避暑地の森の天使たち

おニャン子とは関係ありません。最近、敵が多いので、嫌がらせ対策でオウマー日記(http://sinzinrui.blog.fc2.com/)避難場所を作成したのですが、いつの間にかオウマー日記のバックナンバー置き場になってしまいました。毎週日曜日更新。

オウマー日記(2003-16)

(2003.6.4) 意味不明

 例えば、だ。
 俺と中原誠と麻原彰晃と山崎拓とで、だ。
 誰に一番抱かれたいか。
 んな訳で、新横浜駅KIOSKのデブドル・仲田さんにちょと萌えてるオジです。

 またしても、知らぬ間に日記を2日も空けたか。
 それにしても、ああも鮮やかに千乃裕子さん情報が消えてしまうとは、ね。まさに「消滅宣告」だな。パナ研ホームページ(何故か凄く重いです。肝心のタイトル画像のgifファイルが壊れているのが笑える)の「ここ」を見て、吹き出してしまったのは、果たして私だけだろうか。
 ま、三鷹駅で電車を倒した訳でもないし、仮に鉄塔くらい倒してても、いいかぁ。
 ところで、皆さんは、「子供の科学」の紙飛行機を作った事があるだろうか。なんて書いておいて、俺、「子供の科学」なんて読んだことがなかったっけ。

 う、今日は何を書いてるんだ、俺は。
 そういえば、どこもかしこも、女子高生の制服が一昔前の「女子高生キャバレー」みたいなミニスカになってしまったというのに、どうして男子校の経営者は、ギャルのあそこを濡れ濡れにするような制服を開発しようとしないのだろうか。
 なんだなんだ、ってなわけで、松井君の凋落振りに拍車がかかることを期待しつつ、今日はお終い。


(2003.6.1/2 トロント→カルガリーに訂正) ソーシャルヴィリー

 おっとっと。中4日だぜぃ。
 どもども、です。レインボーダッシュ4とウィングマンとって、似てないかなあ、と思う今日この頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

 29日はお招きいただいて、どうもありがとうでした。
 まあ、セクハラがあったかどうか知りませんですが、絵に描いたような「○○ゲ○○のしめつけチカンビーム」なわけですから、蚊取り線香にダイオードとアースをつければ十分追い払えるのでは。



 4日間日記を休んでる間に、俺的に一番面白かったニュース。
 「カナダのカルガリー大学がウイルス作成講座を開設予定で、それに賛否両論が起こってる」んだそうだ。
 すげえ講座を思いついたもんだな。
 でも、ある意味では、「大学って、やっぱり古いなあ」と思ってしまう。
 ってのは、今、「ネットの害悪」「ネットの癌」の主流は、どっちかって言えば、時代はウイルスよりもスパムじゃないかと。
 でも、どこかの経営学部が「宛先がバレずに効果的に優良顧客を創出できるスパム送付講座」を開講し、「今日は「電子メール広告社」「さわやか広告社」等、多くの企業を経営されているロリムトーさんにお越しいただき、「21世紀におけるわが社のSPAM戦略」についてお話しいただきます」
みたいな方向性の「悪の発想」には進まず、あくまでも、古色蒼然たるプログラム的なアプローチとしてのウイルス作成の方に頭が行くのだろう。

 そんな事を思ってたら、ソーシャルハッキングならぬソーシャルウイルス、ってのか、ウイルスのソーシャル化なんてのもあるよなあ、なんて方向に頭が働いてしまった。
 そうそう。ウイルスのソーシャル化。
 だって、そうじゃん。
 古くはvbs添付で一世を風靡した「I love you」から、ただ今人気急上昇・support@microsoft.comのFrom欄で、「本文は添付書類を見よ」旨が英文で書いてある最もトレンディなウイルスsobigまで、要するに、ウイルスの「性能」よりも、「開かせるアイディア」に優れたウイルスでなければ、世間には通用しないのでは、と。
 というのか、もはや、一世を風靡したnimdaと、ええと何だっけ、メールをプレビューしただけで感染するの、そうそう、BADTRANS系KLEZ系とか、自動的にインストールしてくれる初心者に優しい(?)ウイルスが主流であり、多くのユーザー側もそういう自動インストールタイプのユーザーフレンドリーなウイルスを「体感」しているので、手動インストールの旧タイプは、余程のアイディアでなければ、インストールしてもらえない。
 そういう意味では、SOBIGを作った人は頭良いですね。

