やはたの杜から (盛岡八幡宮)

 こんにちは、CO権禰宜です(^◎Θ◎^)


 今日の八幡宮の天気ですが、空には厚めのどんより雲。なんとかもってくれていたんですが、このブログを書いています15時半にはついに雨がぽつりぽつりと降り始めました。


DSC_0391



 この写真からやや左を見ると、参道石畳の申込み、及びY禰宜さんが代筆するスペースがございます。正面参道から見ると本殿前左ですね。


 
DSC_0392


 ↑その場所がこちら。

 石畳奉賛、代筆の申込みがあった時は、Y禰宜さんに代筆をお書き頂いて、それを写真に撮影しそれを同封して礼状をお送りしているのですが・・・。

DSC_0393

 この石畳、見た目でわかると思いますが
重いんです(笑)

DSC_0394


 ↑断面。結構な厚みがあります。

 お書き頂いた石畳はいったんこの場所の後ろの所に保存するのですが、約20〜30を持ってそこまで(といってもすぐ後ろ)行き、まだ何も書いていない石畳を持って再びお書きできるようにする。

 すぐそこなので距離の短い往復ですが、Y禰宜さんにお書き頂く量によっては中々の重労働になります。

 と、ここまで長々とご説明した理由ですが・・・。


 私がお休みの時に、その役目をHS権禰宜さんに代理いただいたようでして。しかも結構な量だった模様。HS権禰宜さん、ありがとうございましたm( ´_ゝ`)m




〜おまけ〜


 守札所の前にある、おみくじをかける紐なんですが。だれが始めたのか、鯛みくじの鯛が上に集中していてまるで赤の金の二色のアフロヘアーのようになっていましたので思わずパシャリ。


DSC_0395


 近日中に紐を新しくしなきゃですねー(´・ω・`)
Clip to Evernote

 こんにちは、CO権禰宜です(^◎Θ◎^)


 最近、しとしとと雨が降ったかと思ったら止むという天気が続いております。パッとしないといいますか・・・。


DSC_0386



 さてさて、皆さま。この中で一つだけ電球が切れているんですがどこだかわかりますか?


DSC_0388



 ↑簡単でしたでしょうか? 正解はこちら


@@@



 下拝殿はよく見ると意外と電灯が多く、それでいて他の電灯がカバーしているので注意深く見ないと電灯が切れていることに気づかない場合があります。


DSC_0387


DSC_0392



 違う角度からそれぞれ二つの写真でお送りしました。こうして改めて見ると、それぞれの柱に一つないし二つあります。


DSC_0389




 ↑問題の電灯が切れたところですが・・・。
 電灯のカバーは上に持ち上げると外れるのでカバーを外して〜。

 
DSC_0390



 電球を入れ替えます。一度替えればしばらくは切れる心配がない所が、LED電球のいいところです(。・ω・)


DSC_0391



 眩しくてうまくカメラに収められませんでした(笑)


Clip to Evernote

K権禰宜です。おひさしぶりの投稿です(爆)
いなくなってはおりません!!!
護國神社へ蜂の巣が2つ!
DSCF0548
DSCF0547
DSCF0546
DSCF0545

場所はここ!
DSCF0544


もう一つは!
DSCF0538
DSCF0539
DSCF0540
DSCF0541
DSCF0542
DSCF0543

写真がぶれる!
その理由は!!!
DSCF0536

すごい離れているから〜〜〜

Clip to Evernote

H権禰宜です。

昨日は、戦没者追悼平和祈願祭が斉行され、多くの御遺族の皆様に

御参列賜りました。

本日は、祭儀の様子をお届け致します。

203_8607
203_8609
203_8612
203_8621
203_8647
203_8601
203_8649
203_8672
203_8692
203_8704




Clip to Evernote

 こんにちは、CO権禰宜です(^◎Θ◎^)


