たぬきパラダイス

役者、竹嶋宗也の出演情報&グルメ・旅レポートです。「カツ丼」と「大衆グルメ」をこよなく愛するたぬきパラダイスへようこそ! 新                        

北区の立ち飲みおでん屋


この日の終わりは北区王子。

行ってみたいお店があったなと思い出し駅前を探索。
DSC06236


見つけましたよ
平澤かまぼこ」さん
DSC06235

おでん鍋の横を通り抜けて立飲みのカウンターへ

DSC06223
風除けがあるので寒くないのだ

DSC06222

生ビール」400円で一息、都度払いです。
IMG_0299


さあどれを頂こうかと夜のお店を担当するは日本語が達者なネパール人のお兄さん。
注文した三品は
DSC06234

 
「大根」100円 「ピリ辛」250円 「ロールキャベツ」200円
IMG_0300

まだ年明け7日だったので高級路線で攻めてみます。

大根は想像通りの味、ピリ辛は唐辛子入りのつくね。
まあまあかな・・・と思ってたらロールキャベツが美味し〜☆
DSC06224

中身は挽肉・椎茸・春雨とまるで春巻きみたい。
おでんのロールキャベツに良い思い出が無かったのですが美味しくてビックリ
DSC06225

さあお代わりはテーブルに並べられたハイサワーと参りましょう
DSC06226


レモンサワーは自分で作るタイプで300円
DSC06230

さあ皆さん声を揃えて、せ〜のっ・・・
DSC06231

「♪割・る・な・ら・ハイサワー♪」っと

お隣にいた常連さんに何を食べても旨いよと教わったので、
やや黒ずんだメニューから
DSC06233


焼豚」300円
DSC06228


脂・タレの濃厚さ、赤身の弾力共に素晴らしくこれは絶品クラスの旨さ
DSC06229

完璧に「おでん」を超えてます


朝から飲める立ち飲みおでん屋さん、
春にはここで朝飲み、ほろ酔いで飛鳥山公園で花見、夕方〜は狸の東京三大酒場の「山田屋」さんへと続く、
王子黄金コースが完成してしまいました☆

皆さん春に会いましょうv( ̄∇ ̄)v






旨味最優先のカツカレー


御徒町でお仕事ランチはこちら、
日乃屋カレーさん
IMG_0125

神田カレー選手権で殿堂入りしたと云うこちら
IMG_0127

正直そんな大会は知りませんでしたv( ̄∇ ̄)v
IMG_0119

ふむふむ名物はカツカレーとな
IMG_0121

ではその
カツカレー」840円を☆
IMG_0123
 
おおっ、フルーツの甘味が強めのマイルドカレー、
と思いきやジワジワ辛味がやってきます。

コーンのように見えるものは恐らく牛脂
これがコクと甘味を供花している模様。

美味しいルーです、男受け満点

カツも香ばしく揚がってカレーに良く合いますが衣が分厚い。
肉1:衣2と云う感じ。

ボリューム感はあってなかなか旨いのですがこのカロリーは半端ではないと思われ・・・
1500キロカロリーいってるんじゃないか 

少な目の7分盛りに半熟卵が良さそう。


そして牛脂に弱いたぬきはスーパー下痢に襲われるのでありました。


美味しいんだけどたぬきには合わないカレーでございます


東京で肉吸い


大阪の特殊グルメの一つ
「肉吸い
大阪の劇場そばにあるうどん屋さんの名物で、 酷い二日酔いの芸人さんが「肉うどんのうどん抜いて。」と注文したのが始まりとか。
何と「なか卯」さんの朝御飯にこれが登場
IMG_9889

肉吸い朝定食390円
IMG_9891

通常のうどん出汁に牛丼用の具と汁を合わせて一煮立ちかな?
やや濃い目の味付けですがお肉は柔らか。
IMG_9890 
 ご飯にはイマイチ合わなかったので卵かけご飯の上から汁ごとぶっかけて食べました。
すると雑炊風で急に美味しくなりました、めでたしめでたし( ̄▽ ̄)

大阪で本物食べてみたいなあ☆

冬メニュー


好きな牛丼屋と云えば吉野家さん。

牛すき鍋膳」650円ねぎ増しで(+100円)
IMG_9808

野菜も増えて美味しいんですが、
IMG_9807

ご飯が全然足りなくなるのが難点。
かなり甘目なので砂糖は半分で良いなあ( ´∀`)つ

そして毎度で恐縮ですが幸楽さんの広東麺
IMG_9801

冬は白菜が甘くなって更に満足

同じく幸楽さんの肉野菜炒定食
IMG_9649

野菜の水気タップリ、
IMG_9648

 汁ごとご飯にかけても美味しいのだ

しばらく食べてないけど水菜のはりはり鍋食べたいなあ。
大量の水菜とクジラの代わりに牛肉を入れて食べる大阪の味。

 皆さんの庶民的な冬の贅沢は何ですか〜

館林のうどん


この日はお休みです。
さあ四季、どこへ行こうか

話し合った結果、北千住から東武線特急
りょうもう号に乗って群馬県へ レッツゴー
IMG_9824

列車内の自動販売機に喜んでます
IMG_9828
二人で日本中の列車に乗りたいね☆ 

北千住〜東武動物公園〜と車窓を楽しみ

IMG_9825


あっと云う間に群馬県
DSC05969
「りょうもう」ってクッキングパパに似てるv( ̄∇ ̄)v


そして分福茶釜の故郷「館林
DSC05970

マンホールも狸だ
DSC05971


親近感が湧くこの町へ来た目的は上州うどん。

明治27年創業の老舗花山うどんさんでお昼です☆
IMG_9848
 
関東有数の小麦の生産地で日清製粉の創業地でもある館林。 
  IMG_9836
駅前の日清製粉ミュージアムは今度一人で来てみよう。

さ、メニューをチェック。
ひもかわ食べてみたかったんです 
DSC05973

鬼ひも川うどんは午後一時からの限定。
「釜玉」もいいね☆
DSC05972

先ず到着したのは
分福茶釜の釜玉うどん」850円

DSC05975

では全国のたぬきファンの皆様声を合わせて、

オープン・ザ・・・
DSC05980

分福〜!!
IMG_9843

小麦の香り・旨味が豊かなもちもちうどんに四季も喜んでます☆
DSC05985

温泉卵に絡めるとまた美味し
とても丁寧に調理されているのが伝わる一杯、
これはオススメ


そして鬼ひもかわ」冷やし・麦豚950円
IMG_9842

こちらはすでにオープン済み(T_T)

「鬼ひも川うどん」は大正〜昭和30年迄作られていた幅の広いひもかわうどんで50年振りの復活だとか。
IMG_9844

薄造りなのにコシがあり、口の粘膜に吸いつくようなクニュッとした感触。
喉越しも良く食べ応えもあります。

無理やり名物に仕立て上げた物ではなく実力に基づいたうどん。
さすがうどん天下一決定戦三年連続優勝の一品。

上州産の豚肉も甘味があり美味し


旨さにこだわった花山うどんさん。
DSC05987

調理には時間がかかりますが本物志向のうどんに感激です。

今までで一番美味しいと感じた「うどん」かもしれません。
IMG_9840

美味しい御当地麺を巡る旅、してみたいなあ

花山うどんさん、御馳走様でした
Profile
訪問者数

最新コメント
御連絡はこちらまで☆
pentanu_house@yahoo.co.jp
http://www.youtube.com/watch?v=TQm4iSfRLUo
記事検索
  • ライブドアブログ