 あと、話が変わるけど、大笑いしたウイルスがあってね。WORM_FIZZER.Aって奴。
 こいつ、感染すると、ウイルスバスターのプロセスをポアさせたり、勝手に他所にハッキングしにいったり、なかなか高性能なんだが、このウイルスの凄いところは、自動アップデート機能があるんだな。
 全く、何をアップデートするんだか。ってのか、面白がってるとしか思えないわ。
 「常に最新の定義ファイルにアップデートしないと、ウイルスバスターに検知されてしまい、FIZZER.A本来の機能が発揮できなくなくなってしまいますのでご注意ください」とでも取り扱い説明書に書いてあるのかな。 
 んで、セキュリティ意識のないユーザーさんもいらっしゃるので、アップデートは自動更新をデフォルトにしたんだろうな。「定義ファイルの無償更新サービスは1年まで、それ以上は有償になります」とかね。
 んで、「違法コピー厳禁」って書いて主張する作者があらわれて、「違法コピー厳禁って、自分でコピーしないウイルスなんてないだろう」って突っ込まれたりして。

 あ、絶対に高性能な奴のサンプル、俺のところに送らないでね。


(2003.5.26) 突撃会長

 千乃裕子って、カミキリムシに似てないか?
 カミキリムシって、今、いるのかね。昔、イチジクの木にへばり付いてるのをよく見かけたけど。
 千乃裕子を見てて、「○○○○or○○(○○・○○○)」の晩年を感じなかったか?
 パナ研、『☆ひめ☆の下僕』のセンスを、本気にしたでねえか。

 なんて思いつつ、それにしても、潮が引いた後のように、千乃正法情報、跡形もなく消えてしまった。寂しいなあ。
 なんて考えて、「誰も幸せにしない(事件前の)オウム真理教・幸せな人は誰も入らない(事件後の)オウム真理教」なんぞと思ってます。



 少々古い話ですが、突撃ですっかりお茶の間の人気者になった永世名人の中原誠さんが、5月23日の日本将棋連盟の総会にて、晴れて日本将棋連盟の会長になられました。

 ま、本日、酔いが回ってるんで、これまでにしますが、私には聞こえるのだ。

 山崎拓さんが日本の総理大臣になる、その日へ向かう足音が。


(2003.5.24) 事効論

 ども。
 空中浮遊のみならず、ダルドリーシッディーであっても、例えば厚さ10cmの柔らかいスポンジのマットの上----水中に浮かんだ発泡スチロールの上でも良いかな----でダルドリーが起きたら、是非とも全財産を布施してオウム真理教に入信したいと思っているオジサンです。
 誰か、挑戦しませんか?



 それにしても、5月15日以降、千乃裕子さん情報、急に沈静化した感じです。
 最初の頃は、何はともあれ「千乃裕子さんの顔写真を撮りたい」だったけど、報道が沈静化するにつれて、千乃正法のサマナ、じゃなかったキャラバン隊の本音とかが出てきたのが面白かった。
 「仕事でやってる」「早く帰りたい」「暖かいうどんが食べたい」etc..... それを聞いて、「俺達と同じ人間なんだな、彼らも」と思い、ほっとした人も多かったと思う。
 手許の週刊現代5/31号(今週の月曜日に既に発売されたもの)には、「白集団千乃代表が会員に「お仕置き」指令」となっているが、多くのサマナ----とつい書いてしまうな----ええとサマナじゃなくてキャラバン隊員の9割は、「予言や天界から発せられるメッセージは信じるが、ふだんのおかしな言動には疑問を持っている」タイプだそうである。
 そして、そういう人たちは、千乃裕子が「お仕置き指令」を出しても、実はサマナは----でいいや、もう、呼び方は----何もしないで、しばらく時間を置いて「終了しました」と報告してるだけだろう、という。

 ここら辺はどう解釈すべきなのだろうか。やはり「彼らの『まいんどこんちょろうる』が解けはじめている」となるのだろうか。何か違うような気がする。

 何ていうのいか、それほど深く考えたことではないのでは、であるが。
 世間一般にしろ、「まいんどこんちょろうる」な方にしろ、暗黙のうちに「教祖=全能者=神」と理解しているのではないだろうか。
 「宗教の本質は狂気」という俗論など、明らかに上述を前提にした典型だろう。

 例えば、である。
 人効論と事効論という言葉がある--------んだそうだ。
 要するに、「いくら木魚を叩こうがナムナム言おうが、やってるのがエロ坊主だったらそんなのはインチキ」ってのが人効論、「エロ坊主だろうがサリン噴霧坊主だろうが、ポクポク木魚叩いたりナムナム言ったりするのは神聖な宗教的行為」ってのが事効論、って感じだ。
 だから、「千乃裕子はkittyだけど、千乃裕子が下ろしてくるメッセージは本物」って思う人もありえるんでは、なんて思っているのだが。早い話が、池田大作のSEXスキャンダルを事実無根だとは、当の学会員だって思っていないでしょ?
 まあ、これはあくまでも仮定の話ですけど。それに、そもそも千乃正法、最近、組織分裂したとかいう話しだし。また、こんな事を書くと、喜ぶ馬鹿がいるのかしらん。


