2015年09月

2015年09月25日

「お別れ」

 友が逝きました。覚悟はしていたのですが。さびしいとか、悲しいとかそんな気持ちよりもなんで?という怒りの方があります。59歳。ユースをやるんだといって15年前、青森に雲谷高原YHをオープン。ユース仲間のダベリング昼食会で次回はいよいよ60歳の割引を使ってのバイキングだねとみんなから冷やかされていました。病気になりましたとメールが届いてから10ヶ月もたっていません。東京の大病院で病気と闘っていた彼。手紙の返事に青森には帰れないかもしれませんとありました。どんな気持ちで書いたのでしょう。手紙を出すのではなかったと悔やんでいます。ダンナが彼と昼食をした時、カツ丼を食べるダンナに「よく、お昼にそんな重いものが食べられますね」と言ったそうで、「あいつ、食が細かったなあ」とポツリ。今も雲谷高原YHは姿そのままです。電話で「誰かユースをやってくれないかな」とつぶやいたのが最後の会話だったそうです。高塚ペアレントさん!いろいろありがとう。残念です。
DSC_7105


morinonakade at 07:31|PermalinkComments(0)