避暑地の森の天使たち

おニャン子とは関係ありません。最近、敵が多いので、嫌がらせ対策でオウマー日記(http://sinzinrui.blog.fc2.com/)避難場所を作成したのですが、いつの間にかオウマー日記のバックナンバー置き場になってしまいました。

オウマー日記(2005-27)

(2005.11.30--07:00) A

aneha
   by gerobuta




Aneha

Archtecture

Apartment house

eArthquake

cAmouflage



市川国際ドキュメンタリー映画祭市民賞・特別賞受賞作品

 「アネハ=悪」の二項対立に踊るメディア。

 ってのか、本物そっくりなポスターを作る気力と体力がない今の自分がもどかしい。
 そういえば、「Aの庭」なんて企画もあったよな。引っ越すだけで解決するのか? でも、あの家もオウムの庭同様に、妙にに汚いよな。一級建築士の家なのに。



 こ........これはひどい!

カレの元カノの元カレを、知ってますか

 この「AC公共広告機構」という団体は一体何が言いたいのだ。「カレの元カノの元カレ」はエタとでもいいたいのか。ヨツとは交わりたくないと。
 浅野健一先生がご健在だったら、こんな暴挙を見逃すはずがない!
 今付き合ってる男性には昔女がいて、その女には両刀遣いの男がいて、ホモダチからうつされたエイズ菌を保持している可能性だってあるから、診断書を見せろと。私、そんな女とやるために診断書を出してセックスするくらいならば、オナニーの方が良いです。
 っうか、そう言う女も出すんだろうな、処女鑑定書。


(2005.11.28--06:30) 姉歯さんflash、まだ?

 昨日は日曜日なので束の間の快楽を貪る。
 そして、今日からまた6日間が始まってしまう。あれもしなければこれもしなければそれもしなければ、どれも初体験なのはともかく、あれもこれもそれもとてもつまらなくわからないものばかりだ。夜になれば寒い。
 あの話、「来週の月曜日に」って言われたらどうしよう。今日眼科に行く予定だったのにヤバくて動かしたんだだから、もう動かせないじゃん。
 オウム関連も、ゲロブタ以降は完全に運動屋が支配する二項対立時代に入るのだろう。これじゃあ、変なのに利用されないかとうかつにモノも言えない。

 何にも楽しい事がない。
 自信なさげに生きているのが、自分でも分かる。
 俺、このまま60過ぎくらいに死ぬんですか?
 誰か私にガッツの源をくれんかのう。

 昨日は飲みながらヒューザーの社長を見ていた。
 何ていうのか、言ってることが普通のサラリーマンですよね。テレビの国の人間とは明らかに発想が違う。そんな気がした。あの立場に立ったら、自分だってああ言うしかないだろうなあと。みのもんたが正義にはどうしても見えない。社長さんの方に感情移住してしまう。
 相変らず姉歯さんは人気者だ。あの記者の数は、横山弁護士並みですね。姉歯さん、「もう、やめてー」て叫んだら人気が出るだろうな。今頃、誰か職人さんが姉歯さんのフラッシュ作ってるのかな。どうせならば昔みたいに不謹慎ゲームを作ればいいのに。「法律違反を隠しながらどれだけ安上がりにマンションを作れるか」っていう姉歯さんゲーム。


(2005.11.27--11:30) 意味不明

neko ところで皆さんは、アカとキ〇〇イとどっちが好きですか。ひょっとしたら、自分は、「キ〇〇イ>アカ」と思ってるのでは、ただし見ている限りでは、と、そう思う今日この頃、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
 んなわけで、字を書く元気がありません。
 何でこんな事をやってるんだろう。
 そんし〜。
 剽窃ゲロブタは今日も楽しく世渡り。おじさんも高校生に何か話せっていわれてるんだっけ。面白くも何ともない事を。
 でも「剽窃ゲロブタ」って、結構言い当ててるんだよ謎笑。単なる僻みとは言えないわな。
 ま、いずれにせよ、どっかの奥様は、オウムではない変な人達のお陰で、魅力的な部分を失い、悪い部分を伸ばしたのでは、少なくとも私は成長した、と、そういうわけですが。
 んなわけで、昼なのに眠いので、なんとなく、著作権を無視して猫を貼っておきます。猫って可愛いと思います。さわり心地も良いし。
 それでは、お休みなさい。


(2005.11.26--06:40) タガニーゼ

 下で「ずうとるび」を書いてたら、ルパン三世(紙媒体ヴァージョン)の最終回に登場した殺人オーケストラの指揮者・タガニーゼを思い出してしまった。
 タガニーゼのタクトに合わせてルパンを襲う殺人オーケストラ集団。奏でる曲は「ルパン葬送曲」って感じなんですけど。で、場面が変わって、いつものように銭形警部と捕物帳を繰り広げるルパン。逃げ切ったと思いきや、ルパンの前にタガニーゼが。死のタクトの前に絶体絶命のルパン。しかしルパンはついにタガニーゼの正体に気が付いた。
 とヒントまで書いても、タガニーゼの正体が分からない人、案外いるでしょ? ってのか、あの漫画を読んでて、ルパンに言われる前にタガニーゼの正体が分かった人っています? 僕もルパンに言われるまで気が付きませんでしたね。実に単純なのですが。
 んなわけで、正解が分からない方は漫画を買いましょう。

 おっはよ。テントウ虫の大量発生に脅える今日この頃、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 考えてみれば、○○○長もち〜○も、昔で言えば、fumifumiも大林もd5656もキチガイですから立ち入り禁止ですって宣言してるわけだし、そんなの、言ってる方がキチガイに決ってるし、ま、かといってやめるとも思えず、無論連中の理論が世間に通用する日も永久に来ないんですけど。
 なんて、人の事を言ってるどころじゃないか。
 病院は相変わらず仕事を侵食しているし、教育入院なんて出来ないし、仕事もスカだし、酒は止められないし、体力は落ちてるし、論壇もネットもますますアカだけになり魅力なく、ゲロ豚はブーブー稼ぎまくるし、何か、この前のオフ会(前中半はアカなし)が夢のように思えてきます。
 これから寒い冬を乗り切れるのかな、って俺は冬眠する動物かって。
 これを書いているときのみ、自分が人間であることを思い出す。


(2005.11.25--07:00[26日微修正]) 初恋の絵日記

 一昨日の夜から昨日くらいに発売された「週刊文春(12/1号)」によれば、姉歯さん、髪の毛まで偽造しているのだそうだ。
 しかしだ。時代は今、姉歯さん。どこへ行っても、町は姉歯さんの話題で持ちっきり。
 千葉の女子高には、次々と姉歯ギャルが登場。実際問題、「一級建築士」という地位は、上祐史浩の時の「外報部長」のように、日本人ならば誰でも知っている流行語に。
 週刊プレイボーイは姉歯さんに人生相談の連載を依頼するだろう。正月からは「アネハに訊け!」の連載が華々しく誌面を飾りそう。NHKも今頃、「今年の紅白の審査員に是非とも」と、クリーンで手抜き無しの審査をしてくれる姉歯一級建築士の事務所詣でをして、出演交渉しているだろう。
 あと、上記週刊文春の同じ号に有田芳生の「性犯罪者を24時間徹底監視せよ!」というレポートがあったけど、どうせならば、「浅野健一を叱る」の方が面白かったのに。別に有田でなくても、例えば同じく護憲陣営のジェームス三木さんなんてどうだろう。「浅野先生が学生につけるA〜Cの成績は、自分の「春の歩み」と同じ方法でつけられている」とか。ってのか、ジェームス三木、護憲なんてどうでも良いから「ジェームス流 これがナンパや!(仮題)」みたいな本を作れば売れるのに。