(2003.5.22) ザ・闇商品

 ええと、4/11の日記で、ちょとご紹介しましたが、当方の小銭稼ぎと自己顕示欲と飲酒のために(?)、秘蔵の不謹慎グッズを面白おかしくご紹介させていただける予定の「ザ・闇商品/宝島社」って本、もうとっくに出てたんですね。一昨日に本屋で偶然発見するまで、全然気がつかなかった。
 ってのか、てっきり、本くらい、送ってもらえるかと。何て書くと、俺、いつの間にか図々しくなってるな。ってのか、俺、少々メディア摺れしてるな。
 ま、実は、ギャラはもらえるだろうから、本を贈ってくれようがくれまいが、本当はそんな事はどうでも良いんだけど。

 んなわけで、「ザ・闇商品」、昨日、はじめて読みました。

 何か、ネタとしては面白いけど、細かいところで結構ミスッってて、一般の(?)読者は面白がってくれるかもしれないけど、このページをちょくちょく見るような100名前後の人?にとっては、ちょとアレですよね。
 例えば、「加行システム」の説明だけど、あれは、「値段表」じゃなくて、「回数表」だからこそ、紹介する意味があるんだわさ、ってな感じで、ねこ、ひめめめめ。

 あと、私もまずかったけど、です。
 あの記事で、俺、「グッズは買い取った」みたいに書いてある部分があるけど、あの本に紹介されたものに関しては、例のヘラクレスを筆頭に、「買い上げたもの」ってあまりなく、むしろダータでもらったものが多かったです、本当は。
 なんてのか、あの取材って、グッズを一山渡して、簡単にグッズの説明をして、あと、酒を飲んでヘロヘロ気分になって、ネットを始めた理由とか話して、それで「そういうグッズはどうやって入手するんですか」って話になって、「ひろったり、もらったり、まあ、いざとなれば金で買い上げたり」みたいな事を言ったんで、そんな風になってしまったのです。
 もし気を悪くした寄贈者がいらっしゃいましたら、ごめんなさい、とともに、今後とも何とぞ物的お布施を何卒宜しくお願いいたします。とともに、各種裏モノ系のメディア関係の方、また、機会がありましたら、チヤホヤして下さい、って、八方美少年な私でした。くそだね、俺。

 あと、実はどうでも良い話だけど、私、あまり「キワモノ」って表現は使わないです。大抵は「ゲデモノ」「泡沫」「B級」「アングラ」etc....と思います。
 ってのは、「キワモノ」って言葉、辞書的には、「季節の一時期だけに売り出す品物」であって、「ゲテモノ」って意味はない--------って昨日までは思ってたんですが、今、gooの国語辞典で引いてみたら、「一時的なゲテモノネタ」に近い用法でも、ちゃんと載ってましたね。ただ、あくまでも、「時期的には一時的な」のニュアンスは必要みたいです。
 ま、あれだな。
 「全然」を否定形で受けない用法(「全然嬉しいの〜」、etc.)等、ま、日本語なんて「使ったもの勝ち」「意味が分かれば、面白ければ許される」という部分が間違いなくあるのです。
 なのですが、ただ、その程度の「理論」が理解できずに、しかもマトモな日本語も書けないレベルのクセに、ただ単に自分が教わった教養体系が瓦解するのを恐れて、「近頃の若い連中の日本語はなってない」とかホザいてるアホ文化人が、「キワモノ」なんて言おうものならば、だ。
 ワシのような捻くれ者は、「なんだコイツ、格好つけれるわりには日本語も書けないでやんの」と、手ぐすね引いて待ってるんです。

 ま、何はともあれ、ああいう企画は楽しいなあ、と。
 それと、893のノベルティグッズは思わず欲しくなった(特にコップ)。  それとか、「犬訓練士」の流行語も生み、今の今日に、同じ事件を起こしたならば、1ヶ月はワイドショー・週刊誌を釘付けにしただろう関根元さん--------おいおい、殺したのはたったの4人だったっけねぇぇ--------について、漫画があってね。
 その漫画の最初の一コマ目に、関根さんから買ったワンワンの写真があるんだけど、ウヒョウヒョウヒョ、ですね。

