのだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・

のどかな春をあじわいながらの、今の時期にぴったりな漢詩ですね。


また、日中も暖かな陽気で、ついうとうとしがちな季節です。

しかしながら、お仕事や勉強などに影響してしまう場合は、対応策が必要ですよね。

まず朝起きたら、冷たい水で顔を洗って皮膚や大脳を刺激しましょう。

頭部をブラシで軽くたたくなどして脳の血液循環を良くしましょう。

朝のボ〜ッとした頭はこれだけで、かなりクリアできるはずです。

そして、おすすめのツボは、「太陽」と「百会」。


● 太陽(たいよう)

目尻のカーブと眉尻のカーブが交わる点です。

こめかみの前寄りの「くぼみ」です。

両側の太陽に好きな指をあてて軽く押し「の」字を描くようにグルグルと回まわしま
す。


● 百会(ひゃくえ)

百会は、両耳のてっぺんと体の中心線が交差する点で
ぎゅっと押してみると、なんとなく「くぼみ」を感じるところ。

そこへ右手の中指をあて、左の手のひらをその上にかぶせ、百会を押したまま両手で

「の」字を描くようにグルグルと回まわしたり、ジワ〜と軽い圧をかけて下さい。


それぞれ2分ほど軽く刺激をあたえると、ボーっとした頭もスッキリしてきます。

眠くなったら是非、お試し下さいね


morinokaze at 23:07コメント(2)トラックバック(0)からだのいろいろ 

2009年04月07日

桜の開花




















4月に入り、新年度スタートしましたね。

節目をお祝いしてくれるかの様に、近所の桜も開花が始まりました。

花見をしながら春を満喫しましょう。



そして暖かくなると何か運動したい、カラダを動かしたい

という気持ちになる人は多いのではないかと思います。


妻は毎朝のウォーキングを継続して頑張っておりますが、

私は、できれば朝はぎりぎりまで寝ていたい方なので・・・

しかし、この運動不足はなんとか解消しなければと今回は動きました。

兼ねてから予定にしていた「スポーツジム」

やっと重い腰を持ち上げて入会の手続きをしてきました。

当院のすぐ近くなので歩いて行けるし、空いた時間を利用して通えるかと。

いろいろなエクササイズを体験してみるのも今から楽しみです。

カラダに過度な負担がかからない程度にインナーマッスル強化!ガンバリマス



なにか新しいことを始めるということは、ちょっとした勇気が必要ですが、

一歩踏み出してみれば新しい世界が広がってきます。

それが自分にとって今後を大きく変えるチャンスになることもあります。


桜も開花して、気持ちも新たにスタート気分です。


morinokaze at 16:08コメント(3)トラックバック(0)リラックス&リフレッシュ 

2009年03月18日

桜のつぼみ
桜のつぼみも少し膨らんできました。

年度末ですが、

新たな春の息吹を感じて

新たなスタートです

元気に新年度を迎えたいですね!




来院される方の中で、腰痛とともに多いのが『肩こり』の方です。

『肩こり』は首から肩、そして背中にかけての筋肉が硬直し(緊張)、

血行が悪くなるため、乳酸などの疲労物質が筋肉内に蓄積して起こります。

乳酸によって酸性濃度が高まると筋肉が次第に硬くなり、それが「こり」となって現れるのです。

このような一般的な筋肉の緊張によるものだけでなく、内臓の疲労、
自律神経失調、ホルモンバランスなどなど・・・

『肩こり』の要因となるものは様々です。

そして『肩こり』の方の中で無意識に「バンザイ」をして寝ている方が多いのも事実なのです。

腕を上げることによって、こっている前頚部から上背部にかけての筋肉が緩む。

一時的に楽で気持ちよく感じるので、ついこの姿勢で寝てしまう・・・


でもこの姿勢を長時間続けてしまったり、習慣になってしまうと・・・要注意です!