 「みかん色の恋」が歌いたい病が治らない。だからずうとるびである。
 「ずうとるび」ってネーミングからして凄いよね。だって、最初のうちは誰もが、逆さにしてもビートルズにならない事に気付かなかったもん。
 「みかん色の恋」以外ですと、普通は「ないない、あぶない、でもーでもー、手が伸びる(恋があぶない)」とか「明日の誕生日に 君を迎えに(恋の夜行列車)」とかでしょうか。私、「初恋の絵日記」ってのが印象に残ってます。
neko  「らんらんらん、らんららー」のコーラスをバックに山田君がクサイ台詞を喋って、メンバー全員で「君を待っているよ 白い歩道橋の上で」って歌うの。「赤いサンダルー 君の素足の 眩しさにドーキドキー 好きだよ負けそう」って中々素敵でしょ。「人が見ているから口づけは一つで良いね」なんて、今聞いても何とも思わないけど、当時「人が見ている前でキスをするとはいやらしい」って思った気がします。
 なんて言うのか、どっか、「ずうとるび」ってイヤラシイという印象を持っています。
 おまけ、こんなblogがありました。それと、一応紅白歌手(1975年 第26回)だったんだっけ。本田美奈子より実績なさげな人達だったけど。



 さて、何も仕事をせずにあっという間に11月も終わりに近づきました。
 昨日、夜のバス停が寒かった寒かった。昨年以上に、こんな日々がまた毎日続くのか。そんな事をふと思ってしまった。
 そんなわけで、なんとなく、右側に、著作権無視のピコ猫を置いておきます。


(2005.11.23--09:30) 今日も二日酔い

 「(♪デビルマンの節で)あれは誰だ・誰だ・誰だ あれは姉歯 姉歯さーん姉歯さーん 建設会社の意図受けて 安全捨てて 戦う男」「(♪渚のシンドバッドの節で)コストをー 下げるテクニック 腹が立つほどよ 姉歯〜 震度5っと」と、最後は字余りだが、突如としてスターの座にのし上がった姉歯一級建築士。
 それにしても、7人殺しても未成年が殺してもスターになれないご時世に、ちょっとクライアント(勿論居住人じゃない)のためにサービスしただけなのに、どこのメディアも逮捕すらされていない姉歯さんを犯罪人扱い。浅野健一さんは何をしているのだ。セクハラなんて大目に見ろ! 減るもんじゃないんだからま〇こを触られるくらい我慢しろ! お前の貞操と人権とどっちが大切なんだ!
 やっぱり、あの真面目そうな人柄が人気の秘密でしょう。いかにもなビジネスマン。もう、視聴者も目立ちたがり屋の犯罪者には飽き飽きしたのかしら。また、名前の「姉歯」ってのもお茶目。「あねは」。読めませんよね、普通は。「アネハ・ボンバイエ! アネハ・ボンバイエ!」 姉歯には妹歯がいるのかとか、訳の分からないツッコミを入れたくなります。
 まあ、建築業界の事は分からないけど、「俺も毎日姉歯さ」なんて言ってる人、世間には多いでしょうね。
 だいたいね。アーチャリー正大師も「すべては すべては 無常なんだよ 普通の幸せに 執着しても 震度5の地震が来たら 今までの幸せも 泡みたいに消えていく」って、震度5とは言ってないけど、そう歌っているではないか。


(2005.11.21--23:50) (笑)って駄目とも。

 あと2日過ぎれば良いのか。そんな生き方、不自然だよなやっぱり。
 わんばんこ。
 最近、ずうとるびの「好きなんだ、好きなんだ、逆立ちしたいほど〜」を歌いたくて歌いたくて仕方がないのですが、そう言えば、山田隆夫の逃げられた女房って、イガ栗頭に殺された町田の女子高生と似てなかったっけ〜〜と思う今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 昨日のTBSの報道特集で、オウム真理教の少林寺拳法教室「功夫天下」てのを紹介してたけど、私、知らなかったですね、このサークル。
 なんていうのか、オウム系の最新情報、ここみたいなサイトではなく、西村博之掲示板とか、逆にメジャーな一般メディアに行っちゃいますよね。で、そういうのを後追いするのって、つまらないじゃないですか。自分がその情報提供に関与してるんならばともかく。
 ああいう風に先にやられると、案外悲しい。って悲しいケースが殆どだけど。
 あと、ちょっと気になったのが、番組中に出た空港の写真、うちのサイトにある写真と同じなんだけど、盗用・ピコでないとしたら、あの写真は.................な筈だから、そこからちゃんと借りてきたのだろうか。

 そう言えば、ネットでは散見する「(笑)」って表現を急に使いたくなくなってしまった。
 昔、本多あ勝一の本に、「うまい落語家は笑わせる場面で自分は絶対に笑わない。文章も同じで、悲しい場面では「私は怒りに覚えた」みたいな事を書くのはヘボ(大意、超訳ならぬ超大意)」、例によって原文に当たらず記憶頼りに書いたので、ひょっとしたら違ってるかもしれないけど、でも、その通りなんだよ。
 例えば、昨日の日記で言えば、「地球が回ってるわけないじゃないですか(笑)。」ではなくキッパリと「地球が回ってるわけないじゃないですか」。この方が絶対に良い。
 じゃあ、何故、私としたことが(笑)を多用するようになってしまったか。その理由はおそらく、冗談に取ってもらえないかもしれないから、だろう。
 しかし、考えて見れば、誤解したい奴は誤解させておけば良いのだ。そんな事で己が「良識」を見せようとする奴なんて、人間のクズに決ってるのだから。

 そんな感じで、一週間が始まりました。


(2005.11.20--12:00) 進化論ホント?