 本日は、前々より準備をお伝えしていました戦没者追悼平和祈願祭を御斎行致しました。


 写真については後日投稿いたします。


 雲行きの怪しい中で行われました追悼平和祈願祭ですが、何とか天気はもってくれていたのですが、火焚き神事の際にぽつりぽつりと雨が降りました。


 しとしとと雨が降る中で、遺族の方々が戦没者の方々の名前が書かれている火焚き串を火にくべられていらっしゃいました。


Clip to Evernote

 こんにちは、CO権禰宜です(^◎Θ◎^)


 最近、パッとしない天気が続いております。降ったかと思ったら止んだり、朝だけ、夕立〜などなど。

 そこで突然ですがブログをご覧の皆さまにお聞きします。

 皆さまは『』の種類ってどれくらい言えますか?
 例えば、夕立、五月雨〜など季節、降り方によってたくさんございます。


 その種類をお伝えできたらなー、なんて軽い気持ちで調べてみたのですが・・・。


 
多すぎる(苦笑)


 古来より、日本の人々は農耕による生活をしていました。
 その上で、天候というのは重要視されており、その為に雨も様々な種類、表現で表されていたのでしょう。

 雨の降り方、季節の雨、雨に関わる言葉を軽く調べても百以上あります。


 今日は、その中でも季節に関わらない雨の降り方を表す言葉を紹介しようと思います。皆様は、いくつわかりますでしょうか?



・霧雨     霧のように細かい雨。

・小糠雨(糠雨) 糠のように細かい雨粒が、音を立てずに静かに降るさま。

・細雨     あまり強くない雨がしとしと降り続くさま。

・小雨     弱く粒の大きくない雨が、それほど長くない時間降って止む雨。

・微雨     急に振り出すが、あまり強くなくすぐに止み、濡れてもすぐに乾く程度の雨。

・時雨     あまり強くないが降ったり止んだりする雨。

・俄雨(にわか雨) 降りだしてすぐに止む雨。降ったり止んだり、強さの変化が激しい雨。

・地雨     あまらい強くない雨が広範囲に一様にふるさま。

・村雨     振りだしてすぐに止む雨。別名。群雨、業雨。

・村時雨    ひとしきり強く降っては通り過ぎて行く雨。     

・片時雨    ひとところに降る村時雨。

・横時雨    横殴りに降る村時雨。

・涙雨     涙のようにほんの少しだけ降る雨。また、悲しいときやうれしいときなど、感情の変化を表した雨。

・通り雨    雨雲がすぐに通り過ぎてしまい、振りだしてすぐに止む雨。

・スコール   短時間に猛烈な雨が降るさま。

・大雨     大量に降る雨。気象庁の大雨注意報基準を上回る雨。

・豪雨     大量に降る激しい雨。著しい災害が発生した顕著な大雨現象。

・雷雨     雷を伴った雨。普通は短時間に激しく降る場合が多い。

・風雨     強風を伴った雨。

・長雨     数日以上降り続くような、まとまった雨。




 以上になります。この他に、『春雨』『五月雨』など季節を表す雨の言葉はそれ以上あります。
 いかに、古来より雨と関わってきたかということですね。







 
Clip to Evernote

 こんにちは、CO権禰宜です(^◎Θ◎^)


 昨日とは打って変わって、青空が広がって気持ちよく晴れています。外を歩くと暑さを感じます。

DSC_0376


DSC_0377


 ↑いつもとは趣旨を変えて縦も撮影してみました。


DSC_0378



 ↑参道の中央の階段の脇より。


 昨日の午前中に行った準備の写真が無かったので、今日は昨日の戦没者追悼平和祈願祭の準備後の護國神社の様子。


DSC_0379



 ↑岩手護國神社の参道にあります、御由緒と祭日が書いてある看板。左側の御祭事の真ん中にあるのが15日にあるお祭りです。


DSC_0380


DSC_0382



 ↑足を立てたテント3張。火焚き神事用の窯(?)も置いてあります。

DSC_0381



 ↑新しく作成した手水舎の柄杓を置く竹を組んだもの。
 「古くなったし、新しく作ろっか」と言うなりノコギリと鉈と紐であっという間に作ってしまうのがK権禰宜の手先の器用さと凄さです(((( ;゚д゚))) 即断即決!