オウマー日記(2003-3)

(2003.1.19) ショア!(その2)

 なんか、閑古鳥が鳴いてた偽真理チャットが、正月に入ってから、「かまくら佳樹さん」や「キャンディさん@エッチなし専業主婦にさせてくれる相手募集中」の巣になったり、そのおかげか、かまくらさんの掲示板も栄えたり、柴○○さん(http://k??k?2?.p?r?5.com/index.htm)とか、藤○○○さんなんて名前があったり(確かにそれっぽいけど、どうなんだ)、それとか手が沢山ある仏像とか、このところ、マイナーなところに、気になる面白い動きがあるようですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。



 そう言えば、剛竜馬「プロレス馬鹿」「ショア!」誕生の試合、私、後楽園ホールに見に行ったんだよ。もう、7年以上も前でしょうか。
 我らが極太親父は当然メインエベント。
 恐るべき宇宙からの悪のチャレンジャー・宇宙魔神Xと戦ったんだけど、恐ろしいことに、宇宙魔神、自分の手(手袋)に火をつけて、ファイヤークロー(!!)で極太ファイター・剛竜馬さんを攻撃しようとしたんだね。極太親父、危うし!
 そこで救援に駆けつけたのが、極太親父の盟友・ジェシー=バー選手。なんと、消火器を持って乱入、魔神の手袋に放射。あっさり消火されて、剛竜馬は危うく危機を逃れ、最後は極太パワー全開、宇宙からの恐るべき侵略者を仕留めたのだった。
 いやあ、宇宙魔神、わざわざ地球の外から後楽園ホールまで来て、熱かっただろうね〜。ジェシー=バーの乱入が間に合わなかったらどうしようか、さぞかし心配だったんでしょう。



 そう言えば、この大会では、高野拳磁も出場してたっけ。
 「この俺の勢いを止めたければ、北朝鮮行って、原爆を俺の胸にぶち当てて見ろ」だったっけ、もう昔の話なんですっかり忘れてしまったが、なんかそんなような物騒なマイク=パフォーマンスしててね。
 でも、なんか、本当に実現しそうですね。
 それにしても、「北韓は悪い国だ」って、前からずっとそうだったのに、どうして今になって、大騒ぎしてるんでしょうね。


(2003.1.18/同日微修正) ショア!

 元プロレスラー剛竜馬、69歳の老女にひったくり!
 ショア!
 いやあ、久しぶりに笑わせてもらいました。
 「逃げようとした剛竜馬を、男3人が取り押さえた」ってのも凄い。
 突進するボブサップを男が受け止めてる「腕時計のCM」のような光景を想像してしまったぞ。
 そりゃあそうだろう。いくら衰えていても、100Kgあるようなプロレスラーが突進するのだ。しかも、かつては藤波のWWF(当時はWWWFだったっけ)ジュニアのベルトを巻いた男だ。落ち目になってからも、「プロレス馬鹿」「ショア!」の掛け声etcでマイナーマット界の名物だった男だ。確かに、男3人がかりくらいでないと、とめられないぞ。

 しかしだ。それほどの大男が、おばあさん相手にひったくりするな。

 まあ、何ヶ月前だったか正確な時期は忘れたけど、週刊ファイトに、「剛竜馬が失踪した」とか、「博打好きで借金がかさんでる」とか、どういう事情か知らないけれどデカデカと載っていたので、それほど驚きはなかったが。

 むしろ、それを報道した東京スポーツ(左下に著作権侵害jpgがあります)が凄かった。

著作権侵害画像

クリックすると、更に著作権が侵害できます
 剛竜馬が生活苦で出演
 衝撃丸出しHビデオ
 極 太 親 父
 その凄まじい中身

 「Hビデオ」の字の下で、一所懸命「ショア! ショア!」としごいてる剛竜馬のプヨプヨしたお尻が哀愁を誘います。

 しかし、別に「極太親父」に出てシコシコしようが、「野郎四人衆」に出てショアショアしようが、「侍、一本。」に出て「超大物現役格闘家」として「衝撃のオナニー」をご披露しようが、「格闘家〜燃える肉弾〜」に出て「現役格闘家のオナニー」を収録しようが、とりたて問題ないと思うけど。おい、東スポ、ひったくりよりも「極太親父」の方が大事なのか! ってそういう新聞を読んで面白がって、こんな雑文を書いてるんだけど
 しかも、お前ら、プロレス新聞みたいなものだろうが。剛竜馬にだってお世話になってるだろうが。全く、アカホモの皆さんは、どうしてこういう連中を放っておくのか。「週刊金曜日」や「創」は何をしているのだ。