 さて、昨日はどうもありがとうございました。眠かったんで、根本敬はパスしてしまい申し訳ありません。営業をかけて無理矢理招聘したので、久しぶりの大人数でしたが、何か、全員が全員違った話をしてましたね。
 某女史に、「どうして森達也を批判するのか」と言われて、「そんなの、自分がああなりたかったからに決まってるだろうが」と素直に答えたのは、そんなに面白かったでしょうか。あと、宮下杏奈さんというリクエストが二人ございました。人気ありますね、彼女。
 そんなわけで、孕ませやり逃げ男に〇〇〇〇〇はペコペコしてたんだ。へ、と、これは独り言。いずれにせよ、今が旬の浅野健一さんに頑張ってもらって、「創」「週刊金曜日」を盛り上げてもらいたいものです。

 なんて言って、あと十数時間後にはいつもの日常が始まる。あーあ、乗り切れるのかな、俺。やっぱり不健康だよな、こういう生活。
onani
 と、今、二日酔いで頭がガンガンするする中、溜め込んだ週刊誌の必要ページを切り抜いて、不要なページを捨てているのだが、まあ、週刊誌なんて真面目に読んでないな、週刊新潮(2005/11/17号)に佐藤宣行さんの特集があったのに気がつかなかったし、ええと、それはともかく、論調は「ヤン=デンマン」とは違うけど、デンマンの後継者的存在になってしまった池田晶子の「人間自身」に、「進化論ホント?」ってのがあった。
 ご存知の方も多いと思うが、ヤソ圏のアメリカではこの問題は相当に重い問題で、進化論を教えるなとか、進化論の本を図書館に置くなとか、この種のトラブルは枚挙に暇がないそうだ。
 ただ、私がなる程と思ったのが、『「現代人は、科学として述べられる言説を、頭から「信じてしまう」。それを本当のことだと思ってしまうのである』という件である。
 それで思い出したのが、少々古い話だが、各種マスコミで、小学生の4割が天動説を信じているというのが話題にだった事がある。でも、地球が回ってるわけないじゃないですか。振り落とされちゃいますよ、回ってたら。ってのか、普通に考えれば、回ってるのは宇宙の方に決まってるじゃないですか。地球が回ってたら、乗り物酔いするに決まってるって。
 あんなの、コペルニクスとかガリレオとかいう金保さん紛いのデムパなインチキ牧師が言ったに過ぎないのであって、当時の正常な牧師は相手にしてません。地動説プッ。地球が回ってるってのと、尊師が空を飛べるってのと、どっちがデムパなのでしょうか!
 こんな事を書くと、「民主」的だけど無能な「学者」「知識人」が、「こういう非科学的な教育こそが、オウムに入る若者を産み出すのだ」なんて言いそうですが、馬鹿ですね、あなた。どう考えてたって、「地球が回ってる」なんて、小学校という権威で、無理矢理教えなければ実感で信じられる筈のない理論を信じ込ませるような教育こそが、「世間は犯罪者と罵る麻原彰晃こそが最終解脱者かもしれない」と思うような人間を生み出すのです!

 進化論もまた然り。進化論(進化仮説?)が正しければ、進化過程の生物が沢山いても不思議じゃないのに、私は見たことがないですね。人間のみならず、他の動物も一匹も進化しない。一匹ぐらい進化途中になってくれたって良さそうなものじゃないですか。
 進化論が本当ならば、「カブトムシ、生存競争に勝ち抜くために、クワガタムシ・スタイルの鋸を装備するために進化中。10年後には、錆びたカッターナイフのレベルの鋸を装備する予定と専門家は語っている」とか、朝日新聞に載る筈です。
 やっぱり、神様がアダムとイブとを創ったか、エロヒムが創ったんでしょうね。その方が自然です。一部の学説によれば、エロヒムが現存地球人を創ったは良いけど、それ以前に地球には、「神様」という人が創った「アダムとイブ」の末裔の人間・ノンマルトがいたそうです。そして、エロヒムが創った地球人は、神様の創った地球人ノンマルトを虐殺し、ノンマルトは海に逃げ込んで........


(2005.11.19--12:00) みのもんた

 お恥ずかしながら、金曜日もしくは土曜日って、朝になると、「とりあえず今日が終われば休み」だという気持ちでいる事が殆どだ。そして楽しみの土曜日もしくは日曜日が来たら、だらしなく酒を飲む。
 そんなわけで、本日は、義理参加の人が多いかと思いますが、よろしくお願いします。ちなみに、ただ今下痢中。
 昨日ふと思ったけど、ダメモトで、キャンディちゃんと包丁妻に声をかけてみれば良かった。



 さて、セクハラの冤罪に苦しまれているMr.人権・浅野健一さん情報、皆様はお買い上げになりましたでしょうか。記事の内容はこのblogに詳しくまとめられております。よく見たら、反党分子日記(11/16)にもあったのね。「チモール云々」がなかったのが残念です。
 西村博之掲示板「浅野健一同大教授にノーベル平和賞を!」からのパクリ。週刊文春に揶揄された「セクハラが起きるのは、警察権力機構がメディアより強い立場にあるからだ」の論文です。
 ま、冷静に考えれば、どうでも良いような話なんだけど。
minomonta


 それほどネット上でも有名でないみたいなので、「ネットで拾った変なもの」ネタとして、とりあえず貼っておきます。
 紅白の司会、おめでとうございます。
 みのもんたーのワイドナンバーワーン、なんて、誰も知らないか。何しろ、そう書いてる俺もうろ覚えだしね。



 エロビデオ。
 現役中学生に口汚く罵られたい、だそうです。
 私は罵られたくないです。でも、オッサン、あなたを買うくらいの金はあります。ま、それは良いけど、どう割り引いても、「AVの中学生」にすら見えませんのですが。



 以上、オウムとどこが関係あるかと言うと;........


オウマー日記(2005-26)

(2005.11.18--07:00[同日誤字修正]) 無題

 「高校女子更衣室からかばん窃盗容疑、自衛官を逮捕」、犯行の動機について「所持金がなくなり、金がほしかった」と話しているそうですが、動機は本当だろうか。それにしても、こんな事件で公務員の方の実名を晒すとは、浅野健一は何をしているのだ。
 そんなわけで、明日のオルタナティブな愛読者会(?)はよろぴくお願いします。場所は新宿。飛び入りしたい方、明日の昼までにメール下さい。無理矢理人を集めました(苦笑)。



neko  さて、ちーこ板も終わるようだが、もはや、って感じですよね。
 だって、事実上あそこと〇〇〇〇のところとは同じだし、彼女が良心的に始めただろう「運動」は論理的に破綻して広がりようがなかったし、彼女が苦しいと思ってたのならば、未練がましく最後に投書など募らず、いっそすっきり閉鎖した方が良かったのに、と思った。
 だって、あの掲示板、ある時期から、ここの読者にはお馴染みの「悪意の島田裕巳」みたいなセンセとか〇〇〇〇とかが主流になってしまったし。ま、彼女、結局、そういう外部の人からしつこく言われて、自分を見失って、気がついたらルビコン川を渡ってしまったように外からは見えました。
 個人的には、私は〇〇〇〇よりも「悪意の島田裕巳」の方が問題あると思いますけど。例えば、オウム真理教に宣伝してもらったカントクさんに取り入って、若い人をたぶらかすとか。ま、その際には、と。
 それに何か嫌いになれないんだよ、〇〇〇〇って。



 し.......しまった! 週刊文春にこんな記事があったんだ! 買っていなかった!
 「人権擁護派」浅野健一同志社大教授 「学内セクハラ」を被害者が告発! ってことは、いよいよ、秘〇〇〇.........(以下省略)もやるのでしょうか。
 でも、こういう人権侵害日記を書いてて何だけど、浅野健一とか向坂逸郎とかって、どっか面白いですよね。



