2005年11月

2005年11月30日

「世間話」

41bbb5ef.jpg めずらしい少年に会いました。ゴミを捨てるため、一輪車で出かけた帰り道、あまりにもお天気がいいので、グルリ遠回りをして帰ろうと思ったのです。ゆっくり車を押しながら、あっちこっちに咲いているキクのかおりを楽しんでいました。後ろから自転車がゆっくりやってくる気配に振り向くと、小学5、6年生らしい知らない少年が乗っていました。やがて自転車が私と並ぶ位置まで来ると、彼が突然話かけてきたのです。「元気ですか?」びっくりしました。「はい、元気ですよ」、「どこにいくのですか?」、そして彼が続けて言うのです。「今日は良い天気ですね」、「ほんとに!」、私は答えながらソーッと少年の顔をのぞいてみました。あどけない顔をしています。彼は私の歩調に合わせるため、ハンドルを大きく左右にふりながらバランスをとり、ヨロヨロしながら「食事、済みましたか?」とまだ聞いてきます。まさに世間話。ここの小学生はあいさつどころか、返事も出来ないと教師がなげいているのに、どうしたのでしょう。5分ぐらい過ぎたでしょうか、「お元気で、さようなら」といって去っていきました。いやー、今思い出してもよくわかりません。あれはなんだったのでしょう・・。

morinonakade at 08:53|PermalinkComments(0)

2005年11月27日

「冬支度」

74336f11.jpg 今年もなにごともなく、無事に畑の作物も採り終えたようです。あちらこちらで、クズ野菜をかたずけるばっちゃ達の姿がみえます。さすが役場、そのチャンスを見のがす訳もなく、有線放送が流れます。「クズ野菜はサルのエサ場になりまーす。土に埋めるようお願いいたしまーす。片付けが出来ない時は、教育課に連絡くださ〜い。引き取りにうかがいま〜す。」高齢の人が多いこの地区ではの優しさかと思います。サル侵入防止の電気柵も一斉に巡視員の手で片付けられました。歩いていると、あっちこっちから声がかかるのもこの時期です。「コレッ!(ちょっと)持ってイガサマイ(いってください)、オメドコ(あなたの所)もアルガニシ(あるのですか?)このデイゴン(ダイコン)」畑にはあまっているダイコンが、ニョキニョキ土から顔を出しています。都会ではすぐに貰い手が現れるでしょうが、ここはすげなく、「アルベドナ(あるに決まっている)」でチョン。我が家も頂きました。さっそく、母が手慣れた手さばきで漬け物に変身させておりました。

morinonakade at 09:21|PermalinkComments(0)

2005年11月25日

「入れ歯」

42732119.jpg スーパーで魚をのぞいていたら、どこかのじいさんが声をかけてくれました。日本てぬぐいをキリリと巻いて70歳はいっているかなあ、身体からは漁師さん特有の潮と魚のにおいがしています。にっこり笑って「ワ(私)フニャ、フニャ・・」というのですが、うまく聞き取れません。見ると、前歯がそっくり無いのです。寒いのでしょう、ワの次の肝心の話のところで、ハナをすするのです。おまけに、スルメが残っているわずかな歯と歯の間に挟まっており、それがワというたびにヒラヒラ。気になってねー。隣にいたばあさんが「こら!チャッチャド(しっかり)シャベナガ(話をしなさい)」と助け舟を出してくれたのですが、じいさんは手を振っていってしまいました。「あの人、オギ(沖)で入れ歯バ、オドシタシテ(落としたので)、シャベレナイゴッタ(話が出来ないのでしょう)。」店の人が教えてくれました。悪いことしました。あのおじいさんの入れ歯、入ったかなあ。スーパーでついつい彼を探してしまいます。今度はこっちから声をかけよう!

morinonakade at 09:28|PermalinkComments(0)

2005年11月22日

「カメさんその2」

f90fccf8.jpg カメさんが来てくれました。ゼーゼーと苦しそうです。ぜんそくもやはり高齢になると治りにくいのでしょう。本人、いつでも、ころりと逝けたらそれでけっこうといいます。でも、今の世の中、病院にかつぎこまれて生き返ってしまうよと脅かすと、「ソイダバ、アガネ(それだと、こまる)」と目をむきます。そんなカメさんが我が家に来てくれて助かるのがカメさん情報。おはずかしいことながら、我が家はとんと世間にはうとく、亡くなってしばらくしてそのことを知るというなんとも情けないこともあったのです。カメさんからの情報にヘー、アレーとびっくりすることも多く、もう貴重な存在なのです。残念ながら、今、彼はパチンコに夢中、話のほとんどは勝った、負けたの話がほとんど。それでも、カメさんの情報は我が家の情報のすべてなのでーす。

morinonakade at 12:34|PermalinkComments(0)

2005年11月16日

「次々と」

f09e20e4.jpg その日、朝起きて靴下をはこうと思ったのですが、どこをさがしても靴下がみつからない。やっとみつけてはこうと片足をあげたら、グラリ。いやというほどすねをぶつけてしまいました。しばらくして、母が台所のガスが出てこないといってきました。調べるとユースのすべてのガス台、湯沸かしもガスがストップ。脇野沢の唯一のガス屋さんに連絡。ヤレヤレです。今度は食事をしていたらダンナが目の前で突然、「とれた!」と大きな声。見ると歯の詰め物らしき物を手に持ち一言、「またか!」。トホホ・・。仕上げは午前3時。突然の電話にびっくり。なにごとかと思ったら、ファックス。寒い中、ふとんから起きて、隣の部屋までユラユラ辿り着いてファックスを読むと、「あなたは真実を知っていますか?」という大きな字。「かんべんしてヨ〜」。とうとう眠れないまま、朝です。今でも頭がボーッとしています。

morinonakade at 11:03|PermalinkComments(0)