 あと、左下の「すぐにお答えします、あなたへのご融資---武富士」の広告なんだけど、「狙って」やってるように思えてくるわ。ってのか、タイミングが良すぎ。

 PRIDE社長のセル(フ)ポア(女絡みとか893絡み)とか、その前にはK-1脱税とか、更にその前にはFMW荒井社長のセルポアがあって、プロレス界も暗いのなんの。そして、全盛時には藤波辰巳のWWジュニアヘビーのベルトを強奪したこともあり、「プロレス馬鹿」としてインディの名物男だった剛竜馬さんが老婆にひったくり。このニュース................久しぶりに大笑いさせていただきました。


(2003.1.14) 努力について、再び

 「努力」って何か。
 要するに、快楽の先送りをして、より快楽を楽しむための姑息なテクニックじゃないかと。
 すなわち、今、本来したい「快楽A」を我慢すれば、より長期的に楽しめる「快楽B」を得られる、と。

 それを数値化すれば、である。
 「人間Aは、3歳から20歳まで遊びほうけて、1年当たり快楽数値10の人生を楽しんだ。そのため、21歳から40歳まで快楽数値3の生活しか出来ず、41歳で体を壊し、41歳から60歳まで快楽数値0.3の生活しか出来なかった。そして、61歳から65歳まで廃人(快楽数値0)で、66歳で死んだ」
 「人間Bは、若い頃から努力・苦労して、1年当たり快楽数値3の生活を3歳から25歳まで送っていたが、26歳で周りが騒ぎ出し、更に努力邁進し、26歳から40歳まで快楽値8の生活をした。41歳で努力が認められ、社会の中枢の人間で25年活躍、快楽値10の生活を行なう。66にて後進に道を譲り、20年間余生を快楽値2の生活を行い、孫に囲まれて死んでいく。」

 そして、である。
 その二人の「幸福数値」を計算すると
A:(10×18)+(3×20)+(20×0.3)+(5×0)=快楽値246
B:(3×23)+(8×15)+(10×25)+(3×20)=快楽値499
 ほーれほれほれ、若い頃に努力した方が、結局は得をする(いっぱい快楽を得られる)でないか。

 なんて具合に、機械的に「数値」まで書いて、こんな「幸福論」を書くと、「アングラ系」+「痛い系」に属する私のようなページを好んで読んでるようなごく少数の奇人変人でさえ、内心では、「え? それって、違うんじゃないの?」って、身構える人が、少なからずいるのではないだろうか。

 しかしである。
 「『その人の一生が、どれだけ幸福であったか否か』は、その人が生まれてから死ぬまでに獲得する快楽の総数によって決定される」という理論を、今の日本人のどれだけが否定できるのか。
 否、上述の「快楽」を拡大解釈すれば、世界の思想家のどれだけの人数が、おそら少なからぬ人間が嫌悪したであろう私の「幸福数値論」を、明快に否定できるのだろうか。


(2003.1.13/同日修正) 午後の恐竜

 まあ、○○○も○○○○の○○○○が○○○○○○○だけど、○○○○○は、○○○○○○も、あえて○○○、すなわち「○○○○○○○○○○○○○」のであって、一方○○○○○○は、「○○○○○○○○○」のであり、しかも「○○○○・○○○」って、そんな感じなんでしょうね。もっとも、こういう話は常に自分の真上にツバを吐く行為なのだが............あ、でもこの「伏字日記」、読む方は不愉快だけど、書く方は良い憂さ晴らしになるわ。
 何か不愉快な事があったら、また、これで日記を書こっと。



 意地とプライドと嫉妬心でイマイチ全面肯定できない「2ちゃんねる」って、なんかアレって、「ある種の『言論の自由市場としての理想のインターネット』を、実際に実現してみると、果たしてどうなるか」に関して、20年がかり(本当は2000年がかりだったりしてね)で到達した事実を、特別な地域を作って、早送りで実践しているんじゃないか、なんて、は、わんわん。 



 字を書くのが面倒くさいので、リンクで誤魔化します。
 しかも、あんまり面白くない、というのか、ハッキリ言えば、つまらないサイトの紹介です。

 http://www.assahi.com、だそうです。
 朝日新聞とソックリのドメインを獲って、「反日朝日」を糾弾するサイトです。
 しかし、である。独自ドメイン獲って、ソックリさんサイトを作った割には、中身がイマイチって気がするのだ。
 「assahi.com」を獲ったんだから、もっと頑張れよ、というのか、assahi.comを獲った以上、もっと世間を驚かせろよ、って言いたくなる。
 なんていうのか、assahi.comを取って反日朝日を叩くという凝り様(普通、それだけのためにそっくりドメインを獲るか?)といい、朝日新聞ソックリのページ作りといい、センスは抜群なのだ。
 しかし、例えば、「ここまでやる人ならば、トップに毎日『反共ネタニュース』を載せるんじゃないかしら」とか思ってしまうような気がする。
 コンテンツに関して、何か「徹底さ」と「執念」とが欠けているような気がするのだが。
 掲示板とかも、イマイチほのぼのしちゃって、全体とのバランスが取れてないし。