 それにしても、オウム系ネット、読むとこないね。まあ、「サリン撒いて死刑になっても」が、たかだかニセ被害者にヒステリックに反応してるんじゃね。それにしても、今ならトップだろう大林クラスが中堅扱い(なんて言ったら大林さんに失礼ですね)だった昔が夢のようです。
 i-modeペド豚、あんまり意味がなかったな。だって、貼るべきリンク先がないんだもん。
 なんて言って、ここも「読む価値少ない場所」の一つかもね。
 もっとも、そんなこと言ったら、読むとこゼロか。
   仕方がないので、久しぶりに著作権違反の猫画像を置いておきます。


(2005.11.17--06:40) 無題

 いよいよ寒くなってきましたね。これから、忙しくなります。乗り切れるのかな? 睡眠時間8時間は不可能。医者は教育入院って騒ぐし。
 それにしても、このところ、俺、人生投げやりになってないか?
 いずれにせよ、私の「大辞典」も、森達也みたいにオウム真理教の組織・人間を使って自分の本を宣伝しておけば良かったでした。その方が正解なんだね。
 ふと下らない事を思ってしまった。「薬丸裕英は儲けもの」なんてこの日記で書いてるけど、石川秀美も慧眼だなって。だって、薬丸裕英とくっつくよりも、テレビ局の助平なディレクターにさせた方がどう考えても得策なのに、どう考えても将来なさそうな薬丸とくっつくとは、なかなか世間の女性では出来ないじゃないですか。今のワイドショーの顔になる素質を彼女は見抜いていたのかしら。
 もっとも、単に幼い恋がブレイクしてしまったのかもしれないけど。
 逆に男の方も、「俺は絶対にアイドルとやる」っていうエリートの男はいないのかね。いても中小企業のオヤジとか、そんなのばっかりじゃん。大学教授とアイドルとか、経済産業省のキャリア組とアイドルとか、聞かないよね。
 やっぱり女性アイドルも芸能界の人間、うまく玉の輿に乗ろうなんて考えず、村の掟に従った方が幸せになるのかな。
 あ、もう時間だ。


(2005.11.16--06:40) 分かってるのさ。

 昨日の続きです。
 だいたい、俺、この前入院した時に悟ったんだよ。教育入院したところで、分かってるのさ。その時だけは真面目にやって、出てきたその時から飲み始めるって。でも、まさかそんな事、言えないもんな。
 でも疲れた。心身とも。しかし、ウルセーな今度の医者(女医)は。前の患者にも同じ感じだったな。聞こえるんだよ、待合室で。そもそも、一年に二回も入院できないよ。
 お陰で滅入ってしまって、土曜日のオルタナティブなオフの会場、まだ取ってないじゃないか。

 「メディアに中立性はありえない」って、さる大辞典は中立で書かれてないからとかで、帯を書かなかったくせに。全く、お前を批判した部分(しかし、今読んでも全く色あせない素晴らしい文だ。これ以上のゲロブタ論、ないよマジで)をカットして損したよ、俺の紛い物に過ぎないクセに文化人気取りの森達也め。それにしても、永岡弘行はいったい何をしているのだ。
 でも、この上の、「まだ水曜か…」ってのは良いよね。

 そんな事を書いていても、時は着々と進む。私の前には、破滅に向かう終わりある日常が待ち構えているだけ。
 さて、またいつものような一日が始まる。日々の食事をメモする毎日が........


(2005.11.15--17:00[16日微修正]) 休日なのにいつもよりも疲れた

 今朝は我ながら自分の馬鹿に笑ってしまった。
 二つ下の11/13の日記の表、Excelの表にしようと思ってね、んで、「栄養なんとか師」に見せるために今朝印刷しようとしたら、プリンタがポアしてやんの。寒さでボロプリンタのインクジェットのインクが死んだかと思って、たまたまあった替えインクに取り替えてみても駄目。
 でも、このいい加減な「我が食事の履歴」ですら、私にしてみれば、人生の貴重な時間を費やしてメモしまくったもの。どうせならば、「栄養なんとか師」に見てもらいたいじゃないですか。
 今日の病院の予約は8時30分。ただ今8時です。
 何とかこの3週間くらいの苦労をお見せしなければ。
 プリンタはあきらめて、仕方がないんでフロッピーディスクに入れよう、どうせ病院に行けばPCがあるので印刷できるだろう、と思ったけど、USBで外付けのFDDが見つからない。
 どーしよう。今日は8時30分の約束だ。ただ今8時10分。どうしましょ。
 Zaurusに転送して、その画面で見せるか。お、俺、頭良いじゃん。それいこっと。あれ、何故か転送できない(未だ原因不明)。わーわー。8時20分。仕方ない。パソコンを持っていくか。
 んなわけでカバンの中にぱそっちを入れる。あれ、もう8時30分。病院に走りましたね。

 んで、要するに、酒を飲んではいけないと。んな事は分かってるって。それと、コレステロールが上がってるらしい。肉を食うなって。それも分かってるって。
 しかし、さすがに金を取ってるだけあって、今日は面白い話が聞けた。
 一日に400gの野菜を採れ。両手でお椀を作って、そこに野菜を盛ると150g。そんなのは面白くなかった。
 えーとね。揚げ物を作る時に使う油とか、飲料水とかに、よく「ヘルシー」とか「ノンカロリー」とか「ダイエット」とか書いてあるじゃん。ダイエットコーラとかさ。で、そういう表現を使うためには、ちゃんとした基準があるんだそうです。
 んで、「油」と「飲料水」とでは、その基準が違うんだそうだが、折角、金を使ったんだから、これ、ICレコーダーで録音しておけば良かった。だって、どうせgoogleれば出てくると思って正確にメモしてないくて、家に帰って「ダイエット ノンカロリー 表示 飲料水 油 ヘルシー カロリーゼロ %」でgoogleっても、その基準値が書いてあるページ、出てこないんだよ。
 で、その後に自称「しゅじい」に診てもらったら、またもや「教育入院の勧め」。うぜえんだよ。何か、「金〜日」の短期教育入院もあるんだそうだが、ちょと前の入院で分かったもん。俺、その時だけは真面目にやるけど、退院したら一時間後に酒飲んでるって。
 でも教育入院だか措置入院だか知らないけれど、密かに一度はしてみたいと思ってます。教育と称して、メ〇ラ・足が乙武・人工透析の人のビデオを見れるのか、と。

 と、訳の分からない事を書いてるけど、とにかく心身ともクタクタなんだよ。
 もう寝たい。
 今日、11/19のオフ会の会場を確保するつもりだったけど、何もしてない。