この姿勢のままだと、かえって肩関節に強い負担をかけてしまうだけでなく、

長時間、横隔膜が引き上げられていると息も深く吐きにくく、

ノドの気道も狭くなり呼吸機能を低下させてしまうことも。
(いびき・メタボな方は睡眠時無呼吸症が起こりやすくなります)

ゆっくり深く息を吐くということは、自律神経を整えリラックスした状態へと導きます。

そして緊張した筋肉を再生させる為にも酸素が重要な鍵となります。

一時的に楽でも、この姿勢で寝てしまうことは避けたいですよね。


しかし、赤ちゃんもよく「バンザイ」して寝ています。

大人の場合はとくに疲労などが関係してくるわけですが、赤ちゃんの場合は

まだ筋肉が未発達の為、手足にほとんど力をかけないで寝ているわけです。

力の抜けた状態で寝ているので、とくに負担もかからず、

ごく自然に「バンザイ」のポーズになってしまうのだと思います。

徐々に筋肉が発達してくると、ゴロゴロと寝相が悪くなってくるわけですが、

この寝相が悪いのは、寝ながら無意識に自分で体を調整している為なので、元気の証拠です。

そして大人になるにつれて、この「自己調整力」が弱まってくるので、寝相がよくなるともいわれています。


肩こりのお話に戻りますが・・・

このように「バンザイ」と肩こりには関係があることを知っていただけたかと思います。

このような姿勢がクセにならないよう、普段からのケアを心がけてください。

普段、デスクワークなどで長時間作業している方などは、

脇が縮んで肩回りの可動が鈍くなってきますので、肩の血流も悪くなってきます。

なるべく、1時間に1回程度は肩を回すなどの動作をしておくと、疲労が溜まりにくくなります。

座りながら、片手を上にグーッと深く息を吐きながら伸ばし

(この時、伸ばしている方のお尻は浮かないように!)

肋骨(ろっこつ)と骨盤を引き離すイメージでゆっくりと交互に伸ばして下さい。

縮んでいた肋骨が伸びるようになると肩甲骨の可動もよくなって、

肩回りが楽になってきます。

首も前後・左右・回転という感じで、ゆっくりと首全体を伸ばすように動かしてあげてください。


日々の疲労を少しでも残さないように、

毎日のちょっとしたケアを心がけることがとても大切ですね




morinokaze at 13:34コメント(5)トラックバック(0)整体関連 

2009年02月26日

松本城と梅の花




















梅の花が各地で次々と咲き始めていますね。

今日は松本城と一緒に撮影してみました

梅の花は桜とちがって少々地味な感じですが、可憐で、しっかりとした枝振りに強さを感じます。

今年は桜の開花も早そうですね。



そんな季節の変化を感じる毎日ですが、

季節の変わり目は気温の変化も激しく天候もとても不安定です。

衣服の調節や室内の温度・湿度の調節も心がけたいですね。


本来、人間はその季節による気温変化への適応能力を備えているわけですが、

近年は男女年齢問わず、平熱が36度を下回る「低体温」の方が増加していて

自覚していない方も多いようです。

「低体温」だと気温の変化に対応する体内機能も鈍くなり、

免疫力も低下し、風邪などの感染症にもかかりやすくなります。

●「体温の重要性

皆さんは自分の平熱をご存知ですか?

平熱には個人差があり、測る時間帯や測定部位によっても異なるようですから

毎日、何回か同じ部位で体温を測定し、その変動の幅を知っておくことが大事ですね。

日本人の体温の平均値は36.6℃から37.2℃の間で

その範囲内であれば「普通」なのだそうです。(テルモ体温研究所より)

この体温よりかなり低いと身体に悪影響を及ぼしている可能性があるので

注意と改善が必要です。

体温が1℃下がると免疫力が約30%低下するといわれています。

そして「低体温」になると血行も悪くなり、免疫力も低下、

疲れやすく、風邪などの感染症を招きやすくなるだけではなく、

花粉症などのアレルギー症状が出やすくなるそうです。

生活習慣病や婦人科疾患など、様々な病気の原因にも・・・

またガン細胞は、体温が35℃前後の時に最も活発に活動を始め、増殖し易いことがわかっています。

低体温の改善

まずは毎日の食生活、生活リズムを見直すことが大切です。

バランスのとれた食事と、なるべくカラダを温める食材をうまく料理に組み合わせて摂る。
(しょうが・ねぎ・にんにく・唐辛子・ごまなど)
旬の食材を多く摂りいれることも大切ですね。