(2003.1.12/13微修正) ○○○○から○○○○○○○○○○☆

 ども、にしおじです。今、密かなブームの名古屋(って、人の悪口書いてるけど、BPS=BytePSも良い勝負か)のハルドワール、勧誘は相変わらず「インターネットで占いかなんかで勧誘して」らしいです。工夫のない教団だ。



 昔ならば、「面白ければ良い」とばかり、平気で書いてたことが、いろいろな柵があって、というわけでもないが、後々のゴタゴタを思って、書かないようになった。まあ、今現在だって、昔に比べれば、十分にゴタゴタしてるんだが........
 というのか、結局、昔と違って、イデオロギーから自由な意見が許されず、あっちかこっちかの単純思考しか許されなくなり、ゆえにあっちの悪口を書けばこっちを利するとなり、逆に、こっちの欠点を論うのはあっちを利するから止めろということになり、「暴言」「問題発言」が吐きにくい気がするのだ。

 例えば、○○○○○○とは、○○が○○○○○なんで、○○○に○○○○○も、○○○○でも、○○○○○も○○○に○○○という意味で、○○○○なんだ、要するに、○○○○○○○を○○○に○○○○○○○って、昔ならば絶対に書いていたと思う。○○といえば「○○○○○、○○○○○」というのも考えたが、さすがにそれはマズイか。もっとも、人前で「○○○○と○○○とどっちが○○○○○○」って言ったことがあるけど。
 ちなみに、我が○○○の○○○を○○○○したついでに、○○○○に○○○○○○○○○○できて、ほっとしております。
 なお、上記の○は全てデタラメですので、勝手な想像で○の中を埋めて、それを発言してとんでもないトラブルが起きても、当方は一切関知しません。

 ま、ネチズンなんて死語が跋扈してた時代と違って、一般社会とほぼ同じ層の人間が、一般社会とほぼ同じ割合でインターネットに参加している以上、当然に人間関係も一般社会と全く同じだ、と言われればそれまでだろう。
 しかし、この近辺を見ていると、現実を見ない、血の通わない、敵味方思考に縛られたロボットの言論が支配するように思えるのは、果たして私だけか。

オウマー日記(2003-12)

(2003.4.18) 携帯は片手落ちでもOK。

 しかし、「山田かな子さん@山崎拓・変態自民党幹事長の愛人」の顔って、何か既視感がある顔だんだよな。
 でも、誰かに似てるような気がするのだが、誰だか思い出せない。石坂啓でもないし、小森のオバチャマの若い頃でもないし。
 そうそう、ちょと前に、私がキム=ヘギョンを見たときに感じた「既視感」に近い感情を、彼女に感じてしまった。
 そういえば、キム=ヘギョンって、岩崎恭子に似てなかったっけ。似てないか、全然。
 そもそも、なんか、両者とも、顔を忘れてきたな。



 んなわけで、年甲斐もなく、ドカベン(プロ野球編47)を買ってしまい、「獅子丸が上原のスローボールに一回ハーフスイングをしてしまい、もう一回バットを引いてホームランしたが、最初のスイングで空振りを取られてアウト」のシーンを読んで、「それじゃあ、殿馬の『白鳥の湖』は全部三振じゃないの?」と考え込んでしまったおじさんでちゅ。



 Tablet PCかなんか知らないけれど、結局、携帯には勝てないと思う。なんて書いて、半年後にどうなってるか分からないけれど。
 だって、いくら小さくしたって、通勤通学中の電車の中では、キーボードを使ってバリバリ打ち込めないもの。
 両手を使うから、肘がとなりの人に当たるんだよ。すげえ顰蹙じゃん。実際問題、あんなもんを電車内で使われると迷惑千万だ。その点、携帯だったら、片手で入力なので、それほど迷惑がかからない。
 「携帯」の突出した優秀性って、片手入力だから、肘が隣の人に当たらないから、実際に電車の中で打ち込めるところなんだよ。まあ、入力量は少なくなるけれど、どうせ携帯メールなんて短いんだし。
 それと、最近では、WEBだって見れるんだから、高性能ブラウザとしか言いようがない。だいたい、パソコンだって、大抵は、インターネット機能があれば事足りるじゃん。