(2005.11.14--06:30) 夢の中へ

 欽ドンの「レコード大作戦」と鶴光の「その時君は」とどっちが先発だったかを思い悩む今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
 でも俺、「クソー、プロ野球さっさと終われ」と思いつつ結構聞いてた割には、欽ドンのギャグって殆ど覚えてない。「レコード大作戦」でなくて「数字の美学」(だったっけ)で、「01010101」が、「ちくわを縦横に並べた」ってのは面白いと思ったけど。でも、これだって、他人が作ったんだよね。
 やっぱり鶴光の方が覚えてるよ、俺は。「その時君は」で、山口百恵の「あなーたのー〇〇〇〇が欲しいのです」で、〇〇〇〇の部分に三波春夫の「おまんた〜」をかけるの、後にこのコーナーの定番になったけど、最初に聴いた時に、そのストレートさに笑ってしまった。確か、その時、ゲストが夏木マリで、彼女が偉く評価していた(笑)。それとか、「その時君は」じゃないけど。「あーいーもっとくみこ」とか「おめぽん、おめちゃー、おめこー、おめこ、はっ」とか「ねさらせー」とか「乳頭の色は」とか「注射したろ」とか、即物的というのか本能のままというのか、英和辞典の「SEX」で興奮するようなやりたいざかりの若い衆(って、当時の俺)のハートをガッチリと押えてたけど。



486876 ネットで拾った変な写真。
 つうか、これ、何をやってるんでしょうか。
 私には笛ラジオの練習にしか見えないんだけど。



 何か凄い夢を見た。どうもアメリカに行ったらしい。で、高層ビルを眺めてたら、飛行機がビルに激突しそうになる。「お。ラディンの再来だ」と思いカメラのシャッターを切る。撮影成功。今度は別のところでも、しかも自分の間近でビルに激突。前回の撮影でカメラのフィルムがなくなっていた。フィルムを入れ替えなければ、あれ、うまくいかない。こんなの簡単なはずなのだが。そのうち3機めがまたもやビルに激突。暫くすると、街角に銃声が響く。飛行機自爆テロを決行した連中か、ゲリラがビル街の射殺を開始したらしい。逃げろや逃げろ。
 でも、夢の中とはいえ、飛行機がビルに激突するシーンは豪快だった。



 約二名さまから「秋山登さんは、まだ裁判中でさるところにいらっしゃるのでは」と言われました。そうかどうか知らないけれど、フリーメールでもないので、また苦情でも来たのだろうと素直に信じたんだが。ま、どっちでも良いんだけど、いずれにせよ、対応は下の通り。


(2005.11.13--07:00) 食品交換表

kondate 栄養指導というのはですね、この左の表を毎日書かなければいけないんだそうです。
 例えば「チキンソテーのガーリックソースの定食」を食ったとすれば、「献立名」の「食材名」と「分量(g)」のところに、「鶏肉150g、にんじん30g、レタス30g........」と、味噌汁の具のレベルまで書いていく。こんなもんやってたら、時間がいくらあっても足りないでしょ?
 その横の「表1〜表6」ってのが、いわゆる「食品交換表」。なんて話、誰も興味ないか。

 わんばんこ。
 「この歌はこんな風に聞こえる〜」じゃないけど、笑いの王様・二ノ宮ソングの「極限・極限・きょーくげん」の次が、「親類さえ布施できるかね」と聴こえたのは、果たして私だけだろうか。でも、こっちの歌詞の方がオウムらしいでしょ?
s-teisei そんなわけで、久しぶりに、意味不明の不謹慎書類の一部(戦前編:クリックすると全体が出てきます)です。
 「正誤表の訂正」だそうです。
 堅気のサラリーマンにとって、一番恥ずかしい瞬間ですね。
 ところで皆さんは、真理の世界では、「極厳」と「極限」とをどう使い分けるかご存知だろうか。知らないでしょ、って、知ってても何一つ偉くないけど。
 っうのか、こんな漢字遊びで可愛い女の子とやり放題なんだね。尊師、頭良いね。

 そう言えば、剽窃ゲロブタ作成映画の主人公を務めた秋山登さん(全く、俺も出てみたいものだ)と同一の名前の人間から、何やら苦情が来たようだが、どうしましょうかね。
 この種の苦情、実は何回かあって、そのケースそのケースで自分なりに適切な処理をしてきたつもりだけど、この人の場合は、どう言ったところで、ゲロブや岩本たろちゃのひも付きの、いわば派閥がらみ・政治がらみの人だからねえ。
 んなわけで、文句があるなら、親分でもあり貴方を再起不能にした張本人でもあるブタつや経由で交渉して下さい(笑)。
森達也

(2005.11.12--06:40) 久しぶりに中2日

 AV界の巨匠・宮下杏菜さんに嫌われた(笑)。
 でも、私の捻くれ根性だけは生涯治りそうにないのだ。
 だから、今後も、例えば山口百恵を、『「花の中三トリオ」と呼ばれながらも、アイドル性で桜田淳子の足元にも及ばず、歌唱力では森昌子とじゃあ比較にもならないセックスが売り物のエロ歌手なのに、メディアの力で大物になっただけ』と呼ぶだろうし、その山口百恵を必死にピコして、それほど歌もうまくないのに「歌唱力がある」と称する「うんとエッチな自殺っ娘」中森明穂のお姉さん(今頃、妹に「お前なんか姉じゃない」って言われてるでしょう)の悪口も平気で書くでしょう。
 そんなわけだから、スキャンダルしか能がなくなった中森明穂のお姉さんは好きです。

 最近、本業の創作活動(要するにこの日記を書くこと)のために時間が捻出できない。
 まず、最近は6時の目覚ましで眼が覚める事が多くなってしまった。
 ちょっと前までは、6時には既に目が覚めていたのだが。朝の時間にチョコチョコとこの日記を書くことが出来た。どうも、「8時間睡眠病・何時間でも寝ていられる病」にかかってしまったようだ。
 どうするんだろう、これから忙しくなったら。電車の中で寝たら「オウマー日記」書く時間がない。
 それに、その電車内で、もう一つやらなければならない事ができてしまった。前にちょと書いたけれど、「栄養指導」とやらで、食品交換表というものに基づいて毎日の食事を記入するように言われているのだ。  これが案外手間。「ハンバーグ定食」と書いては駄目で、「ハンバーグ150g、キャベツ100g、ニンジン20g、みそ汁(みそ何g、とうふ何g)、ごはん........」と書いていかなければ駄目なのだ。しかし、そんな事をやってると、この作業だけで1日が終わってしまう。そんなことしてる暇はない。でも、仕方なく、とりあえず毎日の食事をメモしているのだが、そもそも、「重さ」なんて分からない。
 それでも、できるだけ医者に見せられるように、「キャベツ小山1」みたいに簡略して書いているのだが、それでも相当に時間を食う。
 朝も駄目、電車の中も駄目では、私の創作活動はいつやれば良いのか。
 ま、夜の酒の時間を削ればできるのかもしれないが、そんな事が出来れば栄養指導などという状況に追い込まれる訳がないではないか。