そして早寝早起きなど、体内のリズムにそった生活を意識する。

また、基礎代謝を高める必要があります。筋肉量が減ると基礎代謝も下がってしまいます。

エネルギーを使うことで熱が発生するので、「低体温」の方にはとくに適度な有酸素運動が効果的のようです。

カラダの筋肉をムリなく効率良く動かす有酸素運動といえば・・・ウォーキング!おススメです。

最近は暖かくなってきたので、春を感じながらの早朝ウォーキング。とても気持ちがいいです。

朝からリフレッシュできますよ




まずは自分の平熱を確認して、体温を充実させるということは、

病気になりにくいカラダを作ることにつながります。


そして芽生えの春。自然のエネルギーが高まる季節です。

大地からこの春のエネルギーをたっぷりもらって

心身共に元気に過ごしましょう☆福寿草



morinokaze at 21:49コメント(5)トラックバック(0)からだのいろいろ 

2009年02月07日

福寿草の芽
立春も過ぎ、少しずつ日も長くなってきました。

庭先の「福寿草」

硬い土を持ち上げて、今年もお目見えです。

小さな春を感じ、

とても嬉しい気分になります



しかし今冬は、雪がほとんど降らず、春先のような暖かい日が続いております。

フキノトウも顔を出し、このまま降らずに春になってしまうのでしょうか?

雪のない生活は、過ごしやすく、とても快適なのですが、

やはり降るべき時期に、降るべき所に降らないと自然のサイクルが崩れてしまいます。

少雪だと夏場の水不足、農作物への影響も心配です。

異常気象・地球温暖化・・・深刻な問題ですね。


温暖化ガスの大部分が二酸化炭素(CO2)。

日本の二酸化炭素(CO2)排出量の約半分は、家庭と密接に関係しているようです。

一人一人が出来ることは、小さなことからですが、

日常生活の中で「省エネ」「節電」「節ガス」など

あたり前のことですが、毎日なるべく意識して

温暖化ストップに少しでも役立てたいですね





morinokaze at 16:55コメント(6)トラックバック(0)その他 

2009年01月21日

冬の風景
寒さが少し緩んだり、

又冷え込んできたりの毎日ですが

体調崩したりしていませんか?