 結論。携帯の卓越した有能性・革命性って、片手で機械操作が出来る事にあるのである。
 例えば、変態、おっとっと、二人での性行為よりも一人での性行為を愛好するオナニーファンの方々にとって、「片手が自由」な事が、どれだけ有用な事か。
 何てったって、最近の携帯はカメラ機能までついてるのだ。
 通勤通学のお供に携帯を持ち込み、そうっと片手でミニスカ制服の女子中高生のパンツを盗撮。
 苦労して撮影した写真を鑑賞する際にも、片手が自由な方が便利なのは、男性であれば誰でも認めるだろう。そして、その写真をネタに、女の子に変質電話をかける際にも、片手が自由なのは、実に便利なのだ(笑)。


(2003.4.17) セパラドス

 「国生さゆり ああ夫が逃げた 2度の流産、全私財売却の末に上京したのに」という見出しをコンビニで見つけて、思わず女性セブンを買ってしまった私って、何なんだろう。
 それにしても、いつも楽しい話題を提供してくれる週刊誌記者の皆様にはいつも感謝している。今日発売の週刊文春には、あの山崎拓さんのご寵愛を受けた愛人が、本名(山田かな子)を名乗り、写真まで公開したが、なんか、彼女、欲を出して、「かえって自滅してないか」なんて思ったのは、果たして私だけだろうか。
 あ、どもども。おじさんでちゅ。

 岩手県会議員にトップ当選したザ・グレート・サスケさんが、反動勢力(笑)のファッショ策動により、「神聖な議会に覆面をつけるとはけしからん」とクレームがついて、一方、サスケに言わせれば「このマスクがサスケの素顔なんだ。マスクを脱いだら公約違反だ」とかで、ウケまくっている。

 思うに、覆面レスラー「ザ・グレート・サスケ」でトップ当選した以上、覆面議員のまま通すのが筋だろう。

 反対派議員に言いたいのだが、そんなに覆面を剥がしたければ、簡単な方法で、いとも簡単に実現できるではないか。
 みちプロのマットに上がって、サスケにマスカラ・コントラ・カベジェラ(覆面剥ぎVS髪の毛)を挑めば良い。「神聖な議会を守る」というのならば、老骨に鞭を打ってでも、戦う男のマットに上がり、サスケのケプラーダを体で受け止めてるべきである。
 たとえ岩手県会議員が全滅しても、心配するな。そうなれば、国政レベルから、馳や大仁田が駆けつけてくれるぞ。ま、大仁田じゃ駄目か。

 アカ風な考え方で、「公約を破ったらマスクを剥ぐ」ってのもある。もっとも、これもマスカラ・コントラ・カベジェラにして欲しいけど。なんて書くと、アカが見え見えな落ちを書きそうだわ。


(2003.4.15) アカ壊滅。

 平均的知能を持った人間ならば誰でも分かる事なのだが、マスゴミは目の不自由な奴ばかりなんだろうか。
 今回の統一地方選挙を一言で言えば、

 アカ色政党(爆死状態の共産党だけでなく、社民党もかなり減った)が見るも無惨なほどに壊滅的打撃を受け、大幅に議席を失った

 事であるのは言うまでもない。
 しかし、どういう訳か、あまりマスコミは指摘しない。

 その「国民の審判」の善悪はともかく、どうして新聞は、「有権者、共産・社民にノー」「日本中に広がる『アカはいらない』の声」「もう騙されない。拉致=共産主義」「名も無き庶民、戦争よりも恐ろしい共産に反対」「北朝鮮も日共も、共産は共産。土井は拉致監禁集団の手先。」....とはっきり書かないのだろうか。
 それ以前の問題として、朝日新聞が大好きそうな「進歩的」言論人の言い草を聞いてる限りでは、「アメリカのイラク侵攻やそれに追随する小泉内閣に名も無き庶民は怒りを燃やしている」のではなかったのか。
 もし、本当にそうだったら、自民党や公明党の議席は激減しそうなものだが、公明党なんて、公認候補が全員当選したぞ。おかしいなあ。

 それにしても、特に共産党の議員、落ちるわ落ちるわ。
 今回の選挙を一言で言えば、とも、アカ(共産・社民)が失った大量の議席を、各党が食い合った」形となった。これほど分かりやすく、国民の審判が下されたケースはないだろう。
 ちなみに、田嶋陽子に完敗した共産党の女医の県知事候補の顔、衆議院選挙出馬時の、ひげを剃った麻原彰晃にそっくりだ。