 そんなわけで、中二日のお詫びでした。


(2005.11.9--22:50[10日微修正]) らっ たっ たっ

 やっと我が唯一の友達Zaurus君が戻ってきてくれた。長い間入院お疲れさまでした、もう落とさないからね。って、早速やりそうだけど。

 しかし、日曜日にサイトの表紙で速報しておきながら、こういうことを書くのも何だけど、お前ら、そんなに本田美奈子が好きだったのか? 本当かよ。だったら生前に入院した際に(結構派手に報道された筈)、「頑張れ、美奈子ちゃん!」ってもっと応援してあげたって良さそうなものじゃないですか。
 「ミス・サイゴン」って見ました? 私、全然興味なかったけど。「おとなの りくつね」の次は? え、俺ですら分かるぜ。何でこんな有名な一節が出てこないんだ!
 彼女、「まりり〜ん」以外はそれほどヒットしてない筈です。それも、朱里エイ子の「北国行きで」クラスのヒットだった筈。もちろん歌唱力はエイ子たんの方が上。
 アイドルの本来機能であるズリネタとしても、セクシー系なので、オナニスタにとって、あのキャラはコキにくい。少なくとも私はオナヌィした事がない。
 本格派としてもイマイチ、オナニーツールとしてもイマイチ。イルドル(Ill-dol)石川ひとみを越えるキャラになれれば良かったのだが。
 つうか、なんかシラケるんだよね。ああいう騒ぎを見てると。そんなに人を酔わせた芸能人には思えなかったのに。なんて言って、自分もさんざんやってるんだろうな、死んでからの「にわかファン」。
 なんていつもの調子で不謹慎な事を言ってるけど、冷静に考えれば、死んでにわかファンを作れないような奴は、芸能界の中堅(中堅サラより遥かに格上)で活躍など絶対に出来ないのですね。
 そういう意味では、確かに彼女はプロでした。サラリーマン的な意味で。


(2005.11.8--06:40) SKi

 先週金曜日に出たアカ雑誌週刊金曜日に、世紀末カルトアイドル・SKi(制服向上委員会)が出てるんで笑ってしまった。何か、知らぬ間に社会派アイドル(アカドル?)に芸風を変更したらしいのだが、週刊金曜日の編集部は、ブルマはいて「花(はるのーうららーのー)」を歌うような彼女達の本来の芸風を知っているのだろうか。ま、知らない振りをしてるけど、男はみんな知ってるだろうな。
 でも、今、SKIのホームページ 見たけれど、どう見ても女子大生キャラだぞ。根本的に制服着てないじゃん。人数も少なくなったし。でもすげえな、これ「日本ベトナム平和友好連絡会議(JVPF)第6回理事会総会、及びベトナム開放30周年祝賀会出席」だって。SKi基金って、いくらなんだろう。彼女達が援交して基金を作るのかな?
 そういえば、昔、初代のSKi(それこそ95年当時だ)の頃、やったらSKiのホームページがあったけど、あれ、何だったんだろうな。その頃、何かの本に、「外国人が見たら、SKiってのは日本ではさぞかし人気のあるグループって思うだろう」旨書いてあって、笑ってしまった。
 それにしても、気が重くなるような仕事が今日もいっぱい。
 前から「説法館が死んでる」って苦情が殺到してるんだけど、全然手付かずだ。ごめんなさい。  と、オウムと何一つ関係ない話でした。


オウマー日記(2005-25)

(2005.11.7--06:40) 疲れました

 江川紹子のおばけちゃまだって、オウム以外であれば、二元論的発想は良くないんだそうだ。ブタツヤ好きのいわたろも人権屋さんも、二項対立・勧善懲悪は良くないらしい。しかし、どう考えても、ご両人とも「絶対正義は我にあり」である。
 逆に、森達也なんていなくても、d5656だって大林だってフミフミだって磯だってなかみゅ(笑)だってAムッタだって、否、ヨンパチに参加していた非信者の殆どが、それどころか、河上イチローだって☆ひめ☆だって、二項対立から自然に当然に逃れていた。
 だからこそリアリティーがあった。
 しかし、今じゃ奴隷の言葉がネットを被う。うかつに飲み屋で「島田裕巳の事件はおかしい」なんて言えば、Y氏あたりが「う〜! う〜!」と1万円貰っても聞きたくないことを話し出す。逆もまた然り。私は「A2よりもAの方が、白い服を着た変なのがウヨウヨ動くので、人殺し集団を興味本位で扱う主題にも合致してとても面白かった」のだが、そんな事うかつに言えば変な政争に巻き込まれる。
 そんな状況がネットまでを被う。
 そして、そもそも、もう、このページを読む人も、実はそんな議論で良いと思うような人しかいなくなってしまったのだろうか。
 秋山登の件に関しては、脱会しようが中と協力してるんだし、そもそも、人権という視点からすれば、既にお茶の間のアイドルになってる荒木浩と異なり、無名の男の顔と本名を映画で晒しまくった男こそが何よりもの犯罪者である。一方、95年当時の親の敵だった筈の別件逮捕も共謀共同正犯OKも、さっと手のひらを返しての破防法反対も、アカのご都合主義である。これが普通の意見だろう。
 でも、そんな事は言えない。
 「う〜う〜」「ぷびゃぁ!」
 もう、こんな人に語りかけるしかないのか。


(2005.11.6--18:40) おまけその3

 で、報道特集が終わって4チャンネル(日本テレビ、関東方面)見たら、北川和美さんが出てるではないか。しかし、この基地外女、タレントになりたいなんて言ってるんだけど、こんなのをタレントとして使うんだったら、俺の方がいいぞえ。


(2005.11.6--18:10) おまけその2

 今、6チャンネル(TBS、関東方面)、17:30からやってる「報道特集」を見てるんだけど、いやあ、松井武さん、荒木浩さんに醤油をぶっ掛けたみたいで、いじり方によっては、お笑いキャラとしてブレイクしそうでふ。
 それと、アーチャリー、黒タイツなんてはくな。パンモロ(顔つき)の撮影が難しいじゃないか。
 それと、「アーチャリーと昔は呼ばれてた」って、じゃあ、今は何と呼ばれてるんだって。


(2005.11.6--12:30) おまけ

 昨日、「朝日新聞読者はオウム信者と同じだ」という見出しに惹かれて、「WiLL」という月刊総合誌(←死語)を買ってしもうたんだけど、ね。これ読んでて、前に書いたオウマー日記で、右翼放送局by週刊金曜日だとかいう「日本文化チャンネル桜」の社長さんを、キョウサナー界の岩田鉄五郎・水島毅さん(もと全貌社社長)と紹介したけど、この雑誌によれば、「日本文化チャンネル桜」の代表者として、水島総さんとう人が紹介されている。
 んっ?
 水島毅さんと水島総さんって、親子かしら。それとも、週刊金曜日のミスかしら。それとも、単に私の見間違い・誤記かしら。っつうか、水島毅、そもそも生きているかいな。
 今のところ、当方には分からないので、とりあえず、「ひょっとしたら我が愛する読者にご迷惑をおかけしたかも」と思い、とりあえずのご報告をいたします。
 それと、どうでも良い話だけど、このWiLLって雑誌、村上ファンドのグルを「欽ちゃん」と呼ぶくらいならば、井沢元彦だって「三沢光晴」だと思うぞ。
 それと、兵頭ウザ。少なくとも、私は何一つ納得しなかったぞ。
 あと、ドサクサで書くけど、「同和利権の真相4」、もうやめれ。出版界の常識では、「柳の下にドジョウは2匹」なんだろうけど、四匹はいないように思われ。