Clip to Evernote

 こんにちは、CO権禰宜です(^◎Θ◎^)


 今日のお天気は、雨は降ってないのですが湿気が多いといいますか。いつ降ってもおかしくないような感じのもやっとした天気です。

DSC_0376



 今日は午前中にK権禰宜さん、FH権禰宜さん、T権禰宜さん、HS権禰宜さん、Y出仕さん、実習生として八幡宮にお越しの三名様、及び私という大人数での作業をしました。


 ・・・作業の様子を撮り忘れまして、写真はございませんm(_ _)m
 どうか、お許し下さい(´・ω・`)


 気を取り直し、そんな大人数で何をしていたのかというと三日後に控えた岩手護國神社の戦没者追悼平和祈願祭の準備をしておりました。

 先日準備して足を畳んでいたテントを立てて、椅子の準備。及び岩手護國神社内の準備です。


203_2111



203_2121



 ↑これは去年の様子ですが、おおよそこんな感じになるように準備いたしました。

 写真を見てると去年はよく晴れていますね。やはりお祭りは晴れているのが一番なのですが、今年はというと・・・。


〜気象庁、週間予報より〜
盛岡  曇り  最高気温23℃ 最低気温17℃ 降水確率40%


 ええと、微妙?(笑)

 晴れてくれるのが一番ですが、そこまでいかなくてもせめて雨が降らないでいてくれると嬉しいです(*・ω・)

 



Clip to Evernote

 こんにちは、CO権禰宜です(^◎Θ◎^)

 今日の八幡宮はの空はよく晴れています。気温は高めですが、七月の半ばに比べたら30℃もいってないのであまり気にならないです。

DSC_0374




 本日8月11日は、去年より新しく制定された祝日『山の日』です。ということで、本日はいつも頼りにしていますwiki先生の知識をお借りして山の日についてのブログにしようと思います。


illust2872



 2014年に制定され、去年の2016年に施行。『山の日』は国民の祝日の一つとなりました。
 祝日法の中に「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」という一文があるようですが、特に山と関連して何かがある日ではないようです。
 というのも、8月11日は元々の山の日制定の第一候補ではなかったようです。
 

 山の日の候補としてあった『6月上旬』『海の日の翌日』『お盆前』『日曜日』という中で、お盆休みと連続させやすいという理由で8月12日に制定しようと最初は決まっていたようです。

 しかし、8月12日には過去に大きな事故がありました。

mig


 ↑1985年8月12日に起きました、日本航空123便墜落事故と同じ日を祝日にするというのはどうかという意見があり、前日の11日になったのです。



〜おまけ〜

 山の日制定前まで、6月と8月には祝日がありませんでしたが、これをもって祝日が無いのは6月だけとなりました。
 いつか、6月にも祝日ができるんでしょうか?
Clip to Evernote

H権禰宜です。

本日の盛岡は曇り空です。

馬場の工事も順調に進んでます。


DSC_0366
DSC_0367
DSC_0368
Clip to Evernote

K権禰宜です。今日は笠森稲荷神社、神明社の例祭日です。
担当はY陰出仕!!!!!
DSCF0482
DSCF0481
DSCF0483
DSCF0484
DSCF0487
DSCF0491
DSCF0495
DSCF0497
DSCF0500
DSCF0505
DSCF0509
DSCF0516
DSCF0520
DSCF0523
DSCF0526
DSCF0530
DSCF0533
戦没者追悼平和祈願祭の準備も始まっています。
IMG_1026
IMG_1027
IMG_1028

作務衣の下、短くない?