 世間は話題にしなくても、メジャーどころでも、どうせここだけは話題にするだろうと思って、信と帰依ある反党分子有田日記(2003.4.14)を読んだら、『開票速報で選対責任者の大幡基夫君がテレビで語っていたけれど、アクセントや言葉がまるで不破議長の「腹話術」』と書いてあった。
 ま、それも分かるけど、おそらく、一般ピーポーの感情としては、もっとハードで、「アカって、アナウンサーの質問に答えてないで、自分達の主張を叫んでるだけじゃん」って感じではないだろうか。
 何せ、一昨日の選挙開票速報、酔っ払ってラジオを聴いてたんで、間違ってたらゴメンだけど、おそらく、ポイントは外してないと思うけど、ね。
 市田とかいう奴だったっけ、NHKのアナウンサーが「今の状況について」と聴かれても、「わが党は........イラク侵攻........反対........オール与党........わが党の........はっきりしてきた」。しばらくして、NHKのアナに、「今回の選挙は、次回の衆議院選挙につながると思うのですが、そこら辺りを」と聴かれても、「わが党は........イラク侵攻........反対........オール与党........わが党の........はっきりしてきた」。
 あのさあ、「オーム、グルとシヴァ大神に帰依し奉ります」じゃないんだよ。いやいや。「オール与党」の連中だったら、誰だって共産党ほど悪質でなくてね、少なくともオウムくらいの理性と知性はあるから、「申し訳ありませんでした。完敗です。支持者の皆様、申し訳ありません。」「やっぱり、北朝鮮の問題がやはり『共産党』イメージ結びついたのでしょう。『ウチは違う』って言ってるんですけど、やっぱり信じてもらえないんですか。いずれにせよ、申し訳ありませんでした」とか言うぞ。



 あと、プロレスラー、おっとっと、ルチャドールのグレート=サスケが岩手県会議員選挙にてトップ当選。なんて話、書こうと思ったけど、眠いんで、また、次回に。


(2003.4.13/同日修正) おかあさんもいっしょ。

 今日は統一地方選・第一ラウンドです。
 まあ、知事系は無風っぽいし、特に、毎回お笑い選挙区的要素の強い東京都知事選挙が完全に無投票みたいなもの、お笑い系の泡沫候補も、フロッピーディスクを発明した(○○○○○○○○で○○○○○○○○○みたいなものか)ドクター中松くらい。

 ちょっと前に書いたけれど、昔の赤尾敏や東郷健が活躍していた頃に比べれば、随分と大人しいものである。
 というのか、どう比較したって、ドクター中松よりも、山崎拓さんの方がよっぽどゲテモノ度が高いではないか。政権与党が変態政治をやっているのに、たかだか発明政治では、話にならない。
何せ、天下の与党第一党の幹事長が、日本有数のウルトラ級ゲテモノなのだから、そりゃあ、ちょっとやそっとのゲテモノでは、泡沫ファンは、もはや驚きもしないのだ。
 それにしても、さすが自民党である。80件の幼女強姦を犯した高久博満さんや600人分のパンモロ写真を撮影した「アカい田代まさし」吉冨智道さんを除名させた日本共産党と違って懐が深い。
 しかし、冷静に考えてみれば、山崎拓さんの偉大な業績(飲尿・親子丼etc)・偉大な思想(堕胎するとSEXが良くなるetc)----リンク先はFLASH/653KBです----にも関わらず、山崎さんの人気はイマイチだ。
 折角の自民党批判のネタなのに、アカの皆さんもあまり熱心に叩かないし、人間汚物の皆様の誰かが、山崎拓さんの応援ページを作ってもよさそうなものだが........

 そういえば、メールアドレス収集ソフトでSPAMをばら撒き、首相官邸ホームページに荒らし依頼をした「月刊あれこれ」に、本多あ勝一先生や森達也先生による「石原慎太郎首相」待望論があったが、私は山崎拓さんこそ今の日本の総理に相応しい政治家であり、今、日本を救えるのは山崎さんしかいないと強く確信する者である。
 山崎さんが総理になれば、堕胎が公認され(公認どころか、SEXが良くなる行為として奨励される)、若い女性だけでなく、その母親のような女性も大切に扱われる。統一教会員への夜這い行為も国家的プロジェクトとして実施されるから、原理ギャルも性の悦びを知り(もしくは気持ち悪くなり)、統一教会を脱会する。浅見定雄は失業間違いなしだ。
 もっとも、首相権限で、貯水池に何やら「アンモニア水」を混ぜられるのがちょっと心配だが。
記事検索
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