(2005.11.6--06:40[同日誤字等微修正]) ネット世論

 うーむ。やっぱり変な夢を見る。
 黒線でおでこに卍のついた悪のウルトラマンが、通常の赤線ウルトラマンを捕獲して、処刑するために、ぐったりした赤線ウルトラマンを抱きかかえて空を飛び立ったかと思ったら、空から子供が沢山降ってくる。「子供も処刑されるのか!」と思ったら、何故か背中に風船がついて全員救出される。その後、何か謎の女子高生組織を覗き見してしまったら、その組織の刺客(笑)に時計状のブローチをつけられそうになったり、その後に王将餃子に入ったり........ どうも通常の精神状態ではないな。
 わんばんこ。
 グリコとチョコレートとパイナップルとでどれを出したら一番有利か、心理学者や数字者は、どこまで解明しているのだろうか。

 「タリウムちゃん、イマイチブレイクしないな。そりゃそうだろう。犯罪の世界では16歳なんてもはやオバン。それに、殺り損なってるんだもん。」なんて思ってたら、ジワジワとヒットチャートならぬネットチャートを上昇中ではないか。
 休日に逮捕報道がぶつかった幸運も重なったと言うべきか。いずれにせよ、なかなか健闘しているではないか。
 ところで、タリウムちゃんが乗ってる護送車を運転している婦警さん、可愛いと思いませんでした?

 どうもネット世論というのは、そう一筋縄に行かないものである。
 「2ちゃんねる世論とネット世論とは違う」という意見もあろうし、確かにネット全体となればyomiuri-onlineもasahi.comもあり、そういうものを含めた総体としてはその通りであるが、2ちゃんねる以前から「ネットの匿名性」は存在したし、そのネット上で、多くの市民がマスコミの意見とは異なる動きを取ったのも事実である。
 もっとも、世の中のアカの中には、「ネット、特には2ちゃんねるというところにはネット右翼が存在して、匿名性を利用して差別発言を行なっている」と主張する人がいるようである。
 しかし、前にも書いたけれど、西村博之掲示板で天皇制が賛美される事は殆どないし、オリンピック等の国民的行事であっても、「ネット外世論」よりも案外静かなものだ。逆に、オウム事件のように、マスコミ論調よりもネット世論が「左傾」するケースもある。また、イラク三馬鹿の時に関しては、妙にリラックスしたり服にゴミがついてなかったりetc、やっぱりあれは多くの人が首をかしげて当然というのが本当のところだろう。
 また、NEVADA以降、未成年犯罪者の正体明かしはあまり盛り上がってないし、(あれだけの大事件である)ビンラディン神風特攻隊の時にサヨ批判の嵐が起きなかった場合もある。
 そもそも、ネット右傾論を主張するアカの人とて、民族差別発言のような批判されて然るべき発言に怒っているのか、それを口実に左翼政党批判やそれら政党のダミー組織の「市民」団体の批判を封じたいのか、怪しい気がする。
 そういう意味では、ネット右翼はなくても、ネット反共というのはあると思う。オウム事件の場合、そもそもが江川紹子氏に自由法曹団とアカ主導だったし、ブーブーと森達也が登場するのと引き換えに、反オウムでない非イデオロギー系のオルタナティブな言動は消えて行ったのもそういう流れなのか。
 いずれにせよ、彼らのいう「プロ市民」の押し付けがましい意見には、ネット世論は過敏に反応する。自分達が折角得ることができた「言論の自由」を脅かすものには過敏に反応する。むしろ、こう言った方が「ネット世論」を適切にとらえているだろう。
 だから、どっかの詳論家がこの文を剽窃して、「古い左翼は2ちゃんねるの否定的な面ばかり強調するが、天皇制に毒されない等の健全な面もある」と朝日新聞で主張すれば、「私は皇室に敬意を払っている」の「ネット世論」「2ちゃんねる世論」が続々登場するだろう。
 っつうか(←ネット言葉)、ネット世論を本当に学問的に調査するならば、サヨみたいに2ちゃんをちょっと読んだだけの印象批判ではなく、具体的にこういう意見が何件あったかを無作為に抽出た上で分析しる。


(2005.11.4--08:00) 政治

 新聞あかはたページより。
 「やじうまプラス」(テレビ朝日系)では、各党のキャッチフレーズが紹介されジャーナリストの江川紹子さんが「(他党のものと)比べると、すごくインパクトがあるのが共産党で、『たしかな野党が必要です』と言いきり。言葉のニュアンスとしては共産党が一番インパクトが強いかなというか、分かりやすいです」と語り−−−−って、そうだったかなあ........

neko まあしかし、最近は森ブタツヤも日共ダミーの革新懇(まだあるんだ)護憲について熱く語ってるし、最近は日「共」スターリスト集団とニセ「左翼」暴力集団も案外仲よく時には共闘してますし、そのうち、「立場を超えて」とか言って、江川紹子のおばけちゃまと森ブタつやとが共闘して、何か若い人を煽ったり騒ぎを起こそうとするんですかね。そうなっても、私は絶対に興味を持たないけれど。
 しかし、そういう事だって十分にあり得ると私は思っている。大昔、西尾幹二の本に、もうすっかり忘れちゃったけど、国際統一政府なんて、宇宙から地球を侵略する宇宙人が現われないかぎり出来ないみたいな事を書いてた記憶があるけれど、ある意味真理だろう。

 まあ、北朝鮮もゴミなんか返さずに、ちゃんとした拉致被害者を返せとどれだけの人が思っただろうか。それにしても、「公安が北川和美さんに肉体関係を」とか、アカはうるさい限り。どう考えても、北川和美さんが公安に迫ったように思えるんだけど。
 もっとも、糞片で鯛を釣り上げられるほど、日本は甘くはないけど。
 でも、これが政治の世界というものなんですよね。
 ま、それにしても、我が愛する毒ガス殺人集団も、すっかりアカ色集団の政治的道具に成り果てたようです。