IMG_1030

こんなところに竹!
IMG_1031
IMG_1032

若竹の如くすくすくと伸び。。。。。られない(爆)下屋が邪魔!
Clip to Evernote

H権禰宜です。

本日の盛岡は台風の影響で、朝は曇り空ですが夕方から雨模様に

なってます。

DSC_0364

馬場の工事も順調に進んでます。

DSC_0363



Clip to Evernote

 こんにちは、CO権禰宜です(^◎θ◎^)

 昨日の八月四日は、語呂合わせで箸の日だそうです。


450-20130326144404221643


 そこで、いつもの様にウィキ先生のお力をお借りして当ブログをお読みの皆さまに少しでも伝えられたらと思います。


・意外な、箸の使用率

 皆さまは、箸って世界でどれくらい使われていると思います?
 他に思い当たる食器で、ナイフ、フォーク、スプーン、手などがありますが・・・。
 なんと、世界の三割の方々は箸を日常的に使用しているそうです!
 内訳的には、三割が箸、四割が手、残りの三割がナイフヤフォークなどだそうです。

 これは、普段何を主食としているかによってそれぞれの文化が構築されていったようで、箸を使うアジア圏は主食が米や麺。フォークを使うヨーロッパ等は肉やパン。その他諸々のところが手なんだそうです。

 

・箸の歴史

 古い時代の箸というのは見つかりにくいものだそうです。というのも、木や竹でできた箸は腐りやすく、また残っていたとしても完璧な形で残っているわけでは無いので箸なのかただの木片なのかが判別できないのだとか。

 現存する一番古い箸は、紀元前1400年頃の中国が『殷』だった時の青銅製の箸だそうです。

 その後、孟子の「
君子遠庖廚」(君子厨房に近寄らず)という格言に基づき、食卓に肉を切るための包丁(刃物)を持ち込まない代わりに一口大サイズに切り分けておいて、それを箸で食べるようになったのが一般に普及された理由の一つなのだそうです。




・中国から日本へ

 箸が日本に伝わったのは、弥生時代末期(紀元前300年くらい〜紀元300年くらい)に、稲作と一緒に伝わってきたそうです。
 しかし当時は、神様か天皇陛下しか使用することが許されていなかった。

 それが一般の人たちも使用する様になったのは、あの小野妹子たち遣隋使の人たちが切っ掛けだったようです。
 歓待を受けていながら、随の方々が用意した箸を使い方が分からないために使用できず手で食べるしかなかった。それが相手の好意に背くとして聖徳太子に説明し、朝廷の人たちが箸を使うようになり、そこから徐々に・・・と言う形で普及したそうです。


watermark



 
Clip to Evernote

H権禰宜です。

最終日、さんさパレードへ

すみません。写真ぶれてました。

子供達、保護者の皆様も頑張りました。

DSC_0360
DSC_0361
DSCF0480

Clip to Evernote

やはたの杜こどもさんさの写真をアップしました。
日頃の練習の成果がでている写真を10枚ピックアップしました。
とても綺麗な姿だと思います。
全ての写真を見るためにはパスワードが必要なのでご容赦ください。

s0147
s0198
s0210
s0232
s0233
s0244
s0434
s0456
s0678
s0734
続きを読む
Clip to Evernote

K権禰宜です。久々に地鎮祭を奉仕してきました。

IMG_0991
IMG_0993





IMG_0997

大きい重機をみると興奮するのは自分だけ?
IMG_0990
IMG_0988
IMG_0989

IMG_1003

ナス二つ?

Clip to Evernote

H権禰宜です。

昨日は、盛岡さんさ踊りに参加してきました。

団体名は「やはたの杜こどもさんさ」です。

子供達やお母さん方、また職員の皆さん本当に毎日練習頑張り

ました。

特にK権禰宜は誰よりも疲労が溜まってると思いますが、四日も

太鼓パレードがあり私と共に参加してきます。あと少し頑張り

ます。

DSC_0355
DSC_0356
DSC_0357
DSC_0358



Clip to Evernote

このページのトップヘ