インフルエンザの流行も一段と本格化しています。

まずは予防が第一です。

基本的な事ですが、手洗い・うがい

しっかりと習慣づけたいですね



そしてこの季節、冷え性の方にはとくに辛い時期でもあります。

足が冷たくて眠れない、体の表面は温かくてもお腹の冷えを感じる、

冷えからくるコリや痛み・・・

来院される方もこの「冷え」により体調不良を起こしている方が実に多いのです。

そもそも「冷え」というのは、様々な原因によって血管が縮み、血液の巡りが悪くなり

末梢の毛細血管までスムーズに血液が流れない状態です。

すると、心臓から最も遠い足の先など体の末端が真っ先に「冷え」を感じやすくなるということです。

その「冷え」は、生活習慣・ストレス・運動不足などからの原因が多くあるのですが、

その中の一つに食べ過ぎが原因ということも・・・

食べ過ぎると悪玉コレステロールが増え、そのコレステロールは

皮下脂肪としてたまるだけでなく、血管内にもたまってしまい

血液の巡りが悪くなるので循環障害を起こします。

これを東洋医学で「お血(おけつ)」といいます。

いわゆる血液ドロドロ状態を引き起こすのです。

血液の巡りが悪くなるということは、体も冷えて内臓機能の低下につながり、

万病の原因ともなります。

また、食べ過ぎると冷えを生むだけでなく、

内臓機能低下→満腹感が得られず過食が更に進むという悪循環。


腹八分目に医者いらず

私たち日本人が自然に親しんできた「ことわざ」ですが、

これはあらためてとても理に適っている「ことわざ」であり、最高の養生法のようですね。

美味しいものがあると、つい欲が出てしまいお腹いっぱい満たそうとしてしまいます

物欲も同じことですが・・・

人間、欲をかいて得をすることはないということ、

余裕を持たさなければ、動き(働き)も悪くなるということです。

しかし、わかってはいても、なかなかできないことでもあります。

まず食事は、なるべく時間をかけ、ゆっくりと。

そして、よく噛むことが「腹八分目」を守るコツのようです。


胃腸の働きを常によい状態にしておくためにも「腹八分目」

病気知らずで、健康にすごすためには、とても大切なことですね。

私も過食気味です

この言葉を肝に銘じ、日々心がけたいと思っております


morinokaze at 21:50コメント(4)トラックバック(0)からだのいろいろ 

2009年01月05日

2009 初日の出




















○●○●○新年 あけましておめでとうございます。○●○●○


 当院も本日から仕事始めです。

 今年はどんな年になるのでしょうか。


世の中、まだまだ不況が続くと言われておりますが、

こんな時こそ自分を見失う事なく、しっかりと前を向いて

進み続けたいと思っています。


そして皆様の願い、思いが形となり

大きな幸せとなること・・・健康であること、お祈りいたします




東京タワー50周年
50周年を迎えた「東京タワー」

お正月に行って来ました。

とても久し振りでしたが、変わらずの勇姿、

ホッとさせてくれる存在です。


しかし電波塔としての役割は3年後に完成予定の

「東京スカイツリー」にバトンタッチ。

高度成長期から50年。引退間近でも、この存在感は人を惹きつけます。


お台場方面



















そして展望台からの景色を見下ろしながら「今年も地道に頑張ろう!!」

そんな一年の幕開けです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。


morinokaze at 16:32コメント(4)トラックバック(0)その他 

2008年12月26日

正月飾り

















クリスマスが終わったと思ったら、慌しく今年も残すところ僅かとなりました。

皆様にとっては、どんな一年だったでしょうか?

今日で仕事収めの方も多いですよね。 今年も一年お疲れ様でした。


当院もこの一年、多くの方々に来院して頂き、健康へのお手伝いをさせて頂きました。

6月には無事一周年を迎えることもでき、

日々たくさんの「笑顔」を見るたび、とても嬉しく、何よりの励みになりました。

今年も一年、ありがとうございました。

☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚心より感謝致します。☆*゚ ゜゚*☆*☆*゚


患者さまから学ぶことも多く、まだまだ日々勉強です。

出会いもあれば、悲しいお別れもありました。

誰がいつなってもおかしくない重い病気がたくさんあります。

その時に必死になっても、どうにもならず試行錯誤で苦しんで結果が出せないこと。

こうして当たり前のように元気に過ごせることが、どれだけ幸せなことなのか。

健康であることのありがさが強く増す一年でもありました。


健康を維持する・・・毎日のちょとした心がけがとても大切です。

来年もまた元気に皆さまの笑顔をたくさん見れるよう

日々精進、コツコツと全力で頑張ります!

来年もどうぞ宜しくお願いいたします。


「笑う門には福来る。」来年も皆さまにたくさんの「福」が来ますように・・・


「笑顔」で・・・どうぞ良いお年をお迎え下さい。



年末は12月30日までの営業となり、新年は1月5日からの営業となります。


morinokaze at 23:45コメント(7)トラックバック(0)整体関連 
♪プロフィール
森の風
長野県松本市にある
『整体 森の風』
〜手技による自然療法〜
〒390−0851
長野県松本市島内4650-2
山村マンション103
TEL0263-87-0925

長野県松本市で、安心して通える地域No.1の整体院をめざしています!
♪今日の天気
♪Archives
  • ライブドアブログ