(2005.11.3--09:00[同日微修正]) 仕事のプロ

 昨日発売の週刊新潮に、「A派とJ派との抗争」に関する記事が載ってます。



 鉄道員(ぽっぼや)なる小説が流行ってた事は聞いていたがが、その時、どうせ一生読まないが、どうも好きになれそうにないなと思った。
 まあ、あの種の本や人物を評価して、左翼的人生観を否定するパターンは定期的に出てくるのである。
 こういうのをもてはやす連中に言わせれば、「従来の『労働は搾取・苦悩』の左翼的価値観から新しい考えに転換しなければならない。評論家みたいな考えを捨てて、仕事のプロになろう」みたいな感じなのだろう。
 アカが馬鹿なのはとっくの昔に分かっているのである。陰に隠れて若い人の意見・思想をコソコソ調べまわってるけど、バレて相変らず相手にされず、である。
 ただ、この種の仕事のプロ論というのも、論理的にどっか嘘というのか無理があると思うのだ。
 だって、そういう本を書いてる本人だって、サラリーマンなんて嫌だから物書きになったんでしょ。あなたの生き様そのものが、「名もなくとも、地道な一生は尊い」なんて嘘であることを、如実に表しているのである。
 そんなに労働が尊ければ、物書きなんてやめてどっかで社畜(←死語)を営めば良いのである。
 物書きにかぎらず、才能があったら、サラリーマンなんて続ける人なんていないに決まっているのである。資本家と農民とどっちが堂々と生きているか。資本家に決まっているのである。「援交よりもプロのルートコ嬢の技」なんていったって、男ならば誰だって素人女子高生を選ぶに決まっているじゃないですか(笑)。
 何ていうのか、「仕事のプロ論」というのは、本当は、仕事には面白いもの・価値あるもの・尊敬を受けるもの・収入の高いものとそうでないものとがあり、出来ればそういうカッコイイ評論家的立場になった方が幸福に決まっているのだが、それが出来ないので、「この世界では自分だってプロだ」と言って、自分を慰めてるだけなのではないだろうか。
 考えてみれば、その嫌われ者(実は嫉妬の対象)の代表者たる評論家の世界は、とっくの昔に実力だけの世界であり、スポーツ選手のようにほうっておいても勝手に勉強するし、誰もが当然のこととして、自分の仕事に誇りと情熱とを持っていて、仕事の苦しみと楽しみとを知っている。
 それとは逆に、例えばツムラでバスクリンを担当する社員って、野球選手や評論家のように、自己の仕事に誇りを持っているのだろうか。そもそも、入社前にバスクリンを世界の海に入れる事に壮大なロマンを感じる大学生などいる筈がない。
 否、生保だって損保だって、他業種に比べて高い社会的使命と生きがいを感じて入る人なんて、本当にいるのだろうか。銀行ならばともかく、「あー、全ての人類が生命保険に入れば世の中は幸せになるのに」と真剣に考える大学生って、私には思いつかない。本当は、「有名企業のブランド」「お金と出世のため」「落ちこぼれないようにするため」「そうしないと競争に負けるから」、要するに、世の中甘くないということだけなのではないだろうか。
 誇りを持ちうる仕事と持ちえない仕事とがあるのである。
 「私は経理の仕事に生きがいを持っている」なんて言っても、経理の仕事ならば、イメージクラブハレンチ女学院にだってある。しかし、やっぱり何故か一流企業の経理部を異動されても、誰もイメージクラブハレンチ女学院に転職しない。


(2005.11.1--06:30[同日深夜大幅修正]) あっという間

 に2005年も残り二ヶ月となりました。
 んなわけで、明日、ちょと仙台(笑)に行って来ます。

 相変らずですけど、11月19日の昼14:00頃(時間は多少前後するかも、場所は東京か神奈川のどっか、新宿か新横浜近辺か)に、当時のメディア状況に対して森豚なんぞよりも先駆的にオルタナティブ(笑)な言論をやってきた、と、一人で自惚れているけど誰も相手にしてくれないこの私の愚痴を酒を飲みながらメディアについて語りたい人、いませんですかね。
 まあ、「尊師が面白いことをやってくれたぜ、イエー。童顔の可愛い未成年の女の子を触り放題入れ放題、エリートの人生台無し、でも歌も踊りも楽しいし、みんなで眺めて楽しもうぜ。それにしても、江川紹子も弁護士も、言ってる事がアカ共産だし、かっこつけて正義面してダセエぜ。」「大体左翼の弁護士がポアされたって悲しくも何ともないじゃん。それよりも、あの外報部長、危険な香りがして素敵じゃない!」と言えば不謹慎で変人扱いされて、そう内心は思ってても「オウムを通して現代社会を見る。」etc、社民党系の市民団体が書いた古色蒼然たるアジビラレベルの右傾化批判にまぶしてを言えばアカデミー公認の大先生。ま、世の中そんなもんですけど。
 おっと、もう朝だ。最近、ギリギリまで寝てる上に、携帯で文章を書いているので、更新が空き気味でごめんなさいです。森達也


(2005.10.30--18:00) 下の「同日誤字修正」なんだけど

 あはあは、気がつきました?
 走る追証娘・野口みずきさんが受賞したのは「ガンジーなんとか賞」ではなくて、「アベベなんとか賞」じゃないですかぁ。
 だいたい、ガンジーはインド、アベベはエチオピアだよな。
 「裸足の英雄」→「裸足=インド」→「インド=ガンジー」ってな感じか。アホじゃん俺。
 アベベかあ。俺、でも覚えてるぞ。交通事故でポア寸前になったけど、車椅子でアーチャリーでなくアーチェリーやってるの。
 んなわけで、ごめんなさいでした。


(2005.10.30--07:10[同日誤字修正]) 尊徳神社

 下の写真は、前にこの日記でご紹介した「実話GON!ナックル」の別冊らしい「不思議ナックルズVOL.4」の表紙の裏に掲載された広告です。
hadou kaoまあ、この種の雑誌の定番モノですが、¥10.290も取るってのに、右上の写真を見る限りでは、大して願望がかなっていないように思えて仕方がないのは果たして私だけだろうか。波動石二つ買ってこの程度じゃあ、その金で風俗に行った方がマシと思うけど。



 おっはよー。
 既に話が古くなってしまったが、走る追証娘・野口みずきさんがアベベ何とか賞を受賞したという。
 オリンピックの時にも書いたけど、そもそも、あの女子マラソンというスポーツ、私にはドーピング選手よりも不健康に思えて仕方がないのだが。
 それはともかく、もし彼女がグローバリーでなく創価学会所属だったら、今以上に偏見の目で見られるだろうか、やっぱりそうだろうな、などと思ってしまった。
naoko しかし、マジな話、グローバリーと創価学会、どっちが清潔な団体んだろうか。まあ、どっちも人ぐらい平気で殺すだろうけど、金は持ってそう。金の清潔さも良い勝負に思えるけど。
 まあ、先物が景気がいいなんて話は聞かないから、企業としての信頼感は創価でしょうね。大体、潮出版とグローバリーと、どっちに勤めたいですか? 私は絶対に潮出版です。
 阿含宗とアルゼなんてどうだ。どっちが清潔なイメージなんだろう。何か前にも似たようなことを何回も書いてるけど、阿含宗=ビール密造教祖が堂々と囲碁の國際棋戦のスポンサーになってるんですね。そう言えば、ミカンの皮でニセ薬作った人ですら、一時期ロシアのオーケストラや陸上競技部を持ってたし。あ、薬物や兵器の工場も持ってたっけ。まあ、それに比べれば、グローバリーやアルゼ(将棋女流名人戦)の方がクリーンという訳か。それに、日刊ゲンダイに昔載ってたけど、今どき球団を買えるのはサラ金とパチンコだけじゃねえかと。
 でも、そういうものなのかしら。
 宗教を聖域にしてはならないと叫ばれて久しい。しかし、逆聖域にするのもおかしな話とい気がするのだ。美術館だけではなく、素晴らしい日本記録の樹立者が宗教界から続々登場しても、そうおかしくないと思うのだが。



 子供の頃、昆虫の王様はカブトムシで、カブトムシの方がクワガタムシよりも強いと教えられたけど、ノコギリがついてるクワガタムシの方が強いと思ったのは果たして私だけだろうか。
 じゃ、今日はこれまで。


記事検索
プロフィール

新人類

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